「地球上で最高のクラブ」リーズで生まれ育ったフィリップス、シティ移籍で愛するクラブに別れ「さようならはしない。すぐにまた会おう」

2022.07.04 23:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティへと完全移籍したイングランド代表MFカルヴァン・フィリップスが、自身を育ててくれたリーズ・ユナイテッドへの熱い想いを綴った。4日、フィリップスはシティへと完全移籍。6年契約を結んだ。

リーズで生まれ、リーズでサッカーを始めたフィリップス。アカデミーに入団すると、そのままファーストチームまで昇格を果たす。

17歳でデビューを果たしたフィリップスは、チャンピオンシップ(イングランド2部)で長らくプレーすると、163試合で11ゴール10アシストを記録。2020-21シーズンからプレミアリーグに挑戦すると、2シーズンで49試合に出場し1ゴール3アシストを記録した。

また、その能力にはガレス・サウスゲイト監督が目をつけ、イングランド代表にも招集。ユーロ2020に主軸として出場して準優勝に輝くなど、中心選手となった。

そのフィリップスは、自身のツイッターでクラブへの別れの挨拶を投稿。幼い頃から大切な存在であったクラブへの別れを告げるとともに、感謝の気持ちと、自身がこの先挑戦していきたいという希望を綴った。

「親愛なるリーズ・ユナイテッド、僕の家、そして僕のチームへ」

「何から始めたら良いだろうか?」

「まず、この素晴らしいクラブのためにプレーすることがどれほどの特別なことだったかを表現したいと思う。17歳でデビューして以来、リーズの若者であれば誰もが望む旅だった」

「僕は若い頃、ER(エランド・ロード)で初めてリーズの試合を観に行った。その瞬間から、僕の夢はその白いシャツを着て、そのピッチを歩くことだと思うようになった」

「リーズを地球上で最高のクラブの1つにしてくれたクラブの関係者全員に感謝する。僕が信頼を示し、僕が知っていること全てを教えてくれた監督」

「このクラブを本来の場所に戻すのを手助けしてくれたアンドレア、ビクター、アンガスに感謝する。僕たちのクラブが今の場所にあり、将来に続いていくのはあなた方のおかげだ」

「リーズについては、マルセロ(・ビエルサ)という特別な人物に言及しない訳にはいかない。僕が今まで出会った中で最高の監督だ。彼はクラブに命を吹き込み、選手たち、クラブに関係する全ての人に、16年ぶりにプレミアリーグに戻るのに十分な実力があるという信念を与えてくれた」

「クラブに全てを与えてくれただけでなく、僕が今の自分になるために必要なものを、グラウンド内外で全て与えてくれた」

「そして今、ジェシー(・マシュー)についてだが、信じられないような監督だったが、それ以上に素晴らしい人間だった。このクラブにやってきて、とても難しいシーズンに選手1人1人に自信と信念を与え、そのおかげで僕たちは残留できた。心の底から感謝している」

「僕のデビューから最後の試合まで、リーズの若者が夢を実現するのを助けてくれた全てのチームメイトに感謝する。来たるシーズンのみんなの成功を祈っている」

「この4年間、僕とみんなは、プレーオフを逃したり、昇格したり、そして降格を免れたりと、たくさんの思い出を共有してきた。みんなは全てを手にするに値する。信じられない選手たちだ」

「そして最後に、僕の家族でもあるファンのみんな!僕は自分の夢を追いかけ、地球上で最高のチーム、最高の選手たちと対戦し、自分を試したいだけだということ、みんなが僕の決断を理解し、受け入れてくれることを願っている」

「幼い頃、僕はたくさんの夢を持っていたし、今も持っている…でも、みんなのためにプレーしたことは、決して忘れることができない」

「あなた方は、世界で最高のファンだ」

「リーズ・ユナイテッドに関わる全ての人の幸運を願う。僕はみんなを愛していて、みんながいないことは寂しい」

「さようならはしないでおく。すぐにまた会おう」

1 2

関連ニュース
thumb

リーズがイスマイラ・サール獲得に迫る? 先日にはスーパーゴールで話題に

リーズ・ユナイテッドが、ワトフォードのセネガル代表FWイスマイラ・サール(24)の獲得に近づいている模様だ。フランス『フット・メルカート』が報じている。 リーズは今夏の移籍市場でMFカルヴァン・フィリップス、FWハフィーニャと絶対的な主力2選手が流出。その一方で、両選手の売却資金を元手にジェシー・マーシュ監督が求める若手逸材を積極的に補強している。 そういった中、FWルイス・シニステラに続き、ハフィーニャが抜けた2列目の補強候補としてサールの獲得に本腰を入れているようだ。 『フット・メルカート』によると、リーズは選手間、クラブ間での交渉を順調に進めており、双方での合意に近づいているという。 今回のレポートで移籍金に関する具体的な言及はないが、ワトフォードが3500万ユーロ(約47億9000万円)を要求しているとの報道が過去にあり、それに近い金額での交渉を進めている模様だ。 ただ、リーズはサール獲得前に人員の整理、補強資金を得るために選手の売却を行う可能性があり、ニューカッスルが獲得に関心を示すFWジャック・ハリソンの売却に踏み切る可能性もあるかもしれない。 スタッド・レンヌでブレイクを果たして2019年にワトフォードへ加入したサールは、ここまで公式戦94試合25ゴール19アシストをマーク。右ウイングを主戦場に前線の複数ポジションをカバーし、爆発的な加速力とテクニカルな仕掛けでアシスト、ゴールの両面で貢献できる185cmの大型アタッカー。 先日に行われたチャンピオンシップ(イングランド2部)のWBA戦では、ハーフウェイライン付近からのロングシュートによる圧巻のスーパーゴールで大きな話題を集めていた。 <span class="paragraph-title">【動画】シーズンベストゴール!?自陣からのスーパーシュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="wN0TuMsC7zA";var video_start = 31;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.11 14:56 Thu
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ、リーズ退団の元スペイン代表GKカシージャを獲得

ヘタフェは10日、リーズ・ユナイテッドを退団した元スペイン代表GKキコ・カシージャ(35)をフリーで獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 カシージャは、マドリーの下部組織出身で、2007年にエスパニョールの下部組織へ移籍。2008年にエスパニョールでトップチームに昇格した。その後は、カディスやカルタヘナでプレー。2011年からはエスパニョールで守護神を務めると、2015年7月に古巣のマドリーへ完全移籍で復帰。 しかし、マドリーではGKケイロル・ナバスやベルギー代表GKティボー・クルトワの牙城を崩せず。2019年に1月にリーズへ完全移籍すると、2019-20シーズンにチャンピオンシップ優勝によるプレミアリーグ昇格に貢献。 だが、2020-21シーズンからはU-21フランス代表GKイラン・メリエに正GKを奪われ、以降はバックアッパーに。昨夏に出番を求めてエルチェにローン移籍した。 来季まで契約を残すカシージャは、今夏にひとまずリーズに戻ったが、1日に双方合意の下で契約を解除していた。 2022.08.11 07:09 Thu
twitterfacebook
thumb

リーズがベティス退団のGKジョエル・ロブレスと1年契約 イングランド復帰に

リーズ・ユナイテッドは9日、スペイン人GKジョエル・ロブレス(32)の加入を発表した。契約は1年間となる。 ジョエル・ロブレスはアトレティコ・マドリーでプロデビュー後、ラージョ・バジェカーノやウィガン、エバートンでプレー。2018年7月からはレアル・ベティスに活躍の場を移して、母国凱旋を果たした。 ベティスでは通算78試合に出場。だが、4年契約の最終年だった昨季はGKクラウディオ・ブラーボがいるなか、GKルイ・シウバも加わってより序列が落ち、コパ・デル・レイの3試合に出場するにとどまった。 ウィガン、エバートン時代に続くイングランドでプレーとなるジョエル・ロブレスは正GKイラン・メリエ、GKクリストファー・クラーソンとポジションを争うことになる。 2022.08.09 19:10 Tue
twitterfacebook
thumb

リーズFWエウデル・コスタがアル・イテハドへレンタル移籍

リーズ・ユナイテッドは8日、アンゴラ代表FWエウデル・コスタ(28)がサウジアラビアのアル・イテハドにレンタル移籍したことを発表した。 ベンフィカの下部組織出身のエウデル・コスタは、これまでにデポルティボやモナコ、ウォルバーハンプトンを渡り歩き、2019年夏にウルブスからのレンタルでリーズに加入。 当時チャンピオンシップ(イングランド2部)で戦っていたリーズにおいて、リーグ戦43試合に出場し4ゴール6アシストをマークし優勝に貢献。2020-21シーズンはプレミアリーグで22試合3ゴール3アシストの成績を収めた。 しかし、昨夏にマンチェスター・ユナイテッドから加入したウェールズ代表MFダニエル・ジェームズの台頭により、ポジションを失うと昨年9月にバレンシアへレンタル移籍。バレンシアでは公式戦27試合に出場し2アシストを記録していた。 昨季サウジ・プロフェッショナルリーグで2位のアル・イテハドは、今夏にヌーノ・エスピリト・サント氏を新監督に招へい。エウデル・コスタとはウォルバーハンプトン時代に共に仕事をしており、その時以来の共闘となる。 2022.08.09 00:10 Tue
twitterfacebook
thumb

リーズが20歳のアタッカートリオと契約更新!「ホワイツの未来は明るい」

リーズ・ユナイテッドは2日、U-21イングランド代表FWジョー・ゲルハート(20)、同代表FWサム・グリーンウッド(20)、U-21オランダ代表FWクリセンシオ・サマーフィル(20)の3選手と長期契約を締結したことを発表した。 ゲルハートは2027年夏まで、グリーンウッドとサマーフィルは2026年夏までの契約となる。 共に2020年夏に加入した3選手。加入初年度はリザーブチームでプレーし、プレミアリーグ2・ディビジョン2の優勝に貢献した。 この中で最もトップチームデビューが早かったのは、昨年1月に行われたFAカップ3回戦のクローリー・タウン戦に出場したグリーンウッドだが、ゲルハートとサマーフィルも昨季デビュー。とりわけゲルハートはプレミアリーグ20試合に出場し、2ゴール4アシストの成績を残した。 リーズによると、この3選手はピッチ外での活躍も著しく、地域社会に貢献する模範的な姿を未来の世代に示し続けているという。クラブは「ホワイツの未来は明るい」と、3人の20歳を称賛している。 2022.08.02 19:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly