ラ・リーガ残留のカディス、オーストラリア代表FWメイビルを完全移籍で獲得

2022.06.25 06:48 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カディスは24日、オーストラリア代表FWアワー・メイビル(26)をミッティランから完全移籍で獲得することを発表した。

契約期間は4年間で、2026年6月30日までとなる。

南スーダンにルーツを持つメイビルは、アデレード・ユナイテッドの下部組織育ちで、2015年7月にミッティランへと完全移籍する。

その後、デンマークのエスビャウやポルトガルのパソス・フェレイラへのレンタル移籍を経験。今年2月からは、トルコのカシムパシャへレンタル移籍していた。

ミッティランでは公式戦145試合に出場し20ゴール30アシストを記録。今シーズンはデンマーク・スーペルリーガで9試合に出場し1ゴール3アシスト、ヨーロッパリーグで2試合に出場。カシムパシャではスュペル・リグで11試合に出場し2ゴール1アシストを記録した。

スピードあるウインガーとしてオーストラリア代表としても活躍。ここまで22試合で6ゴールを記録。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本代表戦では2試合ともプレーしていた。

メイびるは入団会見で「僕にとって、カディスとサインしてリーガに到達することは、サッカー選手としてのすべてを意味する」と語り、「僕と僕の家族にとって夢が叶った」とスペインでの挑戦を喜んだ。

関連ニュース
thumb

AEDを片手にダッシュ! カディス守護神がバルサ戦を振り返る 「命より大切なものなんてない」

カディスのアルゼンチン人GKヘレミアス・レデスマがバルセロナ戦での救命活動を振り返った。 10日に行われたラ・リーガ第5節のカディスvsバルセロナ。バルセロナが0-2でリードする展開の中、81分にアクシデントが発生した。 スタンドでカディスサポーターの男性が心臓発作を起こし、治療のために試合が一時中断。メディカルチームが男性の元へ駆けつけ、治療を行っていた中、アクションを起こしたのはレデスマだった。 カディスの守護神はベンチへと向かい、バルセロナのメディカルスタッフから自動体外式除細動器(AED)を受け取ると、そのままスタンドに向かって全力でダッシュ。治療中のスタッフにピッチからAEDをパスした。 男性はその場で一命を取り留め、近くの病院の集中治療室(ICU)に搬送。レデスマの勇敢な行動と、敵味方の壁を越えた連携プレーに称賛の声が相次いだ。 スペイン『アス』のインタビューを受けたレデスマは当時の状況について説明。咄嗟の判断による行動だったと語った。 「当時はスタンドに人がたくさんいて、何が起こっているのかわからなかった。だけど、少しするとその人に対して心肺蘇生をしていると理解できたんだ」 「僕は頭が咄嗟に働き、チームの理学療法士に訴えると、バルセロナのドクターがベンチにAEDを取りに行ってくれたんだ」 「救急車が来たから僕の届けたAEDは使われなかったけど、あの瞬間は緊張と不安でいっぱいだった。なぜなら、それは人の命に関わることで、人命より大切なものなんてないからだ」 2022.09.24 16:17 Sat
twitterfacebook
thumb

試合中ファンが意識不明となったカディスがバルサやメディカルチームに感謝「男性を助けることができました」

カディスは11日、バルセロナ戦で倒れたファンの無事を報告。各方面への感謝の声明を発表した。 10日、ラ・リーガ第5節のカディスvsバルセロナが行われ、0-4でバルセロナが勝利した。 試合はバルセロナが後半に4ゴールを決めて快勝。しかし、0-2で迎えた81分にアクシデントが発生。スタンドでカディスサポーターの男性が心臓発作を起こし、治療のために試合が一時中断した。 これにより試合は30分以上にわたり中断。主審の判断で一時ロッカールームに引き上げた両チームの選手たちは、短いウォームアップを含めた約50分間の中断を経てプレーを再開した。 メディカルチームが自動体外式除細動器(AED)を持ってスタンドで治療していた中、カディスのGKヘレミアス・レデスマはベンチに向かってダッシュ。AEDを手に取ると、そのままスタンドに向かって全力で走り、ピッチからAEDを投げ入れていた。 このAEDを用意していたのはバルセロナのスタッフ。有事の際に使えるようにと準備し、それをレデスマがダッシュして運んだのだ。 カディスはバルセロナやスタンドのファン、そしてメディカルチームの行動に感謝。また、別の人物も意識を失っていたことを明かしていた。 「81分、バルセロナとの試合では南スタンドで健康の問題が発生し、試合が中断されました。赤十字との間で確立されたプロトコルが迅速に運用され、心肺停止状態の男性を助けることができました」 「除細動器とモニターを備えたメディカルチームの1つがスタンドに移動し、蘇生作業を開始しました」 「同時に、バルセロナは、必要な場合に備えて2台目の除細動器を提供し、選手がその場所へ運びました」 「蘇生は数分後に行われ、ファンはプエルタ・デル・マル病院のICUに搬送され、現在も入院しています」 「さらに、観覧席のカメラオペレーターの1人が意識を失いましたが、これもスタジアムのメディカルスタッフにより迅速に治療されました。大きな影響はありませんでした」 「この状況での南スタンドのファンの模範的な行動と、この事件がハッピーエンドになるように迅速に対応してくれた警備スタッフ、および赤十字社に感謝したいと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】AEDをベンチに取りに行きダッシュで届けスタンドに投げ入れるレデスマ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">El arquero del Cadiz, Conan Ledesma corrió por un desfribilador, ya que un aficionado en el partido sufrió un ataque. <br><br>De momento el partido se encuentra pausado. <a href="https://t.co/tAOsGEC9I0">pic.twitter.com/tAOsGEC9I0</a></p>&mdash; ESPN Deportes (@ESPNDeportes) <a href="https://twitter.com/ESPNDeportes/status/1568666946903605248?ref_src=twsrc%5Etfw">September 10, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.12 22:50 Mon
twitterfacebook
thumb

「何かがあれば、中止になっていた」快勝のバルサ、チャビ監督は心停止の相手サポーター気遣う「蘇生を祈っていた」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が、試合中に心停止に陥った相手ファンを気遣った。スペイン『マルカ』が伝えた。 10日、ラ・リーガ第5節のカディスvsバルセロナが行われ、0-4でバルセロナが勝利した。 試合はバルセロナが後半に4ゴールを決めて快勝したが、0-2で迎えた81分にアクシデントが発生。エスタディオ・ヌエボ・ミランディージャのスタンドでカディスサポーターの男性が心臓発作を起こし、治療のために試合が一時中断した。 これにより試合は30分以上にわたり中断。主審の判断で一時ロッカールームに引き上げた両チームの選手たちは、短いウォームアップを含めた約50分間の中断を経てプレーを再開した。 見事に勝利を収めたバルセロナだったが、チャビ監督は試合後にまずはアクシデントにあったサポーターについてコメント。一命を取り留めたことに安堵し、試合が中止になってもおかしくなかったとコメントした。 「幸いなことに、彼を蘇生させることができた。とても不愉快な状況ではあった。彼と彼の家族が元気であることを願っている」 「難しい状況だったが、試合を再開することに同意した。1日も早い回復を願っている」 「それは人間性の問題だった。人間らしさが出る。情報が錯綜していた。しかし、彼は蘇生した」 「サッカーは人の命よりも下、何かがあれば、中止になっていただろう。選手たちには集中力を高めるように言ったが、人の命に関わる問題だ。全てはその人が蘇生するかどうかにかかっていた。幸いなことに、大事には至らなかった」 「ドレッシングルームではその人の蘇生を祈っていた。レフェリーは衝撃的だっただろう。三者三様の意見が一致した。常識的なことだ」 「手の施しようもないという瞬間すらあった。我々は連絡を取り合っていた」 2022.09.11 13:20 Sun
twitterfacebook
thumb

「尊敬する」「なんて男だ」観客が心臓発作、カディスGKがAED片手にダッシュし蘇生に貢献「素晴らしい判断」

カディスのGKヘレミアス・レデスマが緊急事態に見事な動きを見せた。 10日、ラ・リーガ第5節のカディスvsバルセロナが行われ、0-4でバルセロナが勝利した。 試合はバルセロナが後半に4ゴールを決めて快勝。レデスマはゴールにカギをかける守護神としての仕事は果たせなかったが、それ以外の部分で大きな仕事をやってのけた。 この試合では、0-2で迎えた81分にアクシデントが発生。エスタディオ・ヌエボ・ミランディージャのスタンドでカディスサポーターの男性が心臓発作を起こし、治療のために試合が一時中断した。 これにより試合は30分以上にわたり中断。主審の判断で一時ロッカールームに引き上げた両チームの選手たちは、短いウォームアップを含めた約50分間の中断を経てプレーを再開した。 メディカルチームが自動体外式除細動器(AED)を持ってスタンドで治療していた中、レデスマはベンチに向かってダッシュ。AEDを手に取ると、そのままスタンドに向かって全力で走り、ピッチからAEDを投げ入れていた。 なお、男性はその場で蘇生。プエルタ・デル・マル病院の集中治療室(ICU)に搬送され、入院しているという。 レデスマの素晴らしい行動には「素晴らしい」、「尊敬する」、「なんて男だ」、「素晴らしい判断だ」、「重要な行動だ」と称賛の嵐となった。 なお、かつて所属したアルゼンチンのロサリオ・セントラルは、レデスマの行動を称え、「下部組織で育ち、心肺蘇生法を指導されている」と、かつての経験からの行動であると称えている。 <span class="paragraph-title">【動画】AEDをベンチに取りに行きダッシュで届けスタンドに投げ入れるレデスマ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">El arquero del Cadiz, Conan Ledesma corrió por un desfribilador, ya que un aficionado en el partido sufrió un ataque. <br><br>De momento el partido se encuentra pausado. <a href="https://t.co/tAOsGEC9I0">pic.twitter.com/tAOsGEC9I0</a></p>&mdash; ESPN Deportes (@ESPNDeportes) <a href="https://twitter.com/ESPNDeportes/status/1568666946903605248?ref_src=twsrc%5Etfw">September 10, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.11 12:10 Sun
twitterfacebook
thumb

カディスvsバルセロナで心臓発作のサポーターは大事に至らず 搬送先の病院で容態安定

カディスvsバルセロナの試合中に心臓発作を起こしたサポーターだが、大事には至らなかったようだ。スペイン『ESPN』が伝えている。 10日に行われたラ・リーガ第5節のカディスvsバルセロナは、アウェイのバルセロナが0-4で勝利した。 途中出場で1ゴール1アシストを記録したFWロベルト・レヴァンドフスキら好調バルセロナの攻撃陣の活躍に注目が集まった同試合だったが、後半の80分過ぎにはエスタディオ・ヌエボ・ミランディージャのスタンドでカディスサポーターの男性が心臓発作を起こし、治療のために試合が一時中断。 その際にカディスの守護神ヘレミアス・レデスマがAED(自動体外式除細動器)を、MFホセ・マリが担架をゴール裏まで迅速に届け、スタンドで応急処置を受けた同サポーターは地元の病院に緊急搬送された。 主審の判断で一時ロッカールームに引き上げた両チームの選手たちは、短いウォームアップを含めた約50分間の中断を経てプレーを再開し、無事試合を終了させた。 その後、カディスのマヌエル・ビスカイノ会長は報道陣の取材に応じ、病院に搬送された男性サポーターの無事を確認した。 「ファンは脈拍を取り戻し、救急車で運ばれていった」 「彼は蘇生措置を施された後、再び心肺停止となる厳しい状況だったが、最終的にはなんとか容態を安定させることができた」 また、同試合後にカディスのセルヒオ・ゴンサレス監督は、「明らかに我々全員がこの出来事に影響を受けている」、「最終的に大事に至らなくて良かった。フットボールは人々が楽しむためにあるものだからね。我々のようなサポーターがいることは名誉なことで、バルセロナのファンもそうだったが、今回の出来事において彼らは人間性の模範となるような存在だった」と、精神面の影響を認めながらも自サポーターの無事に安堵した。 一方、バルセロナを率いるチャビ・エルナンデス監督も、「誰にとっても良い状況ではなかった。健康と人命は常に何よりも優先される。幸いなことに、彼らは蘇生させることができ、健康で安全な状態にある。両チームとも、試合を再開するのは正しいことだと感じていた。サポーターが早く回復することを願っている」と、同サポーターの一刻も早い回復を願った。 2022.09.11 07:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly