ついにユナイテッドが補強!第1号はオランダ代表DFマラシア、4年契約

2022.07.05 22:12 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドは5日、フェイエノールトのオランダ代表DFタイレル・マラシア(22)を完全移籍で獲得することを発表した。契約期間は2026年6月までの4年間で、1年間の延長オプションがついているとのことだ。

イギリス『スカイ・スポーツ』によれば移籍金は最大1470万ポンド(約23億9000万円)とのこと。1300万ポンド(約21億1000万円)の固定に加えて、170万ポンド(約2億8000万円)のアドオンがあるという。

フェイエノールトの下部組織育ちのマラシアは、2017年7月にファーストチームに昇格し、エールディビジでは98試合に出場し4ゴール8アシスト。チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグにも出場し、昨シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグでも11試合に出場し1アシストを記録していた。

マラシアは左サイドバックを務め、オランダ代表としても5試合に出場している。

マラシアに対しては、今夏の移籍市場でリヨンも獲得を目指していたが、ユナイテッドが確保。エリク・テン・ハグ監督にとっては、最初の補強選手となった。

「マンチェスター・ユナイテッドに加入したことは素晴らしい気分だ。新しいリーグ、新しいチームメイトと素晴らしい監督に率いられる、僕にとって新しい章だ」

「エールディビジで彼のチームと対戦することで、彼の持つ資質と選手に求めるものを知ったんだ」

「僕はまだ若く、成長し続けると思うけど、赤いシャツを着るたびにすべてをピッチに残すことをユナイテッドのファンに約束する。フェイエノールトが僕と僕の家族に与えてくれたすべてのことにいつも感謝している」

「彼らがいなければ、この移籍は不可能だった。今、僕はユナイテッドでの未来に集中し、新しいクラブが成功を収めるのを助ける準備ができている」

1 2

関連ニュース
thumb

4失点惨敗で最下位のユナイテッド、テン・ハグ監督がオフを返上

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督は、チームの大敗を受けてオフを返上することにしたようだ。 新シーズンからユナイテッドを指揮するテン・ハグ監督。今季こそはという思いの中、補強がままならないままシーズンが開幕。さらにエースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドも去就問題が浮上した他、家庭の事情でプレシーズンの合流が最後までなされないなど、問題を抱えたまま開幕を迎えた。 ただ、ブライトン&ホーヴ・アルビオン、ブレントフォードと実力で勝る相手とのシーズンスタートとなるため、楽観視されていた中、開幕戦は1-2で敗戦。さらに13日に行われたブレントフォードとの第2節では前半で4失点を喫してそのまま敗戦。痛すぎる連敗スタートとなった。 第3節ではリバプールとのビッグマッチが控える中、結果以上に内容が酷かったユナイテッド。14日は試合翌日でオフの予定だったが、イギリス『BBC』によればテン・ハグ監督はキャンセルしたようだ。 次の試合まで1週間以上空くことで、チームは休む予定だったが、67%のポゼッションをしながら4-0で敗れた試合の修正を行うことを決めたとされている。 ブレントフォード戦に関しては、「選手たちが責任を負うべきだ」と主張するジェイミー・レドナップ氏と、「何がうまくいかなかったか、公に説明する必要がある」というギャリー・ネビル氏の議論がイギリス『スカイ・スポーツ』で話題となっていた。 ポール・ポグバやフアン・マタ、エディンソン・カバーニ、ネマニャ・マティッチ、ジェシー・リンガードなど多くの選手が去った一方で、獲得を望んでいた選手はなかなか獲得できず。DFタイレル・マラシア、DFリサンドロ・マルティネス、MFクリスティアン・エリクセンの3名の補強に今のところ終わっている。 ユベントスのMFアドリアン・ラビオ、バルセロナのMFフレンキー・デ・ヨングの獲得を目指しているが、まだ確定しておらず。ファンも根本的な改善を求めている中で、苦しい状況に陥ってしまっている。 いずれにしても、この2連敗からどう盛り返すのか。リバプールという巨大な相手に惨敗を喫するようであれば、苦しさは増すばかり。この1週間の準備に注目が集まる。 2022.08.14 23:00 Sun
twitterfacebook
thumb

4失点大敗は「僕のせい」…デ・ヘアが自身の非を認める

マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが自身の非を認めた。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 エリク・テン・ハグ新体制の船出となるプレミアリーグ開幕節を落としたユナイテッド。13日に敵地で行われた第2節のブレントフォード戦で初白星を期したが、守りが前半だけで4失点と大崩れし、0-4と完敗した。 2試合連続で先発のデ・ヘアは10分にシュートの処理ミスで先制点を許すと、18分にも自身起点のビルドアップからMFクリスティアン・エリクセンに出したパスをかっさわられ、追加点を献上。試合を壊してしまった。 戦犯とされても致し方ない出来で大敗劇に加担した31歳のユナイテッド守護神は試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』でショッキングな1敗の責任を負った。 「正直に言って、今日のチームが3ポイントを失ったのは僕のせい。僕のパフォーマンスは粗末なものだった。1つ目のミスと2つ目のミスから、チームがプレーするのをすごく難しくさせてしまったんだ。ひどい日だ」 「僕はもっとうまく対応すべきだった。1失点目のシュートを止めておけば、結果も違ったものだったと思う。(2失点目も)試合の流れによるけど、もっと流れを読んで、強気に出るのも必要だったのかもしれない」 「僕はクリスティアンでなくても良いのに、彼に出そうとしてしまった。僕らは先に失点し、5-1や6-1で勝つようなチームじゃない。だから、チームが3ポイントを失ったのは僕のせい。イージーなセーブだった」 「もちろん、(無得点の攻撃面も)もっと良いリアクションをして、ゴールを決めていかないといけなかった。お粗末なパフォーマンスだったよ。プレシーズンでは何もかかっていないから、プレーするのは簡単だ」 「大事な試合では勇気が求められ、適切な選手も必要になってくる。今日はそうじゃなかった。これからも頭を上げて努力を続けていかないと。新監督の下で始まったばかりだし、改善すべきことがたくさんある」 2022.08.14 10:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが4失点惨敗で開幕2連敗…テン・ハグ「ファンに申し訳ない」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が詫びのコメントを発した。イギリス『BBC』が報じている。 ユナイテッドは13日のプレミアリーグ第2節でブレントフォードのホームに乗り込み、0-4の敗北で開幕2連敗。10分から18分までにGKダビド・デ・ヘアの処理ミスと不用意なパスで2失点を喫すると、以降も混乱に陥り、前半だけで4失点と守備が崩壊した。 FWクリスティアーノ・ロナウドが初先発した攻撃陣も沈黙を続け、ひどいやられっぷりに終わったユナイテッドはデータ集計会社『Opta』いわく、1992年8月21日以来、30年ぶりのプレミア最下位に。テン・ハグ監督はイギリス『スカイ・スポーツ』で発言した。 「チームとして責任を負わないといけない。ファンに対しては本当に申し訳なく思っている。彼らは全力でサポートしてくれたのに、我々が失望させてしまった」 「チームで、個々で、ピッチ上で責任を負う必要があるが、できなかった。選手に求めたのは信念を持ってのプレーと、パフォーマンスに責任を持つことだった」 「そこを改善しないといけない。監督にも責任がある。責任の所在は主に監督であり、私はそれを受け止め、取り組んでいく」 また、「我々はチームとして困難なプロセスの最中。異なる形でのスタートが期待されたはずで、我々が期待したものでもない」とも述べ、さらなる補強を口にしている。 「新たな選手たちが必要だ。クオリティのある選手がね。それに取り組んでいるし、彼らを口説き落とすために全力を注いでいる」 2022.08.14 09:20 Sun
twitterfacebook
thumb

新生ユナイテッドがブレントフォードに屈辱の4失点大敗…開幕連敗で次節リバプールとのビッグマッチへ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第2節、ブレントフォードvsマンチェスター・ユナイテッドが13日にグリフィン・パークで行われ、ホームのブレントフォードが4-0で圧勝した。 テン・ハグ新体制の初陣となったホームでのブライトン戦に1-2で敗れ、厳しい船出を強いられた新生ユナイテッド。その開幕戦の失態を払しょくしたい赤い悪魔は、開幕ドロースタートのブレントフォードのホームに乗り込んだ。 オランダ人指揮官は初戦からマクトミネイに代えてクリスティアーノ・ロナウドを起用し、[4-2-3-1]の布陣を採用。最前線にロナウド、2列目に右からサンチョ、ブルーノ・フェルナンデス、ラッシュフォードが入った。 立ち上がりからボールを握り、開始直後にはロナウドが早速シュートを放つなど、まずまずの入りを見せたユナイテッド。しかし、思わぬミスから開幕戦に続いて先制を許す。 10分、自陣右サイドでのスローインからロナウドが中央でボールを奪われてカウンターを許すと、ペナルティアーク付近でダシルバが右足で放ったシュート。ゴール右下隅の良いコースに飛んだとはいえ、ボールの勢いを考えれば、問題なく対応できるものだったが、GKデ・ヘアが脇の下を抜かれる失態で先制点を献上した。 これで俄然勢いづくホームチームに対して、早い時間帯の同点ゴールを目指すユナイテッドは、前がかって攻めに出る。しかし、開幕戦でも露呈した不安定なビルドアップを相手に突かれる。 攻撃時にアンカーに入るエリクセンの直前のボールロストはマグワイアのカード覚悟のファウルで事なきを得るが、18分にはゴールキックのリスタートの際に相手が完全に狙っていた中、GKデ・ヘアからエリクセンに出したパスに猛然としたプレスを仕掛けたイェンセンにボックス内でボールを奪われ、巧みな切り返しから右足のシュートを流し込まれ、再びミスから2失点目を喫した。 信じがたいミスの連続で開幕戦に続く2点ビハインドとなったユナイテッドは、ボールを握って攻め手を窺うものの、持たされる印象が強く相手の5バックを揺さぶり切れない。そうなると、流れに関係なくゴールを決められるエースに期待がかかるが、立ち上がり以降はなかなか見せ場を作れない。 すると、苦境の中で粘りを欠くチームは耐え切れない。まずは30分、ブレントフォードの右CKの場面で大外のトニーに頭で折り返されると、ファーサイドで待つベン・ミーに泥臭く頭で押し込まれて3失点目。さらに、35分には人数をかけた攻撃で攻め切れず、相手ボックス内からのクリアでロングカウンターを浴びる。左サイドのスペースに飛び出したトニーに速いタイミングでムベウモへのラストパスを許すと、DFショーの必死の戻りも及ばずにボックス内へ侵入したムベウモに左足のシュートを流し込まれ、屈辱の4失点目となった。 この連続失点で完全に心が折れたようにも見えるアウェイチームは、まずは1点ずつを返そうと攻勢を強めていく。だが、相手を上回るプレー強度はなくさしたる見せ場を作れぬまま、最悪な形でハーフタイムのドレッシングルームに戻ることになった。 迎えた後半、テン・ハグ監督はリサンドロ・マルティネス、ショー、フレッジを下げてヴァラン、マラシア、マクトミネイをそれぞれ同じポジションで投入。攻撃に全振りの交代というよりも、まずは崩壊しかけていた部分にテコ入れを図る形となった。 後半立ち上がりの守勢を凌いで徐々に押し込む時間帯を作り出すユナイテッドだが、4点リードによって余裕を持って守る相手の守備に苦戦。ボールは握るものの攻めあぐねる状況が続き、なかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めない。 さらに、存在感を欠いたサンチョを諦めてエランガを60分過ぎにピッチへ送り出すが、この交代策も流れを引き寄せるまでには至らない。ゴールが遠く時間だけが過ぎていく中、80分過ぎにはグリフィン・パーク帰還のエリクセンに見せ場も、ボックス中央でのシュートチャンスで枠に飛ばすことができない。 その後も覇気のない戦いに終始したユナイテッドは、無抵抗のままタイムアップを迎え、敵地で屈辱の0-4の大敗。厳しい開幕連敗スタートとなった赤い悪魔は、最悪な形で次節リバプールとのビッグマッチに臨むことになった。 2022.08.14 03:31 Sun
twitterfacebook
thumb

真意は? マドリー会長のC・ロナウド38歳発言に「気がないんでしょ」「ノーとは言っていない」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをめぐるレアル・マドリーの会長の発言が物議を醸しているようだ。 昨夏に12年ぶりのユナイテッド復帰を果たしたロナウドは、昨季のプレミアリーグで30試合に出場して18ゴール3アシストという結果を残した。だが、チームはタイトル争いどころか、チャンピオンズリーグ(CL)の出場権も逃したことから、移籍を希望していると囁かれている。 CL出場権を持つクラブの中で噂に上がっているのがC・ロナウドの古巣、レアル・マドリーだが、会長のフロレンティーノ・ペレス氏は一蹴。ファンから渦中のストライカーとの契約を求められると、「なに?(彼は)38歳だよ」と返答し、その場を去った。 C・ロナウドは現在37歳。シーズン中の来年2月には38歳を迎える。『One Football』が掲載したペレス氏の言動には「38歳って」と指摘する声や、「(歳を間違えるってことは)サインする気がないんでしょ」、「(その質問には)もううんざりだろうね」などのコメントが寄せられている。 ただ、マドリー時代にゴールを量産したFWの加入を望んでいるファンも多く、「ノーとは言っていないね」、「(今季中に)38だけどクオリティはある」、「僕なら(ルカ・)モドリッチは(今年で)37歳ですけどっていうね」と、C・ロナウドへの期待感を示す言葉も上がっている。 プレミアリーグの開幕戦では先発を外れ。ベンチからのスタートとなった"37歳"だが、今後の動向が注視される。 <span class="paragraph-title">【動画】C・ロナウド獲得を訪ねるファンに返答するマドリー会長</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/ChKYBQVj01l/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/ChKYBQVj01l/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/ChKYBQVj01l/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">OneFootball(@onefootball)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.13 18:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly