本田圭佑が「声出し応援」に持論、浦和ファン、Jリーグ、政府に一言

2022.07.06 14:38 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
本田圭佑が、Jリーグでの「声出し応援」の問題に関して持論を展開した。Jリーグは5日、臨時実行委員会を開催。その後のブリーフィングで、声出し応援の違反に対する処分に言及した。

Jリーグでは、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が始まった2020年からリーグの中断や無観客試合、入場制限など、さまざまな感染対策をしながら運営している。

現在は、入場制限に関しては規制がなくなっている一方で、サッカーの醍醐味でもある「声出し応援」は禁止されている状況だ。

ただ、6月から試験的に「声出し応援」を認め、感染拡大に影響があるかどうかなどのチェックを実施。ステップを踏んで、検証していき、最終的には元の観戦スタイルに戻す試みをしている。

そんな中、2日に行われたガンバ大阪vs浦和レッズの試合で、浦和のサポーターがチャントやブーイングなどの声出し行為を行っていた。

以前から浦和のサポーターには違反行為が散見され、他のクラブの多くのサポーターがガイドラインを遵守している中で、非難を浴びる状況に。そして、5日に浦和が初めて声明を発表。謝罪するとともに、処分や対策を発表していた。

これを受けて、Jリーグも最大2000万円の罰金処分の可能性があることを発表。また、繰り返して違反が起きれば、勝ち点剥奪や無観客試合の実施などがあることを示唆している。

そんな中、本田は自身のツイッターを通じてこの件について言及。日本政府がルールを変える必要があるとしながら、浦和への思い、Jリーグへの想いを綴った。

「声出し応援の件でそれぞれの登場人物に対して思うこと。

浦和ファン: 気持ちは分かる。けどバランスが大事よ

Jリーグ: 対応が難しいよね。想いは一緒なはずやから

政府: 馬鹿げたルールはすぐに変えて。遅い。システム変えなあかん

批判してる第三者: ルールはルールという考え方に終止符を打って」

また、ルールを守って主張することが必要としながらも、その考え方だけに固執するのは良くないともした。

「ルールを変えたいならルールを守った上で主張すべきという意見が多いけど、僕の考えもそうです。筋が通ってるし。ただしその考え方だけが正しいと言えないようでは問題だなと思ってます。これは今回の件に限らず、日本の問題と言えると思います」

1 2

関連ニュース
thumb

7月の月間優秀監督賞に横浜FMのケヴィン・マスカット監督! 今季2度目の栄冠

Jリーグは16日、7月度の月間優秀監督賞を発表した。 J1リーグからは横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督で、7月は5試合を3勝2分けの無敗。順位も首位を維持して、この8月に入っている。 今年5月に続く受賞となる49歳のオーストラリア人指揮官はJリーグ公式サイトで喜びを語った。 「まず、本受賞についてJリーグに感謝申し上げます。そして、我々のサッカーを表現するためにハードワークしている選手とスタッフにも感謝します。最後に、どんな時も変わらずサポートしてくれているマリノスファミリー全員にこの賞を捧げたいです。共に戦い続けましょう」 また、J2リーグではロアッソ熊本の大木武監督で、J3リーグからは藤枝MYFCの須藤大輔監督が選出。それぞれ受賞に際してコメントしている。 ◆大木武監督 「このたびは、2022明治安田生命J2リーグ7月の月間優秀監督賞に選んでいただき、ありがとうございます。この賞は、選手・スタッフをはじめ、クラブを支えてくださるパートナー企業の皆様、いつも応援してくださるサポーターの皆様、クラブに関わる全ての皆様がいただいた賞であり、心より感謝いたします。リーグも終盤戦となりますが、チーム一丸となり、皆様にまた見たいと思っていただけるようなプレーで、目標を達成できるよう頑張ります」 ◆須藤大輔監督 「この度の受賞に関しまして、藤枝MYFCのクラブとしてのフィロソフィーをクラブに関わる全ての人と共有し、共に歩むことができたことが良い結果に繋がり、この素晴らしい賞を受賞する運びとなったこと、支えてくださった方々に感謝申し上げます。今後も超攻撃的なエンターテイメントサッカーを表現し、観ている方に勇気や感動、そして心を震わせる至福の時間を提供できるよう日々精進して参りたいと思います。サッカーの力で多くの方を幸せにできますように」 2022.08.16 18:25 Tue
twitterfacebook
thumb

7月5戦6発の横浜FMストライカー、レオ・セアラが月間MVP! 「チーム全員で勝ち取った賞」

Jリーグは16日、7月度の明治安田生命JリーグKONAMI月間MVPを発表した。 J1リーグからは横浜F・マリノスのFWレオ・セアラ。今季のここまで21試合出場で10得点を決め、7月はハットトリックで飾った同月2日の清水エスパルス戦を皮切りに計5試合で6ゴールをマークした。 首位をひた走るチームで得点源として引っ張る27歳のブラジル人ストライカーは喜びの心境とともに、決意を新たにしている。 「昨年に引き続きKONAMI月間MVPを受賞できたことを、とてもうれしく思います。この賞をいただけたのは、チームメイトみんなのおかげです。チームが好調なのはチーム全員が頑張っているからこそと同じように、今回僕が選ばれた理由は、みんなにあると思います。チーム全員で勝ち取った賞だと感じています」 また、J2リーグからはV・ファーレン長崎のFWエジガル・ジュニオで、J3リーグは藤枝MYFCのMF久保藤次郎に。それぞれ喜びを語った。 ◆エジガル・ジュニオ 「質の多い選手がそろっている中で、KONAMI月間MVPに選出いただきとてもうれしく思います!選出してくださった皆さんとチームメイト、家族、ファン・サポーターの皆さんに感謝しています。FWとしてゴールの近くでプレーできていることがこの結果につながったと思います。これからもチームの勝利のために、そしてJ1昇格のために100%でプレーします!」 ◆久保藤次郎 「月間MVPに選んでいただき大変嬉しく思います。監督をはじめ、選手、サポーター、クラブ関係者の方々と一緒に掴み取ったクラブ初6連勝があったからこそ受賞することが出来ました。とても感謝しています。残りのシーズンもサッカーはエンターテイメントだという監督の考えのもと、日々の努力を怠らず戦い抜きます。今シーズン、藤枝MYFCのサッカーを観たことがない方には是非一度観ていただきたいと思います。そしてサポーターの皆様、引き続き応援よろしくお願いします!」 2022.08.16 17:55 Tue
twitterfacebook
thumb

C大阪のベトナム代表GKダン・バン・ラムが母国のビンディンFCへ完全移籍

セレッソ大阪は16日、ベトナム代表GKダン・バン・ラム(29)がベトナムのビンディンFCに完全移籍することを発表した。 ベトナムとロシアの国籍を持つダン・バン・ラムは、スパルタク・モスクワやディナモ・モスクワといったロシアの名門の下部組織で育った。2011年にベトナムのクラブでプロデビューし、以降はロシア下部リーグのクラブやタイのムアントン・ユナイテッドを経て、2021年にC大阪に入団した。 C大阪では天皇杯で1試合、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で1試合の出場に終わっていた。 ダン・バン・ラムはクラブを通じてコメントしている。 「このチームの一員として過ごせた日々を凄く嬉しく思います。セレッソ大阪というクラブ、コーチングスタッフの皆さん、選手全員に感謝の気持ちしかありません」 「特に怪我からの復帰に全力で支えてくれたメディカルスタッフの皆さん、本当にありがとうございました」 「セレッソ大阪をこれからも全力で応援しています。絶対に今年タイトルを獲って下さい。ラムちゃんより」 2022.08.16 15:02 Tue
twitterfacebook
thumb

広島も母国帰還発表のジュニオール・サントスが退団の挨拶 「ずっとサンフレッチェを応援し続けます」

サンフレッチェ広島を去るブラジル人FWジュニオール・サントス(27)がクラブを通じて、サポーターに退団の挨拶をした。 ジュニオール・サントスを巡っては15日に移籍先のボタフォゴFRから今季末までのレンタル決定が発表。そして、保有権を持つ広島も追随する形で、16日に母国帰還をアナウンスしている。 ジュニオール・サントスは2021年から広島でプレー。横浜F・マリノスでの半年間で明治安田生命J1リーグ13ゴールと活躍しての加入だったが、今季もここまで22試合で2得点だった。 この8月の公式戦4試合すべてでベンチ外が続くなか、母国帰還が決まったジュニオール・サントスは1年半を過ごした広島の公式サイトでサポーターに感謝の言葉を送っている。 「サンフレッチェ広島のファン・サポーター、スポンサー、そして全ての関係者の皆さま。いつもチームへ大きな力を与えてくださり、本当にありがとうございます。この度、私はサンフレッチェ広島に一旦別れを告げ、ブラジルのボタフォゴFRでプレーすることになりました」 「多くの出会いがあった広島をこのような形で去るのは悲しいですが、それもサッカーの一部なのかもしれません。新たな環境で自分のベストを尽くすとともに、ずっとサンフレッチェを応援し続けます。皆さんも私を応援してくれたら嬉しいです」 「ジュニオール・サントスより愛を込めて」 2022.08.16 12:55 Tue
twitterfacebook
thumb

柏DF岩下航が3カ月離脱…右第五中足骨骨折で手術

柏レイソルは16日、DF岩下航の負傷を報告した。 岩下は3日のトレーニング中に負傷して、右第五中足骨骨折と診断。このたび手術を受け、全治まで約3カ月を見込みだ。 ロアッソ熊本から今季加わり、23歳にして明治安田生命J1リーグ挑戦の岩下。ここまで3試合に出場していた。 2022.08.16 12:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly