ソレール&サラビア弾のスペインがチェコ撃破! 2連勝で首位浮上《UEFAネーションズリーグ》

2022.06.13 05:44 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
UEFAネーションズリーグ(UNL)のリーグAグループ2第4節、スペイン代表vsチェコ代表が12日に行われ、ホームのスペインが2-0で勝利した。

前節、スイス代表を相手に1-0で競り勝ち今大会初勝利を挙げたスペイン。今月のインターナショナルマッチウィークを締めくくるホームでの一戦では、前節からGKウナイ・シモンとモラタを除く先発9人を変更。3トップは右からアセンシオ、モラタ、ダニ・オルモとなった。

一方、ここまで1勝1分け1敗で3位に位置するチェコは、初黒星を喫したポルトガル代表戦から先発5人を変更。ソウチェクやツォウファル、クフタ、ペセクといった主力が起用された。

2-2のドローに終わった前回対戦同様にスペインがボールを握って押し込み、チェコがロングカウンターで応戦する構図で試合が進んでいく。

なかなか決定機まで持ち込めないホームチームに対して、アウェイチームが15分過ぎに続けて決定機を作り出す。まずは18分、前線からのプレスでうまく嵌めたショートカウンターからペナルティアーク付近でパスを受けたチェルニーが左足のシュート。さらに、20分にはチェルニーの縦パスでハイラインの背後へ抜け出したクフタがボックス左に持ち込んでシュートを放つが、いずれの決定機もGKウナイ・シモンの好守に遭う。

守護神の連続セーブで辛くもピンチを凌いだスペインは、直後の24分にワンチャンスを生かして先制に成功する。コケの浮き球のフィードに反応したアセンシオがボックス右で相手DFに寄せられながらもボールをキープし、丁寧に折り返す。これをゴール前に走り込んだソレールが右足で押し込んだ。

幸先よくリードを手にしたスペインは、直後にもアセンシオのお膳立てからボックス内に抜け出したソレールに2点目のチャンスが訪れるが、ここは相手GKの勇敢な飛び出しもあってか、シュートを枠の左に外す。

前半半ばから終盤にかけては前回対戦同様にサディレクの負傷によってクラルをスクランブル投入し、前半の内に交代カードを切ることになったチェコが、押し返す場面を作り出したが、幾度かのカウンターチャンスを決定機まで持ち込めず。内容はほぼ互角もスペインの1点リードで後半に折り返すことになった。

互いに選手交代なしで臨んだ後半は引き続きスペインが主導権を握る。決定機まであと一歩という状況が続くが、相手陣内でのプレータイムを増やしてチェコをゴールから遠ざける。

やや膠着状態が続く中、両ベンチは60分を過ぎて動きを見せる。スペインはモラタとソレールを下げてフェラン・トーレスとガビのバルセロナコンビを投入。さらに、72分にはアセンシオを下げてサラビアを投入。一方、ビハインドを追うチェコはクフタ、チェルニーを下げてフロジェク、ユレチカと前線の選手を入れ替えた。

すると、ホームチームの交代策が見事に嵌り、75分に決定的な2点目が生まれる。相手陣内の左サイドを持ち上がったガビからの横パスを中央のダニ・オルモがワンタッチでボックス右に走り込むフェラン・トーレスに繋ぐ。ここでフェラン・トーレスが放った右足のシュートが相手DFにディフレクトしてファーに流れると、これに抜け目なく反応したサラビアがワンタッチで流し込み、スイス戦に続く2試合連続ゴールとした。

この2点目で勝利に大きく近づいたスペインは78分にコケとマルコス・アロンソを下げてジョルディ・アルバ、ブスケッツのバルセロナコンビをピッチに送り出し、試合を締める作業に入る。

そして、チェコの反撃を危なげなく凌ぎ切ったスペインが2連勝を飾り、同日敗れたポルトガルを抜き首位に浮上して今月のインターナショナルマッチウィークを終えることになった。

関連ニュース
thumb

スペインがモラタの土壇場弾で逆転4強入り! ポルトガルはC・ロナウドらがウナイ・シモンの鉄壁崩せず…《UNL》

UFFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ2最終節、ポルトガル代表vsスペイン代表が27日に行われ、0-1で勝利したスペインが準決勝進出を決めた。 24日に行われた前節のチェコ代表戦を4-0の快勝で飾り、勝ち点10の首位で最終節を迎えたポルトガル。引き分け以上で準決勝進出となる今回の大一番では先発3人を変更。両サイドバックをダロト、マリオ・ルイからカンセロ、ヌーノ・メンデスに入れ替えたほか、レオンに代えてジョタを起用した。 一方、スイスにホームで1-2の敗戦を喫し、2位に転落したスペイン。敵地での勝利による逆転での4強進出を目指すラ・ロハは、パウ・トーレス、フェラン・トーレス、サラビアを除くフィールドプレーヤー7人を変更。バックラインではカルバハル、ガヤの両サイドバックにギジャモンがセンターバックに入り、中盤はロドリ、コケ、ソレールとバルセロナの3選手から総入れ替えとなり、モラタが最前線に入った。 立ち上がりからアウェイのスペインがボールを握って攻め手を窺うが、なかなか効果的にボールを前進できず。これに対してポルトガルはジョタやクリスティアーノ・ロナウドを狙った背後へのフィード、要所で相手の繋ぎのミスを突き、チャンスに繋げていく。 互いになかなかフィニッシュまで持ち込めない状況が続くが、前半半ばを過ぎた辺りからホームチームに決定機が増えていく。 まずは23分、セットプレーの二次攻撃からボックス手前左のネヴェスが得意のミドルシュートを枠に飛ばすが、これはGKウナイ・シモンの好守に遭う。続く33分にはブルーノ・フェルナンデスからのフィードに抜け出したジョタがボックス内で見事なトラップから強引に切り込んで右足を振るが、これもスペイン守護神のビッグセーブに遭う。 以降はフィニッシュはおろか、なかなか相手陣内の深い位置に運べないスペインに対して、ポルトガルはB・フェルナンデスの際どいミドルシュートでゴールに迫ったが、結局ゴールレスでハーフタイムを迎えることになった。 迎えた後半、スペインはギジャモンを下げてブスケッツを投入し、ロドリをセンターバックに配置する攻撃的な布陣にシフト。一方、前半と同じメンバーで臨んだポルトガルだが、開始直後にはジョタの鋭い突破からボックス内でラストパスを受けたロナウドにいきなり決定機。だが、ここはGKウナイ・シモンの勇敢な飛び出しに阻まれる。 後半もなかなかリズムを掴めないスペインは60分過ぎに3枚替えを敢行。サラビアとコケ、ソレールを下げてガビとペドリ、ピノと若手タレントに攻撃の活性化を託す。一連の交代で徐々に相手陣内深くでのプレータイムを増やすが、71分にボックス内で仕掛けたモラタのシュートはGK正面を突く。 その後、試合は互いに疲労の影響もあってオープンな展開となるが、相手の集中した守備を前に決定機まであと一歩という睨み合いが続く。 そういった中、ホームチームがうまく時計を進めていくが、代表2キャップ目となったラ・ロハの新星が土壇場で決定的な仕事を果たした。88分、ボックス手前右でボールを持ったカルバハルがファーサイドに抜け出したニコに絶妙なクロスを供給。ここでニコ・ウィリアムズが冷静に頭で折り返すと、抜け目なく反応していたモラタが左足でゴールネットへ蹴り込み、ニコの見事なアシストから劇的なゴールが生まれた。 この失点で一気に窮地に追い込まれたポルトガルは中盤を削ってフェリックスを投入。リスクを冒して前に出た中、90分にはロナウドにビッグチャンス。右サイドのカンセロからの斜めのパスに抜け出したポルトガルのエースはボックス右でGKと一対一となるが、ニア下を狙ったシュートはGKウナイ・シモンのビッグセーブに再び阻まれた。 そして、試合はこのままアウェイチームが逃げ切り、守護神ウナイ・シモンの再三に渡るビッグセーブに最後は攻撃陣が応えたスペインが逆転でのベスト4進出を決めた。 また、同日行われたスイス代表vsチェコ代表は、ホームのスイスが2-1で勝利した。この結果、最下位となったチェコのグループB降格が決定している。 試合はホームのスイスが前半半ば過ぎにフロイラー、エンボロの連続ゴールでホームチームがリードを手にするが、チェコも前半終了間際にエースのシックのゴールで食い下がる。 さらに、後半序盤にはPKを獲得するが、キッカーのソウチェクが左を狙ったシュートはGKゾマーに完璧に読まれて痛恨の失敗に。以降はアウェイチームが攻勢を仕掛けるが、最後までスイスの牙城を破れなかった。 2022.09.28 05:54 Wed
twitterfacebook
thumb

今夏PSG加入のソレール、8歳から育った古巣バレンシア愛を語る「必ず帰りたい」

パリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン代表MFカルロス・ソレールが、古巣に対する不変の愛を口にした。 ソレールは今夏、8歳のアカデミー入団からおよそ17年間在籍したバレンシアを離れ、PSGへと移籍。新天地デビューが遅れ、今季は代表ウィーク直前の試合で11分間ピッチに立ったのみだが、現在はスペイン代表の活動中で、今秋のカタール・ワールドカップ(W杯)メンバー入りもほぼ確実とみられている。 そんなソレールがスペイン『Super Deporte』のインタビューに応じ、心の底から愛する古巣バレンシアについて言及。今夏も残留を望んでいたと語り、将来の復帰にも含みを持たせている。 「僕はバレンシアに長く在籍したいと思っていたから、長期契約をお願いしていたよ。25歳から34歳、35歳と、ずっと繋がっているはずだった。スペインでそれは可能なことだが、クラブが僕にそれを提供してくれることはなかった」 「これはクラブの責任ある決定であり、フットボールにおいてはごく一般的なことだ。もちろん去るのは辛かった。個人的な恨み? そんなものあるはずないよ。僕に対して恨んでいないことも願っているよ(笑)」 「1人のサポーターとしていつでも戻って来られるし、プレーヤーとしても必ず帰りたい場所だ。バレンシアは僕のホームであり、頼まれればノーと言うことなどできないよ」 2022.09.26 20:56 Mon
twitterfacebook
thumb

首位陥落も「スイスを称賛すべき」…スペイン代表指揮官、W杯にも「迷いなど一切ない」

スペイン代表のルイス・エンリケ監督がコメントした。スペイン『アス』が報じている。 24日にUEFAネーションズリーグのリーグA・グループ2第5節でスイス代表をホームに迎え撃ったスペイン。序盤からボールの保持で優位に立ったが、1-2で競り負けた。 今大会初黒星だが、次節に対戦するポルトガル代表に首位の座を明け渡す痛恨の1敗に。L・エンリケ監督は試合後会見で肩を落とした。 「負けるのはいつだって痛いし、残念だよ。ただ、最初から我々を苦しめたスイスを称賛すべきだ。前半は私が監督になってから最悪の出来だった。2失点目の守備も酷かったね。後半は改善され、最後まで頑張ったのだがね」 そんなスペイン人指揮官だが、「ポルトガル戦は重要な試合になるし、勝つためにブラガに向かうつもりだ」と大一番となる次戦に力を込める。 会見では今回の敗戦をドイツ代表、日本代表、コスタリカ代表と同組のカタール・ワールドカップに紐づける質問も飛んだが、問題なしを強調した。 「まったく迷いなどない。もちろん、ポジティブな流れでカタールに辿り着く方が良いのは確かだが、チームに全幅の信頼を寄せている」 「前半はいつになくプレー精度の低い選手が目についたが、相手が良かったし、彼らは戦い方を理解してもいた」 「しかし、いつもうまくいくとは限らない。調子が悪いとこんなことも起こりうるものだ」 そう主張すると、「ポルトガルに勝てれば、ワールドカップに向けて完璧なものになる。過去に3度も引き分けた相手だし、今度は勝つために行く」とポルトガル戦での必勝を期した。 2022.09.25 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

「選手たちを祝福」 スペイン撃破にスイス代表監督が歓喜

スイス代表のムラト・ヤキン監督が歓喜した。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』が報じている。 UEFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ2で最下位に沈むスイス。24日の第5節では首位のスペイン代表とのアウェイ戦となったが、2-1で競り勝った。 DFマヌエル・アカンジの1得点1アシストでスペインを今大会初黒星で首位陥落に追いやり、グループB降格となる最下位から脱したヤキン監督。試合後、勝ち誇った。 「我々は非常によくオーガナイズされ、堅固であり続け、完璧なタイミングでゴールを決めた。前の試合での失敗から多くを学び、より良いスタートが切れ、それがファイナルスコアに大きく結びついたね」 「選手たちのことを祝福する。ポルトガルとスペインを破って、この地で初めて勝ったんだ。大きなライバルを倒すには一丸であり続けられているかどうかや、失敗を糧にできているかどうかが大事なんだ」 「歴史的だが、スタッツは私からしてみればあまり重要じゃない。ホームで、ファンの前でもあのような戦いぶりを披露する必要がある」 2022.09.25 09:50 Sun
twitterfacebook
thumb

最終節を前に首位浮上のポルトガル代表監督「完璧じゃないにせよ、非常にうまくやれた」

ポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督がコメントした。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』が報じている。 UEFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ2で首位のスペイン代表を1ポイント差で追う2位のポルトガル。24日の第5節ではチェコ代表のホームに乗り込み、4-0と快勝した。 FWクリスティアーノ・ロナウドの流血アクシデントもあったが、今節を落としたスペインを抜いて首位に。スペインとの最終節を前に形勢逆転のサントス監督は試合内容に満足感を示している。 「前半は非常に良かった。パーフェクトじゃないにしても、非常にうまくやれたよ。セットプレーではコーナーで不用意に集中力を欠くこともあったがね。それはポルトガルチームが強みとするところであり、それほどうまくいっていないものの1つでもある」 「強いチームに対して、前半を見ると、そうでもないかもしれないが、選手たちは非常に高いクオリティを誇った。3点目を決めてからはゲームがスローダウンしたが、それは自然の成り行きだ」 また、代表初ゴールを含む2発をマークしたDFジオゴ・ダロトは「初めての得点は信じられない気持ち」と心境を明かしつつ、「僕らにとっては決勝戦のようなもの」と次節のスペイン戦に気を引き締めた。 2022.09.25 09:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly