過去に脳の手術も…ローマなどでプレーした元ブラジル代表DFレアンドロ・カスタンが35歳で現役引退

2022.07.12 21:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてローマなどでプレーした元ブラジル代表DFレアンドロ・カスタン(35)が現役引退を発表した。カスタンはイタリアにもルーツを持つブラジル人。アトレチコ・ミネイロからスウェーデンのヘルシンボリへ移籍して初めてヨーロッパでプレー。その後、ブラジルのバルエリへと移籍すると、2010年1月にはコリンチャンスへと完全移籍する。

そのコリンチャンスで結果を残すと、2012年7月にローマへと完全移籍する。ローマでは公式戦81試合に出場し1ゴール1アシストを記録。しかし、2014年9月に海綿状血管腫が発覚し、同年12月に手術。そこから半年以上離脱するなど、苦しむこととなった。

その後、サンプドリアやトリノ、カリアリへのレンタル移籍を経て、2018年8月にヴァスコ・ダ・ガマへ移籍して母国復帰。2022年3月からはグアラニでプレーしていた。

グアラニではカンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(ブラジル2部)で7試合に出場していた。

通算ではブラジル・セリエAで147試合に出場し5ゴール3アシスト、イタリア・セリエAで100試合1ゴール2アシストを記録していた。

また、ブラジル代表としても2試合プレー。2012年の日本代表戦でデビューし、続くコロンビア代表戦でもプレーしたのが最後だった。

カスタンは自身のSNSで引退を発表。キャリアを振り返り、脳の病気も大きかったと振り返った。

「16歳の時にサッカー選手になるという夢を胸に家を出た。神様は、僕が夢見る以上のものを与えてくれた。まさか、自分があのようなチームでプレーし、あのような勝利を収められるとは思っていなかった」

「頭痛がして、何度か検査をした後、自分のキャリアで最高の瞬間に、もうサッカーはできないと医者に言われるとは想像もしていなかった。どうしたら良いかわからなかった」

「今日、8年が経って『もう終わった』と言える。高いレベルの達することはできなくなったけど、厳しい相手に勝つことができ、キャリアを続けられたのは皆さんのおかげだ」

「手術をしてくれたドクター、父のように接してくれたワルテル・サバティーニをはじめとするローマの人々に感謝している」

ルディ・ガルシア監督、素晴らしい応援をしてくれたファンの皆さん、この道をサポートしてくれたイタリアの友人たちにも感謝する」

1 2

関連ニュース
thumb

フリーのベルギー代表デナイヤーもUAEを舞台に! ピャニッチらに続く

ベルギー代表DFジェイソン・デナイヤー(27)のUAE行きが決まった。アラビアン・ガルフ・リーグを戦うシャバブ・アル・アハリ・ドバイは28日に獲得を発表している。 マンチェスター・シティでプロ入り後、セルティックやガラタサライ、サンダーランドを経て、2018年8月にリヨン入りしたデナイヤー。リヨンでは通算139試合の出場数を誇ったが、昨季で契約が切れ、フリーだった。 これまでの報道でトルコやイタリアなどが新天地として噂された現役のベルギー代表戦士だが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏の見立てなどでUAE挑戦が濃厚な状況だった。 なお、欧州を舞台に活躍してきた選手の有名どころでは今夏において、MFミラレム・ピャニッチ、DFコスタス・マノラス、FWパコ・アルカセル、MFアデル・ターラブト、MFアランに続くUAE行きとなる。 2022.09.29 08:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ジャウメ離脱のバレンシアが元ビルバオのGKイアゴ・エレリンを緊急補強!

バレンシアは28日、スペイン人GKイアゴ・エレリン(34)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 ビルバオのカンテラ出身であるイアゴ・エレリンは、2010年夏にアトレティコ・マドリーのセカンドチームへ移籍するも、2012年夏にビルバオに復帰。その後、レンタル移籍で加入したヌマンシアやレガネスでは守護神を務めたが、ビルバオでは第2GKの座に甘んじ、在籍8シーズンで公式戦119試合の出場に留まった。 2021年夏にビルバオを退団したイアゴ・エレリンはサウジアラビアのアル・ライードへ完全移籍。しかし、リーグ戦13試合の出場に留まり、シーズン終了後に退団していた。 ここまでラ・リーガ6試合消化で3勝3敗の9位に位置するバレンシアでは、控えGKを務めていたスペイン人GKジャウメ・ドメネクが右ヒザの前十字靭帯を断裂の重傷を負ったため、代わりとなる選手の獲得を模索していた。 なお、イアゴ・エレリンは2週間のチームトレーニングを経てから、正式にチームに加入するとのことだ。 2022.09.29 07:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュ退団のリャイッチ、新天地はピルロ監督率いるファティ・カラギュムリュクに決定!

トルコ1部のファティ・カラギュムリュクは28日、今夏にベシクタシュを退団した元セルビア代表MFアデム・リャイッチ(30)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 リャイッチは、トップ下やウイングを主戦場とする攻撃的な選手。パルチザン・ベオグラードでキャリアをスタートさせると、フィオレンティーナやローマ、インテル、トリノとイタリアで長らくプレー。2018年8月にベシクタシュへレンタル移籍すると、2019年7月に完全移籍していた。 ベシクタシュでは、在籍4年間で公式戦85試合に出場し26アシストを記録。昨シーズンは、昨夏にクラブ間合意していたスパルタク・モスクワへの移籍を拒否したため、クラブから登録外の制裁を受け、1年間プレー機会がない状況だった。 リャイッチの加入したファティ・カラギュムリュクは、アンドレア・ピルロ氏が監督を務めており、元イタリア代表FWファビオ・ボリーニや元イタリア代表GKエミリアーノ・ヴィヴィアーノ、ロシア代表MFマゴメド・オズドエフ(29)らが在籍している。 なお、リャイッチの加入は冬の移籍市場が開幕する来年1月以降となる。 2022.09.29 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

中山雄太所属のハダースフィールドがフォザリンガム氏を新監督に招へい! “軍曹”マガトの右腕として活躍

日本代表DF中山雄太が所属するチャンピオンシップ(イングランド2部)のハダースフィールド・タウンは28日、新監督にマーク・フォザリンガム氏(38)を招へいした。契約期間は2025年6月30日までとなる。 ハダースフィールドは、今夏にU-19チームを率いていたダニー・スコフィールド氏が新監督に就任。中山の獲得を喜び、守備の中心として起用するなどしていた一方で、チームは開幕から低迷。連敗スタートとなると、リーグ戦8試合を終えて1勝1分け6敗。 昇格を狙うはずが降格圏に沈むと、13日に行われたウィガン戦(1-2で敗戦)後に解任が発表された。 後任として新指揮官に就任したフォザリンガム氏は、現役時代はセルティックやフライブルク、ノリッジなどでプレー。現役引退後は指導者となり、カールスルーエやインゴルシュタットでアシスタントコーチを歴任。直近では今年3月にヘルタ・ベルリンの指揮官に就任したフェリックス・マガト監督の下でアシスタントコーチを務めていた。 2022.09.29 01:30 Thu
twitterfacebook
thumb

モナコ、193㎝のチリ代表DFマリパンとの契約を2025年まで延長

モナコは29日、チリ代表DFギジェルモ・マリパン(28)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 新契約にサインしたマリパンは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「モナコで挑戦を続けることをとても嬉しく思っているし、僕を信頼してくれたクラブに感謝しています。ここに来てから、僕は幸運にも理想的な環境の中で成長することができました。この2シーズンの流れを引き継ぎ、チームとして成長し続けられるよう、モチベーションを上げています」 国のウニベルシダ・カトリカでプロキャリアをスタートしたマリパンは、2017月7月にアラベスへ完全移籍。193㎝の長身に加え、優れた身体能力を兼ね備えたセンターバックで、2019年の夏にアラベスからモナコに加入。 4シーズン目を迎えたモナコでは、センターバックの主力として公式戦100試合に出場し11ゴール2アシストをマーク。今季もここまで公式戦8試合に出場し3ゴール1アシストを記録している。 また、 2017年1月にデビューを飾ったチリ代表ではここまで37試合キャップを記録しており、コパ・アメリカには2大会(2019,2021年)連続で出場している。 2022.09.29 00:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly