退団希望は本気? C・ロナウドが市場で無力なクラブに嫌気、タイトル争えなければ…

2022.06.24 21:53 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだが、本格的に退団を考えているようだ。ポルトガル『レコルド』が伝えた。

昨夏、電撃的にユベントスを退団し、古巣であるユナイテッドに移籍加入したC・ロナウド。チームの成績は芳しくない一方で、個人としてはプレミアリーグ30試合に出場し18ゴール3アシストと奮闘。チャンピオンズリーグでも7試合で6ゴールとしっかりと結果を残していた。

新シーズンからエリク・テン・ハグ監督がチームを指揮する中、C・ロナウドについても非常に重要な戦力と語っていた中、C・ロナウドも監督と会談をしているとのこと。チームの変化を信じている一方で、クラブに嫌気がさしているという。
一部で報じられた退団希望だが、どうやら案外本気の様相。『レコルド』によれば、C・ロナウドは周囲に退団を望んでいることを漏らしているとのこと。その大きな理由は、やはりチームの補強策のようだ。

テン・ハグ監督の目指すサッカーには信頼を置いている一方で、今夏の移籍市場で動きが鈍いクラブに嫌気がさしているといわれ、特にダルウィン・ヌニェスの争いに無力だったチームにガッカリしている様子だ。

すでに、チームはエディンソン・カバーニ、ポール・ポグバ、ネマニャ・マティッチ、ジェシー・リンガード、フアン・マタが退団。一方で、リバプールとのダルウィン・ヌニェスの争いには見向きもされずに敗北。バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの獲得が話題に上がっているが、一向に話は進展していないのだ。

C・ロナウドが最終決断を下していないものの、残り契約期間は1年。クラブが体たらくぶりを見せ続ければ、他クラブへの移籍の可能性は低くなく、一部ではバイエルンが獲得に興味を持っているともされている。果たして、どのような決断を下すのか。来週にはトレーニングに戻るとも言われているが、去就に注目が集まる。


関連ニュース
thumb

C・ロナウドは新天地で2試合の出場停止…ユナイテッド退団も昨季エバートン戦での不適切行為が対象に

マンチェスター・ユナイテッドを退団したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、新天地で2試合の出場停止を余儀なくされることになった。 イングランドサッカー協会(FA)は23日、エバートンファンの少年の手を叩き、スマートフォンを破壊したとされる一件で同選手に2試合の出場停止と5万ポンド(約830万円)の罰金処分を科した。 「クリスティアーノ・ロナウドは2試合の出場停止処分を受け、5万ポンドの罰金を科され、今後のFA規則E3違反の行為について警告された」 「フォワードは、2022年4月9日土曜日のマンチェスター・ユナイテッドFCとエバートンFCのプレミアリーグ戦の終了ホイッスル後の彼の行動が不適切であることを認めた」 「独立した規制委員会は、その後の公聴会で彼の行為が不適切かつ暴力的であると判断し、これらの制裁を課した」 ロナウドは今年4月9日に行われた昨シーズンのプレミアリーグ第32節のエバートン戦の試合後、ピッチからロッカーに引き下がる際、通用口へとつながる通路でファンの少年の持っていた携帯を怒りに任せて叩き落とし、その場を去っていた。 この件は、周りのサポーターが撮影していた動画にハッキリと映っており、SNSで拡散され大事に。これを受け、同選手は自身のインスタグラムを通じて「僕の怒りが爆発してしまったことを謝罪したい」とすぐさま火消しに動くも、多くの批判を招いていた。 なお、今回の出場停止処分はロナウドが、どの国の新しいクラブに移籍した場合にも適用されるが、カタール・ワールドカップへの影響はない。 2022.11.24 22:34 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドと袂を分かったユナイテッド、28.6億円をセーブか…違約金発生せず

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)の退団を発表したマンチェスター・ユナイテッドだが、違約金なしで袂を分かったようだ。 今夏の移籍騒動から不穏さを醸して今季に入ったC・ロナウド。エリク・テン・ハグ新監督の下で明らかに序列を落とすなか、試合で出場拒否に走れば、イギリスのテレビ『TalkTV』でもクラブの内部批判を展開した。 ユナイテッドはその後、「しかるべき措置の開始」を明らかに。一部メディアで予想される結末として事実上の解雇が大半を占めるなか、22日にC・ロナウド側との双方合意による即座の退団決定をアナウンスした。 移籍市場に精通するイタリア人のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、違約金は発生せず、両者はクラブでの選手の歴史を尊重してクリーンな解決だけを望み、現在進行形のしがらみなく、決別のときを迎えた模様だ。 また、問題のインタビューでC・ロナウドから「敬意なし」と言われたテン・ハグ監督も取締役会とともにこの決定を即座に承認。ユナイテッドは今季残りの年俸分およそ1700万ポンド(約28億6000万円)を節約したという。 なお、C・ロナウドとユナイテッドの契約は1年延長オプションを除くと、今季限りだった。 2022.11.23 19:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがクラブ売却検討を明らかに! グレイザー体制終焉か

マンチェスター・ユナイテッドがクラブ売却の検討をアナウンスした。 ユナイテッドは2005年からアメリカのグレイザー一家が実権を握るが、22日の声明で新規投資、売却、あるいは会社関与のその他取引を含め、あらゆる戦略的選択肢を模索していくプロセスを開始した旨を明らかにした。 この動きはスタジアムや、インフラの再開発、世界規模での商業運営拡大、そしてクラブ強化にも繋がりうるもので、男女チームにアカデミー、ファンや、その他の利害関係者にも利益をもたらしうるものだという。 共同会長のアブラム・グレイザー氏とジョエル・グレイザー氏は「マンチェスター・ユナイテッドの強みは11億人のファンとフォロワーからなるグローバル・コミュニティの情熱と忠誠心にある」と最良の道の模索を表明した。 「クラブの成功の歴史を築き続けるため、取締役会は戦略的選択肢の徹底的な検討を承認した。我々はファンに最高のサービスを提供し、マンチェスター・ユナイテッドが現在および将来の大きな成長機会を最大限に活用できるようすべての選択肢を見極める。このプロセスを通じても、ファン、株主、様々なステークホルダーの利益を優先する」 約17年前からグレイザー一家によるクラブ運営が続くユナイテッドだが、サー・アレックス・ファーガソン元監督が勇退してからは過渡期に。タイトルも2016-17シーズンのヨーロッパリーグ(EL)が最後という状況が続く。 そのなか、チームを二の次にしたビジネス先行の経営方針を打ち出すグレイザー一家はファンから快く思われておらず、たびたび抗議活動も。ファンからすれば喜ばしい一報だが、どのような形で話は進んでいくのだろうか。 2022.11.23 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

「驚いたか? ノー。あれしかなかった」 C・ロナウド退団に元戦友ルーニーが感想述べる

マンチェスター・ユナイテッドを退団したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに元戦友のウェイン・ルーニー氏がコメントした。 ユナイテッド復帰2年目のC・ロナウドは今夏の移籍騒動から不穏な空気を醸して今季に入ると、エリク・テン・ハグ新監督の下で序列が低下。先月に出場拒否および途中退席という中心選手らしからぬ行動に出たなか、先日にイギリスのテレビ『TalkTV』でユナイテッドのありとあらゆる方面に批判を展開した。 ユナイテッドはその後、「しかるべき措置の開始」を明らかに。一部メディアで事実上の解雇という結末を予想が大半を占めるなか、22日にC・ロナウド側との双方合意による即座の退団決定をアナウンスした。 イギリス『デイリー・メール』によると、イギリス『TalkSport』での「彼の振る舞いはユナイテッドにとって見過ごせないもの」と断じた発言でC・ロナウドの反撃を受けたルーニー氏は致し方のない結末との感想を述べつつ、敬意を示しながらエールも送った。 「驚いたかって? ノーだ。ほかに選択肢がなかった。ただ、彼はクラブにとって素晴らしい奉仕者だし、残念。彼がどこに行こうとも、私は幸運を祈っている」 2022.11.23 12:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド退団決定のC・ロナウドが声明、「新しい挑戦をするのに適切な時期」

2度目のマンチェスター・ユナイテッド退団が決定したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)が、クラブに続き公式声明を発表した。 ユナイテッドは22日、「クリスティアーノ・ロナウドが、双方合意の下、マンチェスター・ユナイテッドを即刻退団することが決定しました。クラブは多大な貢献をした彼に感謝するとともに、彼と彼の家族の今後の幸せを願っています」と、ロナウドとの契約を双方合意の下で解消したことを発表した。 この公式声明に続き、ロナウドも以下の声明を発表。赤い悪魔に別れを告げた。 「マンチェスター・ユナイテッドとの話し合いの結果、契約を早期に終了することで互いに合意した」 「僕はマンチェスター・ユナイテッドを愛し、ファンを愛している。それはこれからも決して変わることはない。だけど、新しい挑戦をするのに適切な時期だと感じている」 「残りのシーズン、そして今後のチームの成功を心から祈っている」 2021年夏にユベントスを離れて12年ぶりに古巣復帰を果たしたロナウド。復帰1年目から公式戦24ゴールとさすがの活躍ぶりだったが、エリク・テン・ハグ新監督が就任した今季は序列が下がると、シーズン前の移籍騒動にはじまり、先月の試合では出場拒否および無断退席によって一時トップチーム追放処分を科されるなど、ベテランらしからぬ問題行動が目立っていた。 さらに、先日にはイギリスのテレビ『TalkTV』で90分間のインタビューを受けた際、クラブの評判を貶めるような物議を醸すコメントの数々を残していた。 これを受け、クラブは18日の声明で「しかるべき措置の開始」を明らかに。 プレミアリーグでも最高給である週給50万ポンド(約8300万円)の契約に多くの条項が存在し、解除となれば容易ではいかないとのことだったが、ロナウド自身にクラブ復帰の意思が全くないこともあってか、最終的に双方合意の下での契約解消に至った。 これにより、ロナウドは所属クラブなしでカタール・ワールドカップに臨むことになり、大会終了後に新天地を決めることになる。 2022.11.23 03:27 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly