カシージャスがユーベ移籍迫るディ・マリアを称賛「用心深く知的な男」

2022.06.29 14:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントス移籍が時間の問題となっているアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア。レアル・マドリーでチームメイトだった元スペイン代表のイケル・カシージャス氏が太鼓判を押した。

2015年夏に加入したパリ・サンジェルマン(PSG)との契約満了を迎え、今夏に新天地を求めたディ・マリア。母国復帰の意思もあり、先日にロサリオ・セントラルの監督に就任したカルロス・テベスから誘いもあったという中で、キャリア6つ目のクラブとなるのはユベントスが決定的となっている。

現地時間29日にも契約が締結される可能性が伝えられる中、カシージャス氏がイタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューでディ・マリアに言及。34歳となっても体のシャープさを維持する真のプロフェッショナルだと称賛した。

「キエーザにヴラホビッチ、ポグバ、そしてアンヘル…、なんてチームだ! 」

「彼はワールドカップへの準備をしたいと言っていた。常に体のケアを怠らない用心深い男なんだ。だから大ケガをしたことは一度もない。かなりシャープな体だと思うよ」

「ここヨーロッパで彼は常にハイレベルを維持してきた。しかもビッグクラブでね。ディ・マリアはユーベに違いをもたらせるだろう」

「11月にはワールドカップが控え、レギュラーでプレーし、大会に向けて最高の準備ができるチームを探していたことは明らかだ」

「34歳となっても、彼は偉大なプレイヤーだ。今となっては年齢は比較的ただのカウントに過ぎない。選手の寿命は延びてきている」

「ユベントスは様々なポジションでプレーできる選手に資金を投じてきた。我々がデシマを達成した当時、アンチェロッティはシーズン途中に彼のポジションを変えていたが、とてもよくやっていたよ」

「彼は前線でも中央でもプレーできるし、フットボールをよく理解している知的な男だ。さらに印象的なシュート力も持っていて、一人で試合決めることができる」

関連ニュース
thumb

投入直後に決勝FK、開幕戦逆転勝利に貢献のアラバ「アンチェロッティが決めろと言った」

レアル・マドリーのオーストリア代表DFダビド・アラバが、アルメリア戦での決勝点を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 マドリーは14日、ラ・リーガ開幕節でアルメリアと対戦。6分に先制を許し、前回王者が昇格組に大きく苦戦を見せる展開のまま前半を終えた。 しかし、61分にスペイン代表MFルーカス・バスケスのゴールで同点に追いつくと、75分にはボックス手前右で獲得したFKの場面で、キッカーはその直前で投入されていたアラバ。見事な左足のシュートをゴール右に叩き込み、逆転に成功した。 試合は2-1のまま終了し、マドリーが苦しみながらも白星発進。アラバは試合後、ファーストタッチでの決勝ゴールを振り返り、カルロ・アンチェロッティ監督とのエピソードを明かした。 「チームの勝利に貢献できたことはとてもうれしいよ。FKを蹴る前から調子が良かったし、チームも自信を持たせてくれた」 「ピッチに入る前、アンチェロッティは僕にFKを蹴るように伝え、そして『ゴールを決めろ』と言った。それが決まった後には、『だから言っただろう?』と話しかけられたよ」 また、「アルメリアはとても良いプレーをしたね。自信に満ちていて、大胆だった。アウェーでこのファンの前でプレーするのは簡単ではないと思ったし、相手の先制点の後にも何度かチャンスがあったね」ともコメント。対戦相手へのリスペクトを示しつつ、自身のコンディションについては「とても調子が良いし、常にベストな状態でいられるように努力しているよ」と好調であることを語った。 <span class="paragraph-title">【動画】絶妙なコースにアラバがFKを直接叩き込む!レアルが開幕戦勝利</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">ALABA FREE KICK GOLAZO WITH HIS FIRST TOUCH OF THE MATCH <a href="https://t.co/Bto4ZoMMsb">pic.twitter.com/Bto4ZoMMsb</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1558931260881248256?ref_src=twsrc%5Etfw">August 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.15 15:25 Mon
twitterfacebook
thumb

連覇目指すレアル、アンチェロッティ監督は苦戦を認める「守備のミスで試合を複雑にしてしまった」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、シーズン開幕戦となったアルメリア戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 2022-23シーズンのラ・リーガが開幕。マドリーはアウェイで昇格組のアルメリアと対戦した。 リーグ王者として連覇を目指す戦い。しかし、立ち上がりにミスから失点し、いきなりつまづいてしまう。 力の差は歴然としていながらも、アルメリアの集中した戦いの前にゴールを奪えず。苦しい展開となった中、61分にルーカス・バスケスがゴールを奪い同点とすると、75分にはダビド・アラバがゴール。1-2で逆転勝利を収めた。 試合後、アンチェロッティ監督はミスから苦戦したことを認めた。 「ここで苦しむのは当たり前だ。しかも修正できるはずの守備のミスで試合を複雑にしてしまったのだから、なおさらだ。そこから我々は苦しくなった」 「彼らはよく守っていたし、我々はゴール前で多くのシュートを放った。1点を取ったときは楽になった」 また、この試合でマドリーでのリーグ戦デビューを果たしたアントニオ・リュディガーについて言及。「リュディガーは良い試合をした。若手はいつものようなプレーができなかったが、満足している」と満足感。前半のみでピッチを後にしたエドゥアルド・カマヴィンガについては「カマヴィンガを交代させたのは、彼がカードを持っており、リスクを冒すのは危険だと思ったからだ」と語り、退場の可能性を排除するためだったとした。 この試合ではFWエデン・アザールが途中出場。昨シーズンはケガでまともにプレーできていなかった中、開幕戦から出番を与えた。 「フィジカル的には問題ない。彼はよくトレーニングしているし、今シーズンは出場機会を得られるだろう」 2022.08.15 12:17 Mon
twitterfacebook
thumb

アラバが投入直後にFK弾、王者レアル・マドリーが昇格組アルメリアに逆転勝利で白星スタート《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは14日、ラ・リーガ開幕節でアルメリアとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。 昨季ラ・リーガ王者のレアル・マドリーは、4日前に行われたフランクフルトとのUEFAスーパーカップを制した中、新戦力のチュアメニとリュディガーを先発起用。3トップはベンゼマ、ヴィニシウス、バルベルデを起用した。 8季ぶりに1部昇格を果たしたアルメリアに対し、開始6分に失点する。ラマザニにディフェンスライン裏を取られてそのままシュートを決めきられた。 失点後、バルベルデとベンゼマに同点のチャンスが訪れるも決めきれずにいると、13分にはサディクのミドルシュートでゴールを脅かされたレアル・マドリーは、攻めあぐねる状況が続いた。 前半終盤、攻勢に出たレアル・マドリーは37分、ヴィニシウスがボックス左まで侵入してGK強襲のシュートを浴びせると、続く40分にはCKからリュディガーのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKフェルナンドの好守に阻まれる。 43分にはクロースのフィードからL・バスケスがボレーでネットを揺らしたがわずかにオフサイドに阻まれ、1点ビハインドで前半を終えた。 迎えた後半、カマヴィンガに代えてモドリッチを投入したレアル・マドリーはオープンな展開を強いられると、GKクルトワが度々ゴールを脅かされる場面を作られる。 そんな中55分にはベンゼマに決定機が訪れるもボックス左から放ったシュートはGKフェルナンドのセーブに阻止された。その後、チュアメニに代えてアザールを右ウイングに投入したレアル・マドリーはバルベルデを中盤へ。 すると61分、同点とする。ヴィニシウスがボックス左で突破を図ったプレーから、最後はルーズボールをL・バスケスが押し込んだ。 そして75分、直前に投入されたアラバが魅せる。ボックス手前右で得たFKを見事に決めきった。 これが決勝点となってレアル・マドリーが勝利。苦しみながらも白星スタートとしている。 2022.08.15 06:58 Mon
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティ、レアルが最後の指揮クラブに 「この章で監督キャリアを閉じる」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督(63)が現職をもって指導者キャリアに終止符を打つようだ。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、それはアンチェロッティ監督がイタリア紙『Il Messaggero』で語ったものだ。 今年5月にもレアル・マドリーでの指揮を最後に監督業から身を置く可能性を示唆して、メディアのトピックをさらったイタリア人指揮官だが、改めてその意向を示したという。 「レアル・マドリーを最後に、私はリタイアする。このチャプターをもって、監督としてのキャリアを閉じる。レアル・マドリーは(フットボール世界の)トップに君臨しているし、このクラブをキャリアの終着点とするのは理にかなっている」 アンチェロッティ監督は1990年代に母国で指導者キャリアをはじめ、イングランドやフランス、ドイツを含めて数々のクラブを指揮。2021年夏からレアル・マドリー監督に復職した。 その昨季にはラ・リーガを制して、欧州5大リーグを制した初の監督に。さらに、チャンピオンズリーグも優勝で飾ってみせ、歴代監督で最多4度目となるビッグイヤーを掲げた。 行く先々で手腕を光らせて数々の栄冠を掴み取り、フットボール史に名を刻む名将の1人と評されるアンチェロッティ監督。レアル・マドリーとの契約は2024年夏までとなっている。 2022.08.14 15:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ムバッペ、自身もノミネートのバロンドールに同胞を推す 「ベンゼマは34歳にして最高のシーズンを過ごした」

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが代表でのチームメイトをバロンドールに推した。スペイン『アス』が伝えている。 フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は12日、2021-22シーズンにおけるバロンドールのノミネート者を発表。受賞最有力とされるレアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマに加え、ムバッペも候補入りした。 『フランス・フットボール』のインタビューに応えたムバッペは自身もノミネートされながら、今回は代表のチームメイトであるベンゼマが受賞するべきだと主張した。 「彼は34歳にして人生最高のシーズンを過ごした。それにチャンピオンズリーグ(CL)を制覇し、何度も決定的な結果を残しているしね」 「カリムが今回のバロンドールを受賞できなかったら、僕は永遠にこの賞のことを考えるのをやめるだろう」 また、昨季の自身は公式戦46試合の出場で39ゴール26アシストを記録。凄まじい結果を残したが、夢であるバロンドール受賞のためにはさらなる成長が必要だと分析した。 「バロンドールを受賞するためには完全でなければならない。数字で目立つだけではダメなんだ。1シーズン60ゴールを決めても、必ずしもベストとは言えない。チームメイトを助けることはできても、それでは不十分だよ」 「異なるシチュエーションで、様々なことができると示す必要があるね。一芸に秀でた選手もいるけど、僕にとってバロンドールを受賞する選手は、それ以上のものを持ってなきゃならない。きっと、様々な技術が必要だ。チームの調子が悪いときに、決定的なプレーをすること。特に自分一人で試合をひっくり返すことができる選手は、そう多くはないだろう。だから、僕らは高い給料をもらっているんだ。受賞者は完璧な選手の典型でなければならないと思う」 「自分の夢を制限してはいけない。僕はいつも非常に大きな夢を見ていたし、早い段階からバロンドールを獲得したいと思っていたんだ。たぶん僕を認めない人も多くいるだろうけど、僕は気にしてないよ」 2022.08.13 19:21 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly