板倉滉がボルシアMGに完全移籍、移籍金は約7億円

2022.07.03 06:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボルシアMGは2日、マンチェスター・シティの日本代表DF板倉滉(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までの4年間で、移籍金はドイツ『キッカー』によると500万ユーロ(約7億円)とのことだ。

昨夏、マンチェスター・シティからレンタルでシャルケ入りした板倉。シャルケでは公式戦31試合に出場して4ゴールを決め、ブンデス2部で優勝し、1年での1部復帰に大きく貢献していた。

しかし、財政難によりシャルケは600万ユーロに設定されていた買い取りオプションを行使できず、完全移籍での板倉獲得を見送り。そこでボルシアMGが手を挙げ、板倉の獲得を実現させる形となった。

関連ニュース
thumb

ブライトンGKスヘルペンがフィテッセに1年レンタル、今年6月に初の蘭代表入り

フィテッセは16日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンからオランダ代表GKキエル・スヘルペン(22)の1年レンタルを発表した。 スヘルペンは昨夏にアヤックスからブライトンに加入した若きGK。身長2m台のサイズを誇るオランダフットボール界期待の大型守護神だが、ブライトンではFAカップの1試合しか出番を得られず、今年1月からベルギーのオーステンデにレンタル移籍した。 そのオーステンデではMF坂元達裕と同僚となり、ジュピラー・プロ・リーグ7試合でプレーし、今年6月には出場こそなかったが、オランダのフル代表に初招集。今夏にひとまずブライトンに戻ったが、プレミアリーグ開幕から2試合続けてベンチからも外れた。 今季は母国クラブのフィテッセに活躍の場を求めたスヘルペンは「この移籍は今の僕にとって最良の選択だと感じている。フィテッセはエールディビジの美しい由緒あるクラブ。選手としてだけでなく、人間としても、この街に溶け込んでいると思う」と話した。 2022.08.17 12:45 Wed
twitterfacebook
thumb

オセールが元セネガル代表FWニアンをボルドーから完全移籍で獲得…背番号「11」で1年契約

オセールは16日、ボルドーの元セネガル代表FWエムバイェ・ニアン(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2023年6月30日までの1年間で、1年間の延長オプションがついているとのこと。背番号は「11」を着けることとなる。 カーンの下部組織で育ったニアンは、2012年8月にミランへと完全移籍。そこから、モンペリエ、ジェノア、ワトフォード、トリノとレンタル移籍を経験。2018年7月にトリノへと完全移籍する。 そのままスタッド・レンヌへレンタル移籍すると、2019年8月には完全移籍。サウジアラビアのアル・ヒラルへのレンタル移籍を経て、2021年9月にボルドーに加入していた。 ボルドーでは公式戦23試合で7ゴール2アシストを記録するも、チームは2部へと降格していた。 リーグ・アン通算では135試合で34ゴール12アシストを記録している。 また、セネガル代表としても15試合で4ゴールを記録。2018年のロシア・ワールドカップでもプレーしていた。 2022.08.17 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

レッチェがロストフからノルウェー代表MFノルマンをレンタルで獲得…昨季はノリッジでプレミア23試合に出場

セリエA昇格組のレッチェは16日、FCロストフからノルウェー代表MFマティアス・ノルマン(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。1年間のレンタル移籍となる。 ノルマンはボデ/グリムトやブライトン&ホーヴ・アルビオン、モルデでプレー。2019年1月にブライトンからロストフへと完全移籍した。 2021年8月からはノリッジ・シティへとレンタル移籍。2021-22シーズンのプレミアリーグでは23試合に出場し1ゴール3アシストを記録していた。 ノルウェー代表としても12試合に出場し1ゴールを記録。ロストフでは橋本拳人の後方でアンカーを務めていた。 昇格組のレッチェにとっては、中盤を支える大きな補強になると見られている。 2022.08.17 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

エルチェ、ワトフォードのMFクイナを買取OP付きのレンタルで獲得

エルチェは16日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のワトフォードから、ポルトガル人MFドミンゴス・クイナ(22)をレンタル移籍で獲得したと発表した。レンタル期間は2023年6月30日までの1年間で、買い取りオプションが付随している。 中盤を主戦場とするクイナはベンフィカ、チェルシー、ウェストハムの下部組織で育ち、アンダー世代のポルトガル代表でも活躍。ビッグクラブからの関心が寄せられるなか、2018年8月にワトフォードへ完全移籍した。 しかし、ワトフォードでは主軸に定着できず、グラナダへの武者修行を経て、昨シーズンはチャンピオンシップのフルアムにレンタル移籍したが、公式戦4試合の出場のみに。今年1月にレンタルバックされると、今度は同リーグのバーンズリーにレンタルされ、公式戦16試合に出場して2ゴールを記録。主力としてプレーしたものの、チームはフットボールリーグ1(イングランド3部)への降格が決まった。 2022.08.17 10:33 Wed
twitterfacebook
thumb

ブライトンがククレジャの穴埋め! ビジャレアルからエクアドル代表SBエストゥピニャンを獲得

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは16日、ビジャレアルからエクアドル代表DFペルビス・エストゥピニャン(24)の獲得を発表した。契約は2027年6月30日までの5年間となる。 エストゥピニャンは母国でプロデビュー後、2016年夏のワトフォード入りを機に欧州を舞台に。以後、グラナダやアルメリア、マジョルカ、オサスナを渡り歩き、2020年9月からビジャレアルに異例の7年契約で活躍の場を移した。 エクアドル代表デビュー通算26キャップを記録する左サイドバックはビジャレアルで通算74試合に出場。アスリート能力に優れ、チームがチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4入りの昨季も主力を張り、公式戦41試合でプレーした。 チェルシー移籍のスペイン代表DFマルク・ククレジャの後釜として期待され、ワトフォード時代以来のイングランド上陸を果たすエストゥピニャンについて、ブライトンを率いるグレアム・ポッター監督は期待感を口している。 「ペルビスからもたらさられるであろうものに興奮している。彼は我々が選手層を厚くしたいと考えるポジションを埋めてくれる存在だ。国際経験にプラスして、ビジャレアルでCLやヨーロッパリーグ、ラ・リーガで多くの場数を踏んできた。彼がここイングランドに慣れるよう力を貸すが、彼と働き、プレミアリーグで活躍する姿が楽しみだ」 2022.08.17 08:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly