バルサ移籍希望のレヴァンドフスキがチャビ監督とニアミス!? イビサ島のレストランで目撃情報

2022.06.30 12:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今夏の去就が騒がしいバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)。バルセロナへの移籍を希望していることは周知の事実だが、クラブが移籍を許可しないという状況が続いている。

現在はバカンスを楽しんでいるレヴァンドフスキ。スペインのイビサ島でオフを満喫しているが、なんとバルセロナのチャビ・エルナンデス監督とニアミスしていたという。

バルセロナの情報を取り扱うメディアである『Jijantes』が伝えるところによると、レヴァンドフスキとチャビ監督はイビサ島の同じレストランで目撃されたとのことだ。

ただ、2人が密会していたということではなく、それぞれ別のグループでレストランを訪れ、テーブルも全くの別だったようだ。

レヴァンドフスキは時間をかけてバイエルンと交渉するつもりとし、喧嘩別れをするつもりはない様子。バルセロナも獲得を考えており、バイエルンの条件を飲むつもりがあるとされている。

バイエルンはレヴァンドフスキの移籍に関して、最低でも6000万ユーロ(約85億2000万円)を求めているとされるが、どういう決着を迎えるだろうか。

1 2

関連ニュース
thumb

カルバハルがCL制覇揶揄のチャビに反論、「フットボールは結果がすべて」

レアル・マドリーのスペイン代表DFダニエル・カルバハルが、クラブのチャンピオンズリーグ(CL)制覇を“不公平”と揶揄したバルセロナ指揮官に反論した。スペイン『ESPN』が伝えている。 マドリーは昨シーズンのCL決勝トーナメントでパリ・サンジェルマン、チェルシー、マンチェスター・シティ相手にいずれも劇的な逆転突破を決め、リバプールとのファイナルでも試合内容では圧倒されたものの、ベルギー代表GKティボー・クルトワの圧巻のパフォーマンスによって虎の子の1点を守り切って4シーズンぶり最多14回目の優勝を成し遂げた。 そういった中、今月16日に今季初のエル・クラシコを控えるバルセロナのチャビ・エルナンデス監督は、4日に行われるインテル戦に向けた公式会見の場で、ラ・リーガとCLのどちらで優勝するのが難しいかとの質問を受けた際、CLは「より難しい」、「不公平」とライバルを揶揄するようなコメントを残していた。 「レオ(メッシ)は、最高のチームが常に勝つとは限らないと言っていたと思う。私も完全に同意する。ペナルティ、退場、そういったものがあった時点でアウトだ。38試合以上もあるリーグ戦はより公平だ」 敵将のこの発言を受け、翌日にシャフタール戦に向けた公式会見に出席したカルバハルは、「結局のところ、フットボールは結果がすべてだ」と、反論を行っている。 「過去9回のチャンピオンズリーグで5回優勝したけど、それは運ではないよ」 「結局のところ、フットボールは結果がすべてだ。より多くのゴ​​ールを決め、より少ない失点をした者が勝つ」 「昨年はリーグで素晴らしいシーズンを過ごし、チャンピオンズリーグでは浮き沈みもあったけど、重要な瞬間にチャンスをつかみ、カップを獲得した」 「『公平か不公平か』についてのこの議論は、レアル・マドリーがチャンピオンズリーグで優勝したときにのみ起こるもので、逆に面白いよ。他のチームが勝ったとき、それは実力主義だって言われるのだからね」 さらに、会見に同席し、個人として通算4度のビッグイヤー獲得を成し遂げているカルロ・アンチェロッティ監督も、カルバハルの意見に同意している。 「ディテールが重要だ。それは運や不運じゃない」 「運の話は自分の抱えている問題や相手のメリットを隠してしまう」 「チャンピオンズリーグでは、(ミラン時代の2005年決勝で)私に起こったように、6分間で3ゴールを許すこともある。または、準決勝で1分間に2ゴールを決めることができる。それらは些細なことだが、正しい姿勢でコントロールできる。レアル・マドリーは、そうしたディテールに最もよく気を配っているチームだと思う」 「何が一番いいのか? 誰もが自分の意見を持っている」 「良いプレーをするには、多くのことが必要だ。ボールを持っているだけではなく、守備も重要だ。ひとつのことだけをうまくやって、成功を収めることは難しい。だから、最高のチームがチャンピオンズリーグを制すると言うのは簡単だ」 2022.10.04 23:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ズラタン、41歳の誕生日プレゼントは2台のフェラーリ 祝福も多数届く「ズラタンデーおめでとう」「素晴らしい」

何もかもが規格外だ。 ミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは10月3日に41歳の誕生日を迎えた。夏に受けたヒザの手術からの復帰プログラム中のため、今季はまだ出場はないが、ミランからはバースデーメッセージとともに「フィールドに戻り、ミラニスタとして100ゴールを達成してもらいたい。お待ちしております」との期待が寄せられている。 また、過去に所属したパリ・サンジェルマン(PSG)やバルセロナのほか、欧州選手権(ユーロ)の公式アカウントからも祝福のメッセージを発信している。 イブラヒモビッチ自身も自らを祝福。3日にインスタグラムを更新して「Happy Birthday to Zlatan」と綴り、白と赤、2台のフェラーリが重なるような合成写真を公開した。 『フットボール・イタリア』によれば、これは自分のために購入した誕生日プレゼントとのこと。ズラタンは昨年にも50万ユーロ(約7150万円)相当のフェラーリSF90スパイダーを購入していた。 SNSには「ズラタンデーおめでとう」、「神様お誕生日おめでとう」などの祝福が多数寄せられたほか、「最高の願いの伝説」、「素晴らしい」、「赤と白のバンディット」、「素晴らしい投稿」などの感嘆の声も届いている。 世界屈指のストライカーは、1月には復帰の見込みとのこと。衰え知らずの得点感覚やパフォーマンスを再びピッチで観るのが待ち遠しい。 <span class="paragraph-title">【写真】ズラタンが自らへの誕生日プレゼントとした2台のフェラーリ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjP29f6szwn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjP29f6szwn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjP29f6szwn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Zlatan Ibrahimović(@iamzlatanibrahimovic)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.04 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルDFダルミアン、CLバルセロナ戦は不振から抜け出す「絶好のチャンス」

インテルの元イタリア代表DFマッテオ・ダルミアンが4日にホームで行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節のバルセロナ戦へ向けて意気込みを語った。クラブの公式サイトが伝えている。 1日に行われたセリエA第8節のローマ戦で敗戦を喫し、代表ウィークを挟んでもなお、長引く不振から抜け出せずにいるインテル。そうしたなか、ここまで1勝1敗の3位につけるCLグループステージの戦いに再び舞い戻るが、ダルミアンは勝ち点で並んで2位につけるバルセロナ戦に向けた前日会見で、この一戦こそが不振から脱却する絶好の機会だと力説している。 「このゲームが僕らにとって重要かつ難しいものになると理解している。決意と高い集中力を示さなくてはならない。インテルは勝利のため、常に全力を尽くすべきチーム。選手それぞれが責任を負い、あらゆるものを提供する準備ができていなければならない」 「確かに今は困難な時期だが、僕らは成熟したグループだ。全員がこの状況を好転させたいと願っているよ。90分間、落ち着いてスイッチを入れ続ける必要があるね」 「バルセロナ戦は僕らにとって絶好のチャンス。バルサには瞬時にゲームを決定づけられる優れた選手がいるね。僕らとしては自分たちのチャンスをうまく活用しなくてはならない」 また、離脱中のFWロメル・ルカクはこの一戦での復帰が期待されたが、やはり間に合わず。ダルミアンは他の選手らで埋め合わせが可能と考えている。 「ルカクがチームにとって重要なピースであることは誰もが分かっている。彼の不在は言い訳にできないよ。僕らには他にも偉大なストライカーがいる。ルカクの不在はカバーできるはずさ」 2022.10.04 17:40 Tue
twitterfacebook
thumb

チャビ監督がジダン超えのラ・リーガ新記録!

バルセロナのチャビ監督が、ある記録でジネディーヌ・ジダン超えを果たした。スペイン『アス』が伝えている。 1日にラ・リーガ第7節でマジョルカと対戦したバルセロナ。得点はFWロベルト・レヴァンドフスキの1ゴールに留まったものの、GKアンドレ=マルク・テア・シュテーゲンの好セーブなどもあり、無失点で勝利を収めた。 この結果、チャビ監督はバルセロナ就任からアウェイ戦18試合負けなし(13勝5分け)。ラ・リーガにおいて就任からカウントしたアウェイ無敗記録では、レアル・マドリーを率いたジダン監督を超えて新記録となった。 なお、かつてエルネスト・バルベルデ監督は2年目のシーズンにカンプ・ノウで18試合無敗という記録を作り、さらにジョゼップ・グアルディオラ監督はアウェイで23戦無敗という驚異の記録を打ち立てている。 2022.10.02 19:30 Sun
twitterfacebook
thumb

テア・シュテーゲンが自己最長の534分間無失点! リーグ戦はわずか1失点

バルセロナのドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンが、ラ・リーガにおける自己最長無失点記録を更新した。 1日にラ・リーガ第7節でマジョルカと対戦したバルセロナ。20分にロベルト・レヴァンドフスキのゴールで先制するも、この日は攻撃陣が湿り気。 一方で、守備では守護神が奮闘。35分に至近距離からのシュートを見事に防ぐと、51分には相手の強烈なシュートに反応し、枠の外へ搔き出して見せた。 無失点に抑えたバルセロナはこれでリーグ戦6連勝。同時に5試合連続クリーンシートで、テア・シュテーゲンは第2節のソシエダ戦の開始6分の失点を最後に534分間という自己最長となる無失点記録を更新することになった。 レヴァンドフスキをはじめ、ウスマーヌ・デンベレら攻撃陣がフォーカスされがちだが、ここまでリーグ戦わずか1失点の守備陣にも注目したいところだ。 2022.10.02 18:10 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly