モナコ移籍迫る南野拓実はリーグ・アン12人目の日本人、これまでの11人は?

2022.06.26 22:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今夏の移籍市場で話題の1つとなっているのが日本代表MF南野拓実(27)の移籍だ。

日本だけでなくヨーロッパでも注目された南野の移籍。どうやらリーグ・アンのモナコに加入することで決着がつくと見られ、公式発表が待たれる状態となっている。

モナコのフィリップ・クレメント監督も「非常に嬉しいよ。彼のことは長い間、知っている。我々のリストで非常に上位にいた」とコメント。南野への期待も口にするほどだ。

基本移籍金1500万ユーロ+アドオン300万ユーロの総額1800万ユーロ(約25億6000万円)という取引にあり、5年契約を結ぶとされているが、これまでリーグ・アンでプレーした日本人はそこまで多くはない。

リーグ・アンに限れば南野は12人目の日本人となる。これまでの11人を並べると、意外にもしっかりとしたチームが組めるというから驚きだ。そこで、今回はリーグ・アンでプレーした11人を紹介していく。


GK

川島永嗣
2016-18:メス(37試合)
2018-:ストラスブール(27試合)

ワールドカップに3大会連続で出場している日本代表の守護神。今なお日本代表でプレーし、ヨーロッパで実績を残している。

大宮アルディージャでプロキャリアをスタートすると、名古屋グランパス、川崎フロンターレでプレー。その後、ベルギーのリールセへと移籍すると、スタンダール・リエージュ、ダンディー・ユナイテッドと渡り歩き、2016年8月にメスへ加入した。

1人しか出られないポジションであり、なかなか出番があったりなかったりと難しい中、リーグ・アンでは61試合に出場している。


関連ニュース
thumb

ローマDF南萌華がCL予選で後方から飛び込みヘディング弾! 勝利後にはロッカールームで熱唱!

今夏、三菱重工浦和レッズレディースからローマへと移籍し、海外に挑戦しているなでしこジャパンのDF南萌華が再び結果を残した。 ローマの女子チームに加入した南。元日本代表MF中田英寿氏以来となる日本人選手の加入となると、加入当初からクラブのSNSで何度も登場するなど、すでに溶け込んでいた。 そのローマは、UEFA女子チャンピオンズリーグの(UWCL)予選を戦っており、29日には2次ラウンドの2ndレグとなったスパルタ・プラハ戦を戦った。 1stレグを2-1で勝利していたローマ。南は3バックの一角として先発出場する。 すると、チームは先制を許し2戦合計で追いつかれるも、すぐにゴールを決めて勝ち越しに成功。後半に1点を決めて迎えた70分にその時はくる。 ボックス手前からのクロスから、ボックス内で混戦となると浮き球に後方から走り込んで飛び込んだ南がヘッド。これがネットを揺らし、3-1、2線合計5-2と勝利を決定づけるゴールとなった。 なお、試合は4-1で勝利。2戦合計6-2とし、ローマはUWCLの本戦出場が決定。また、FW岩渕真奈が所属するアーセナルやDF熊谷紗希が所属するバイエルンも勝ち上がり、日本人3選手が出場することとなる。 <span class="paragraph-title">【動画】CL出場に貢献する南萌華のヘッド!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="nHkSjGUD0XY";var video_start = 135;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】南萌華がロッカールームでチームメイトと勝利を祝う熱唱!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/ASRomaFemminile?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ASRomaFemminile</a> <a href="https://t.co/pwcjTrl9lE">pic.twitter.com/pwcjTrl9lE</a></p>&mdash; AS Roma Femminile (@ASRomaFemminile) <a href="https://twitter.com/ASRomaFemminile/status/1575531882313400325?ref_src=twsrc%5Etfw">September 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.30 21:32 Fri
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.115】本番2カ月前にカタールW杯正GKに名乗り!エクアドル戦のMVP/シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/GK)

ドイツ、コスタリカ、スペインという強豪国と中3日でグループリーグを戦わなければならない2022年カタールワールドカップ(W杯)の日本代表。森保一監督も「初戦のプレッシャーや相手の力を踏まえた時、普段より想像以上に大きなエネルギーを使うので、心身ともに中3日で回復できない状況も起こり得る」と見ており、そのためには選手の入れ替えが必要不可欠と考えている様子だ。 そこで、27日のエクアドル戦(デュッセルドルフ)は23日のアメリカ戦(同)から先発11人全員を入れ替え、完全なるターンオーバーを実施。谷口彰悟(川崎)と伊藤洋輝(シュツットガルト)の両センターバック(CB)、柴崎岳(レガネス)と田中碧(デュッセルドルフ)の両ボランチなど実戦経験が少ない面々の連係不足が見て取れたが、強度と球際の迫力に優れた相手を何とかしのぎ切り、スコアレスドローに持ち込んだ。 もちろんW杯本番を視野に入れると、ドイツに勝ち点3を奪うのは非常にハードルが高いため、2戦目のコスタリカ戦での白星が必須。となれば、今回のエクアドルとの2戦目は引き分けでは足りない。 ただ、後半38分のエネル・バレンシア(フェネルバフチェ)のPKを決められていたら、負けていた可能性が大だった。そう考えると、一撃を阻止したシュミット・ダニエルの貢献度の高さは特筆に値する。彼がマン・オブ・ザ・マッチに選ばれるのも当然のなりゆきと言えるだろう。 197cmの高さを誇るシュミットは、以前から「規格外の日本人守護神」として期待されてきた。日本代表デビューは森保ジャパン発足直後の2018年11月のベネズエラ戦(大分)。もともとボランチだったこともあり、足元の技術やつなぎのうまさで見る者を驚かせた。そこから代表にコンスタントに呼ばれるようになり、2019年アジアカップのウズベキスタン戦(アルアイン)にも出場。2019年夏にベルギーに赴いてからも地道な努力を続け、少しずつ成長してきた。 とはいえ、日本代表には川島永嗣(ストラスブール)、権田修一(清水エスパルス)という経験豊富なライバルがいる。特に森保ジャパン発足後は権田の評価が高く、アジアカップ以降の公式戦でほぼフル稼働。2021年9月から始まった最終予選でも10試合中9試合に先発した。シュミットは出場権獲得後の今年3月のベトナム戦(埼玉)では出番を与えられるかと思いきや、その一戦に出たのは川島。自身の序列の低さを痛感させられたのではないか。 しかしながら、W杯に向けて本格始動した6月シリーズ以降、森保監督の起用法に微妙な変化が生まれる。シュミットは4連戦のうち最初のパラグアイ戦(札幌)とチュニジア戦(吹田)に出場。後者は0-3で完敗を喫したものの、「敵に脅威を与えられる世界基準のサイズとビルドアップ能力を誇る守護神を使いたい」という指揮官の思惑が透けて見えるようになった。 それが9月シリーズになって顕著となり、今回のシュミットは権田の背中打撲の影響もあって、アメリカ戦の後半とエクアドル戦に出場。スーパーセーブを連発する。本人が長年の課題と言い続けたシュートストップの部分も目覚ましい進化を感じさせたのだ。 エクアドル戦前に行われたデュッセルドルフでのメディア対応で、シュミットは24日にスペインの猛攻を止め続けたスイスの守護神、ヤン・ゾマー(ボルシアMG)を引き合いに出し、「スペインやドイツの強豪に勝つには最後の部分でGKのビッグセーブが絶対に必要。ゾマーはそれをほぼ日常的にやっている。アメリカ戦のようなゲームではないと思うし、エクアドル相手にピンチの場面があれば、自分にできるところをアピールしていければと思います」と意気込んでいた。 その言葉通り、ゾマーを超えるほどの強烈インパクトを残したシュミット。森保監督も「ピンチも多かった中、ダンが最後の砦としてビッグセーブをしてくれたことで、試合がより引き締まったと思いますし、フィールドの選手たちが勇気を持って落ち着いて戦えることにつながったのかなと思っています」と絶賛していた。 常に謙虚な本人は「今日の自分のパフォーマンスは80点くらいかな。20点分はハイボールの部分。CKとかでもっと力強さというか『空中戦、大丈夫だ』という安心感を与えられるプレーがもうちょっとできたらいい」と自分に厳しかったが、これでW杯本大会の正守護神に大きく近づいたのは間違いないだろう。 「ここで序列が変わった? そうは思わないですね。やっぱり2次予選、最終予選で何試合も苦しい試合があった中、ゴンちゃんがチームを救ってくれた。これは親善試合ですし、差はあると思います」とシュミットはあくまで慎重な姿勢を貫いたが、これだけチームに勢いをつけられる守護神を使わない手はない。 2カ月後のドイツ戦(ドーハ)で日本屈指の大型GKがスタメンでピッチに立てるか否か。それはシントトロイデンでの一挙手一投足次第。ここから11月までのシュミットのさらなる前進を願ってやまない。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2022.09.30 20:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「ただただキュートだ」アーセナル岩渕真奈の笑顔に脚光「これもマナの魔法か」「フィールドで会いたい」

アーセナルに所属するなでしこジャパンFW岩渕真奈の笑顔がファンを魅了している。 16日に開幕したイングランドのFA女子スーパーリーグ(FAWSL)。岩渕にとってアーセナルでの2シーズン目がスタートした。 シーズンオフに両足首を手術した岩渕は、順調に回復したものの、チームのシステム変更や新戦力の活躍もあり、ここまで出場機会なしと苦しんでいる状況だ。 それでも決して腐ることなく練習に励んでいるようで、チームの公式SNSが27日の練習の様子を公開。あいにくの雨ながら、その中で岩渕が満面の笑みを見せていた。 その姿にはファンも「ただただキュートだ」、「私たちにマナの魔法が必要だ」、「彼女はいつプレーするの?」、「幸せな写真」、「マナ!」、「フィールドで会いたい」、「これもマナの魔法か」と反響は寄せられている。 29日に行われた女子チャンピオンズリーグ(UWCL)ラウンド2の2ndレグ、アヤックス戦ではベンチ入りしながらも出場はなかった岩渕。ポジション争いはし烈ながら、試合でこの笑顔を見られる日をファンも心待ちにしている。 <span class="paragraph-title">【写真】岩渕真奈の弾ける笑顔!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Training in the rain <a href="https://t.co/tuRC4t4Z1x">pic.twitter.com/tuRC4t4Z1x</a></p>&mdash; Arsenal Women (@ArsenalWFC) <a href="https://twitter.com/ArsenalWFC/status/1574816542251941888?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.30 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「えぐい!」「ワールドクラスだ」ここまでのブンデスベストゴールに遠藤航の衝撃ミドルも選出!「蹴った瞬間入るのが分かる」

ブンデスリーガの日本語版公式ツイッターが2022-23シーズンのここまでのベストゴールをピックアップ。その中でシュツットガルトの日本代表MF遠藤航のゴールも選ばれている。 第7節までを消化しているブンデスリーガ。開幕3連勝の王者バイエルンがそこから4試合白星なしで5位に位置。首位には日本代表MF原口元気も所属するウニオン・ベルリンが立っている。 インターナショナルマッチウィークを終え、30日から第8節が行われる中、ここまでのベストゴールを5つ選出。その中には遠藤が第2節のブレーメン戦で決めたミドルシュートもあった。 開始4分にいきなり先制を許したシュツットガルトだが、キャプテンの一振りで試合を振り出しに戻す。37分、左サイドからパスを繋いで崩すと、クリス・ヒューリッヒの縦パスをサーシャ・カライジッチがダイレクトで落とすと、後ろから上がってきた遠藤がバイタルエリアで右足一閃。衝撃の弾道のミドルシュートをゴール左に突き刺した。 ファンからも「あっぱれ」、「えぐい!」、「蹴った瞬間入るのが分かる」、「ミドル上手くなったら最強」、「ゴラッソすぎる」と、驚きの声が止まなかったゴールだけに、納得の選出だ。 シュツットガルトはここまで5分け2敗と厳しいスタート。第8節ではヴォルフスブルクとのアウェイゲームに臨むが、待望の初勝利を掴めるか。 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航の衝撃ミドルシュート!ブンデスリーガベストゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">あの日本人選手のスーパーゴールも! <br><br> 今季 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ブンデスリーガ</a> これまでのベストゴール集です <a href="https://t.co/MObTOTauxW">pic.twitter.com/MObTOTauxW</a></p>&mdash; ブンデスリーガ 日本語版 (@Bundesliga_JP) <a href="https://twitter.com/Bundesliga_JP/status/1575447798929137664?ref_src=twsrc%5Etfw">September 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.30 16:35 Fri
twitterfacebook
thumb

「愛されてるねぇ」日本代表から帰ってきた久保建英をソシエダが“優しく”歓迎「あたたかく素敵なチーム」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英がクラブに帰還した。 カタール・ワールドカップ(W杯)のメンバー発表前最後の実戦となった9月の欧州遠征のメンバーに入った久保は、23日のアメリカ代表戦に先発。本大会に向け一定のアピールに成功した。 27日のエクアドル代表戦では出番のなかった久保だが、遠征を行っていたドイツからスペインへと帰国。早速クラブでの練習に参加した。 練習の冒頭では、ソシエダの選手たちが花道を作り、その間を久保が通って頭をポンポン叩かれるという恒例の儀式が。かなり優しめの頭ポンポンだったが、花道の最後ではイマノル・アルグシアル監督が帰ってきた久保を笑顔で迎え入れた。 歓迎の様子はソシエダの公式ツイッターでも伝えられ、「愛されてるねぇ」、「本当に久保はいいクラブに入ったね」、「イマノル監督素敵」、「あたたかく素敵なチーム」と日本のファンも反応している。 この日はあいにくの雨中でのトレーニングとなったソシエダ。10月2日にはラ・リーガ第7節でジローナとアウェイで対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】ソシエダの選手と監督が久保建英を優しく”歓迎</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/AurreraReala?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AurreraReala</a> <a href="https://t.co/IFrVaJlPps">pic.twitter.com/IFrVaJlPps</a></p>&mdash; レアル・ソシエダ (@RealSociedad_JP) <a href="https://twitter.com/RealSociedad_JP/status/1575444359557922817?ref_src=twsrc%5Etfw">September 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.30 11:52 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly