カタールW杯で“セミオート・オフサイド”導入! FIFAはここまでのテスト結果に手応え

2022.07.01 18:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・ワールドカップ(W杯)で“セミオート・オフサイド(半自動オフサイド)”が採用されるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

国際サッカー連盟(FIFA)は、以前から判定のスピードと正確性を向上させるため、新たなテクノロジーの採用を検討。2021年のFIFAアラブカップと、FIFAクラブ・ワールドカップではすでに試験導入され、FIFAはその精度と運用に手応えを感じていた。

FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は、W杯での正式導入に向け以下のようなコメントを残している。

「このテクノロジーは、今年後半にカタールに向かうチーム、プレーヤー、ファンに最高のものを提供するため、3年間にわたる献身的な研究とテストの集大成である」

「FIFAは、あらゆるレベルでサッカーの試合を向上させるためにテクノロジーを活用することを約束しており、2022年のFIFAワールドカップでセミオート・オフサイド・テクノロジーを使用することは、その最も明確な証拠となる」

“セミオート・オフサイド”は、スタジアムの屋根の下に設置された12台の専用トラッキングカメラを使用し、1秒間に50回、全ての選手の最大29個のデータポイントを収集。これによりオフサイドの可能性が発見されると、最終判断を下すビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)に警告が送られるというものだ。

さらに、ワールドカップ公式試合球『adidas Al Rihla』は、ボール内部に慣性計測ユニット(IMU)センサーを搭載しており、際どいオフサイドの発生を検知するためにさらに重要な要素を提供。

ボールの中央に設置されたセンサーは、1秒間に500回、ボールデータを映像オペレーションルームに送信し、キックポイントを非常に正確に検出することができる。

手足のトラッキングデータとボールのトラッキングデータを組み合わせ、人工知能を応用することで、味方がボールを出した瞬間にオフサイドポジションにいたアタッカーがボールを受けると、ビデオ・オペレーションルーム内のビデオマッチオフィシャルに自動オフサイド警告が提供される。

ビデオマッチオフィシャルは、主審に伝える前に、自動的に選択されたキックポイントと、選手の手足の位置を計算して自動的に作成されたオフサイドラインを手動で確認し、提案された判定を検証する。このプロセスは数秒以内に行われ、オフサイドの判定をより速く、より正確に行うことができる。

ビデオマッチオフィシャルとピッチ上のレフェリーが判定を確認した後、判定に使用されたものと全く同じ位置データが、ボールがプレーされた瞬間の選手の手足の位置を完全に詳細に示す3Dアニメーションに生成される。


関連ニュース
thumb

レバークーゼンのイラン代表FWアズムンがふくらはぎ筋断裂で全治6〜8週間、W杯も危うし

レバークーゼンは6日、イラン代表FWサルダール・アズムンの負傷を発表した。 クラブの発表によると、アズムンは4日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)第3節のポルト戦で、ウォーミングアップ中に負傷したとのことだ。 検査の結果、右ふくらはぎの筋繊維を断裂したとのことだ。なお、離脱期間は6〜8週間とのこと。長引けば、カタール・ワールドカップ(W杯)にも影響が出てくることとなる。 アズムンは2022年1月にゼニトからレバークーゼンに完全移籍。ここまで公式戦22試合で1ゴール3アシストと苦戦。今シーズンはブンデスリーガでは開幕から全8試合に出場。CLでは2試合に終盤出場していた。 2022.10.07 22:55 Fri
twitterfacebook
thumb

「優勝するという大きな夢が」開幕から好調維持のネイマールがカタールW杯&好調の理由を語る「前よりもずっと完成度が高い」

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、今季の好調ぶりをコメント。カタール・ワールドカップ(W杯)への意気込みも語った。クラブ公式サイトが伝えた。 2017年8月にバルセロナから加入したネイマール。今夏はいつになく退団の噂が浮上。また、フランス代表FWキリアン・ムバッペとの不仲も噂されるなど騒がしいオフとなった。 オフにはブラジル代表として来日し日本代表と対戦。また、ジャパンツアーにも帯同しプレーを続けると、シーズン開幕後は好調を維持。ここまで13試合で11ゴール9アシストを記録している。 そのネイマールは好スタートを切った今シーズンについて言及。自身も手応えを感じているとし、今までよりも完成度の高い選手になったと自賛した。 「新しいネイマールはいない。物事はちょうどうまくいったということだ。加入して最初の2、3年と同じように、とても良いシーズンスタートを切った」 「僕はとても幸せだ。ゴール、アシスト、チームのためにできる限りのことをして、シーズンをうまくスタートできたことが本当に嬉しい。素晴らしいシーズンを過ごして、このような形で最後まで続けられることを願っている」 「今は守備も、攻撃も、得点も、アシストも、やりたいことがなんでもできるので、より完成度の高い選手になったと感じている。今は前よりもずっと完成度が高い」 リーグ・アンでは9試合で8ゴール7アシストという驚異的な数字を残しており、チームの無敗に貢献している。 目立ったケガもなく、コンディションも良い状態に。周囲との連係も高まっており、チームとしての完成度も高まりつつある。 その中で、クラブの悲願でもあるチャンピオンズリーグ(CL)についても言及。とても難しい大会だとしながらも、その難しさを感じながら決勝までいくべきだとした。 「チャンピオンズリーグはとても難しい大会だよ。素晴らしい選手、素晴らしいチームがいて、試合の中でも苦しまなければならない瞬間があるのは知っている」 「だから、勝つためにはチームは苦しみ方を知り、苦しみかたを学び、失点しないように、相手にスペースを与えないようにしなければいけない」 「でも、これだけレベルの高い大会では、試合中に苦しむのは当たり前だと思う。だから、今のままで良い。そうやって、決勝に備えるんだ」 ネイマールの悲願でもあり、PSGの悲願でもあるCL。そして、来月にはカタール・ワールドカップ(W杯)が開幕。ブラジル代表として結果を残したいと常に語ってきたネイマールは、PSGと共に、ブラジル代表でも結果を残すと意欲を語った。 「パリ・サンジェルマンでもブラジル代表でも、良いシーズンのスタートを切ることができ、とても嬉しく思っている。両方のチームで勝つこと、パリでもブラジルでも全部勝つことが、今年の目標だ」 「ワールドカップも控えているし、その難しさはわかっている。でも、僕にとってはここで優勝するという大きな夢がある」 2022.10.07 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「カタールで一緒にプレーしたい」田中碧が同僚のU-21ドイツ代表MFを日本代表に推薦、「監督に聞かれたら素晴らしい選手と答える」

日本代表MF田中碧が、デュッセルドルフの同僚を日本代表に推薦した。ドイツ『ビルト』が伝えた。 カタール・ワールドカップ(W杯)に向けたアジア最終予選で本格的に日本代表に招集されると、[4-1-4-1(4-3-3)]のシステムにフィット。崖っぷちのオーストラリア代表戦ではいきなりゴールを決める活躍を見せると、信頼を得てその後の最終予選で起用され続け、W杯の切符獲得に大きく貢献した。 東京五輪世代として注目され、デュッセルドルフへと移籍。2年目の今シーズンも2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)で9試合に出場し1ゴール1アシストを記録している。 W杯まで残り1カ月ちょっと。ケガをしなければ、メンバー入りはほぼ確実と見られている田中だが、チームメイトを日本代表に推薦した。 それはMFアペルカンプ真大(21)。日本にルーツを持ちながら、U-21ドイツ代表に招集される実力の持ち主。しかし、本人は日本代表入りを望んでいることを語っている。 「僕はそれを隠したことは一度もありません。日本のためにプレーしたいです。しばらく様子を見たいと思います。ただ、現実的に考えれば、W杯のメンバーの中心は揃っています」 U-17、U-18の日本代表でもプレー経験のあるアペルカンプ真大。その才能はドイツでも認められている。 今シーズンは2.ブンデスリーガで10試合に出場し3ゴール4アシストを記録。1日のアルミニア・ビーレフェルト戦では、田中と揃ってゴールを決め、その田中のゴールをアシストしていた。 攻撃的なポジションでプレーするアペルカンプ真大だが、田中は日本代表に推薦。W杯は難しいかもしれないが、将来的には一緒にプレーしたいと望み、森保一監督に聞かれれば推薦したいと語った。 「カタールで真大と一緒にプレーしたいです。彼とはとても仲が良いので、僕にとっても良いことです」 「監督に聞かれたら、真大は素晴らしい選手だと答えるでしょう。でも彼はまだ若いし、簡単にはいかないと思います」 チームメイトとしても仲の良い2人。良さを知るだけに、日本代表でもプレーできるレベルだと感じているところだろう。ただ、どうしても守りたいこともあるようで、そのことを明かした。 「でも、真大が来ても1人部屋は守りたいですね」 残り1カ月。ここで招集されればビッグサプライズとなるが、将来的に日本代表でもプレーできることを期待したいところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】これが田中碧も称賛するアペルカンプ真大の実力!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="UkhyvyOQ21Y";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.07 13:12 Fri
twitterfacebook
thumb

「W杯出場は僕の夢」室屋成が語るW杯、妻も気に入るハノーファーとの契約延長にも言及「とても居心地が良い」

ハノーファーに所属する日本代表DF室屋成が、自身の去就や最近の出来事を語った。ドイツ『ビルト』が伝えた。 2020年8月にFC東京から完全移籍でハノーファーに加入した室屋。ブンデスリーガでのプレー経験はなく、2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)でのプレーが続いている中、ここまで公式戦74試合で3ゴール11アシストを記録している。 今シーズンは攻撃的なポジションで起用されると、ここまで2.ブンデスリーガで9試合に出場し3ゴール1アシストと数字を残している。 その室屋はインタビューに答え、去就や今シーズンについて語っている。 まず気になるのは骨折した鼻。9月16日に行われたザントハウゼン戦で1ゴール1アシストの活躍を見せた中、試合終盤に鼻を骨折するアクシデントに遭っていた。 室屋は鼻について「トレーニングでマスクを試しましたが、試合では着用しないことにしました。視野が狭くて困りました」とコメント。バッドマンにはならなかった理由を明かした。 一方で、9月30日に行われたハンブルガーSVとの試合では、ゴールを決めながらも失点に絡み、チームは敗戦。7試合ぶりの黒星となっていた。 軽い守備が問題視された中、室屋も悔やんでおり「狙って行ったんですが、残念ながら手遅れでした。1-1を守り勝ち点を維持するには、ファウルの方が良かったかもしれません」と、軽い対応で抜かれて失点に絡んだことを反省した。 その室屋は、日本代表に呼ばれていた時期もあったが、昨年11月を最後に招集を受けていない。9月にドイツで行われた遠征にも不参加。事実上、カタール・ワールドカップ(W杯)の出場は難しいと言って良いだろう。 室屋は「デュッセルドルフで行われた2つの国際試合は、W杯前のオーディションの最後のチャンスでした。代表監督は僕を選びませんでした」とコメント。「良い面もあって、W杯に出なければ、家族と過ごす時間があると思います。ただ、もちろんW杯出場は僕の夢です。それは特別なことで、ハノーファーで良い成績を収めれば、将来必ず招集されると思います」と、代表への意欲を示した。 一方で、ハノーファーとの契約は今シーズン限りで満了。結果という点で期待に応えられていなかった室屋は放出候補だった中、今シーズンの活躍でクラブが考えを改めているという報道もある。 室屋は契約延長について「ここはとても居心地が良いです。ハノーファーでプレーするのは楽しいです。成長も想像できます」とコメント。「スポーツ面での成功に加え、家族が気持ちよく過ごせることも同じぐらい重要です」と、家族の環境としても居心地が良いことを明かした。 また「妻には『W杯に選ばれなかったら、休みに日本に帰りたいか?』と尋ねたんですが、彼女は『むしろここに居たい』と言いました。僕の家族がここでどれほど居心地が良いかを示す、これ以上の証拠はありません」と語り、ハノーファーに留まりたいと語った。 その室屋が尊敬するのはフランクフルトで活躍するMF長谷部誠。「38歳でチャンピオンズリーグでプレーし、あのパフォーマンスを示すのはとても印象的です。僕はとても尊敬しています」と、長らくドイツでプレーを続ける長谷部を称えた。 <span class="paragraph-title">【写真】室屋成のドイツでのオフショットたち</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Ci7kc3gj0rQ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Ci7kc3gj0rQ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Ci7kc3gj0rQ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Sei Muroya(@sei_muroya)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ChUhvnXjpFR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ChUhvnXjpFR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ChUhvnXjpFR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Sei Muroya(@sei_muroya)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.07 12:35 Fri
twitterfacebook
thumb

「これが最後」、カタールW杯がメッシ最後のW杯に

今回のカタール大会がアルゼンチン代表FWリオネル・メッシにとって、最後のワールドカップ(W杯)となるようだ。 2005年に18歳の若さで代表デビューを果たし、ここまで164試合に出場、ゴール数では同国歴代最多となる90得点を記録しているメッシ。歴代最多7度のバロンドールに輝くなど、クラブレベル、個人レベルでは獲得可能なほぼすべてのトロフィーを獲得してきた世界最高のフットボーラーだが、A代表では昨夏に開催されたコパ・アメリカ2021がここまで唯一のタイトルとなっている。 そして、35歳となった生けるレジェンドは、11月に開催される自身5度目のW杯で悲願のタイトル奪取に挑む。 その重要な大会が目前に迫る中、メッシは『Star Plus』のインタビューで代表チームでの今後について言及。引退時期に関して明言は避けたものの、今大会が自身にとって最後のW杯となることを明かした。 「不安と緊張が同時にあるよ。これで最後だからね」 これまで2014年ブラジル大会決勝でドイツ代表に、2015年と2016年のコパ アメリカ決勝ではいずれもチリ代表に敗れ、目前でタイトル獲得を逃してきたメッシ。ただ、前述のコパ・アメリカ2021でのブラジル代表撃破、直近の35戦無敗という圧巻の戦績によって、今大会では有終の美を飾れる可能性は、これまで以上に高まっている。 ただ、誰よりも代表チームの戦いの難しさを実感する百戦錬磨のアタッカーは、慎重な姿勢を崩さない。 「ワールドカップでは、どんなことでも起こる可能性がある。すべての試合は非常にタフさ。有力なチームが常に勝つとは限らない」 「僕らが本命かどうかは分からないけど、アルゼンチンはその歴史から常に候補に挙がっている。(35戦無敗継続中で)今はなおさらそう思われているけど、本命ではないよ。個人的には僕らよりも上にいるチームがあると考えているよ」 「僕は長い間代表チームと一緒にプレーしてきた。「2014年、2015年、2016年のように目を見張るような瞬間があったけど、最終的に僕らは勝てず、チャンピオンではないことで批判もされた。僕らは決勝まですべてを正しく行ったにもかかわらずね」 それでも、パリ・サンジェルマン(PSG)2年目でクラブレベルでも好調を維持するメッシは、1986年大会以来、通算3度目となる母国の悲願達成に向けて現スカッドへの自信を強調。さらに、アルゼンチン国民のために全力を尽くすことを約束した。 「これまではとても大変だったけど、2019年に多くの若手を含む新しいグループが来て、コパ・アメリカで優勝できた。それは僕たちを大いに助けてくれたんだ」 「信じられなかったし、うまく説明できなかった。すべてをまとめるために必要だった目標の1つだったからね。代表チームで何かを獲得することは、僕にとってとても重要だった」 「アルゼンチンの人たちと一緒に楽しみたかったんだ。あの余韻に浸る姿は、本当に素晴らしいよ。彼らはチームに夢中で、興奮している。だから、負の流れを断ち切れたことは良いことだった」 「僕らは誰とでも戦うつもりだけど、自分たちがチャンピオンだとは思っていないよ。とにかく初戦が重要なんだ」 なお、メッシと共に悲願達成を目指すアルゼンチンは、カタールW杯でサウジアラビア代表、メキシコ代表、ポーランド代表と同じグループCに入っている。 2022.10.07 08:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly