“美人すぎる彼女”がついに結婚!元イタリア代表FWペッレとの挙式を吉田麻也も祝福

2022.07.05 20:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレ(36)が交際していたヴィクトリア・ヴァルガさん(30)との結婚式を挙げた。ペッレはレッチェやパルマ、サンプドリアなどの母国クラブや、AZやフェイエノールトを経て、2014年から2016年まではサウサンプトンで活躍。2016年夏から“爆買い”の流れに乗じて中国の山東魯能に加わった。

2021年1月にはパルマに加入し母国に復帰したが、シーズン終了後に退団してからはフリーの状況が続いている。

一方、ハンガリー出身でモデルのヴァルガさんは、ユーロ2016にイタリア代表として出場していたペッレをスタンドで応援する姿が美しすぎると話題になり、最もホットなWAGs(Wives and Girlfriends=フットボーラーたちの妻や彼女たちのことを差すフレーズ)の1人として知られていた。

2人は2021年1月に婚約していたが、この度改めて晴れの日を迎えることに。2人は2日に、ペッレの出身地である南イタリアのプーリア州にある、オストゥーニのどかな場所で式を挙げ、アヤックスのセルビア代表MFドゥシャン・タディッチやオランダ人指揮官のロナルド・クーマン氏などに囲まれながら、愛を誓った。

2人のインスタグラムには結婚式の幸せな様子が多々アップされているが、サウサンプトンで一緒にプレーした日本代表DF吉田麻也も反応。ハートの絵文字で祝福している。

1 2

関連ニュース
thumb

サッスオーロ一筋で327試合121得点、ベラルディが契約延長へ

サッスオーロがイタリア代表FWドメニコ・ベラルディ(28)との契約延長に漕ぎ着けたようだ。 サッスオーロ下部組織出身のベラルディ。ユベントスが保有権を得た時期もあったが、クラブキャリアでは一貫して緑黒のユニフォームに袖を通し、通算327試合121得点84アシスト。28歳と若いが、すでに紛れもないバンディエラだ。 イタリア『カルチョメルカート』によると、今夏はミラン移籍なども報じられたベラルディだが、サッスオーロとの契約延長に接近。現行では2024年夏までとなっているが、3年間延長し、2027年夏までとなるようだ。 なお、今回の契約には給与の増加も含まれており、あとは署名を残すのみとみられている。 2022.08.17 19:19 Wed
twitterfacebook
thumb

CBのバックアッパーが欲しいインテル、19歳カサデイをチェルシーに売却へ

インテルのU-19イタリア代表MFチェーザレ・カサデイ(19)がチェルシー移籍に近づいているようだ。 カサデイはインテルのU-19チームで鍛錬を積むセントラルハーフ。昨季はプリマヴェーラ1で29試合13得点4アシストの成績を残し、インテルの4季ぶり優勝に大きく貢献した。 今夏のプレシーズンでも起用され、トップチーム定着を期すなか、イタリア『スカイ』によると、経営難のインテルは同選手をチェルシーに売却して補強資金を工面したい考えだという。 インテルは退団した元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキアに代わる最終ラインの新たなバックアッパー獲得に本腰。ドルトムントのスイス代表DFマヌエル・アカンジ(27)に注目しており、獲得には移籍金1500~2000万ユーロ(約20億3000万~27億円)が必要とのことだ。 そんな事情があってか、インテルはカサデイに触手を伸ばすチェルシーに対して1500万ユーロ+500万ユーロ(約6億7000万円)を要求。チェルシーも1200万ユーロ(約16億2000万円)+アドオンを提示しており、両者は合意に接近しつつあるとみられている。 2022.08.16 15:22 Tue
twitterfacebook
thumb

執念で劇的勝利のインテル、指揮官が積極采配を振り返る 「我々には4人のストライカーがいる」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が今季のセリエA開幕戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 インテルは13日にレッチェとのアウェイゲームに臨み、1-2で勝利を収めた。試合は開始早々の2分、チェルシーから2季ぶりに復帰したベルギー代表FWロメル・ルカクが先制点をゲットし、この上ない滑り出し。だが、48分には同点とされてしまう。 インザーギ監督は新加入の元アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンやボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコなどのアタッカーを投入して勝ち越しを目指すも、なかなかネットを揺らせない。だが、途中出場のオランダ代表DFデンゼル・ダンフリースがドローも覚悟した90+5分に決勝点を挙げ、昇格組相手になんとか白星をもぎ取った。 試合後、インザーギ監督は「我々は95分に勝利を掴み、選手たちは優れたメンタリティを持っていることを証明した。良い形でゲームに入り、30分間は素晴らしいプレーをしたが、少し緊張していたね」と振り返り、選手たちを称えた。 決勝点を呼び込んだ積極采配についても言及。複数FWの同時起用に手応えを感じたようだ。 「我々には4人のストライカーがいる。試合の最後には全員がピッチにいたね。ジェコとルカクの同時起用だって可能だ。今日の試合は結果的にこのオプションが重要だった。レッチェのセンターバックに対して彼ら2人を対峙させ、その背後にラウタロ(・マルティネス)を置いた」 また、今夏に賛否があるなかで復帰し、いきなり結果を残したルカクについて問われると、「ロメルはとても元気だ。彼は懸命にプレーしており、大きな意欲を示している。本当に嬉しいことだ。多くのゴールを決めてくれると確信しているよ」と語り、今後のさらなる活躍にも太鼓判を押した。 スクデット奪還を目指して白星スタートを切ったインテル。20日の第2節ではスペツィアと対戦する。 2022.08.14 19:03 Sun
twitterfacebook
thumb

王者ミランが白星発進! 指揮官に慢心なし「セリエAで勝利を掴むのは難しい」

ミランのステファノ・ピオリ監督が今季のセリエA開幕戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ミランは13日にホームでウディネーゼと対戦し、4-2で勝利した。開始早々にいきなり先制を許すも、15分までにフランス代表DFテオ・エルナンデスとクロアチア代表FWアンテ・レビッチのゴールで逆転。だが、前半アディショナルタイムに同点とされてしまう。 不穏な空気に包まれるかと思いきや、後半開始まもなくスペイン代表FWブラヒム・ディアスがネットを揺らして勝ち越しに成功し、さらに68分にもレビッチが2点目。開幕戦から大量4得点を挙げ、セリエA連覇へ向けて好スタートを切った。 ピオリ監督は試合後のインタビューで改善点を口にし、この先も気の抜けない戦いが続くとの認識を示した。 「今日の我々は失点とボールの回し方という2つで自らの首を絞めた。もう少しうまくポゼッションできたはずだし、そうあるべきだった」 「最後まで良いテンポでプレーし、前へ出て攻撃に参加し、相手ディフェンダーと駆け引きするという姿勢を見せた。そして、4つものゴールを挙げた。だが、もっととれたと思う。我々にはまだまだ改善が必要なんだと教えてくれているね」 「多くのポジティブな要素があったが、このリーグはとても水準が高い。いくつかの小さなポイントについても解決すべきだと考えている。今日のゲームはセリエAで勝利を掴むことがいかに難しいかを示す一例となったはずだ」 昨季のスクデット獲得により、追う立場から追われる立場となったミランだが、名門を立て直した指揮官に一切の慢心はない様子。対戦相手への対抗心も忘れていない。 「今日はたくさんのファンの前で良いスタートを切りたいと願っていた。プレシーズンで練習を再開して以来、この試合で良い結果を手にすることこそが我々のモチベーションだった。昨季1度も勝てなかった彼ら(ウディネーゼ)を倒したかったのさ」 指揮官の野望通り、ウディネーゼを下したミラン。21日の第2節では開幕戦でサンプドリアとのアウェイゲームを制した難敵アタランタと対戦する。 2022.08.14 17:35 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーDFエメルソンにアタランタも目を光らす?

チェルシーのイタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(28)にアタランタ移籍の可能性が浮上している。 2018年1月にローマからチェルシー入りしたエメルソンだが、バックアッパーの域を抜け出せず、昨季はリヨンに1年レンタル。買い取りオプション付きのレンタルだったが、シーズン終了後にチェルシー復帰となった。 先日にはラツィオ移籍の可能性が報じられるなど、今夏の移籍が既定路線のなか、イギリス『デイリー・メール』によると、セリエA勢からはアタランタも目を光らせているという。 また、エメルソンを巡っては積極補強が印象的なノッティンガム・フォレストも関心を寄せ、すでに問い合わせを済ませている模様だ。 一方、チェルシーはブライトン&ホーヴ・アルビオンからスペイン代表DFマルク・ククレジャを獲得。トーマス・トゥヘル監督も移籍を容認する可能性が高いとみられている。 2022.08.12 18:54 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly