ルヴァン杯プライムステージのキックオフ時間&テレビ放送、ネット配信が決定

2022.07.05 17:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
5日、JリーグはYBCルヴァンカップ・プライムステージのキックオフ時間とテレビ放送を発表した。

6月上旬に行われたプレーオフステージではセレッソ大阪、サンフレッチェ広島、名古屋グランパス、アビスパ福岡が勝ち上がり、ここにAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場した川崎フロンターレ、浦和レッズ、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸を加えた8チームでプライムステージを争う。

6月29日に行われたオープンドローの結果、前回王者の名古屋は浦和と対戦が決まり、昨シーズンのカップ戦王者同士の対決に。昨季ルヴァンカップのファイナリストであるC大阪は、J1王者・川崎Fと対戦する。

また、Jリーグで苦しむ神戸は福岡と、J1で現在首位の横浜FMは、好調の広島と対戦することになった。

キックオフ時間は浦和vs名古屋が19時半、残りの3カードは第1戦も第2戦も19時キックオフに。また、テレビではフジテレビNEXT、フジテレビONE、フジテレビTWO、スカパー!で放送される他、インターネットでは、FOD、SPOOX、スカパー!番組配信で放送される。

なお、1stレグは8月3日、2ndレグは8月10日に行われる。

◆プライムステージ組み合わせ

【第1戦】
8月3日
《19:00》
セレッソ大阪 vs 川崎フロンターレ
[ヨドコウ桜スタジアム]
テレビ:フジテレビNEXT
インターネット:FOD、SPOOX、スカパー!番組配信

ヴィッセル神戸 vs アビスパ福岡
[ノエビアスタジアム神戸]
テレビ:スカパー!
インターネット:SPOOX、スカパー!番組配信

サンフレッチェ広島 vs 横浜F・マリノス
[エディオンスタジアム広島]
テレビ:スカパー!
インターネット:SPOOX、スカパー!番組配信

《19:30》
名古屋グランパス vs 浦和レッズ
[豊田スタジアム]
テレビ:スカパー!
インターネット:SPOOX、スカパー!番組配信

【第2戦】
8月10日
《19:00》
川崎フロンターレ vs セレッソ大阪
[等々力陸上競技場]
テレビ:フジテレビONE
インターネット:FOD、SPOOX、スカパー!番組配信

横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島
[ニッパツ三ツ沢球技場]
テレビ:フジテレビTWO
インターネット:FOD、SPOOX、スカパー!番組配信

アビスパ福岡 vs ヴィッセル神戸
[ベスト電器スタジアム]
テレビ:フジテレビNEXT
インターネット:FOD、SPOOX、スカパー!番組配信

《19:30》
浦和レッズ vs 名古屋グランパス
[埼玉スタジアム2002]
テレビ:スカパー!
インターネット:SPOOX、スカパー!番組配信

関連ニュース
thumb

「理不尽すぎ」福岡ジョン・マリが鮮烈な復帰後初弾、サポーターの度肝を抜く「えげつな」「まじでバケモン」

アビスパ福岡の元カメルーン代表FWジョン・マリが鮮烈な復帰後初ゴールを決めた。 昨季シーズン途中から福岡へ期限付き移籍で加入していたジョン・マリは、明治安田生命J1リーグで16試合に出場し、5得点を記録。今季はサウジアラビアのアル・シャバブでプレーをしていたが、7月7日に完全移籍での"復帰"が発表された。 明治安田生命J1リーグ第22節の湘南ベルマーレ戦で再デビューを果たし、3日に行われたYBCルヴァンカップ・プライムステージ準々決勝のヴィッセル神戸との第1戦では、帰還後初先発に。すると前半終了間際、起用に応える見事な一撃を叩き込む。 44分、GK村上昌謙からのロングボールをFWフアンマ・デルガドがフリック。ジョン・マリのコントロールはやや大きくなって流れるも、ボールへのアプローチの勢いそのままに右足を強振。ボックス手前からの強烈な低空ミドルは、GK飯倉大樹の手を弾いてネットを揺らした。 不意の一発は放送席をも驚かせたようで、「度肝抜かれたシュートで驚きすぎてムゴシャゆーてますやん」と、選手名を間違えてしまうほど。「えげつな」、「ジョンマリまじでバケモン」、「理不尽すぎ」、「相変わらずヤバい」、「怪物やん」といった、規格外FWを称える声も多数寄せられている。 後半にはルキアンのゴールでリードを奪った福岡は、ベンチメンバー4人という異例の状況下、GK山ノ井拓己をフィールドプレーヤーとして起用するスクランブル采配も決行。大迫勇也に1点を返されながらも逃げ切り勝ちを収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】「理不尽すぎ」るジョン・マリの復帰後初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【ファーストゴール】<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%83%93%E3%82%B9%E3%83%91%E7%A6%8F%E5%B2%A1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アビスパ福岡</a><br>一体何が起こったんだ⁉︎<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ジョンマリ</a> のワンタッチスーパーゴール<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ルヴァンカップ</a><br>プライムステージ 準々決勝 第1戦<br><br>神戸×福岡<br>J SPORTS 4/スカチャン6<br><br>この試合のご視聴はこちらから<a href="https://t.co/3r5ecGSHsi">https://t.co/3r5ecGSHsi</a><a href="https://twitter.com/visselkobe?ref_src=twsrc%5Etfw">@visselkobe</a><a href="https://twitter.com/AvispaF?ref_src=twsrc%5Etfw">@AvispaF</a> <a href="https://t.co/LG2MsKjAui">pic.twitter.com/LG2MsKjAui</a></p>&mdash; スカパー!サッカー (@sptv_football) <a href="https://twitter.com/sptv_football/status/1554783675270565888?ref_src=twsrc%5Etfw">August 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.03 22:45 Wed
twitterfacebook
thumb

控え4人の福岡が2-1で神戸に勝利! GK山ノ井をFPとして投入し、逃げ切りに成功《ルヴァンカップ》

3日、JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝のヴィッセル神戸vsアビスパ福岡の第1戦がノエビアスタジアム神戸で行われ、福岡が1-2で勝利した。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に参戦組の神戸は、この一戦からルヴァンカップに登場。一方の福岡はプレーオフステージで鹿島アントラーズと対戦し、アウェイゴール差で準々決勝へと駒を進めた。 福岡は新型コロナウイルスの感染が広がり、この日の控えメンバーはわずか4人。うちGKが2人、フィールドプレーヤーが2人という苦しいチーム編成だが、試合開始2分にいきなりチャンスに。神戸の中途半端な浮き球のバックパスをファンマが奪い、ボックス内で右足シュート。ここはDFに足でブロックされた。 肝を冷やした神戸も直後の4分、小林祐希がセンターサークルから左足でロングパスを蹴り込むと、佐々木がDFラインの背後に抜け出してGKと1対1に。しかし、こちらもシュートはGK村上に防がれた。 両チームともに立ち上がりにビッグチャンスを迎えた試合を動かしたのは福岡。44分、GK村上からのロングボールをファンマが頭で前方へ落としてジョン・マリへ。ワンタッチでDFをかわし、ボックス手前から豪快に右足を振り抜き、ネットを揺らした。 ビハインドで試合を折り返した神戸は後半開始から山口を投入。57分には負傷した小田を下げて汰木をピッチへ。まずはなんとか同点を目指す。 だが、後半も先にネットを揺らしたのは福岡だった。58分、先制点と同じような形で自陣からのFKをファンマが頭で前方へつなぎ、ジョン・マリがボールを落とすと、走り込んだルキアンがボックス手前から右足ダイレクトで蹴り込み、ゴールネット右上へ。強烈な一撃に神戸のGK飯倉は一歩も動けなかった。 2点差をつけられた神戸はさらに選手交代。60分にイニエスタ、大迫を同時投入する。そのイニエスタを中心にボールを握って福岡陣内まで攻め込むものの、あまり決定機を作るには至らない。77分にボックス内で大迫が放ったシュートは惜しくも枠の左へ外れた。 一方の福岡は勝利が見えてきた95分、2人しかいないベンチのフィールドプレーヤーをすでに使い切っていたが、長谷部監督は城後を下げ、GKの山ノ井をフィールドプレーヤーとして投入。山ノ井は最前線に入り、ファンマを中盤に下げるという、超スクランブル態勢で逃げ切りを図ることに。 5バックでしっかりとブロックを固める福岡だったが、最後の最後に神戸が意地を見せる。99分、神戸は自陣でボールを奪取すると、飯野が右サイドをドリブルで単独突破し、センタリングを供給。ゴール前で待ち構えた大迫がヘディングで合わせて1点を返した。 その直後に試合終了のホイッスル。福岡は苦しいチーム編成ながらアウェイゴール2つを奪い、第1戦を1-2で勝利した。一方の神戸もラストプレーで点差を縮めることに成功。8月10日に行われる第2戦へ向け、望みをつなげる貴重な1点となった。 ヴィッセル神戸 1-2 アビスパ福岡 【神戸】 大迫勇也(後54) 【福岡】 ジョン・マリ(前44) ルキアン(後14) 2022.08.03 21:59 Wed
twitterfacebook
thumb

松尾弾で浦和が先制も、森下の一撃で名古屋が追い付く!復帰のショルツは負傷交代に…《ルヴァンカップ》

3日、YBCルヴァンカップ・プライムステージ準々決勝第1戦、名古屋グランパスvs浦和レッズが豊田スタジアムで行われ、1-1で引き分けに終わった。 前回大会の覇者・名古屋と2016年以来の優勝を狙う浦和の対戦は、今週末のリーグ戦と第2戦を含めて同一カード3連戦となっている。 公式戦3試合勝利なしと苦しんでいる名古屋は、今夏に湘南ベルマーレから加わった永木亮太が加入後初先発を飾り、鹿島アントラーズ時代のようにレオ・シルバとコンビを組む。最前線には20歳の石田凌太郎を起用した。 対する浦和はリーグ戦3連勝と絶好調。昨年のニューヒーロー賞を受賞し、先日のEAFF E-1サッカー選手権では日本代表初キャップを記録したGK鈴木彩艶が先発に名を連ね、アレクサンダー・ショルツも帰ってきた。 序盤は名古屋にボールを持たせた浦和は、2分に速攻を仕掛けてダヴィド・モーベルグがカットインから左足。さらに、右ポケットを攻略しての折り返しから松尾佑介がフィニッシュを迎えるも、ゴール前の小泉佳穂に当たってしまい、オフサイドとなった。 名古屋は仙頭啓矢がミドルを見せるも、バーを越える。石田のヘディングはGK鈴木に阻まれ、永木も右足でのフィニッシュを見せたが、こちらも枠を捉えられなかった。 互いに攻めあぐねる雰囲気が漂う中で、試合を動かしたのは36分の浦和。長いボールを右の高い位置で収めたモーベルグがマーカーをずらしてボックス角付近から左足でインスイングのクロスを送り、DFの背後から顔を出した松尾が右足を懸命に伸ばして合わせると、シュートはGKランゲラックの手を弾いてゴールに吸い込まれた。 アウェイゴールを許した名古屋はハーフタイムに2枚替えを決行。ただ、浦和も後半開始早々に稲垣祥のシュートを防ぎに行ったショルツが足を踏まれる恰好となり、プレー続行不可能に。交代を余儀なくされ、知念哲矢とともに関根貴大がピッチへ送られた。 互いにカードを切った中で次のゴールを生んだのは名古屋。59分、左サイドからマテウス・カストロが中央へ速いパスを入れると、仙頭がワンタッチで落として重廣卓也がボックス左を取る。折り返しをファーで森下龍矢が詰め、試合を振り出しに戻した。 ゲームは次第にオープンな展開となるも、両チームともに最後まで勝ち越しゴールを奪うことはできず、同点のまま試合終了。勝ち切れないながらも、追い付いた名古屋、アウェイゴールを奪った浦和と、ポジティブな要素を得つつ第2戦へ臨むこととなった。 名古屋グランパス 1-1 浦和レッズ 【名古屋】 森下龍矢(後14) 【浦和】 松尾佑介(前36) 2022.08.03 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

広島が10人先発入れ替えの横浜FMに3発快勝! 準決勝進出に大きな弾み《ルヴァンカップ》

YBCルヴァンカップ準々決勝、サンフレッチェ広島vs横浜F・マリノスの第1戦がエディオンスタジアムで行われ、3-1で広島が先勝した。 このラウンドからプライムステージと銘打たれ、ACL組を含めた8チームによるトーナメントが行われる。互いに直近のリーグ戦からは中3日。広島は1-2で敗れたそのFC東京戦からスタメンを2人変更。欠場していた野津田が復帰し、負傷が報告された東の代わりに柏を起用する現状のベストメンバーを揃えた。 対して、このラウンドから参戦の横浜FMは、2-0で勝利した鹿島アントラーズ戦からフィールドプレイヤー全員入れ替え。こちらは疲労を考慮したメンバー構成となった。 両者の直近の対戦は約1カ月前の7月6日。日産スタジアムで行われたその一戦は、横浜FMが3-0で快勝している。今回は立ち上がりから互いに強みを生かした攻撃でスペクタクルな内容となる。 その中でホームの広島は11分、塩谷から鋭い縦パスが敵陣中央の満田に入ると、その満田から今度はボックス右に走る松本へスルーパス。迷わずシュートまで運んだが、体を寄せられ枠に飛ばせず。 それでも分厚い攻撃を見せる広島はその3分後、右サイドの藤井からクロスが上がると、ボックス左で上手くフリーとなっていた柏に繋がり、ワントラップからシュート。これがゴール左下に突き刺さり、先制に成功した。 その後は前線からのプレスで横浜FMのパスワークを牽制しつつ、追加点の機会を窺う広島。27分にはGK大迫のビッグセーブもあった中、36分に松本のロングボールに抜け出した満田がネットを揺らすシーンがあったが、ここはオフサイドの判定に。 一方、なかなか攻撃が組み立てられない横浜FMだが、43分に前半最大の決定機。速攻のシーンでボックス手前のレオ・セアラからマルコス・ジュニオールにパスが渡り、GKと一対一に。だが、ここはGK大迫に軍配。前に出てきた相手を見てループシュートを狙ったが、体に当てられてしまった。 しかし後半開始直後、横浜FMのロングボールから浮き玉が続いたところで右サイドの水沼に渡ると、すかさずグラウンダーのクロスを供給。これがディフェンスラインとGKの間に入り、最後はレオ・セアラがプッシュし同点とした。 上手く出鼻を挫いた横浜FM。52分にも右サイドからチャンスを作り、レオ・セアラのクロスに吉尾。同点シーンに似た形となったが、シュートは惜しくも右に外れた。 その後、広島はベン・カリファを下げてドウグラス・ヴィエイラ、横浜FMはマルコス・ジュニオールを下げて西村を投入し、前線のメンツを入れ替える。 この交代以降、GKを強襲した森島のシュートなど勢いを取り戻した広島は68分、ボックス左のスペースを見つけた松本が左サイドの森島からパスを呼び込みシュートへ。決定機だったが、ここはGK高丘に止められた。 ここから立て続けにCKを得た広島。71分の左CKは右サイドに流れたものの、そこから森島が左足で上げ直したクロスに合わせたのは荒木。頭で滑らせてコースを変えるようなシュートがゴール左隅に決まり、再びリードを得た。 残り15分となるところでさらに2人を交代させた両チーム。すると広島は78分、この交代で投入されたエゼキエウのお膳立てからドウグラス・ヴィエイラがネットを揺らし3点目かに思われたが、VARで確認した結果、その一つ前のプレーで満田がオフサイドだったとして、ゴールは取り消された。 このVARによる中断もあったため、後半アディショナルタイムは5分と長めの設定。その中でドウグラス・ヴィエイラがロングボールの競り合いで相手と頭どうしで接触し、包帯を巻く事態に。 だが、この体を張ったプレーが広島にさらなる歓喜をもたらす。このプレーでボックス手前のFKを得た広島は、塩谷が放ったシュートは壁に当たってしまうものの、こぼれ球に対し野津田がダイレクトで左足を振り抜くと、上手く壁の隙間を抜けてゴール左下に決まった。 その後、4点目のチャンスもあった広島だが、試合は3-1で終了。10日に行われるアウェイでの2ndレグに向けて大きなアドバンテージを手にしている。 広島 3-1 横浜FM 【広島】 柏好文(前14) 荒木隼人(後26) 野津田岳人(後53) 【横浜FM】 レオ・セアラ(後1) 2022.08.03 21:10 Wed
twitterfacebook
thumb

脇坂の芸術弾で川崎FがAG奪取もC大阪がタガートの土壇場同点弾で先勝許さず《ルヴァンカップ》

JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第1戦、セレッソ大阪vs川崎フロンターレが3日にヨドコウ桜スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 グループステージでは鹿島アントラーズ、ガンバ大阪、大分トリニータと同居したAグループを2位で通過したC大阪。公式戦でも8戦無敗と好調を維持するチームは、2-0で勝利した直近のアビスパ福岡戦から先発2人を変更。マテイ・ヨニッチと山田寛に代えて西尾、上門を起用した。なお、小菊監督の新型コロナウイルス陽性判定を受け、高橋大輔コーチが暫定で指揮を執った。 一方、ACL参戦に伴い、今ラウンドからの参戦となる川崎F。先月の中断明け以降、クラブ内でのコロナ感染者続出により、苦しい台所事情を強いられるチームは、直近の浦和レッズ戦では通常7人登録のベンチメンバーを5人しか登録できず、その内の3人がGKという異常事態。そのスクランブル体制で臨んだ一戦を1-3で落とした。今回の一戦では先発3人を変更。ジェジエウ、家長、レアンドロ・ダミアンをベンチに置き、山村と宮城と共に、特別指定選手の山田新(桐蔭横浜大)がデビューを飾ることに。なお、ベンチメンバーは7人揃うも、引き続きGK3人というスクランブル体制となった。 今季リーグ戦ではホームチームが2戦全勝を飾っている今カード。ヨドコウ桜スタジアムで初めて声出し応援が解禁となった中、良い雰囲気で試合はスタートする。 立ち上がりはシンプルに相手の背後を狙うアウェイチームが押し込む入りを見せるが、時間の経過と共にリーグ戦でシーズンダブルを決めているホームチームが押し返し、逆に主導権を握った。 遅攻の場面では相手を崩し切るには至らずも、奥埜と鈴木のボランチコンビを起点としたアグレッシブ且つ、連動性のあるプレスでミスを誘い、カウンターを繰り出す。さらに、前回対戦でも機能したセットプレーで続けてフィニッシュまで持ち込んでいく。 16分にはセットプレーの二次攻撃から西尾、20分にはショートカウンターから上門が得意のミドルシュートを狙うが、相手守備陣の身体を張った守備に阻まれる。さらに、27分には右のハーフスペースを使った良い崩しから為田、上門と決定的なシュートを続けて放つが、ここはGKチョン・ソンリョンの圧巻のビッグセーブに遭う。 すると、立ち上がり以降、守勢を強いられた川崎Fが守護神のビッグプレーに応える先制点を奪った。33分、右サイドをドリブルで持ち上がった宮城が絶妙なタイミングでペナルティアーク付近に入り込んだ脇坂へ横パスを通す。ここで脇坂は鮮やかなターンでDFを振り切って前を向くと、左足のグラウンダーシュートをゴール右下隅の完璧なコースへ流し込んだ。 ワンチャンスを生かして先手を奪った川崎Fは、直後の36分にも左のハーフスペースで縦へ仕掛けた脇坂が絶妙なフェイントでDFをかわしてミドルシュートを狙うが、これは相手DFにディフレクトして枠の右に外れる。 一方、ここまでの展開を考えれば、少なくとも前半の内に追いつきたいC大阪は、40分にビッグチャンス。上門のスルーパスに抜け出した加藤がボックス右でチップキックを狙うが、GKの脇を抜けたシュートは枠の左に外れた。 川崎Fの1点リードで折り返した中、互いに選手交代なしで後半に臨む。だが、前半にシミッチとの空中戦の競り合いの際に後頭部を打っていた鳥海のプレー続行が困難となり、立ち上がりの早い段階に船木が投入された。 後半もC大阪がアグレッシブにプレスを仕掛けるが、[4-4-2]へのシステム変更を含め、ハーフタイムにきっちりと修正を施した川崎Fにうまく試合をコントロールされて膠着状態が続く。 流れを変えたいホームチームは62分、加藤、上門、為田を下げてアダム・タガート、ジェアン・パトリッキ、北野を投入する3枚替えを敢行。ゴールをこじ開けるために勝負に出る。 しかし、後半先にビッグチャンスを作ったのはアウェイチーム。68分、左サイドのスペースで仕掛けたマルシーニョが右足アウトを使った絶妙なクロスを供給。これにファーサイドの山田が飛び込むが、渾身のヘディングシュートはGKキム・ジンヒョンがギリギリで残した右足にかき出されてデビュー弾とはならなかった。 さらに、川崎Fは75分にも宮城の左サイドからの正確なクロスに反応した山田に決定機も、今度はヘディングの当たりが薄く、またしてもデビュー弾を逃した。 1点差が維持されたまま、試合は終盤戦に突入。川崎Fは前半からハードワークを見せた宮城、山田を下げて84分にはジェジエウ、レアンドロ・ダミアンの主力2選手を送り込み、逃げ切りを意識した戦い方にシフト。前がかるC大阪の攻撃を何とか凌いでいく。 だが、今季リーグ戦でいずれも勝利を収めているホームチームが、最後の最後に底力を見せる。89分、自陣でのボール奪取から左サイドのスペースでボールを受けた山中が速いタイミングでボックス内のスペースへクロスを送り込む。これがボックス中央に走り込んだタガートに繋がり、タガートは冷静にGKとの一対一を制した。 これで勢いづくC大阪がさらなる攻勢を仕掛けたものの、川崎Fも5分のアディショナルタイムで冷静に時計を進めてこのまま試合は1-1でタイムアップ。敵地でアウェイゴールを奪った川崎Fが優位な形で初戦を終えることになった。 なお、ベスト4進出を懸けた準々決勝第2戦は10日に等々力陸上競技場で行われる。 セレッソ大阪 1-1 川崎フロンターレ 【C大阪】 アダム・タガート(後44) 【川崎F】 脇坂泰斗(前33) 2022.08.03 21:01 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly