「もうこれ以上愛せません!!!!」35歳になったメッシに妻がこれ以上ない“愛の言葉”

2022.06.24 20:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの妻であるアントネラ・ロクソさんが夫の誕生日を祝った。アルゼンチンのロサリオ出身の2人は、8歳の時に出会った。俗に言う幼馴染という関係だ。

メッシがバルセロナに移籍した後、スペインとアルゼンチンの遠距離恋愛という形でスタートした2人の愛だが、2017年にゴールイン。2人の間にはチアゴくん、マテオくん、シロくんという3人の息子がいる。

そして、24日はメッシの35歳のバースデー。ともにスペインでバカンスを過ごしている2人だが、アントネラさんがインスタグラムを更新。「お誕生日おめでとう私の愛しい人 もうこれ以上愛せません!!!!」と愛のメッセージを送っている。

そして、アントネラさんはインスタグラムのストーリーズも更新。バルセロナでともにプレーしたウルグアイ代表FWルイス・スアレス夫妻や元スペイン代表MFセスク・ファブレガス夫妻との写真も投稿。気心の知れた仲間たちに祝われたメッシはさぞ幸せだったのではないだろうか。


関連ニュース
thumb

PSGはシュクリニアル獲得を諦めず? 一方でインテルの求める109億円を支払う気はなし

パリ・サンジェルマン(PSG)は現在もインテルからスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)の獲得を望んでいるようだ。 センターバックの強化を目指し、今夏の移籍市場序盤からシュクリニアル獲得に向けて交渉を重ねてきたPSG。しかし、PSGが移籍金6000万ユーロ(約82億8000万円)での獲得を目論んでいたのに対して、インテルは8000万ユーロ(約109億1000万円)以上を求めたことから、交渉は停滞していた。 その間にインテルがシュクリニアルの後釜として獲得を計画していたトリノのブラジル人DFグレイソン・ブレーメルがユベントスに移籍したことで、よりクラブの態度は硬化。シュクリニアルは先週末のセリエA開幕戦にも先発しており、今夏残留の可能性が高まっていた。 しかし、フランス『Le Parisien』によると、PSGはいまだ今夏のシュクリニアル獲得を諦めず、交渉は継続しているとのことだ。財政難に苦しむインテルは主力売却が必要と報じられ、PSGは最終的に売却に応じる可能性はあると踏んでいる。 インテルはチェルシーなど他クラブからのより高額なオファーを期待していたが、ここまで目立った動きはなし。シュクリニアルとインテルの契約は来夏までとなっていることも、売却を考慮する一因になっている。一方で、PSGに6000万ユーロの移籍金を上げる考えはなく、インテルがどのような決断を下すか次第になるだろう。 2022.08.17 11:44 Wed
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、PSGのドイツ代表DFケーラー獲得を決定的に!

ウェストハムがパリ・サンジェルマン(PSG)のドイツ代表DFティロ・ケーラー(25)獲得を決定的なものとしたようだ。フランス『RMC Sport』が伝えている。 ケーラーは2018年夏にシャルケからPSGへと加入。主力という立場ではないものの、本職のセンターバックに加えて両サイドも対応可能というユーティリティ性を武器に昨季はリーグ・アンで27試合に出場した。 だが、移籍市場を通して今季に向けては戦力外という見方が強まっており、実際にシーズン開幕からここまで出場機会はない。また、クリストフ・ガルティエ監督が今夏中の新たなセンターバックを要望していることもあり、ケーラーの立ち位置はますます危うくなっているという。 選手自身も今秋に開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)のメンバー入りを見据えて安定した出場機会を切望。先月に行われたプレシーズンの日本ツアーから帰国してまもなく、退団希望をクラブに伝えていたようだ。 そんななか、ウェストハムがケーラー獲得に漕ぎ着けたとのこと。同選手はセビージャとの合意も報じられていたが、ウェストハムでメディカルチェックを受診するため、16日にもロンドン入りするとみられている。 2022.08.16 21:27 Tue
twitterfacebook
thumb

ムバッペとネイマールの騒動をクラブが仲裁…セルヒオ・ラモスもなだめる

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ、ブラジル代表FWネイマールの騒動だが、チーム内で解決に至ったようだ。フランス『ル・パリジャン』が伝えた。 問題は13日に行われたリーグ・アン第2節のモンペリエ戦で発生。この試合で得たPKをムバッペが失敗すると、2つ目のPKに関してはムバッペがネイマールと話し合い、最終的にネイマールがキッカーに。ネイマールはこのPKを成功していた。 この試合ではムバッペの悪態が目につくことに。パスが出て来なければ走るのをやめ、または不満を露わにする態度も見られている。 また、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとぶつかっても謝らないなど、不穏な空気が流れると、ネイマールは試合後にムバッペのPKキッカーを揶揄する一般人の投稿に「いいね」をするなど物議を醸していた。 そんな中、PSGは問題解決に向けて話し合いを行ったとのこと。試合翌日のトレーニング後に、スポーツ・ディレクター(SD)のルイス・カンポス氏が間に入り、2人を話し合わせたという。 『ル・パリジャン』によれば、カンポス氏は2人に対して、いかなる時もチームのパフォーマンスを損なうような行動を取ってはならないこと。汚れた洗濯物は、カメラの前のピッチではなく、家で洗うように念を押したという。 カンポス氏は、ムバッペについてモナコ時代から知っており、14歳の頃から知っている中。しっかりとムバッペに物事を言える関係だという。 また、この2人の仲裁にはDFセルヒオ・ラモスも入ったとのこと。試合後のロッカールームで間に入り、物事を収めていたという。 ムバッペは今夏の移籍が噂された中で、クラブと2025年まで契約を延長。その際に、ピッチ内外でネイマールについて問題視しており、チームから追い出したい考えを持っていたとも報じられていた。 両者の仲が改善された可能性もあった中で、また火種を生んでしまった2人。クラブやチームメイトも間に入った中で一旦は火が消えたと思われたが、果たして今後どうなるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】メッシも唖然…ぶつかったムバッペが素通りする瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">E isso aqui em? <a href="https://t.co/6p8C2i1taf">pic.twitter.com/6p8C2i1taf</a></p>&mdash; Paris da Depressão (@parisdadepre) <a href="https://twitter.com/parisdadepre/status/1558816887433302016?ref_src=twsrc%5Etfw">August 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.16 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

理想のパスが出てこず苛立ったムバッペがプレーを放棄…監督は「コンディション面で問題があった」と擁護

パリサンジェルマン(PSG)のクリストフ・ガルティエ監督がフランス代表FWキリアン・ムバッペを擁護している。 PSGは13日、リーグ・アン第2節でモンペリエと対戦し5-2で勝利。ムバッペも先発すると、PK失敗もあったものの1ゴールをマークし、86分までプレーしていた。 しかし、前半アディショナルタイムには物議を醸す場面があった。カウンターからPSGの攻撃に転じ、一気にチャンスになろうかというシーンで。ムバッペは前線に疾走。ボールを持っていたMFヴィティーニャにパスを要求した。 だが、相手のプレッシャーを受けていなかったヴィティーニャは自らボールを持って持ち上がることを選択。すると、ムバッペは明らかに不服そうに手を挙げ、そのまま走ることを止めてしまったのだ。 その後、ヴィティーニャはリオネル・メッシとアクラフ・ハキミとのコンビネーションでシュートまで持ち込んだものの、歩いていたムバッペがゴール前まで行くことはなかった。 批判されてもおかしくない行為だが、この件についてガルティエ監督は、ムバッペはケガ明けの試合で疲れていたと擁護している。 「キリアンは3週間前に最後の試合を行ったので、彼にとってフィジカル面でタフになることは分かっていた」 「彼は負けず嫌いだ。本人は早く元気になりたいと思っているが、トッププレイヤーにとってそれは簡単ではない。100パーセントを取り戻すには少し時間がかかるものだ」 「100パーセントの力を取り戻したとき、彼はさらに大きな力を発揮するだろう。得点が好きな選手、得点を取りたい選手がいる。チームメイトと比較して、彼が失望したのは普通のことだ」 モンペリエ戦では、2本目のPKキッカーを巡ってネイマールとの関係に亀裂が生じたとも報じられているムバッペ。レアル・マドリー移籍を蹴っての残留となった今シーズンだが、早くも問題が生じている。 <span class="paragraph-title">【動画】理想のパスが出てこずムバッペがプレーをやめてしまう</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/ChPgyl3DVVn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/ChPgyl3DVVn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/ChPgyl3DVVn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】メッシも唖然…ぶつかったムバッペが素通りする瞬間</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">E isso aqui em? <a href="https://t.co/6p8C2i1taf">pic.twitter.com/6p8C2i1taf</a></p>&mdash; Paris da Depressão (@parisdadepre) <a href="https://twitter.com/parisdadepre/status/1558816887433302016?ref_src=twsrc%5Etfw">August 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.16 12:02 Tue
twitterfacebook
thumb

メッシも唖然…ぶつかったムバッペが素通りする瞬間が話題に「彼は甘やかされ過ぎた」

パリ・サンジェルマン(PSG)の周囲が騒がしくなっている。 PSGは13日、リーグ・アン第2節でモンペリエと対戦し5-2で勝利。キリアン・ムバッペ、リオネル・メッシ、ネイマールの3人も先発出場していた。 だが、スコアとは裏腹にPSGには不穏な事態が騒がれている。この試合でムバッペは最初のPKを失敗。さらにPSGが2本目のPKを獲得すると、最終的にはネイマールが成功させていたが、キックの前にはムバッペがキッカーについてネイマールと話す場面があった。 さらに、試合後にはネイマールが、ムバッペがキッカーを務めることを批判する一般人のSNS投稿にいいねをしていたことが明らかになり、ネイマールの真意は分からないものの、周囲を賑わせている。 また、前半アディショナルタイムにはカウンターの場面でムバッペが要求したボールが出てこず、そのまま走るのをやめてしまうシーンもあった。 そんな中、モンペリエ戦の最中に起きたシーンを収めた1本の動画が話題を呼んでいる。 ムバッペが2本目のPKキッカーについてネイマールと話す際、メッシの前を通る格好となり、別の方向を見ていたメッシと軽くぶつかった。ぶつかったこと自体は故意でもなく偶然のようだったが、ムバッペはそのまま素通り。驚いたメッシはやや唖然とした表情でムバッペの後ろ姿を見つめていたのだ。 これにはファンも「ムバッペはどうしちゃったんだ」、「彼は甘やかされ過ぎた」、「リスペクトに欠けている」といった批判の言葉を向けている。 このシーンだけではそれほど大きな問題ではないようにも思えるが、ぶつかった相手がメッシだったことや、エゴについての批判が上がっている状況ということもあり、ムバッペの印象がやや悪くなってしまっているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】メッシも唖然…ぶつかったムバッペが素通りする瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">E isso aqui em? <a href="https://t.co/6p8C2i1taf">pic.twitter.com/6p8C2i1taf</a></p>&mdash; Paris da Depressão (@parisdadepre) <a href="https://twitter.com/parisdadepre/status/1558816887433302016?ref_src=twsrc%5Etfw">August 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.15 20:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly