古巣帰還中・古橋の前でイニエスタがミドル4連発「何一つ無駄がない」「やっぱ神」

2022.06.25 21:55 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの質の高いプレーにファンも感嘆だ。24日に行われたヴィッセル神戸のトレーニングには、古巣となるセルティックの日本代表FW古橋亨梧も訪れた。古橋を日本屈指の点取り屋へと覚醒させた元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタだが、この日の練習ではパスではなくシュートで見せた。

右からのクロスをコントロールし、右足でも左足でも右隅にバシバシ沈めていく様子には、ファンから「ボールの置き所ヤバい!!絶対にきめてくる所が凄い」、「全部枠にいくイニ様はやっぱ神」、「トラップからパスからシュートまで何一つ無駄がない…」、などの賛辞が相次いでいる。

神戸は26日、明治安田生命J1リーグ第18節で浦和レッズをホームに迎える。現在、2勝5分け10敗で最下位に沈んでいるが、復調を目指し、折り返しの初戦では白星をつかみたいところだ。

1 2

関連ニュース
thumb

福岡が2戦合計3-1で神戸に勝利! クラブ史上初のベスト4進出!《ルヴァンカップ》

10日、JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦のアビスパ福岡vsヴィッセル神戸がベスト電器スタジアムで行われ、福岡が1-0で勝利。2戦合計3-1とし、クラブ史上初となる準決勝進出を決めた。 福岡はチーム内に新型コロナウイルスの感染が広がっており、第1戦では試合終盤にGK山ノ井をFWとして出場させるなど、スクランブル体勢で勝利をもぎ取った。第2戦もベンチに控えるのは3選手のみ。うち2人がGKで、フィールドプレーヤーはクルークスのみという陣容でこの一戦に臨んだ。 そんな状況でも、福岡は試合開始から最終ライン5枚を中心としたコンパクトな陣形をキープし、神戸に決定的なチャンスを与えず。しばらくは膠着した展開が続くも、前半終盤に先制点が生まれる。 43分、福岡は右サイドのハーフウェイライン付近でジョン・マリが槙野との競り合いを制して中央へ侵入し、ゴール前のスペースへと走り込むルキアンにラストパス。ルキアンは尾崎と競り合いながらも右足で流し込み、ネットを揺らした。 福岡の1点リードで迎えた52分、勝ち抜けのために最低でも2得点が必要な神戸は、ムゴジャがボックス手前右寄りの位置で中坂からボールを受けると、右足のシュートフェイントから左足でGK村上のニアを狙う。だが、低い弾道のシュートはわずかに枠の右へ外れた。 福岡はその直後、ボックス手前でルキアンからのパスを受けたジョン・マリが右足で強烈なシュート。こちらは神戸のGK前川が横っ飛びセーブで凌ぐ。 61分、今度は神戸のムゴジャがボックス内でキープし、中坂へのパスを選択。中坂はDFをかわしてGK村上と1対1になるも、肝心のシュートがミートせず。最後は必死に足を伸ばした福岡DFにクリアされ、千載一遇のチャンスを逃した。 試合終盤に差し掛かろうとする79分、福岡はジョン・マリに代えてクルークスをピッチへ。ベンチ唯一のフィールドプレーヤーの投入により、第1戦同様にGKの投入も考えられたが、ピッチ上の選手たちは集中を切らさず。ルキアンの一発を最後まで守り抜き、1-0のまま試合終了を迎えた。 この結果、2戦合計3-1で福岡がクラブ史上初となるベスト4進出を決めた。なお、準決勝の第1戦は9月21日、第2戦は9月25日に開催。対戦相手は横浜F・マリノスを下したサンフレッチェ広島だ。 福岡 1-0(AGG:3-1) 神戸 【福岡】 ルキアン(前43) 2022.08.10 21:44 Wed
twitterfacebook
thumb

守護神キム・ジンヒョンが好セーブ連発、加藤陸次樹のバースデー弾も生まれたC大阪が神戸に3発快勝【明治安田J1第24節】

明治安田生命J1リーグ第24節、セレッソ大阪vsヴィッセル神戸が6日にヨドコウ桜スタジアムで行われ、3-0でホームのC大阪が勝利を収めた。 前節はアビスパ福岡を2-0で下し、直近6試合無敗と好調のC大阪。途中出場から追加点をマークした上門が今節は先発に名を連ねた。 対する神戸は前節、柏レイソルに0-1で敗戦。立て直しを期した一戦ではモンペリエから新加入のブラジル人DFマテウス・トゥーレルがスタメンで初出場となった。 序盤は両チームがけん制し合う展開となった中、最初に見せ場を作ったのはホームの神戸。10分、敵陣中央でボールを収めた大迫が右サイドに展開すると、受けた佐々木がボックス右手前から低い弾道のクロスを供給。大迫が再びこれに反応してニアサイドで右足を振り抜くも、これは相手GKの正面に飛んだ。 15分に原川が右肩を負傷し、続行不可能となるアクシデントに見舞われたC大阪だったが、22分には相手のミスを突いて先制する。高い位置での連動したプレスから、相手GKのパスを奥埜が敵陣中央でカットし、ゴール前へ冷静にパス。アダム・タガートがこれを収め、左足のシュートをゴールに流し込んだ。 ホームチームはさらに31分、左CKのこぼれ球にボックス手前左の奥埜が反応し、敵陣左サイド深い位置へダイレクトパス。これを受けた鈴木が右足でゴール前に鋭いボールを入れると、誰にも触れられずにゴール右下に吸い込まれた。 2点を追いかけることとなった神戸は42分、敵陣中央でイニエスタがボールを持ち、右サイドに鋭いパスを供給。これを受けた山川がボックス手前左から左足のシュートを放ったが、枠の上に外れる。 試合を折り返して49分にもアウェイチームに大きなチャンス。イニエスタの絶妙なスルーパスで佐々木が敵陣右サイド深い位置まで抜け出し、ボックス内にグラウンダーで折り返す。ゴール前に走り込んだ大迫がヒールでシュートで放つも、C大阪のGKキム・ジンヒョンの好セーブに阻まれる。 後半は押し込まれている印象のC大阪だが、53分に鈴木が自陣中央からロングボールを送ると、加藤が相手DFラインの裏に巧みに抜け出す。飛び出す相手GKを見て、ボックス手前左からループシュートを狙ったが、これは枠の左に外れてゴールならず。 2点ビハインドにもかかわらず後半のペースを握り続ける神戸は、左サイドでのコンビネーションからボックス手前左でイニエスタがボールを持つと、ボックス内の山口に美しいパス。受けた山口は落ち着いて右足を振り抜いたが、またしてもキム・ジンヒョンが素晴らしい反応を見せ、ゴールとはならない。 キム・ジンヒョンを中心とした守備陣が懸命のプレーを見せたC大阪は、87分のセットプレーで試合を決定づける。敵陣中央で獲得したFKの流れから松田がロングボールを供給。ゴール前に飛び込んだ加藤が力強いヘディングを枠内に叩き込み、自らの25歳の誕生日をゴールで祝った。 結局、試合は3-0のままタイムアップ。関西対決で快勝を挙げたC大阪がリーグ戦無敗を7試合に伸ばすとともに暫定3位に浮上した。一方の神戸は得失点差で暫定最下位に転落している。 セレッソ大阪 3-0 ヴィッセル神戸 【C大阪】 アダム・タガート(前22) 鈴木徳真(前31) 加藤陸次樹(後42) 2022.08.06 21:24 Sat
twitterfacebook
thumb

神戸、今季加入の高卒MF日高光揮がスペイン4部アトレチコ・パソに期限付き移籍

ヴィッセル神戸は5日、MF日高光揮(19)がスペインのセグンダ・ディビシオンRFEF(4部相当)に所属するCDアトレチコ・パソに期限付き移籍することを発表した。期限付き移籍期間は2023年6月30日までとなる。 相生学院高校出身の日高は今シーズンから神戸に加入したインテンシティが高く、ボール奪取に優れる中盤の選手。デビューシーズンはAFCチャンピオンリーグで3試合に出場しているが、ここまで明治安田生命J1リーグの出場はなかった。 加入からわずか半年あまりでスペイン行きを決断した19歳MFは、クラブ公式サイトで以下のコメントを残している。 「この度、アトレティコ・パソに期限付き移籍する事に決めました。加入間もないタイミングでチームを離れることになりますが、約1年間という期間、スペインでしっかりと結果を残し、人としてもサッカー選手としても大きくなれるように頑張ってきます」 「このような機会を与えてくれたヴィッセル神戸には感謝しかありません」 「帰ってきた際には、ファン、サポーターのみなさんに大きく成長した姿を見せられるように、そしてヴィッセル神戸のエンブレムを背負い、勝利に貢献できるように精一杯努力してきます。引き続き、応援よろしくお願いします」 2022.08.05 14:36 Fri
twitterfacebook
thumb

「日本に来て4年が経ちました」神戸イニエスタが日本生活に喜び「幸せです」

ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが日本に来て4年が経った。 イニエスタは2018年にバルセロナから神戸へと加入。Jリーグでも華麗なプレーを見せ続け、来日4シーズン目を迎えている。 7月には家族の事情でスペインへ帰国していたが、再び来日。3日に行われたルヴァンカップのアビスパ福岡戦で復帰していた。 そのイニエスタは4日にインスタグラムを更新。初めての来日から4年が経過したことを明かした。 「日本に来てから4年が経ちました。初日からたくさんの愛とリスペクトをありがとうございます!この素晴らしい経験を生きる事ができて幸せです」 イニエスタは、妻のアンナ・オルティスさんや子供たちとの家族写真を2枚投稿。現在と来日当時と思われる写真をそれぞれアップしており、ファンからは「ちょっと若い!」、「雰囲気変わりましたね」、「もう4年か―」、「できる限り長くいてほしいです」といった声が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】「ちょっと若い!」「雰囲気変わった」イニエスタファミリーの来日当時と今</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cg14Rs8DJkJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cg14Rs8DJkJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cg14Rs8DJkJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Andres Iniesta(@andresiniesta8)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.05 11:31 Fri
twitterfacebook
thumb

控え4人の福岡が2-1で神戸に勝利! GK山ノ井をFPとして投入し、逃げ切りに成功《ルヴァンカップ》

3日、JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝のヴィッセル神戸vsアビスパ福岡の第1戦がノエビアスタジアム神戸で行われ、福岡が1-2で勝利した。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に参戦組の神戸は、この一戦からルヴァンカップに登場。一方の福岡はプレーオフステージで鹿島アントラーズと対戦し、アウェイゴール差で準々決勝へと駒を進めた。 福岡は新型コロナウイルスの感染が広がり、この日の控えメンバーはわずか4人。うちGKが2人、フィールドプレーヤーが2人という苦しいチーム編成だが、試合開始2分にいきなりチャンスに。神戸の中途半端な浮き球のバックパスをファンマが奪い、ボックス内で右足シュート。ここはDFに足でブロックされた。 肝を冷やした神戸も直後の4分、小林祐希がセンターサークルから左足でロングパスを蹴り込むと、佐々木がDFラインの背後に抜け出してGKと1対1に。しかし、こちらもシュートはGK村上に防がれた。 両チームともに立ち上がりにビッグチャンスを迎えた試合を動かしたのは福岡。44分、GK村上からのロングボールをファンマが頭で前方へ落としてジョン・マリへ。ワンタッチでDFをかわし、ボックス手前から豪快に右足を振り抜き、ネットを揺らした。 ビハインドで試合を折り返した神戸は後半開始から山口を投入。57分には負傷した小田を下げて汰木をピッチへ。まずはなんとか同点を目指す。 だが、後半も先にネットを揺らしたのは福岡だった。58分、先制点と同じような形で自陣からのFKをファンマが頭で前方へつなぎ、ジョン・マリがボールを落とすと、走り込んだルキアンがボックス手前から右足ダイレクトで蹴り込み、ゴールネット右上へ。強烈な一撃に神戸のGK飯倉は一歩も動けなかった。 2点差をつけられた神戸はさらに選手交代。60分にイニエスタ、大迫を同時投入する。そのイニエスタを中心にボールを握って福岡陣内まで攻め込むものの、あまり決定機を作るには至らない。77分にボックス内で大迫が放ったシュートは惜しくも枠の左へ外れた。 一方の福岡は勝利が見えてきた95分、2人しかいないベンチのフィールドプレーヤーをすでに使い切っていたが、長谷部監督は城後を下げ、GKの山ノ井をフィールドプレーヤーとして投入。山ノ井は最前線に入り、ファンマを中盤に下げるという、超スクランブル態勢で逃げ切りを図ることに。 5バックでしっかりとブロックを固める福岡だったが、最後の最後に神戸が意地を見せる。99分、神戸は自陣でボールを奪取すると、飯野が右サイドをドリブルで単独突破し、センタリングを供給。ゴール前で待ち構えた大迫がヘディングで合わせて1点を返した。 その直後に試合終了のホイッスル。福岡は苦しいチーム編成ながらアウェイゴール2つを奪い、第1戦を1-2で勝利した。一方の神戸もラストプレーで点差を縮めることに成功。8月10日に行われる第2戦へ向け、望みをつなげる貴重な1点となった。 ヴィッセル神戸 1-2 アビスパ福岡 【神戸】 大迫勇也(後54) 【福岡】 ジョン・マリ(前44) ルキアン(後14) 2022.08.03 21:59 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly