ディ・ナターレ、セリエCのカッラレーゼ監督を退任…

2022.07.12 00:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエCに所属するカッラレーゼは11日、アントニオ・ディ・ナターレ監督(44)との契約を解除したことを発表した。

2021年4月にシルビオ・バルディーニ前監督(62)の後任としてカッラレーゼの指揮官に就任したディ・ナターレ監督。フルシーズンを率いることになった2021-22シーズンは、レギュラーシーズンを10位で終え、昇格プレーオフ出場権を獲得したが、プレーオフ1回戦で5位のペスカーラと0-0の引き分けに終わり、1回戦敗退となっていた。

退任の決まったディ・ナターレ監督は、公式サイトで「私に与えられた機会と、カラレーゼのようなカテゴリーでベンチを任してくれたことにより示された信頼に対して、スタッフ、クラブ、オーナーに感謝したい」とコメントしている。

関連ニュース
thumb

フリーのベルギー代表デナイヤーもUAEを舞台に! ピャニッチらに続く

ベルギー代表DFジェイソン・デナイヤー(27)のUAE行きが決まった。アラビアン・ガルフ・リーグを戦うシャバブ・アル・アハリ・ドバイは28日に獲得を発表している。 マンチェスター・シティでプロ入り後、セルティックやガラタサライ、サンダーランドを経て、2018年8月にリヨン入りしたデナイヤー。リヨンでは通算139試合の出場数を誇ったが、昨季で契約が切れ、フリーだった。 これまでの報道でトルコやイタリアなどが新天地として噂された現役のベルギー代表戦士だが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏の見立てなどでUAE挑戦が濃厚な状況だった。 なお、欧州を舞台に活躍してきた選手の有名どころでは今夏において、MFミラレム・ピャニッチ、DFコスタス・マノラス、FWパコ・アルカセル、MFアデル・ターラブト、MFアランに続くUAE行きとなる。 2022.09.29 08:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ジャウメ離脱のバレンシアが元ビルバオのGKイアゴ・エレリンを緊急補強!

バレンシアは28日、スペイン人GKイアゴ・エレリン(34)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 ビルバオのカンテラ出身であるイアゴ・エレリンは、2010年夏にアトレティコ・マドリーのセカンドチームへ移籍するも、2012年夏にビルバオに復帰。その後、レンタル移籍で加入したヌマンシアやレガネスでは守護神を務めたが、ビルバオでは第2GKの座に甘んじ、在籍8シーズンで公式戦119試合の出場に留まった。 2021年夏にビルバオを退団したイアゴ・エレリンはサウジアラビアのアル・ライードへ完全移籍。しかし、リーグ戦13試合の出場に留まり、シーズン終了後に退団していた。 ここまでラ・リーガ6試合消化で3勝3敗の9位に位置するバレンシアでは、控えGKを務めていたスペイン人GKジャウメ・ドメネクが右ヒザの前十字靭帯を断裂の重傷を負ったため、代わりとなる選手の獲得を模索していた。 なお、イアゴ・エレリンは2週間のチームトレーニングを経てから、正式にチームに加入するとのことだ。 2022.09.29 07:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュ退団のリャイッチ、新天地はピルロ監督率いるファティ・カラギュムリュクに決定!

トルコ1部のファティ・カラギュムリュクは28日、今夏にベシクタシュを退団した元セルビア代表MFアデム・リャイッチ(30)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 リャイッチは、トップ下やウイングを主戦場とする攻撃的な選手。パルチザン・ベオグラードでキャリアをスタートさせると、フィオレンティーナやローマ、インテル、トリノとイタリアで長らくプレー。2018年8月にベシクタシュへレンタル移籍すると、2019年7月に完全移籍していた。 ベシクタシュでは、在籍4年間で公式戦85試合に出場し26アシストを記録。昨シーズンは、昨夏にクラブ間合意していたスパルタク・モスクワへの移籍を拒否したため、クラブから登録外の制裁を受け、1年間プレー機会がない状況だった。 リャイッチの加入したファティ・カラギュムリュクは、アンドレア・ピルロ氏が監督を務めており、元イタリア代表FWファビオ・ボリーニや元イタリア代表GKエミリアーノ・ヴィヴィアーノ、ロシア代表MFマゴメド・オズドエフ(29)らが在籍している。 なお、リャイッチの加入は冬の移籍市場が開幕する来年1月以降となる。 2022.09.29 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

中山雄太所属のハダースフィールドがフォザリンガム氏を新監督に招へい! “軍曹”マガトの右腕として活躍

日本代表DF中山雄太が所属するチャンピオンシップ(イングランド2部)のハダースフィールド・タウンは28日、新監督にマーク・フォザリンガム氏(38)を招へいした。契約期間は2025年6月30日までとなる。 ハダースフィールドは、今夏にU-19チームを率いていたダニー・スコフィールド氏が新監督に就任。中山の獲得を喜び、守備の中心として起用するなどしていた一方で、チームは開幕から低迷。連敗スタートとなると、リーグ戦8試合を終えて1勝1分け6敗。 昇格を狙うはずが降格圏に沈むと、13日に行われたウィガン戦(1-2で敗戦)後に解任が発表された。 後任として新指揮官に就任したフォザリンガム氏は、現役時代はセルティックやフライブルク、ノリッジなどでプレー。現役引退後は指導者となり、カールスルーエやインゴルシュタットでアシスタントコーチを歴任。直近では今年3月にヘルタ・ベルリンの指揮官に就任したフェリックス・マガト監督の下でアシスタントコーチを務めていた。 2022.09.29 01:30 Thu
twitterfacebook
thumb

原口元気のウニオン・ベルリンがフィッシャー監督と契約延長

ウニオン・ベルリンは28日、今季限りの契約となっていたウルス・フィッシャー監督(56)との契約延長を発表した。契約期間は明かされていない。 新契約にサインしたフィッシャー監督は、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この数年間、ともに経験してきたことはまさに信じられないようなことで言葉などで決して表現できるものではない」 「これまで何度も言ってきたが、ウニオンはとても居心地がいい。」 「これまで幾度となく強調してきたように、私はウニオンで非常に居心地の良さを感じている。チームが一丸となって日々取り組む姿、クラブが提供してくれる環境、人々との交流、これら全てがこの4年間における成功の非常に重要な要素となっている」 「我々は共にまだ多くのことを達成できると思うし、クラブの継続的な発展の一翼を担えることを楽しみにしているよ」 現役時代に母国スイスのチューリヒやザンクト・ガレンで活躍したフィッシャー監督は、引退後もチューリヒの下部組織で指導者のキャリアをスタート。2010年4月にファーストチームの監督に就任すると、トゥンやバーゼルでも指揮を執っていた。 2018年7月にウニオン・ベルリンの監督に就任すると、就任1年目の2018-19シーズンはブンデスリーガ2部を戦い、チームを1部に昇格。2019-20シーズンは11位の成績を残して残留に導くと、2020-21シーズンは7位でUEFAカンファレンスリーグの出場権を獲得。 昨季は欧州カップ戦の参加による過密日程から低迷するのではと予想されたが、見事に予想を覆しヨーロッパリーグ(EL)出場圏の5位にチームを導くと、DFBポカールでもベスト4に導いた。 今シーズンもブンデスリーガ7試合を戦い、5勝2分け無敗と絶好調で首位で首位に立っており、今回の契約延長に至った。 2022.09.28 23:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly