今夏のガンペール杯をローマが不当に辞退…バルセロナは憤慨「適切な措置を取る」

2022.06.28 13:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナは27日、今夏のジョアン・ガンペール杯に関して、対戦相手として決まっていたローマが一方的に契約を破棄したとアナウンスした。

バルセロナは昨夏、クラブ史上初の男女チームの共催という形でガンペール杯を実施し、ユベントスと対戦した。そして、8月6日に予定されている今夏のガンペール杯も男女共催の形を取り、対戦相手は同じイタリア勢のローマに決定していた。

かつてはバルセロナでサー・ボビー・ロブソンのアシスタントを務め、後に宿敵レアル・マドリーを率いたジョゼ・モウリーニョ監督の久々のカンプ・ノウ帰還ということで注目されていたが、バルセロナによると、ローマは突如、理由なく参加を辞退したという。

現在は別の対戦相手を探しているとのことだが、ローマに対しては「バルセロナとそのファンに与えた損害と損失を考慮し、適切な措置を検討している」と、憤慨の声明を発表している。

関連ニュース
thumb

ユナイテッド&バルサがリヨンの逸材SBに関心か?

リヨンのU-21フランス代表DFマロ・グスト(19)にマンチェスター・ユナイテッドとバルセロナが関心を示しているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 ユナイテッドはDFアーロン・ワン=ビサカのクリスタル・パレス復帰が迫っている上、DFジオゴ・ダロトがエリク・テン・ハグ監督の要求を満たすことができず、右サイドバックは市場閉幕までの補強ポイントに挙がる。 一方、バルセロナはチェルシーDFセサール・アスピリクエタの獲得に失敗したことで、同じく右サイドバックは補強ポイントとなっており、今後DFセルジーニョ・デストを放出し、新たなラテラルの獲得に動く可能性が指摘されている。 『レキップ』によると、その両クラブは過去にパリ・サンジェルマンやマンチェスター・シティも関心を示したグストの獲得に動いているという。 2016年からリヨンのアカデミーに在籍しているグストは、キャリア初期は攻撃的MFやセントラルMFでプレーしていたが、数年前に右サイドバックへコンバート。2021年1月のサンテチェンヌ戦でトップチームデビューを飾ると、昨シーズンから新指揮官に就任したピーター・ボス監督の下ではキャプテンのDFレオ・デュボワとのポジション争いを制し、公式戦37試合5アシストの数字を残した。 179cmとサイズは平均的もフィジカル能力が高く、攻守両面で簡単に当たり負けしない対人能力に加え、中盤出身の選手らしい視野の広さ、パス精度を生かした組み立ての能力。アタッキングサードでの果敢な仕掛けや高精度のクロスと、19歳ながら総合力の高さが光る。ポジショニングや守備時の判断に磨きをかければ、レ・ブルー入りも十二分に可能なポテンシャルの持ち主だ。 リヨンは2024年まで契約を残す逸材の売却に否定的な姿勢を見せているが、断れない金額のオファーが届いた場合、売却に踏み切る可能性は十分にあるようだ。 2022.08.19 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

LAギャラクシー加入のリキ・プッチ、同僚チチャリートに言及「彼のゴールをたくさんアシストしたい」

アメリカ・メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに加入したスペイン人MFリキ・プッチ(23)が入団会見に臨んだ。 バルセロナ下部組織出身のリキ・プッチ。大きな期待を背負って19歳で初めてカンプ・ノウのピッチに立ったが、近年は十分な出場機会を与えられず。結局バルセロナでは通算56試合の出場にとどまり、今夏はついに構想外となった。 新天地のLAギャラクシーとは3年半契約を締結。スペイン『ムンド・デポルディポ』によると、リキ・プッチは17日に行われた入団会見で、クラブの印象や加入を決意した理由などを明かした。 「まずは監督やコーチ陣に感謝したい。ここに来るためのビザの発給が少し遅れて難しいスタートになったけど、もう準備はできている。チームメイトたちが僕を暖かく迎え入れてくれたことにも感謝しているよ。まるで家にいるような感覚だ」 「LAギャラクシーには多くのファンがいるね。空港に着いた時にそれを感じたよ。正直なところ、想像以上のビッグクラブだった。クラブの施設も壮観だ」 「僕はチームの競争レベルにも感銘を受けた。ここでは高いレベルでの競争があるんだ。常に全力を尽くして、チームに多くのクオリティを与えたい。ここに来られて本当に幸せだ」 チームのレベルに惹かれたと明かしたリキ・プッチ。MLSの印象については「これから世界最高のリーグになることも可能だと思う。成功するための全てを兼ね備えているね」と語り、将来性が高いリーグとの見解を示した。 また、LAギャラクシーのキャプテンであり、絶対的エースでもある元メキシコ代表FWハビエル・エルナンデス(34)への尊敬の念も口にした。 「ヨーロッパのトップクラブでプレーし、多くのゴールを積み上げてきたチチャリートと共にいられることは僕の誇りだ。僕は彼から多くを学ぶことができる。彼はロッカールームで僕を歓迎してくれたんだ。本当に嬉しかった。彼のゴールをたくさんアシストできるよう願っているよ」 2022.08.18 14:43 Thu
twitterfacebook
thumb

移籍望まぬオーバメヤンとチャビ監督、しかしクラブは売却進める可能性…チェルシーは41億円の要求を飲む?

チェルシーは本気でバルセロナの元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(33)を獲得する気のようだ。 今夏の移籍市場でチェルシーがストライカーを熱望しており、その中の候補として挙がっていたオーバメヤン。しかし、本人は移籍の意思を示さず、バルセロナでのプレーを望んでいることを主張していた。 しかし、そのオーバメヤンを手放したいのはバルセロナ。財政問題を解決し、サラリーキャップの制限を守らなければいけないクラブは、子会社の株式売却などでなんとか資金を集め、今夏獲得した選手たちを登録したが、全ての問題は解決しておらず、更なる補強、さらにフランス代表DFジュール・クンデの登録を行わなければいけない。 そのバルセロナが打てる次の手は、やはり選手の売却。その中でのトップに立っているのがオーバメヤンだという。 2022年1月にアーセナルと契約を解除してバルセロナに加入したオーバメヤン。半年間で23試合に出場し13ゴール1アシストを記録。今シーズンは背番号を「17」にし、意気込み新たにシーズンに臨もうとしているところだ。 ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキという強力なライバルが加入し、ポジションは危うくなっているオーバメヤンだが、チャビ・エルナンデス監督もチームの戦力として重要であると認めている。 ただ、クラブとしてはチェルシーが興味を示しているため、売却する方が賢明だと考えている状況。フリーで獲得した選手から利益を大きく得ようとしている。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、チェルシーのオーナーを務めるトッド・ベーリー氏がオーバメヤンの代理人との会合を予定しているとのことだ。 さらに、バルセロナは約3000万ユーロ(約41億3000万円)をオーバメヤンの移籍で得ようとしているようだが、個人の条件を含めて明確になった場合、ベーリー氏はオファーを出して移籍をまとめようとするとしている。 本人、そして監督が望んでいない状況での移籍は非常に難しいものとなるが、バルセロナとしては選手を手放さなければ救われない状況。果たしてどのような結末を迎えるだろうか。 2022.08.17 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ関心のベルナルド・シウバ、一転してシティ残留へ

バルセロナ移籍が取り沙汰されていたマンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(28)だが、残留の線が濃くなっているようだ。 2017年5月にモナコから加わって以来、豊富な運動量と確かな攻撃センスで存在感を放つベルナルド・シウバ。昨季も公式戦50試合に出場するなど、ジョゼップ・グアルディオラ監督からの信頼は厚い。 だが、今夏はバルセロナとの関連が報じられると、本人も移籍を望んで逆オファーを出したとも。グアルディオラ監督も「クラブとしてのゴールは彼が我々と一緒にいることだが、私はいたくない選手はいらないとずっと言ってきた」 と、残留を無理強いしないという姿勢を示していた。 しかし『アスレティック』によると、ここに来て状況は変わってきており、ポルトガル代表MFはシティでのプレーに集中していると言われている。『デイリー・メール』もまた、28歳の残留の可能性が高くなっていると主張。バルセロナが資金を工面できなかったことも理由だとしている。 2022.08.17 20:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「マフィアの手口」元マドリーのファン・デル・ファールトがバルサ会長を非難「自分が王様だと勘違いしている」

元オランダ代表のラファエル・ファン・デル・ファールト氏が、今夏の移籍市場で暴れ回るバルセロナのジョアン・ラポルタ会長を強く非難した。 前政権のツケが回る形で深刻な財政難に喘ぐバルセロナは、ここ数年、選手に減俸を応じてもらう形で首の皮をつなげてきた。だが今夏は、引き続き既存選手に対しては減給を求める一方、放映権や株式の売却で一時的な資金を掻き集めては新たな選手の獲得に大金を注ぎ込むなど、将来性のない自転車操業を続けている。 この姿勢には非難の声が多く集まっており、元レアル・マドリーMFもオランダのテレビ番組『Ziggo Sport』のコーナーでラポルタ会長を強い言葉で否定している。 「一体全体、お金がないのにどうやって選手を獲得しているんだ? おかしな話だよ。ラポルタは大きなツラをして笑い転げているんだろう。あの男は自分を王様だと思っている」 「だけど私は少し愚かだと思うよ。バルサは素晴らしいクラブだが、今はそのブランドが悪い方向に宣伝されてしまっている。今の彼らの下でプレーするのは恥ずべきことだと思う」 ファン・デル・ファールト氏はまた、同胞のMFフレンキー・デ・ヨングが置かれている状況にも言及。同選手はどうにか経費削減を進めたいバルセロナから減給か退団という究極の二択を迫られており、両者の間で不和が生じている。元オランダ代表MFはこれを「マフィアの手法」だとし、何らかの罰が与えられるべきだと主張した。 「人をこんな風に扱ってはいけない。フレンキーは稼ぎすぎているのかい? 最初に契約を結んだ時点で、それを履行するか、良い条件で移籍するかのどちらかとなるが、現状はそうではない。これはマフィアのやり方だ。彼らは罰せられなければならない」 2022.08.17 16:10 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly