チェルシーがルカクのインテル移籍を正式発表!

2022.06.30 03:50 Thu
Getty Images
チェルシーは29日、ベルギー代表FWロメル・ルカク(29)がインテルへレンタル移籍したことを発表した。期間は1年間となる。
PR
2020-21シーズンのインテルでセリエA36試合24得点10アシストという数字を残してスクデット獲得に貢献したほか、自身もセリエA最優秀選手賞に輝いたルカク。
今シーズンはクラブ史上最高額を記録した移籍金で古巣チェルシーへと帰還していたが、プレミアリーグでは26試合8ゴール、チャンピオンズリーグでは6試合で2ゴールと、平凡な成績に終わってた。

すると29歳は次第にインテル復帰に気持ちが傾き始め、シーズン中にはクラブに無断で受けた取材でインテル愛を強調するなど余計な言動が目立っていた。

なお、『フットボール・イタリア』によればレンタル料は800万ユーロ(約11億4000万円)+ボーナスとなることこと。また、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると買い取りオプションなどは付随していないようだ。

PR
関連ニュース

新指揮官探すチェルシー、イプスウィッチのマッケンナ監督は候補から除外か

チェルシーが新指揮官の選定を進めている。 終盤の怒涛の追い上げにより、今シーズンのプレミアリーグを6位で終えたチェルシー。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の出場権を手にしたが、マウリシオ・ポチェッティーノ監督には別れを告げた。 新指揮官探しが急務となったなか、イプスウィッチ・タウンのキーラン・マッケンナ監督(38)が候補に浮上。他にもレスター・シティのエンツォ・マレスカ監督(44)や、ブレントフォードのトーマス・フランク監督(50)、シュツットガルトのセバスティアン・ヘーネス監督(42)らの名前が挙がっていた。 しかし、『The Athletic』によると、チェルシーはマッケンナ監督を最終候補から外したとのこと。他の候補者と同様にマッケンナ監督との交渉に着手していたが、現在残っているのはマレスカ監督とフランク監督の2人だけだという。 以前マンチェスター・ユナイテッドに5年ほど在籍していたマッケンナ監督は、U-18チームの指揮官やファーストチームのアシスタントコーチを担当。2021年12月に当時リーグ1(イングランド3部)を戦っていたイプスウィッチの指揮官に就任すると、そこから一気にチームを押し上げ、今シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で2位となり、プレミアリーグ昇格を叶えていた。 2024.05.27 14:01 Mon

偉大なるジルー、その分岐点は若き日のフランス代表デビュー戦…惚れ込んだヴェンゲル氏「夢中になってしまった」

フランス代表歴代最多得点者のFWオリヴィエ・ジルー(37)。その選手キャリアにおける分岐点は、自身のA代表デビュー戦を観戦したアーセン・ヴェンゲル氏との出会いだった。 今季でミランを退団、フランス代表からもユーロ2024を最後に引退、MLSはロサンゼルスFCへの移籍を持って、欧州で見納めとなるであろう37歳ジルー。 モンペリエ時代の11-12シーズンにリーグ・アン優勝&得点王。翌季から5年半アーセナルに在籍し通算105得点。チェルシー時代は控えを抜け出せずも、34歳で加入したミランがクラブキャリアのハイライトか。1年目でスクデット奪還に大貢献、得点数だけでは語れない技量・存在感で3年間チームを引っ張り、その威圧感は老練なカルチョのDFを苦しめた。 また、フランス代表では3度のW杯出場に2018年ロシア大会優勝、そして同国代表歴代最多の57得点。ティエリ・アンリ氏の得点記録を抜くのがジルーになるなど、一体誰が予想しただろうか。まさに、年齢を重ねるごとに輝きを増していったストライカーだ。 フランス『Canal+』は、そんなジルーの半生を追いかけたドキュメンタリー番組を制作し、選手キャリアの分岐点として、当時アーセナル指揮官だったヴェンゲル氏の目に留まった“2011年11月11日”をピックアップ…ヴェンゲル氏自ら証言する。 「初めてオリヴィエを観た日のことをよく覚えている。当時彼はモンペリエの選手で、すでにそれなりの成績を収めていたが、そのプレーをこの目で確認し、『ああ、この男はフットボールを完全に理解している』と確信した。私は彼に夢中になってしまった(笑)」 “2011年11月11日”は、ジルーがフランス代表初キャップを飾ったアメリカ代表戦。スタッド・ド・フランスで観戦してジルーに惚れ込んだヴェンゲル氏は自らジルーへ接触。2012年夏のアーセナル加入に漕ぎ着けた。 しかし、代理人のミシェル・マヌエロ氏は当時、ジルーに「アーセナルなんか行くべきじゃない」とアドバイスしたと言う。 「私は彼に言った。『アーセナルはダメだ。ロビン・ファン・ペルシがいるんだぞ。ピッチ脇で味方のゴールに拍手する時間を過ごすことになるぞ』ってね。どう考えてもオリヴィエにストライカー以外はできないし、不可能なミッションに挑もうとしているように思えたんだ」 「彼は『わかった、他のクラブも考えてみよう』と言ったんだ。ところが1カ月半後、突然『やっぱりアーセナルへ行く』ってね(笑)」 ジルーがアーセナル行きを決めると、ほどなくしてマヌエロ氏の懸念だったファン・ペルシ氏がマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が決定。結果的に、ジルーは加入後すぐにセンターフォワードの定位置に収まった格好だ。 フランス代表デビュー戦にて、ヴェンゲル氏に認められたところから階段を駆け上がっていったジルー。13年もの歳月が経ち、男はフランス代表で通算131キャップ、通算57得点で歴代最多得点者となっている。 2024.05.27 14:00 Mon

腐らずのケパにリーガ最終節でラストダンスの場が? アンチェロッティ監督が計画

レアル・マドリーのスペイン代表GKケパ・アリサバラガ(29)にラ・リーガ最終節で出番が巡りうるようだ。スペイン『アス』が報じた。 今シーズン開幕直前にベルギー代表GKティボー・クルトワが重傷を負い、急きょチェルシーからレンタル加入したケパ。当初は先発が続いたものの、ケガもあってウクライナ代表GKアンドリー・ルニンにポジションを奪われ、クルトワが復帰してからは第3GKとなった。 シーズンが終了すればこのままチェルシーへレンタルバックとなるが、控えでも腐らず、練習中も試合中も献身的な姿勢を見せてきたケパに対し、カルロ・アンチェロッティ監督はプレータイムを与える形で報いたい意向とのこと。25日にホームで行われる最終節のレアル・ベティス戦で起用予定だという。 チャンピオンズリーグ(CL)決勝のドルトムント戦が目前に控えるため、先発はクルトワが濃厚だが、何事もなければ後半のどこかでケパが投入される見込み。最後にプレーしてサンティアゴ・ベルナベウに別れを告げ、ウェンブリー・スタジアムでの決戦へと向かう。 2024.05.24 18:54 Fri

チェルシーの17歳FWエステヴォン獲得が大詰めに…来夏のCWC後に移籍の見込み

パウメイラスのU-17ブラジル代表FWエステヴォン(17)の獲得にチェルシーが迫っているようだ。ブラジル『グローボ』が報じた。 神童と呼ばれるブラジル代表FWエンドリッキ(17)に今夏のレアル・マドリー入りがすでに決まるパウメイラス。これに続く才能が2023年4月にプロ契約を結んだ左利き右ウインガーのエステヴォンで、ヨーロッパの各ビッククラブが注目するなか、チェルシーが争奪戦を一歩リードしていると報じられてきた。 そんなチェルシーはパウメイラスとすでに大筋合意に達しており、交渉は最終段階に入っているとのこと。設定される契約解除金は4500万ユーロ(約76億4000万円)だが、ほとんどが簡単に達成可能とみられるボーナスも含めれば、移籍金は6000万ユーロ(約101億9000万円)以上になるという。 なお、エステヴォンは18歳の誕生日を迎える2025年4月に海外移籍が可能となるが、2025年の6月から7月にかけて行われるFIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)をパウメイラスで戦い終えてからチェルシーへ移る運びに。このまま無事取引が完了し、1年後にヨーロッパ挑戦となるのだろうか。 2024.05.24 15:52 Fri

何も知らなかった!? ポチェッティーノ監督の電撃退任をチェルシー選手たちは報道で知る「動揺が見られた」

電撃的にチェルシーと契約を解除したマウリシオ・ポチェッティーノ監督(51)だが、選手たちは寝耳に水だったようだ。 21日、プレミアリーグのシーズンが終了して2日後、チェルシーはポチェッティーノ監督との双方合意の下での契約解除を発表。1年でチームを去ることが決定した。 今シーズンから指揮を執っていたポチェッティーノ監督だが、チームは多くのケガ人が出るなどしてなかなか安定した戦いを見せることができず。それでも、新戦力のイングランド代表FWコール・パーマーが22ゴール10アシストという衝撃的なパフォーマンスを残すなど明るい材料もあり、6位でフィニッシュした。 なんとかカンファレンスリーグの出場権を獲得したチェルシーだったが、選手たちはプレミアリーグ最終節のボーンマス戦後にも特に何も言われていなかったとのこと。ポチェッティーノ監督がチームを去る様子はなく、全く疑いを持っていなかったという。 イギリス『テレグラフ』が公式発表を前にポチェッティーノ監督の退任を報じたが、選手たちはその報道で初めて知ったという。 『テレグラフ』によれば、その報道がチーム内での不信感を募らせることに。選手たちのWhatsAppグループでこの報道が一気に広まり、代理人たちはニュースの確認に動いたという。 若手選手たちはポチェッティーノ監督への信頼が厚く、来シーズンも一緒に戦えると思っていたところへの電撃退任。『テレグラフ』に対してある情報筋は「選手たちは信じていなかった。ニュースが流れ、WhatsAppのグループで拡散されるまで、何も知らなかった。ほとんどの選手がポチェッティーノを本当に信頼していたし、かなり動揺が見られた」と語ったという。 公式に監督の退任が発表されてからは選手たちも自身のSNSを通じて反応。ニコラス・ジャクソンは監督との2ショットを投稿し「監督愛している。もっと一緒にいられたらよかったのに。でも、神様があなたと家族をこれからも祝福してくださいますように」とインスタグラムを通じて綴った。 今季飛躍したパーマーは監督と抱き合う写真を投稿。「監督、僕のためにしてくれたこと、そして僕の夢を叶えてくれたこと全てに感謝します。幸運を祈ります」と感謝とエールのメッセージを送った。 チームの編成に影響力を持ちたいと考えているポチェッティーノ監督と、それを許さないチェルシー上層部の考えの不一致が今回の退任に繋がったとされているが、来シーズンはどんなチームになるのか。また多額の投資を行うのか、注目が集まる。 2024.05.23 23:30 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly