名主審・クラッテンバーグ氏がエジプトで審判委員長に就任…国内ではレベルの低さに各クラブが猛抗議

2022.06.30 22:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エジプトサッカー協会(EFA)は30日、新たに発足する審判委員会の委員長に、かつてプレミアリーグなどで笛を吹いたマーク・クラッテンバーグ氏(47)を任命した。

EFAは、エジプト・プレミアリーグの多くのクラブから、審判の判定に対する批判が止まらず、ジャッジのクオリティに大きな問題を抱えていた。

各チームは、重要な勝ち点を質の低い判定によって失っているとし、リーグから脱退するという所まで来ている危険な状況だった。

EFAは審判のクオリティ向上のために審判委員会を設立し、委員長としてクラッテンバーグ氏を迎えることとなった。

クラッテンバーグ氏は、2000年から2017年までプレミアリーグを含めた国内の試合を570試合以上務めたほか、ヨーロッパや代表戦を担当した。

2016年にはミラノで行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝、そしてユーロ2016のポルトガル代表vsフランス代表の決勝と同じ年に2つの大きな決勝で主審を務めたことでも知られる。

2017年2月に審判を引退すると、名審判で知られたハワード・ウェブ氏の後任として、サウジアラビアサッカー協会の審判長を引き継いでいた。また、2019年2月からは中国でも仕事をしていた。



1 2

関連ニュース
thumb

アフリカ年間最優秀選手にマネ! サラー&メンディ抑えて2度目の受賞

2021-22シーズンのアフリカ年間最優秀選手にセネガル代表FWサディオ・マネが輝いた。 今夏にバイエルン入りしたマネは昨季もリバプールで変わらずの活躍を披露。代表でもアフリカ・ネーションズカップ制覇に貢献した。 今月に最終候補がさらに絞り込まれるなか、アフリカサッカー連盟(CAF)は21日に各賞受賞者を発表。マネが2度目の栄冠を手にした。 今回はリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー、チェルシーのセネガル代表GKエドゥアール・メンディを抑えての受賞となった。 なお、2020年、2021年は新型コロナウイルスの感染拡大もあって開催されず、2019年以来の選出となるが、そのときもマネが受賞した。 2022.07.22 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

W杯出場逸のエジプト代表、ポルトガル人指揮官のルイ・ヴィトーリア氏を招聘

エジプトサッカー協会(EFA)は12日、ポルトガル人指揮官のルイ・ヴィトーリア氏(52)を新監督に任命したことを発表した。 現役時代はポルトガルの下部リーグのクラブをメインに渡り歩いたヴィトーリア氏は、2002年に指導者に転身し、ここ数年ではベンフィカやアル・ナスル、スパルタク・モスクワの監督を歴任。ベンフィカでは、ジョアン・フェリックスやルベン・ディアス、ネウソン・セメドらの才能を発掘し、2015-16、16-17シーズンにリーグ連覇を達成している。 しかし、昨年5月に就任したスパルタク・モスクワでは、リーグ戦で低迷し、同年12月に早くも解任の憂き目に。以降はフリーの状態だった。 一方、エジプト代表は、アフリカ・ネーションズカップ優勝およびカタール・ワールドカップ出場を逃したカルロス・ケイロス監督と今年4月に袂を分けており、この度ポルトガル人指揮官がチームを託されることに。契約は2026年のワールドカップまでの4年間となる。 2022.07.12 17:35 Tue
twitterfacebook
thumb

マネやサラー、アフリカ最優秀選手候補が10名に絞られる…若手にはユナイテッドMFハンニバルも

アフリカサッカー連盟(CAF)は11日、2021-22シーズンの男子最優秀選手賞の候補者10名を発表した。 2020-21シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響もあり受賞が中止に。2019年以来となる。 2019年に受賞したのは今夏リバプールからバイエルンへと移籍したセネガル代表FWサディオ・マネ。その前の2年間はリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが受賞していた中、今年も2人はノミネートされている。 6月30日に30名の候補が発表されていた中、10名にまで絞られたリスト。マネ、サラーの他には、プレミアリーグを制したマンチェスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズや、今年のアフリカ・ネーションズカップで最多の8ゴールを決めたFWヴァンサン・アブバカル(カメルーン/アル・ナスル)らが残っている。 なお、ミランでセリエAを制し、バルセロナへ移籍したコートジボワール代表MFフランク・ケシエなどは10名に残れなかった。 また、最優秀若手選手賞には日本代表とも対戦した、マンチェスター・ユナイテッドのチュニジア代表MFハンニバル・メイブリら5名が候補として残っている。最終結果は7月21日に発表される。 ◆アフリカ年間最優秀選手賞候補10名 リヤド・マフレズ(アルジェリア/マンチェスター・シティ) カール・トコ・エカンビ(カメルーン/リヨン) ヴァンサン・アブバカル(カメルーン/アル・ナスル) モハメド・サラー(エジプト/リバプール) ナビ・ケイタ(ギニア/リバプール) セバスティアン・アラー(コートジボワール/アヤックス→ドルトムント) アクラフ・ハキミ(モロッコ/パリ・サンジェルマン) エドゥアール・メンディ(セネガル/チェルシー) カリドゥ・クリバリ(セネガル/ナポリ) サディオ・マネ(セネガル/リバプール→バイエルン) ◆アフリカ年間最優秀若手選手賞候補5名 ダンゴ・ワッタラ(ブルキナファソ/ロリアン) カマルディーン・スレマナ(ガーナ/レンヌ) カリム・コナテ(コートジボワール/ザルツブルク) パプ・マタル・サール(セネガル/メス) ハンニバル・メイブリ(チュニジア/マンチェスター・ユナイテッド) 2022.07.11 21:10 Mon
twitterfacebook
thumb

契約残り1年のサラーがリバプールと契約延長! 3年契約を新たに締結

リバプールは1日、エジプト代表FWモハメド・サラー(30)との契約延長を発表した。 契約期間は明かされていないが、長期契約とのこと。イギリス『BBC』によれば新たに3年契約を結んだとのことだ。 サラーは2023年夏に契約が満了を迎えることから、今夏の移籍が騒がれていたものの、本人がチャンピオンズリーグの決勝前にクラブに残る意思を表明。「来シーズンは確実にチームに残るよ」と語っていた通りの結末となった。 サラーは2017年7月にローマからリバプールに完全移籍で加入。加入当初からチームの軸として活躍すると、リバプールでここまで5シーズンを過ごし、公式戦254試合に出場し156ゴール63アシストを記録していた。 2021-22シーズンもプレミアリーグで23ゴールを記録して得点王に輝き、2017-18シーズン(32ゴール)、2018-19シーズン(22ゴール)に続いて3度目の得点王に輝いていた。 タイトルではプレミアリーグ、FAカップ、EFLカップ、チャンピオンズリーグ、クラブ・ワールドカップとそれぞれ1度優勝している。 今夏はセネガル代表FWサディオ・マネがバイエルンへと移籍し、サラーの去就にも注目が集まった中、契約延長にコメントしている。 「更新には少し時間がかかると思っていたけど、今ではすべてが完了しているので、次のことに集中するだけだ」 「この5、6年間、チームは常に[上向き]に進んでいた。昨シーズンはあと少しで4冠に近づいたけど、残念ながらシーズンの最後の週に2つのトロフィーを失った」 「僕たちは全てのために戦うのに良い立場にあると思う。新しい選手も獲得した。僕たちはただ一生懸命働き続け、良いビジョンを持ち、前向きになり、すべてを再び目指すだけだ」 <span class="paragraph-title">【動画】リバプールが特別ムービーでサラーの契約延長を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://t.co/3WAJeenEpy">pic.twitter.com/3WAJeenEpy</a></p>&mdash; Liverpool FC (@LFC) <a href="https://twitter.com/LFC/status/1542885347851476993?ref_src=twsrc%5Etfw">July 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.02 00:16 Sat
twitterfacebook
thumb

韓国に4失点大敗のエジプト、3試合で監督を解任「プレッシャーが大きすぎる」

エジプトサッカー協会(EFA)は16日、エジプト代表のエハブ・ガラル監督(54)の解任を発表した。 ガラル監督は、カタール・ワールドカップ(W杯)の出場権を逃したことで退任したカルロス・ケイロス監督の後任として4月に就任した。 そのエジプト代表は6月のインターナショナル・マッチデー(IMD)でアフリカ・ネーションズカップ(AFCON)の予選2試合と親善試合1試合を実施。予選ではギニア代表に1-0で勝利したものの、エチオピア代表には2-0で敗戦。さらに韓国代表との親善試合では4-1と大敗。モハメド・サラーなど一部主軸はいなかったとはいえ、この事態を重く見た結果、解任となった。 EFAは声明で、「外国人監督と交渉する」と発表。パリ・オリンピックを目指す世代も外国人監督を招へいするとしている。 エジプト人指揮官のガラル監督は、ザマレクやアル・アハリ・トリポリなど国内クラブを指揮。ピラミッドFCを率いていた中で、代表監督に就任していた。 声明の中で解任理由について「厳しい状況下で働いてくれたことに非常に敬意を表し、エハブ・ガラル監督に感謝したい」とし、「彼に謝罪したいのだが、プレッシャーが大きすぎることもあり、誰もが代えたほうが良いと思っていた」と、この先のことを考えての早期決断だったとした。 2022.06.17 09:58 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly