複数クラブが関心も、インテルFWピナモンティはアタランタ移籍を熱望か

2022.06.30 10:46 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルのイタリア人FWアンドレア・ピナモンティ(23)が、アタランタ行きを希望しているようだ。

インテルの下部組織出身であるピナモンティは、2016年12月にファーストチームデビューを果たすと、フロジノーネへのレンタル移籍を経て2019年夏に買い取りオプション付きのレンタル移籍でジェノアに加入。その後、ジェノアが買い取るも17日後にインテルが買い戻しオプションを行使したことで2020年9月に古巣帰還。しかし、出場機会には恵まれず昨夏に昇格組エンポリへのレンタル移籍が発表された。

エンポリでは、セリエAの36試合に出場して13ゴール2アシストの成績を残す活躍を見せたことから、今夏再びインテルに帰還した同選手にはイタリアの複数クラブが獲得に関心を示している。

しかし、『Sport Italia』の移籍専門家であるアルフレッド・ペドゥーラ氏によると、野心的なクラブへの移籍を望むピナモンティは、昇格組モンツァや今季セリエAで17位のサレルニターナからのオファーを拒否。今季こそリーグ8位に終わったものの、安定して上位争いに参戦しているアタランタへの移籍を希望しているようだ。

新シーズンの巻き返しを図りたいアタランタもピナモンティ獲得を望んでおり、すでに1300万ユーロ(約18億5000万円)+ボーナスのオファーを提示。しかし、インテル側は最低でも1800万ユーロ(25億6000万円)を求めており、オファーを拒否したという。

また、アタランタからのコロンビア代表FWドゥバン・サパタ(31)を含めたオファーについてもインテルは関心を示していないようだが、交渉自体は継続しており、最終的に合意に至る可能性もある。

関連ニュース
thumb

2戦連続ウノゼロ勝利のアタランタ、首位ナポリを同勝ち点で追走《セリエA》

アタランタは2日、セリエA第8節でフィオレンティーナをホームに迎え、1-0で辛勝した。 代表ウィーク前の前節、ローマにウノゼロ勝利とした2位アタランタ(勝ち点17)はムリエルを最前線に配置する[3-6-1]で臨んだ。 10位フィオレンティーナ(勝ち点9)に対し、11分に先制のチャンス。ムリエルが左サイドからのカットインシュートでゴールに迫ったが、わずかに枠の右に外れた。 慎重な入りとしたアタランタは20分、サポナーラにGK強襲のシュートを打たれてひやりとした中、25分にも好機。ムリエルのスルーパスでボックス左に侵入したコープマイネルスがシュート。しかしGKテラッチアーノのセーブに阻まれた。 前半半ば以降もリスクを冒さなかったアタランタは40分に数的優位になりかける。足を高く上げてボールを蹴りにかかったクアメのスパイクがデ・ローンの顔面に入ったように見え、主審は一発退場を宣告。しかしVARが入り、スパイクは顔面に触れておらずノーファウル判定となった。 ゴールレスで迎えた後半も慎重な姿勢を崩さなかったアタランタは59分に先制する。ムリエルが左サイドを突破してクロス。ルックマンが難なくシュートを流し込んだ。 さらに67分には追加点のチャンス。途中出場のメーレが独走してボックス左まで侵入。GKと一対一となるもテラッチアーノのセーブに阻まれた。 終盤にかけても守備を固めて逃げ切りを図るアタランタは88分、ヨビッチに枠内シュートを打たれたが、GKスポルティエッロがセーブ。 1-0で逃げ切り、首位ナポリを同勝ち点で追走している。 2022.10.03 02:52 Mon
twitterfacebook
thumb

オランダ代表、デパイら3選手が負傷離脱…代わって若手2選手を追加招集

オランダサッカー協会(KNVB)は23日、FWメンフィス・デパイ(バルセロナ)、MFフレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)、MFトゥン・コープマイネルス(アタランタ)の3選手がオランダ代表から離脱したことを発表した。 3選手は22日に行われたUEFAネーションズリーグのポーランド戦(2-0で勝利)にいずれもスタメンで出場。だが、コープマイネルスは前半立ち上がりに相手選手との接触で脳震盪、デ・ヨングは前半に太もも、デパイは後半立ち上がりに上腿を負傷。いずれも途中交代となっていた。 そして、25日に控えるベルギー代表戦でのプレーが困難と判断されて代表離脱が決定した。 この3選手の離脱を受け、ルイス・ファン・ハール監督はMFライアン・グラフェンベルフ(バイエルン)、FWブライアン・ブロビー(アヤックス)の2選手を追加招集している。 2022.09.24 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、シティも注目するアタランタの18歳イタリア代表DFスカルビニに照準

アトレティコ・マドリーがアタランタのイタリア代表DFジョルジョ・スカルビニ(18)を来季に向けて獲得したい意向を持っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 アタランタの下部組織出身で昨年10月にトップチームデビューを果たしたスカルビニ。194cmの大型センターバック兼セントラルMFは今年6月にイタリア代表デビューも飾っている大器で、マンチェスター・シティからも関心を示されている。 そのスカルビニはアタランタとの契約が来年6月に切れるため、メガクラブによる争奪戦が行われること必至の状況となっている。 堅守が売りのチームカラーであるアトレティコに、守備の国イタリアから有望な若手がやってくることになるだろうか。 2022.09.23 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ベテランFW多いミラン、19歳ホイルンド&22歳クドゥスに関心?

ミランが来夏に若手ストライカーの補強を計画しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ミランは今夏にFWディヴォク・オリジを獲得も、同選手は加入後、未だスタメンの機会がなく得点もなし。さらに現在はケガで離脱中と、期待に見合う選手かどうか疑念が生まれつつある。 不動のエースは昨季同様にFWオリヴィエ・ジルーで、今季も公式戦9試合5得点とさすがの働き。だが、ジルーは今月30日で36歳になり、FWズラタン・イブラヒモビッチも40歳。こういった背景があり、若手ストライカーを何人かリストアップしているという。 先日はザルツブルクのスイス代表FWノア・オカフォー(22)への関心が報じられたが、イタリア『トゥット・スポルト』によると、アタランタのデンマーク代表FWラスムス・ホイルンド(19)とアヤックスのガーナ代表FWモハメド・クドゥス(22)も有力な候補とのことだ。 ホイルンドは今夏にアタランタ入りしたばかりだが、セリエA第5節で初ゴールを記録し、最新のデンマーク代表メンバーに初選出と勢いに乗る。一方のクドゥスも今季の公式戦ですでに7ゴールを記録。いずれもカタール・ワールドカップ(W杯)出場が期待される新進気鋭のストライカーだ。 2022.09.22 19:35 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯行き絶望的… ローマ戦負傷交代のアタランタGKムッソ、公式戦復帰は来年1月か

アタランタのアルゼンチン代表GKフアン・ムッソが長期離脱することになるようだ。 ムッソは18日にアウェイで行われたセリエA第7節のローマ戦に先発。5分にロングボールの処理を試みた際、空中で味方DFメリフ・デミラルと接触し、顔面を抑えて倒れ込む形に。これにより開始早々に交代を余儀なくされていた。 試合後には頬骨骨折による頭部外傷と診断され、19日にはアタランタ公式サイトが手術の実施を発表。復帰時期は明確ではないようだが、イタリア『スカイ』によると全治は2か月で、11月からカタール・ワールドカップ(W杯)による中断期間が挟むことから、公式戦復帰は来年1月が見込まれるとのことだ。 ムッソは正GKとして今季の全公式戦に出場し、好調のチームを支えていただけにアタランタにとって大きな痛手。さらに、アルゼンチン代表に名を連ねるムッソにとってはカタールW杯行きも絶望視される形となってしまった。 2022.09.20 19:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly