ブライトン、大型WGシマをアンジェへレンタル!

2022.07.13 17:58 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブライトンは12日、セネガル代表FWアブダラー・シマ(21)がアンジェへ1年間のレンタル移籍で加わることを発表した。

スラビア・プラハで台頭したシマは右ウイングを主戦場とする188cmの大型アタッカー。2020-21シーズンに39試合20ゴール8アシストの数字を残したことで、昨夏にブライトンへ4年契約で加入した。

圧倒的な身体能力を生かした打開力、得点感覚を備えた逸材は、昨夏の獲得時にチャンピオンシップ(イングランド2部)のストーク・シティへ即レンタルで加入。だが、その新天地では度重なる負傷によって、シーズンをほぼ棒に振り、公式戦4試合の出場に留まっていた。
そういった事情もあり、ブライトンはさらなる成長を期待してリーグ・アンのアンジェへ武者修行に出すことを決断した。

なお、シマはユース年代でフランスのトノン・エビアンでプレーしており、約2年ぶりのフランス帰還となる。


関連ニュース
thumb

データで見る三笘薫の凄さ…枠内シュート率やドリブル成功率はリーグトップクラス、ファイナルサードのパス成功率は脅威の74%

目に見えた結果を残しているだけでなく、そのパフォーマンスが日に日に注目を集めているブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫だが、データもそのパフォーマンスの凄さを物語っている。クラブ公式サイトが伝えた。 昨シーズンは自身初となるヨーロッパでのプレーとなった三笘。ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズは昇格組ながらレギュラーシーズンを首位で終了。その原動力となった。 今シーズンからプレミアリーグに活躍の場を移した三笘は、当初は途中出場がメインとなっていたものの、しかし、2022年10月29日のプレミアリーグ第14節チェルシー戦で先発出場し初アシストを記録。すると、続くウォルバーハンプトン戦でも先発し今度は初ゴール。さらにEFLカップのアーセナル戦でもゴールを決め、3試合連続で数字を残した。 その後に出場したカタール・ワールドカップ(W杯)では“三笘の1ミリ”と呼ばれるスペイン代表戦でのアシストで世界中の注目を集めると、再開したシーズンでは圧巻のパフォーマンス。公式戦9試合で5ゴール1アシストを記録。現在3試合連続ゴール中と絶好調を維持している。 日に日に評価が高まる三笘だが、データもそのパフォーマンスの凄さを示している。 クラブ公式サイトによると、今シーズンの三笘はここまで7ゴールを記録。これはチーム内で最多タイであり、2アシストを加えるとチームで最もゴールに関与している選手となる。 また、「xG(ゴール期待値)」という統計的な指標では「1.9xG」と決して高くない数字ながら、すでに5ゴールを記録している。2021-22シーズンで考えば、得点王となったリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーは「23.07xG」、トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンは「13.95xG」でそれぞれ23ゴールを記録。得点ランキング上位の選手はゴール期待値も高いがそれを超える結果に。特徴的な選手で言えば、マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネは「5.39xG」ながら15ゴールを記録。三笘も同様の期待の上回り方と言える。 さらに、サンプル数が少ないものではあるが、今シーズンの三笘はプレミアリーグで18本のシュートしか放っていない。その中で、オンターゲット(枠内シュート)は10本。そのうち、5つがゴールにつながっている。レスター・シティ戦で見せたようなミドルシュートや難しいチャンスをゴールにつなげていることがわかる数字。また、ここまでは168分に1ゴールを決めており、2試合に1ゴールのペースということになる。 三笘の特徴はゴールだけではなく、チャンスメイクの多さもある。今シーズンの全ての大会において、三笘は1試合平均でファイナルサードでのパス数が「21.1本」、アシストが期待できるパスが「0.3本」、ドリブル成功数が「4.9回」となっており、いずれもブライトンの選手の中では最多。ボールを自ら運ぶドリブルに目が行きがちだが、味方との連係プレーでも局面を打開していることがわかる。 ヨーロッパでは躍進を続ける三笘が筑波大学時代にドリブルに関する論文を書いていたことも話題に。チームメイトと自身を研究し、優れたドリブラーは相手DFをよく見ているとし、スキルではなく、ボディフェイントと方向転換で相手を混乱させるスタイルはそこから来ているとされている。 そのドリブルでは、プレミアリーグの中で回数が上位20%、ドリブルを成功させる回数が上位4%に入っており、多くのドリブルを仕掛けているだけでなく、その瞬間を選んでいることもポイントとなっている。ちなみに、成功率は「52.4%」で、今シーズンのプレミアリーグのウインガーの中ではトップの6%に入っている。 いずれにしてもヨーロッパに来て2年目、プレミアリーグに挑戦して1年目であり、最初の7試合は途中出場のみ。先発したのは11試合で8試合でゴールかアシストを記録していると考えれば、慣れてきてからいかに通用しているかが分かるだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】躍動止まらない三笘薫、1月の全ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="rVQpI7X_wmg";var video_start = 0;</script><div st yle="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay_shorts.js"></script> 2023.02.09 18:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「カオルが笑うとみんなが笑顔に」ブライトン公式が三笘薫の笑顔を供給、癒されるファン続出「疲れた心を癒す」「現在の世界最高選手」「リバプールは逃げ出すね」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンが日本代表MF三笘薫で癒しを与えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)では“三笘の1ミリ”とも言われたスペイン代表戦のプレーで世界中に注目された三笘。シーズン再開後は、出色のパフォーマンスを見せている。 FAカップ4回戦のリバプール戦での圧巻ゴールをはじめ、公式戦9試合で5ゴール1アシストを記録。現在3試合連続ゴール中と絶好調だ。 さらに注目を集め続ける三笘だが、ブライトンは練習中の三笘の様子をアップ。笑顔の写真を投稿し「カオルが笑うとみんなが笑顔に」と投稿し、ファンに癒しをプレゼントした。 これにはファンも大きく反応。「現在の世界最高選手」、「確かに」、「2億ポンド(約318億円)のプロジェクトだ」、「薫が笑ってる」、「疲れた心を癒す最高の笑顔」、「いい笑顔」、「リバプールはこの顔を見ると必ず逃げ出すね」とコメントが集まった。 ブライトンは11日にプレミアリーグ第23節でクリスタル・パレスと対戦。三笘は自身2度目のプレミアリーグ3試合連続ゴールにチャレンジする。 <span class="paragraph-title">【写真】ファンへの癒しを与える三笘薫の笑顔</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">When Kaoru smiles, we all smile. <a href="https://t.co/cC3Z338uUM">pic.twitter.com/cC3Z338uUM</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1623234678307028994?ref_src=twsrc%5Etfw">February 8, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.09 11:45 Thu
twitterfacebook
thumb

4回戦再試合が終了!FAカップ16強が出揃う

FAカップ5回戦の組み合わせが決定した。 32チームによって争われた4回戦では、プレミアリーグで首位をひた走るアーセナルを下したマンチェスター・シティのほか、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナムが勝ち上がり、ブライトン&ホーブ・アルビオンも日本代表MF三笘薫の劇的弾で前回王者のリバプールを撃破し16強入りを決めた。 また、7~8日にかけて行われた4回戦再試合では、フルアムや2部のバーンリー、シェフィールド・ユナイテッドに加え、3部のフリートウッド・タウン、4部のグリムズビー・タウンがベスト16進出を決めた。 この結果、再試合に勝利したフルアムとリーズ・ユナイテッドによるプレミア対決など、ベスト16の対戦カードが確定。なお、5回戦は2月28日、3月1日に行われる。今回確定した5回戦組み合わせは以下の通り。 ◆FAカップ5回戦 組み合わせ ▽2月28日(火) ストーク・シティ(2) vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン レスター・シティ vs ブラックバーン(2) フルアム vs リーズ・ユナイテッド ブリストル・シティ(2) vs マンチェスター・シティ ▽3月1日 サウサンプトン vs グリムズビー・タウン(4) バーンリー(2) vs フリートウッド・タウン(3) マンチェスター・ユナイテッド vs ウェストハム シェフィールド・ユナイテッド(2) vs トッテナム 2023.02.09 06:50 Thu
twitterfacebook
thumb

三笘薫、筑波大学時代の圧巻ドリブルゴールが今を彷彿!天皇杯でJ1撃破した当時のメンバーも超豪華

圧巻のパフォーマンスで世界を震撼させているブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫。筑波大学在学中のプレーも現在を彷彿とさせていた。 2017年6月21日に行われた第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦、筑波大は当時J1に所属していたベガルタ仙台とユアテックスタジアム仙台で対戦した。 2年生だった三笘も先発出場。開始6分に挙げた先制ゴールは圧巻の一言だ。 最終ラインから縦パスを自陣の中央左寄りで受けると、外へ膨らみながら寄せてきた相手をはがすと同時に一気に加速。ゴール前まで一直線に長い距離を突き進み、ボックス内まで持ち込むと、右足での強烈な一撃を突き刺した。 この時からすでにドリブラーとしての片鱗を見せていた三笘。この試合では筑波大が逆転を許して追い付いたのち、2-2で迎えた73分にも決勝点となる自身2得点目もマークしている。 1回戦では神奈川県代表のY.S.C.C.横浜(J3)を撃破した筑波大は、仙台に続いて3回戦でアビスパ福岡(当時J2)も撃破。4回戦では残念ながら大宮アルディージャ(当時J1)に敗れ、涙をのんだ。 また、三笘以外にも当時の筑波大には中野誠也(大宮アルディージャ)、戸嶋祥郎(柏レイソル)、鈴木徳真(セレッソ大阪)、山川哲史(ヴィッセル神戸)、阿部航斗(アルビレックス新潟)、高嶺朋樹(柏レイソル)、西澤健太(清水エスパルス)、北川柊斗(ザスパクサツ群馬)といった、現在Jリーグの第一線で活躍する選手らがずらりと並んでいた。その躍進は大会を大いに沸かせた。 <span class="paragraph-title">【動画】筑波大学時代の三笘薫がJ1仙台相手に決めた圧巻ドリブルゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="D4xxvpS_jP4";var video_start = 16;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.08 22:10 Wed
twitterfacebook
thumb

躍動ぶりに世界も驚愕! カタールW杯後2カ月、高パフォーマンスの欧州組10選

カタール・ワールドカップ(W杯)で日本代表の敗退が決定してから2カ月が経過した。 “新しい景色”としてベスト8以上の結果を残すことを目標に挑んだ日本代表。結果はベスト16と、またしても壁を越えることができずに終わったが、日本での熱狂ぶり、そして世界からの注目度の上がり方は、過去最高だったと言っても良いものだった。 グループステージで同居した、ドイツ代表、スペイン代表の両W杯王者には勝てないという見方が強かったが、いずれも逆転勝利という結果に。このパフォーマンスは世界中を驚かせ、日本中を熱狂の渦に巻き込んでいった。 その戦いからおよそ2カ月。中断していたヨーロッパのリーグ戦も再開しているが、W杯に出場した選手たちはクラブに戻ってからも輝き放っている。 そこで、W杯終了後からの各選手の活躍ぶりをピックアップ。特に突出した選手たちを紹介する。 <span class="paragraph-subtitle">◆MF三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_mitoma.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) プレミアリーグ:6試合4ゴール FAカップ:2試合1ゴール1アシスト EFLカップ:1試合出場 W杯後に最もインパクトを残しているのは、紛れもなく三笘だろう。ブライトンのレギュラーとして定着した三笘は、W杯後に公式戦9試合でプレー。5ゴール1アシストを記録している。 数字を残していることはもちろんだが、それだけではない。1月29日に行われたFAカップ4回戦のリバプール戦では、1-1で迎えた後半アディショナルタイムにボックス内でボールを浮かせ、シュートを打たずにもう一度浮かせて蹴り込んだ。テクニック溢れるプレー、そしてリバプール相手の決勝ゴールには世界中から称賛の言葉が送られ、カタールW杯で話題となった“三笘の1ミリ”から継続して世界からも注目を集め続けている。 第2次森保ジャパンでも中心となることは間違いなく、三笘のさらなる輝きは日本の希望とも言える。 <span class="paragraph-subtitle">◆MF堂安律(フライブルク)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_doan.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) ブンデスリーガ:4試合1アシスト カタールW杯でドイツ、そしてスペインを相手に2ゴールを記録した堂安もクラブで結果を残している。 ウィンターブレイクをはさみ、W杯後は4試合しか行っていないフライブルク。堂安は攻撃を牽引すると、1アシストを記録している。 残している数字こそ少ないが、チームにとっては非常に大きな役割を担っており、上位を争うチームを支えている。 <span class="paragraph-subtitle">◆MF鎌田大地(フランクフルト)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_kamada.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) ブンデスリーガ:4試合1アシスト DFBポカール:1試合1ゴール カタールW杯では期待されていながらも結果を残せなかった鎌田だが、再開後のブンデスリーガでは再びチームを牽引するプレーを見せている。 チームは4戦無敗。ボランチとして出場を続ける鎌田は、バイエルンとの上位対決で貴重なアシストを記録した。 来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う中で、今シーズンのCLももうすぐ再開するだけに、注目が集まる。 <a href="https://ryan.onelink.me/C7cD/5uev4c53" target="_blank"><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_2.jpg" style="max-width:100%;"></div></a> <span class="paragraph-subtitle">◆MF遠藤航(シュツットガルト)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_endo.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) ブンデスリーガ:4試合1ゴール1アシスト 中盤の守備の要として日本代表を支えた遠藤。所属のシュツットガルトではキャプテンとしてプレー。デュエルキングとして活躍する中、今季は4位に甘んじている状況だ。 ただ、再開後のブンデスリーガでは攻撃面で結果を残すことに。再開初戦のマインツ戦ではアシストを、続くホッフェンハイム戦ではゴールを記録した。 ただ、チームは4試合未勝利。降格をしないためにもさらなる活躍が期待される。 <span class="paragraph-subtitle">◆DF冨安健洋(アーセナル)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_tomiyasu.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) プレミアリーグ:5試合1アシスト FAカップ:2試合出場 W杯前のケガの影響もあった冨安。シーズン再開後初戦を欠場したが、残りの試合は全て出場している。 プレミアリーグでは首位を走り、19年ぶりの優勝を目指すチームにおいて、途中出場がメインに。ただ、ミケル・アルテタ監督からはクローザーとして、チームの勝利の方程式の1つと計算されている。 元々は守備面が評価され、安定感をもたらすプレーが重視されていたが、このところは攻撃面でも積極性を見せるシーンも。今季初アシストもラッキーな形ではあるが記録しており、優勝チームの一員になれるのか、シーズン後半戦では重要度が増す存在となるだろう。 <span class="paragraph-title">◆MF伊東純也(スタッド・ランス)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_ito.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) リーグ・アン:7試合出場 “イナズマ純也”というニックネームもつけられ、右サイドをスピード溢れるドリブルで突破する姿が魅力の伊東。クラブに戻ってからも全ての試合で先発出場。終盤までプレーしている状況だ。 チーム内での信頼は完全に勝ち取っているが、今季はまだ1アシスト。再開後もアシストになりかけるシーンは何度も作っており、数字には残っていないがゴールに繋がるチャンスメイクは再三している。 リーグ・アンでも通用している伊東の高いパフォーマンス。チームはリーグ戦14戦無敗。中位に甘んじているが、上位に向かうためには伊東の数字にも期待したいところだ。 <span class="paragraph-subtitle">◆MF久保建英(レアル・ソシエダ)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_kubo.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) ラ・リーガ:5試合1ゴール1アシスト コパ・デル・レイ:2試合出場 初のW杯では満足いくほどのパフォーマンスを発揮できなかった久保。悔しさが残った中で、再開したシーズンでは高いパフォーマンスを維持し続けている。 数字を残したのはアスレティック・ビルバオ戦のみだが、1ゴール1アシストで勝利に貢献。ただ、コパ・デル・レイのバルセロナ戦、ラ・リーガのレアル・マドリー戦と古巣であり格上のチーム相手にも高いパフォーマンスを披露し、高い評価を得ている。 ダビド・シルバが不在となった中で、チームでは新たな役割を任されることも増えており、ケガが不安視されるところもある中で、チームの攻撃の軸となりつつある。 <span class="paragraph-subtitle">◆FW前田大然(セルティック)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_maeda.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) スコティッシュ・プレミアシップ:9試合3ゴール1アシスト スコティッシュ・FAカップ:1試合出場 スコティッシュ・リーグカップ:1試合1ゴール W杯では1ゴールを記録した前田。ゴール以上に注目されたのはスピードとスプリント能力を活かした最前線でのハードワークだった。 相手GKへ迫るほどのプレスから、スペイン代表戦の同点ゴールも生まれ、クロアチア代表戦では先制ゴールも記録した。 セルティックではFW古橋亨梧がいるためにチャンスメーカーになることが多い中、3ゴール1アシストをリーグ戦で記録。レンジャーズとの大一番では先制ゴールを記録した。 スピードは健在、プレスの強度も高く、相手より先にポジションを取れるため、クリアボールが当たって入るという2つのラッキーゴールも誕生。ラッキーかもしれないが、前田でなければ決まらないものでもあり、真価を発揮している。 <span class="paragraph-subtitle">◆DF板倉滉(ボルシアMG)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_itakura.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) ブンデスリーガ:4試合1アシスト W杯前の重傷から見事にカムバック。グループステージ3試合でフル出場を果たし、存在感を示した中、再開後のブンデスリーガでもチームの守備の要として活躍している。 再開初戦のレバークーゼン戦では2アシスト目を記録するなど攻撃面でも活躍。ダニエル・ファルケ監督も絶大な信頼を寄せており、板倉のリーダーシップとパフォーマンスを高く評価した。 チームはなかなか結果を残せていないが、板倉が出場することで安定感は増している状況。シャルケ戦では昨年9月以来、12試合ぶりにクリーンシートも達成しており、後半戦の躍動に注目が集まる。 <span class="paragraph-subtitle">◆MF守田英正(スポルティングCP)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_morita.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) プリメイラ・リーガ:3試合2ゴール アリアンツカップ:2試合出場 カタールW杯ではコンディションの問題もあり、フル稼働はできなかった守田。それでも中盤で気の利いたプレーを見せており力になっていた。 ケガの影響もあり、再開後のリーグ戦では3試合を欠場。しかし、ブラガ戦では2ゴールを決める活躍を見せて勝利に貢献。上位争い中のチームを支える活躍は健在だ <div id="cws_ad"><hr>カタールW杯で感動を与えてくれた日本代表の16名が大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!<br/><br/>欧州の各クラブでも活躍を続ける代表選手たちのプレーが『サカつくRTW』でも再現。是非一度チェックしてみよう。<a href="https://ryan.onelink.me/C7cD/5uev4c53" target="_blank"><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208.jpg" style="max-width:100%;"></div></a></div> <span class="paragraph-title">【動画】何度見ても驚ける!13のカメラが捉えたリバプール戦の三笘薫スーパーゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Every angle of THAT <a href="https://twitter.com/kaoru_mitoma?ref_src=twsrc%5Etfw">@Kaoru_Mitoma</a> goal! <a href="https://t.co/9xLmIPFmSQ">pic.twitter.com/9xLmIPFmSQ</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1620348852824858624?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> カタールW杯で感動を与えてくれた日本代表の16名が大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!<br/><br/>欧州の各クラブでも活躍を続ける代表選手たちのプレーが『サカつくRTW』でも再現。是非一度チェックしてみよう。 <a href="https://ryan.onelink.me/C7cD/5uev4c53" target="_blank"><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208.jpg" style="max-width:100%;"></div></a></div> 2023.02.08 19:10 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly