元ポルトガル代表MFナニ、メルボルン・ビクトリー入りが決定 「挑戦楽しみ」

2022.07.12 16:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
Aリーグ・メンのメルボルン・ビクトリーは12日、元ポルトガル代表MFナニ(35)の獲得を発表した。契約は2年となる。

ポルトガルの強豪スポルティングCPでプロキャリアを始め、マンチェスター・ユナイテッド時代にいち時代を築いたナニ。代表でも112試合23得点の数字を誇るドリブラーはフェネルバフチェやバレンシア、ラツィオでのプレーを経て、2018年夏にスポルティング復帰を果たした。

だが、それから1年経たずの2019年2月にメジャーリーグサッカー(MLS)のオーランド・シティに移籍。今年1月からは2023年6月末までの契約でヴェネツィア入りして欧州にカムバックしたが、チームのセリエB降格で退団が既定路線と目され、8日に双方合意の下で契約解消に至った。
ナニは「メルボルン・ビクトリーでAリーグの舞台に立てることに興奮している。これからの挑戦が楽しみだ。トニー監督とは話した。メルボルン・ビクトリーは成功を目指すクラブだし、チームの成功に貢献する役割を果たしたい」と喜びの思いとともに決意を語っている。

続けて、「メルボルンのファンはリーグで最高というだけでなく、ヨーロッパに匹敵する雰囲気がある。今季、ビクトリーのシャツを着て、フィールドでその一員となり、彼らのためにプレーするのを楽しみにしている」とコメント。サポーターにもメッセージを送っている。

なお、トニー・ポポビッチ監督は「ナニのような選手を獲得できたのを誇りに思うし、メルボルン・ビクトリーやAリーグ全体にとって素晴らしい財産になると信じている」と語った。


関連ニュース
thumb

「C・ロナウドにはチーム作りだったりにかける時間がない」 元戦友ナニがフォロー

マンチェスター・ユナイテッドからの移籍か、残留かで揺れるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)に元戦友でメルボルン・ビクトリーのMFナニが語っている。 今季のユナイテッドがエリク・テン・ハグ新体制で再出発を期すなか、チャンピオンズリーグ(CL)でのプレーを求め、移籍を懇願しているといわれるC・ロナウド。開幕後もユナイテッドでプレーしているものの、家族の事情によるプレシーズンの不参加をはじめ、その後もネガティブなニュースが相次ぎ、いまだ移籍の話で話題を振りまいている。 最近では売る気なしの姿勢だったユナイテッドの上層部もチーム内でネガティブな存在となりつつあるC・ロナウドの現状から、一転して移籍容認の方針転換が噂に。イギリス『メトロ』によると、ナニはユナイテッド時代の同僚であるリオ・ファーディナンド氏のポッドキャスト番組『Vibe With FIVE』で、同胞の現状に理解を示したようだ。 「僕らは一緒にプレーしてずいぶんと時間が経つし、クリスティアーノはもう子供じゃない。時代は変わり、リアクションも姿勢も変わる。でも、見ての通り、彼はずっと一貫している。負けず嫌いで、チームがうまくいっていないときは反応する」 「ただ、違うのは時代だ。彼はまたマンチェスター・ユナイテッドでプレーしているけど、様々なチームで様々な選手とうまくやってきたんだ。今は監督が強いチームを作ろうとしているクラブにいるけど、それは簡単じゃないし、時間もかかる」 「クリスティアーノにとって、チーム作りや次のシーズンを待つのに時間をかけてはいられない。この先もゴールを決め、トップに立ち続ける選手でいたいんだ。だから、今回の反応はいたって普通。誰だって、間違った反応をしたりするものさ」 2022.08.19 08:50 Fri
twitterfacebook
thumb

プレシーズン3連勝もまだ未完成 テン・ハグ新監督「もっと良いプレスをやれる」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督がプレシーズン第3戦を振り返った。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。 オランダ人新指揮官の下、タイとオーストラリアを回るアジアツアー中のユナイテッド。タイでリバプールを4-0で破り、オーストラリアに舞台を移してからのメルボルン・ビクトリー戦も4-1と快勝したなか、19日にクリスタル・パレスと対戦した。 この試合でも新監督の志向する後ろからの繋ぎを随所で披露したチームは3点リードの終盤に右CKから1点を返され、その後にU-19イングランド代表DFウィル・フィッシュの一発退場で数的不利に陥ったが、3-1で勝利。見事に3連勝を達成した。 3戦連発のフランス代表FWアントニー・マルシャルを筆頭に個々のアピールが続き、昨季に即興感が強かった得点の形もしっかりとした戦術によるものが多く、期待感が高まるが、テン・ハグ監督はプレッシング面に余地を感じているようだ。 「プレスをかけ始めるタイミング(はもっと良くできる)。例えば、避けられるスイッチがまだあるし、もっと良いプレスを準備できるはずだ」 「そして、マイボール時もね。良いプレーをしているが、2-0や3-0のときに自信を感じる。ポゼッション時もスピードを遅めたり、後方でプレーできる。相手が戦おうと前に出てくるなら、スピードアップもできる。なかでも、2点目は素晴らしいゴールだったよ」 「改善された部分に関しては満足だが、同時に課題もたくさんあるとわかった。素晴らしいゴールを決められたのは事実だがね」 「(ユナイテッドがピッチのより高い位置でボールを奪うプレーは)同意する。それはチームに要求するものでもある。一日中でもプレスをかけ、できればピッチの高い位置でそれをやるんだ。できないなら、低い位置でプレスをかけるが、チームとしてやるのが必要だ」 2022.07.20 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ナニが古巣のユナイテッド相手に豪州デビュー 「なんて忘れがたき夜なんだ!」

メルボルン・ビクトリーの元ポルトガル代表MFナニにとって、感慨深いデビュー戦だったようだ。 今年1月に加入したヴェネツィアと2023年夏までの契約を解消し、A・リーグのメルボルン・ビクトリーに加わったナニ。オーストラリアに舞台を移したのは12日のことだったが、それから間もなくして、15日にさっそくデビューを果たした。 しかも、その対戦相手は2007年夏〜2015年夏までを過ごした古巣のマンチェスター・ユナイテッド。完全に奇遇だが、個人的にもいち時代を築いた古巣とのプレシーズンマッチに88分から出場して、オーストラリアでの第一歩を踏み出した。 肝心のプレーでは残り時間が少ない上、相手の流れとあって、見せ場なしに終わった35歳のドリブラーだが、思いがけない巡り合わせもあり、心の深くに刻まれるデビュー戦になったようだ。試合後に自身のツイッターで感無量の思いを綴った。 「なんて忘れがたき夜なんだ! メルボルン・ビクトリーでのデビューが僕にたくさんのものを与えてくれたマンチェスター・ユナイテッド戦だなんて信じられないよ。すべてのファンに感謝する。最高だったよ!」 2022.07.16 18:10 Sat
twitterfacebook
thumb

プレシーズン連勝のテン・ハグ監督「試合をひっくり返せたのは本当に良かった」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督がプレシーズン第2戦を振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 タイとオーストラリアを回るアジアツアー中のユナイテッド。タイで行われたリバプールとのプレシーズン初戦を4-0の快勝で飾って、オーストラリアに舞台を移した。 そして、15日にメルボルン・ビクトリーとのプレシーズン第2戦も4-1と勝利。先制を許した展開から、前半のうちに逆転してみせると、後半もネットを揺らし続けた。 イラク代表MFジダン・イクバルら若い才能もしっかりと存在感を示すなか、結果も初陣から2連勝と上々のテン・ハグ監督はメルボルン・ビクトリー戦の出来に満足した。 「自陣にこもり、コンパクトな陣形を敷く相手からチャンスを作る必要があった。左サイドからだと難しかったが、右サイドから多くのチャンスを作ったと思う。4、5回の好機を作れ、そこで試合をひっくり返せたのは本当に良かった。落ち込まず、反発してくれたね」 「確かにジェイドン・サンチョのパフォーマンスも良かったが、右サイドの全体が本当によく機能したと思う。ジオゴ・ダロト、ブルーノ・フェルナンデス、アントニー・マルシャル、そしてスコット・マクトミネイの間で良い連携があったしね」 オランダ人指揮官はまた、開始5分にDFビクトル・リンデロフとDFハリー・マグワイアの背後を突かれての失点シーンについて、チーム全体のミスだと論じた。 「個人について話したくない。ピッチの高い位置でプレーする流れだったから。間違った選択をした結果、束なったトランプのカードみたいになってしまった」 「1人の選手がというよりも、チームとしてのミスだったということだ。この2試合目は(初戦のリバプールとは)まったく異なるアプローチをしてくる相手だった」 なお、GKダビド・デ・ヘアとDFラファエル・ヴァランはリバプール戦に出場した直後の欠場となったが、テン・ハグ監督はともに大事をとってのものだと説明している。 2022.07.16 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

セルティック退団の豪代表ロギッチは欧州から声がかからず? オファーはインドネシアのみか

セルティックを退団するオーストラリア代表MFトム・ロギッチ(29)だが、新天地探しが進んでいないようだ。 2013年1月にセルティックの一員となったロギッチは、母国のメルボルン・ビクトリーへとレンタル移籍した期間を除き、9年間緑白のユニフォームに袖を通してきた。公式戦通算272試合46得点49アシストを記録し、7度のリーグ優勝を経験するなど、近年のクラブを支えた功労者だが、5月に退団が発表された。 オーストラリア代表でも主力選手として活躍するロギッチ。カタール・ワールドカップ(W杯)予選のペルー代表との大陸間プレーオフでは、自身は個人的な事情ということで招集外だったものの、チームメイトらがPK戦の末に5大会連続となる本大会への切符を掴んでいる。だが、今年11月に開幕する本大会を控え、現時点では新シーズンの所属先が見つかっていないようだ。 アメリカ『Fox Sports』によると、今夏ロギッチに対して正式オファーを提示したのは、インドネシア1部リーグ(リーガ1)のプルシジャ・ジャカルタのみであるとのこと。プルシジャはアジア地域を代表するMFの獲得に大金を積んだようだが、ロギッチはこのオファーを拒否した模様。その他には母国Aリーグの複数クラブが獲得を模索しているとみられるものの、欧州クラブからのコンタクトは未だ噂レベルにもなっていない。 なお、ロギッチは新シーズンもヨーロッパでキャリアを継続したいのか、母国帰還などを目的としたセルティック退団なのか、選手本人の明確な希望が明らかになっていない。ロギッチの去就はオーストラリア代表にとってみれば今秋のW杯メンバー選出も絡んでくる話題だけに、今後の動向は注目されている。 2022.06.28 19:54 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly