今夏も移籍噂のラウタロ・マルティネス、インテル残留を明言「今年も一緒に」

2022.07.04 10:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今夏の去就が取り沙汰されていたアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(24)だが、チームに残留する意思を示した。

2018年7月にラシン・クラブからインテルへと加入したラウタロは、すぐさまその実力を発揮。ここまでの4シーズンで公式戦179試合に出場し74ゴール24アシストを記録している。

常に移籍の噂がついて回るラウタロだが、昨年10月に2026年夏までの契約延長を発表。クラブとの残り契約が4年ある状況となっている。

それでも、今夏の移籍市場では興味を持たれ、特にプレミアリーグのクラブが関心を示していた。

そのラウタロだが、インテルがインスタグラムに投稿した自身の写真に返信。今シーズンも一緒に戦うという意思を示した。

インテルは「シーズン開幕まであと1カ月余りであることを思い出しましたね」とラウタロの写真を使ってファンに呼びかけ。これに対し、「もうすぐですね。今年も一緒に」とラウタロがコメントで返信したのだ。

本人による明確な残留発言にファンも反応しているが、インテルが財政問題に直面していることは事実。選手の売却で6000万ユーロ(約84億5000万円)の利益を最低でもこの移籍市場で捻出しなければいけない。

ラウタロを売却するつもりはないものの、スロバキア代表DFミラン・シュクリニアルの放出は決定的。チェルシーかパリ・サンジェルマン(PSG)になるのかは決まっていないが、7000万〜8000万ユーロ(約98億6000万〜112億7000万円)の価格になると見られている。

関連ニュース
thumb

シュクリニアル難航のPSG、ライプツィヒから今夏2人目の補強考慮か?

パリ・サンジェルマン(PSG)が、RBライプツィヒのフランス人DFモハメド・シマカン(22)の獲得に興味を示しているようだ。 今夏の移籍市場でセンターバックの補強を目指すPSGは、インテルのスロバキ代表DFミラン・シュクリニアル(27)をトップターゲットに定めている。 しかし、インテルが後釜候補だったトリノのブラジル人DFグレイソン・ブレーメルの獲得に失敗した影響などもあり、交渉が完全に停滞。7000万ユーロ(約95億6000万円)を要求するインテルに対して、PSGが獲得に二の足を踏む中、一部ではシュクリニアルがインテルとの契約延長に気持ちが傾いているとの報道もある。 PSGは今後もシュクリニアルの交渉を継続する一方、プランBとしてDFノルディ・ムキエレに続き、ライプツィヒから2人目の引き抜きを画策しているようだ。 フランス『レキップ』によると、ライプツィヒは昨夏ストラスブールから加入し、加入1年目に公式戦41試合に出場した若手DFの売却額を4000万ユーロ(約54億6000万円)に設定しているという。 また、決して非売品とは考えておらず、PSGは前述の金額を支払うか、交渉に選手の譲渡を含めることで、獲得は十分に可能だと見られているようだ。 ギニア人の両親の下、マルセイユで生まれ育ったシマカンは2019年7月にストラスブールでトップチームデビュー。187cmの長身に加え、右サイドバックでもプレー可能なスピードを兼備するアスリート型のセンターバックで、一対一に無類の強さを見せる若き守備者。また、プレー判断や左足の精度には課題を残すものの、ビルドアップの局面でも貢献できるセンターバックだ。 2022.08.11 21:28 Thu
twitterfacebook
thumb

マルセイユ加入のサンチェス、入団会見で意気込みを語る 「トロフィーを獲得するためにここに来た」

マルセイユに加入したチリ代表FWアレクシス・サンチェス(33)が入団会見に臨んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 サンチェスは2006年7月にウディネーゼへと完全移籍するも、すぐに母国のコロコロへレンタル移籍。翌年はリーベル・プレートでプレーした。 その後、ウディネーゼに戻りヨーロッパでのキャリアをスタート。バルセロナ、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、そしてインテルとビッグクラブを渡り歩いた。 ここ数年はインテルでプレーしていたサンチェスだが、今夏の退団を希望していた33歳は今月に入ってクラブとの契約を双方合意の下で解消。フリー移籍でマルセイユの一員となった。 会見でマルセイユの印象について問われたサンチェスは、「歴史のある、素晴らしいクラブで、チャンピオンズリーグを制覇した唯一のフランスのクラブであることは知っている。僕はトロフィーを獲得するためにここに来た」と語った。 また、インテルとの契約が残っていたにもかかわらず、なぜマルセイユ移籍を選択したのかと問われると、「イタリア、イングランド、スペインでプレーし、フランスでもプレーしてみたかった。リーグ・アンのサッカースタイルが好きで、ここに来ることは僕の願望でもあったんだ。インテルでの仲間の(ルシアン・)アグメが、いつもマルセイユの素晴らしいところを教えてくれたので、自分にとって完璧なクラブだと思っているよ」と述べた。 2022.08.11 01:30 Thu
twitterfacebook
thumb

アレクシス・サンチェスのマルセイユ移籍が正式決定! 背番号は「70」に

マルセイユは10日、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(33)の加入を発表した。背番号は「70」に決定している。 なお、契約に関する詳細は明かされていないが、延長オプションを含む1年契約となる模様だ。 サンチェスは2006年7月にウディネーゼへと完全移籍するも、すぐに母国のコロコロへレンタル移籍。翌年はリーベル・プレートでプレーした。 その後、ウディネーゼに戻りヨーロッパでのキャリアをスタート。バルセロナ、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、そしてインテルとビッグクラブを渡り歩いた。 セリエAでは173試合で36ゴール35アシスト、プレミアリーグでは154試合で63ゴール33アシスト、ラ・リーガでは88試合で38ゴール29アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)でも64試合で13ゴール16アシストを記録するなど、ゴールだけでくアシストも印象的だった。 ここ数年はインテルでプレーしていたサンチェスだが、今夏の退団を希望していた33歳は今月に入ってクラブとの契約を双方合意の下で解消。一時ガラタサライが獲得に動き出したが、最終的にマルセイユ行きが決まった。 2022.08.10 22:01 Wed
twitterfacebook
thumb

アレクシス・サンチェスのマルセイユ行きに待った!ガラタサライが土壇場で横槍

マルセイユ行き間近とされているチリ代表FWアレクシス・サンチェス(33)だが、ガラタサライが待ったをかけているようだ。トルコ『Hurriyet』が報じている。 先月末からマルセイユ移籍の噂が取り沙汰されるようになったサンチェス。先日にはインテルとの契約解除が発表され、フランス行きに拍車がかかることになった。 マルセイユのパブロ・ロンゴリア会長も交渉を認め、延長オプション付きの1年間という具体的な契約内容も伝えられているが、数日以内にメディカルチェックに進もうかというチリ代表FWに、土壇場でガラタサライが接触しているようだ。 報道によれば、ガラタサライはバルセロナやインテルでサンチェスとチームメイトだったMFアルダ・トゥランとMFハカン・チャルハノールのトルコ人プレイヤーを介して説得を試みているようで、エルデン・ティムール副会長はミラノで直接口説きにかかったという。 また、説得材料として年俸300万ユーロの2年契約という、マルセイユを凌ぐ好オファーを用意。『Hurriyet』は、元バルセロナFWの気持ちが傾き始めていると主張している。 2022.08.09 20:36 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルがサンチェスとの契約解除を発表

インテルは8日、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(33)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。 2019年夏からインテルで過ごすサンチェス。昨季も出場数だけなら公式戦38試合を記録したが、使われ方は限定的で、ベルギー代表FWロメル・ルカクの復帰した新シーズンでは、さらなる序列低下が見込まれていた。 インテルは公式サイトで「3つのトロフィー獲得したアレクシスの3シーズンに感謝するとともに、彼の残りのキャリアに幸運が訪れることを願っている」と、感謝の声明を発表している。 なお、フリーとなったアレクシスにはマルセイユ行きが噂されており、先日には同クラブのパブロ・ロンゴリア会長がサンチェスと接触したことを認める発言をしたとフランス『レキップ』が伝えていた。 2022.08.09 06:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly