ジョー・アレンが10年ぶりにスウォンジー復帰! 2年契約で背番号は「7」

2022.07.09 10:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンシップ(イングランド2部)のスウォンジーは8日、ストーク・シティからウェールズ代表MFジョー・アレン(32)が完全移籍で加入することを発表した。

契約期間は2024年夏までの2年間で、背番号は「7」。フリートランスファーでの加入となる。

ジョー・アレンはスウォンジーの下部組織育ちで、2007年7月にファーストチームに昇格。レクサムへのレンタル移籍を経験すると、2012年8月にリバプールへと完全移籍する。
中盤のゲームメーカーとしての期待が高く、スウォンジー時代の恩師であるブレンダン・ロジャーズ監督の下でパスサッカーのキーマンとされたが、2016年7月にストーク・シティへと完全移籍した。

これまでプレミアリーグで199試合に出場し16ゴール16アシスト、チャンピオンシップでは224試合で13ゴール15アシストを記録。2021-22シーズンは、チャンピオンシップで41試合に出場し1アシストを記録していた。

ウェールズ代表としても72試合に出場し2ゴールを記録。カタール・ワールドカップ出場が期待される中、10年ぶりに古巣に復帰することとなった。

関連ニュース
thumb

ウェールズ代表、デイビス&アレンがケガで不参加…18歳MFを初招集《UEFAネーションズリーグ》

ウェールズサッカー協会(FAW)は19日、UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23に向けたメンバーの変更を発表した。 ロバート・ページ監督は、チャンピオンシップ(イングランド2部)のバーミンガム・シティに所属するMFジョーダン・ジェームズ(18)を初招集した。 ジェームズは、世代別のウェールズ代表を経験したほか、2022年3月にはU-20イングランド代表にも招集され2試合に出場した実力がある。 バーミンガムの下部組織出身で、ここまでファーストチームでは31試合で1ゴール2アシストを記録していた。 なお、トッテナムのDFベン・デイビスとスウォンジー・シティのMFジョー・アレンはケガのために招集外に。デイビスは足の小さな骨折、アレンはハムストリングの問題だという。 ウェールズは、22日にベルギー代表とアウェイで、25日にポーランド代表とホームで対戦する予定となっている。 2022.09.20 10:23 Tue
twitterfacebook
thumb

アザールに蹴られたボールボーイが億万長者に!英国長者番付にランク入り

イギリス『サンデー・タイムズ』の英国長者番付「サンデー・タイムズ・リッチ・リスト」にチャーリー・モーガンの名が載った。 聞き覚えのない名前だが、この人物はサッカー界で一瞬大きな注目を集めたことがある。 2013年のキャピタル・ワン・カップ準決勝、チェルシーvsスウォンジー・シティの戦いは1stレグをスウォンジーが2-0で勝利すると、2ndレグでもゴールを許さず、0-0のまま試合終盤を迎えていた。 そして78分、ゴールラインを割ったボールを素早く戻さなかったボールボーイとチェルシーのMFエデン・アザール(現レアル・マドリー)が揉みあいに。その際、ボールに覆いかぶさったボールボーイを蹴った格好となったアザールが一発退場となり、3試合の出場停止となっていた。 この時のボールボーイがモーガンだ。スウォンジーのクラブ幹部の息子でもあった。 当時17歳だったモーガンだが、イギリス『サン』によると今はウォッカの会社を経営しており、4000万ポンド(約65億円)の資産を持つ大富豪だという。 モーガンは2016年に学校の友人と「オー・ウォッカ」という会社を設立。会社の商品は元ブラジル代表のロナウジーニョ氏やボクシングのフロイド・メイウェザーなど、そうそうたる顔ぶれに愛用されているそうだ。 なお、『サン』はアザールの推定純資産を算出。約8500万ポンド(約137億円)だとし、モーガンとアザールが再び争う日もそう遠くはないかもしれないと冗談交じりに締めくくっている。 <span class="paragraph-title">【写真】資産家となった現在のチャーリー・モーガン氏</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWG5pkStxmy/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWG5pkStxmy/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWG5pkStxmy/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Charlie Morgan(@charliem0rgan)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】アザールがボールボーイのモーガンを蹴って一発退場となったシーン</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="sd38KUjmOho";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.28 22:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、スウォンジーからMFフリン・ダウネスを獲得!

ウェストハムは7日、チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するスウォンジーからイングランド人MFフリン・ダウネス(23)を完全移籍で獲得した。 契約期間は2027年6月までで、1年間の延長オプションが付随。背番号は「12」を着用する。なお、移籍金について明かされていないが、イギリス『BBC』は1200万ポンド(約20億円)と伝えている。 プレミアリーグへステップアップを果たしたダウネスは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「夢を見ているような気分だよ。このクラブに入団することは、小さい頃からの夢だったんだ。このクラブは僕のクラブだから、これ以上の喜びはない。このクラブに来られてうれしいし、早く始めたい」 「プレミアリーグで最高の選手たちと自分を試す絶好の機会だと思っている。監督が選手を育ててきた実績は、僕がウェストハムに入団する大きな動機になったよ」 リーグ1(イングランド3部)に所属するイプスウィッチの下部組織で育ったダウネスは、2017年8月のバーミンガム戦でプロデビュー。パスセンス、当たり負けしないタックル、闘志あふれるプレーが特徴の守備的MFで、トップチームでは4シーズンを過ごし、公式戦99試合に出場し3ゴール4アシストを記録。 この活躍が評価され、昨夏にスウォンジーへ4年契約で加入すると、すぐにレギュラーに定着し公式戦39試合に出場し1ゴール2アシストをマークした。 2022.07.08 07:33 Fri
twitterfacebook
thumb

南野の元同僚21歳FW、凄まじいキャノン砲で代表4試合目で初ゴール!

アイルランド代表FWマイケル・オバフェミ(21)が目の覚めるような一撃をたたき込んだ。 2018年に2000年生まれの選手として初めてアイルランド代表キャップを刻んだオバフェミ。以降は代表での出場が空いてしまったが、先発出場を果たした11日のUEFAネーションズリーグ(UNL)リーグB・グループ1、スコットランド戦で鮮烈な代表初ゴールを記録した。 28分に絶妙なループパスでFWトロイ・パロットのゴールをお膳立てすると、2点のリードで迎えた51分には自らネットを揺らす。ゴール正面約30mの位置で横パスを受けたオバフェミはファーストタッチで前を向き、思い切り良く右足を一閃。コースは甘かったものの、凄まじい威力のブレ球がゴールに突き刺さった。 オバフェミはサウサンプトンの育成組織出身で、2020-21シーズンにはセインツで日本代表FW南野拓実ともチームメイトだった。このシーズンはケガの影響などもあり、前季より出場機会が減少。今シーズンは夏にチャンピオンシップ(イングランド2部)のスウォンジーへと活躍の場を移した。 リーグ戦で32試合に出場して12得点を挙げると、活躍が評価されてUNLのメンバーにも招集。代表キャップ4試合目にして印象的な初ゴールを記録することとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】えぐ過ぎるブレ方…21歳のオバフェミが決めた凄まじい威力の代表初ゴール(1:02~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="cxJ2uX6C1tw";var video_start = 62;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.06.12 22:30 Sun
twitterfacebook
thumb

魔法を使った?GKがノールックセーブ披露!吸い込まれるボールに「20回見たけどどうやったのかわからない」

ボールが吸い込まれるようなセービングとは、まさにこのことだ。 今冬にMKドンズから4年半の完全移籍でスウォンジーへ加入したイングランド人GKアンディ・フィッシャー(24)。1日に行われたEFLチャンピオンシップ第25節、ルートン・タウン戦で新天地デビューを果たすと、以降はスタメンの座を奪取。13日の第32節ブリストル・シティ戦では奇奇怪怪なセーブを見せ、3-1で勝利に貢献した。 ブリストルのオーストリア代表FWアンドレアス・ヴァイマンのシュートを防ぐため、コースへスライディングを試みたフィッシャー。だが、フェイントに引っ掛かり、立ち上がる際にシューターに背を向けてしまう。ヴァイマンは狙い通りにシュートまで持ち込んだが、ボールはゴールでなくフィッシャーの脇へときれいに吸い込まれた。 オノマトペが聞こえてきそうなほどの見事なセーブには、初見では理解できなかったというファンが多数。「意味がわからない」、「ボールがどこに行ったか探している」、「どうやったの…」、「約20回見ました…それでも、ボールがどのようにキーパーの腕に入ったかわかりません」などのコメントが多数寄せられることとなった。 ノールックセーブでチームの窮地を救ったフィッシャー。だが、翌第33節19日のシェフィールド・ユナイテッド戦では4失点。神セーブ継続とはならなかったようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】アンディ・フィッシャーの脇に吸い込まれるボール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This might be the greatest save of all time.<a href="https://t.co/Io3rcoPcNJ">pic.twitter.com/Io3rcoPcNJ</a></p>&mdash; SPORTbible (@sportbible) <a href="https://twitter.com/sportbible/status/1495770530183528448?ref_src=twsrc%5Etfw">February 21, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.02.22 21:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly