巻き返し期す神戸、鳥栖MF飯野七聖を完全移籍で獲得 「チームの為に走って闘います」

2022.06.29 10:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ヴィッセル神戸は29日、サガン鳥栖からMF飯野七聖(25)の完全移籍加入を発表した。背番号「2」を着用する。

飯野はアルビレックス新潟のアカデミー出身で、2019年に国士舘大学からのザスパクサツ群馬入りでプロの世界に。2021年から鳥栖にステップアップを果たした。

その鳥栖では右サイドのスペシャリストとして公式戦通算54試合に出場。今季も明治安田生命J1リーグ16試合出場で1得点と活躍を続けたが、神戸行きを決断した。

豊富な運動量をベースに縦への突破力とクロス精度が魅力の飯野は今季のここまでJ1リーグで最下位に沈む神戸加入決定を受け、両クラブを通じてコメントしている。

◆ヴィッセル神戸
「サガン鳥栖から移籍してきました飯野七聖です。僕はどんなに苦しい状況でも、チームの為に走って闘います。サガン鳥栖で得た武器を、今度はヴィッセル神戸の為に使います。よろしくお願いします」

◆サガン鳥栖
「この度、ヴィッセル神戸に移籍する事になりました。サガン鳥栖で過ごす時間は僕にとってかけがえのないものでした。本当に充実していて、自分自身このクラブで、日々成長している実感がありました」

「仲間やスタッフにも恵まれて、ファンの皆さんの事も本当に大好きでした。
皆さんに支えられて、今の僕があると感じているからこそ、オファーを頂いてから、本当に悩みました。お互いのチームの状況、鳥栖での立場、これから先、選手としてどうなりたいのか。今じゃなくてもいいんじゃないか。本当に色々な事を考え、悩み、自問自答しました」

「ただ、選手として更に上を目指す事を考えた時、リーグ・ACL・天皇杯・ルヴァン杯、沢山のチャンスが残されていて、間違いなく注目されるチームで、ポジションを勝ち取り、自分の特徴を最大限発揮して活躍する事が出来れば、今より更に選手として、また、ひとりの人間として価値を上げる事が出来るのではないかと思いました」

「この決断が正しいのか、間違っているのか、今は分かりません。だけど、この決断が正しかったんだと胸を張って言える様にしようと、自分で選んだ道を正解にするんだと、覚悟を決めました。この文章の中で、想いを全て語るのは難しいです。だけどこれだけはもう一度伝えさせて下さい。僕はこのクラブが大好きです。チームメイトも、スタッフも、そしてファンの皆さんの事も本当に大好きです」

「ネットに記事が掲載されたとき、沢山の方から残ってほしい。行かないでほしい。というメッセージを頂きました。ほぼ無名でサガン鳥栖に来た僕が、1年半で皆さんにそう言ってもらえる選手になったんだと思うと、本当に嬉しかった。サガン鳥栖で学び、得た全ての武器と、変わらない野心をもって、ヴィッセル神戸で新しい挑戦をしてきます。1年半、本当にありがとうございました」

関連ニュース
thumb

「女性サポーターにも人気なイケメン選手」をJリーグが紹介!ピックアップされたのは…?

Jリーグの公式ツイッターが16日、「今日は女子大生の日 そこで女性サポーターにも人気なイケメンJリーグ選手をご紹介‼」と綴り、選手たちの写真を紹介した。 現在は8月21日が「女子大生の日」として登録されているが、2020年までは一般的に8月16日が「女子大生の日」と認識されていた。 Jリーグはそこで、谷口彰悟(川崎フロンターレ)、土居聖真(鹿島アントラーズ)、汰木康也(ヴィッセル神戸)、キャスパー・ユンカー(浦和レッズ)をピックアップ。特徴の違う4人のイケメンショットを並べている。 さらに、「皆さんが思うイケメンJリーグ選手は誰ですか?」とし、4人以外の選手も募集。この投稿には各チームのファンから思い思いの選手の名が挙げられている。 「この人たちは本当にかっこいい」、「もちろんレイソルの上島くん」、「山岸祐也選手」、「圧倒的ユンカーだな!」、「志知くんがいない!?」、「大宮アルディージャにはイケメン沢山いますよ!」、「あれ、谷くんは?」など様々だ。 アスリートらしい引き締まった体と精悍な顔つきの持ち主が多いJリーガー。彼らがピッチの上でさらに輝く姿に期待だ。 <span class="paragraph-title">【写真】「女性サポーターにも人気なイケメン選手」たちのイケてるショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>今日は <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A5%B3%E5%AD%90%E5%A4%A7%E7%94%9F%E3%81%AE%E6%97%A5?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#女子大生の日</a> <br>\<br><br>そこで女性サポーターにも人気なイケメンJリーグ選手をご紹介‼ <br><br>皆さんが思うイケメンJリーグ選手は誰ですか? <a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%95%E3%81%A4?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグあいさつ</a> <a href="https://t.co/sfFgEtjb1R">pic.twitter.com/sfFgEtjb1R</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1559317548130152448?ref_src=twsrc%5Etfw">August 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.16 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「これ見てた」大久保嘉人の息子がTVニュースに登場、街頭インタビューに応じる姿は貫禄十分「誰かに似てると思ったら!」

元日本代表FW大久保嘉人氏の次男、緑二くんが街頭インタビューに応じていたようだ。 Uターンラッシュを迎えたJR博多駅で、著名人の子供だと気付かれないままインタビューを受けた緑二くん。目線が泳ぐこともなく、インタビュアーの方をしっかり見て、はっきりとした口調とで堂々と取材に応じている。 大久保氏は14日に自身のツイッターで放送のキャプチャを投稿。「一人で長崎に行ってる緑ニが新幹線乗る前にインタビューされてニュースに出てる〜」と綴った。 「このニュース見てたー」という視聴者も多くいたようだが、「誰かに似てると思ったら!」、「見たのに、緑二くんだって気づかなかった…」との声も。「どこかで見た気がすると思って、これでスッキリした」と、大久保氏の投稿により、もやもやが解消されたファンもいたようだ。 緑二くんは、メディアに対応する父親を間近で見ていた影響か、取材に対してしっかりした受け答えを見せた。「インタビュー受け慣れている感じですね!」と、感嘆の声が上がっているが、もしかしたらテレビクルーも雰囲気を感じて声をかけたのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】テレビの街頭インタビューに応じる大久保嘉人の次男、緑二くん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">一人で長崎に行ってる緑ニが新幹線乗る前にインタビューされてニュースに出てる<a href="https://twitter.com/hashtag/yoshito13?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#yoshito13</a> <a href="https://t.co/O8JwPTaFv5">pic.twitter.com/O8JwPTaFv5</a></p>&mdash; 大久保嘉人 (@Okubonbon13) <a href="https://twitter.com/Okubonbon13/status/1558748452615426048?ref_src=twsrc%5Etfw">August 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.15 16:45 Mon
twitterfacebook
thumb

汰木康也がチームを救う2ゴール! 札幌に完勝の神戸が残留に望みつなぐ【明治安田J1第25節】

明治安田生命J1リーグ第25節の北海道コンサドーレ札幌vsヴィッセル神戸が13日に札幌ドームで行われ、アウェイの神戸が2-0で勝利した。 前節は湘南ベルマーレに5-1の大勝で、6試合ぶりの白星を掴んだ11位の札幌。累積警告による出場停止が明けた菅もスタメンに復帰した中で、今シーズン初の連勝を狙う。対する神戸は前節、セレッソ大阪に3-0の完敗を喫し、再び最下位に転落。残留に向けて負けられない一戦では、7試合ぶりの先発となった前川がゴールマウスを守る。 両チームがけん制し合う展開の中、最初にチャンスを掴んだのはホームの札幌。アタッキングサードでのパス交換からボックス手前の中央の宮澤がボックス内に浮き球のパスを供給すると、これに反応した小柏が頭でゴール前に落とし、興梠が右足で合わせる。だが、惜しくもゴール右に逸れた。 一方の神戸も20分にサイド攻撃からゴールに迫る。ボックス手前中央で大迫が縦パスを受け、左に展開。ボックス左に走り込んだ酒井がクロスを上げ、ゴール前の汰木が右足アウトサイドで合わせたが、これは相手GKの好セーブに阻まれる。 この攻撃から流れを掴んだアウェイチームは28分、敵陣中央の大崎が前線を狙った縦パスを供給。これは相手に触れられてコースが変わるが、こぼれ球をボックス手前中央で拾った汰木が左足を振り抜くと、ゴール右隅に決まった。 先制点を奪った神戸はさらに勢いを強める。前半アディショナルタイムにボックス手前中央で獲得したFKの場面で、大迫のシュートは壁に阻まれるも、こぼれ球を拾った汰木がボックス手前中央から右足を一閃。これが相手DFに当たってコースが変わり、ゴール右に吸い込まれた。 2点差を追う札幌は前半終了まで大きなチャンスを作れず。それでも試合を折り返して59分、敵陣左サイド浅い位置でボールを持った高嶺がサイドチェンジを試みると、これをボックス手前右で受けたルーカス・フェルナンデスが右足のシュートを放つ。しかし、これはわずかに枠の左に外れた。 終盤に入る前にまずは1点を返したいホームチームは64分に荒野、69分にガブリエル・シャビエルを投入。攻撃陣の活性化を狙う。 後半に入って攻撃面で大きなチャンスを作れていない神戸だが、守備陣は奮闘。相手の鋭いカウンター攻撃に、素早い戻りで対応し、シュートを打たせない。 札幌は87分、敵陣中央で獲得したFKの場面でキッカーは福森。ふわりとした素晴らしいボールをゴール前に入れ、岡村がヘディングで合わせたが、これは枠の左に逸れた。 その後も相手に決定機を作らせなかった神戸が4試合ぶりの勝利。残留に向けて大きな3ポイントを手にし、暫定ながら16位まで順位を上げた。 北海道コンサドーレ札幌 0-2 ヴィッセル神戸 【神戸】 汰木康也(前28、前45+4) 2022.08.13 16:33 Sat
twitterfacebook
thumb

神戸がどれくらいがんばれば残留できるか調べていたらみんなに怖いデータが出てきたよ!? の巻/倉井史也のJリーグ

他のチームが降格していいって話じゃないですよ。だけどやっぱり神戸がJ2に落ちるかどうか、気になるじゃないですか。みんな、まさかって感じでしょ? だったらあと、どれくらい神戸が勝たなきゃいけないか考えてみましょう。 まずは残留のために最低限の勝点はどれくらい必要なのか。この際、入れ替え戦もありだと考えておくと、過去17位のチームの勝点はいくつだったのかを調べてみます。例によってJ1が18チーム構成になった2005年からのデータで、2020年は降格なし、2021年は20チーム構成だったので省きます。すると!! 2005年17位:東京V/勝ち点30 2006年17位:C大阪/勝ち点27 2007年17位:甲 府/勝ち点27 2008年17位:東京V/勝ち点37 2009年17位:大 分/勝ち点30 2010年17位:京 都/勝ち点19 2011年17位:福 岡/勝ち点22 2012年17位:G大阪/勝ち点38 2013年17位:磐 田/勝ち点23 2014年17位:C大阪/勝ち点31 2015年17位:清 水/勝ち点25 2016年17位:湘 南/勝ち点27 2017年17位:新 潟/勝ち点28 2018年17位: 柏 /勝ち点39 2019年17位:松 本/勝ち点31 平均は(30+27+27+37+30+19+22+38+23+31+25+27+28+39+31)/15≒28.9、つまり勝点30が必要!! じゃあ今の神戸は勝点21。お、残り10試合のうち3試合勝てばいいじゃないですか。何か希望が湧いてきてません。それで今後の対戦を考えると、 第25節 08/13(土)札 幌(A)前回対戦 4○1 第28節 09/03(土)京 都(A)前回対戦 1●3 第29節 09/10(土)名古屋(H)前回対戦 0●2 第26節 09/14(水)FC東京(H)前回対戦 1●3 第30節 09/18(日)G大阪(H)前回対戦 0●2 第31節 10/01(土)福 岡(A)前回対戦 0△0 第32節 10/08(土)広 島(H)前回対戦 1△1 第27節 10/12(水)湘 南(H)前回対戦 1●2 第33節 10/29(土)川 崎(A)前回対戦 0●1 第34節 11/05(土)横浜FM(H)前回対戦 0●2 お、なんかあれをこうすれば、なんて考えられそうです。ただ、データを見ながら気になったのは2012年と2018年。これ、かなり厳しい戦いなんですけど、このときは首位のチームの勝点があまり伸びなかったから下が混戦になったのかというと、そうじゃないんです。 2012年は広島の64、2018年は川崎の69で、優勝チームの平均勝点が2012年は1.88、2018年は2.03。例年、首位は「試合数×2+α」ぐらいが勝点で、今年も現時点で首位の横浜FMが平均勝点2。つまりあまり例年の傾向からは変わってません。 それによく考えると神戸がもう勝点21あるってことは、過去のシーズンだったらもう残留ラインのほぼ近くまで来てるときもあるってことでしょ? ってことは、これまでのどのシーズンに似てるのか、第24節のときの最下位の勝点がどれくらいあったかを考えれば分かるかもしれません。つうことで、もう1つ調べておきました。 2005年第24節18位:神 戸/勝ち点19 2006年第24節18位:C大阪/勝ち点16 2007年第24節18位:横浜FC/勝ち点11 2008年第24節18位:札 幌/勝ち点17 2009年第24節18位:大 分/勝ち点10 2010年第24節18位:湘 南/勝ち点15 2011年第24節18位:福 岡/勝ち点12 2012年第24節18位:札 幌/勝ち点10 2013年第24節18位:大 分/勝ち点10 2014年第24節18位:徳 島/勝ち点12 2015年第24節18位:山 形/勝ち点18 2016年第24節18位:福 岡/勝ち点16 2017年第24節18位:新 潟/勝ち点10 2018年第24節18位:長 崎/勝ち点21 2019年第24節18位:磐 田/勝ち点18 ありますよね、勝点21。そしてその年の自動降格脱出ラインはなんと勝点40。つまり例年のように「試合数×1」の勝点を確保すれば残留できるってことじゃないんです。そう言えば2018年って勝点41の磐田がJ1参入プレーオフに出なければいけなかったじゃないですか。 ということは、現時点でJ1残留を決めてるのは1位の横浜FMと2位の柏だけ……ひー、おそろしや、おそろしや。 <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2022.08.13 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

槙野智章と妻の高梨臨さんが“お揃いコーデ”の家族ショットを披露!愛犬との1枚に「かわいすぎます」と反響

ヴィッセル神戸に所属する元日本代表DF槙野智章の妻である女優の高梨臨さんがインスタグラムを更新。愛犬を交えての3ショットを披露している。 今季、浦和レッズから神戸へと完全移籍で加入し、明治安田生命J1リーグではここまで12試合出場1得点を記録している槙野。5月に負ったケガからの復帰後はJ1での先発機会がないものの、直近のルヴァンカップ2試合ではフル出場を果たしている。 その中、大切な家族との時間もしっかりと設けているようだ。 高梨さんは11日にインスタグラムを更新。愛犬のぱんちゃんも添え、「ジェラートピケから、わんちゃんねこちゃん向けのcat&dogがデビューするということで、ぱんちゃんと行ってきました( ◠‿◠ )」と『gelato pique(ジェラートピケ)』のペットのための新ライン発売に駆けつけたようだ。 また、「ジェラピケのふわふわの肌触りに、ぱんちゃんも嬉しそうでした。抱き心地も気持ちいいぱんちゃん、よかったね」と綴っている。家族みんなで楽しんだ様子で、ぱんちゃんを囲む2人は、白のTシャツに濃紺のデニムというお揃いのコーディネートだ。 純白の巻き毛が特徴的なぱんちゃんには「かわいすぎます」といったコメントが寄せられたほか、高梨さんのインスタグラムに珍しく登場した槙野の姿には「ぱんちゃんとおふたりの笑顔が素敵すぎます」、「素敵な3ショットですね」といった言葉も寄せられている。 高梨さんインスタグラムに槙野が登場することは多くなく、前回は5月にあった槙野のバースデーの時だった。 <span class="paragraph-title">【写真】さりげなくお揃いコーデ!槙野智章と高梨臨さんと愛くるしいぱんちゃんの3ショット(2枚目)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ChHSp0kJIXB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ChHSp0kJIXB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ChHSp0kJIXB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">高梨臨(@rintakanashi_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.12 21:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly