3試合ともミス絡みでの失点に川島永嗣「2つ目を起こさないことが凄く大切」、世界と戦う上でのポイントと語る

2022.06.11 12:40 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本代表のGK川島永嗣(ストラスブール/フランス)が、一夜明けて改めて初ゴールを振り返った。

10日、日本はキリンカップサッカー2022でガーナ代表と対戦した。

カタール・ワールドカップ(W杯)にも出場するガーナ。主力の一部を欠いたチームに対し、日本は立ち上がりから攻勢をかける。
29分に山根視来のゴールで先制するも44分にその山根のミスからジョルダン・アイェウに決められ同点に。嫌な空気が流れたが、前半アディショナルタイムに三笘薫のクロスが決まり2-1とリードする。

後半はガーナがギアを上げてきた中、73分に久保建英が代表初ゴールを記録。82分には前田大然が代表初ゴールを記録し、4-1で勝利を収めた。

この試合でゴールを守った川島は、1失点を喫したものの、ほとんど守備機会はなかった。試合を振り返り、「GKとしての仕事が多い試合ではなかってです。メンバーが変わっている中で、どうやって後ろから支えられるかなというのが1番の仕事でした」と守備を支えるやり方を意識していたとした。

多くのバックパスが送られ、ビルドアップも試された川島だが「今のチームは後ろからGKがビルドアップにどんどん参加することが求められますし、GKのパス1つ、どこにつけるかで次の展開が変わってきます」と語り、「昨日は難しいシーンではなかったですが、より相手がプレッシャーをかけてきたりする中で、GKがどういうプレーができるかが大事。昨日はどれだけリズムを持たせられるかというところでした」と、チームが上手くプレーするためのテンポ作りを意識していたようだ。

W杯に向けての予選では権田修一(清水エスパルス)が生守護神となっており、川島は控えの立ち位置。カタールW杯はメンバー入りすれば4度目となる。

サバイバルについては「自分としてはそんなに立場とか、どういうポジションでということは考えていないです」と語り、「まずは選手としてその立場に相応しいかどうかが一番です。その意味ではW杯でチームを勝たせられる選手でいたいですし、そういう立場でグループの中で居たいとは思います」と、性守護神の座を諦めていない様子。「ただ、日々の積み重ねがないとメンバーには入れないですし、そういう部分ではW杯に行く立場になるということでは、まだ時間はありますし、自分としては積み重ねていくだけかなと思います」と、残り5カ月の積み上げでメンバー入りしたいと意気込んだ。

これまで出場した3大会では、大会前に不安視された南アフリカ大会、ロシア大会はベスト16、一方で大きな期待が懸けられていたブラジル大会はグループステージ敗退となった。

期待値とは反する結果になっていることについて「正直、そこに答えを見出すのは難しいなというのが感想です」と語る川島。「やはり自分たちがどれだけ良い準備をしてきたと思っても上手くいかなかったブラジルのW杯もありますし、ロシアも南アフリカも上手くいかない中で大会に入ったら上手くいったこともあります。そこに答えを導き出すのは難しいと思います」と答えはないという。

ただ、「上手く行くために積み重ねるだけです。ただ、積み重ねていっても、積み重ねていることが結果につながるわけではないということを理解していなければいけないです」と、自分たちがやっていることが必ず結果につながるという保証はないと思わなければいけないとコメント。「サッカーの勝負の世界でW杯となれば、なおさらお互い最高峰のその時のパフォーマンスを出し切った結果がその時の結果です。準備をしたから結果が出るというスタンスでいてはいけないですし、最後の最後はどれだけ勝負にこだわれるか。積み重ねてきたもの以上を出せるかどうかというところです」と、準備をしっかりした上で、本番で何を出せるかが結果を分けるとした。

その中で、この時期に世界のトップであるブラジル代表と対戦できたことは非常に大きい。まだまだ課題はある一方で、一定の手応えが得られたのも事実だ。

川島は「順調に準備が進んでいると言えば進んでいるかもしれないですが、昨日の試合も自分が詰めていかなければいけないところは多々あります」とコメント。「差がつくというのは小さいところで、全体を見れば、昨日の試合もブラジルの試合もポジティブな部分、ポジティブに捉えられる部分は多かったと思いますが、勝負を分けるのは細かいところ。そこをどれだけ詰めていけるのかが大きな差になると感じています」と試合中のディテールに拘り続けなければ結果はついてこないとした。

多くの経験がある川島の見解としては「レベルが上がれば上がるほど、1つ1つのシーンでどういうことを考えるか、どういう判断をするか、準備もそうですがそこの差は勝敗を変える差になります」と強豪相手の試合の難しさがあるとのこと。「それはW杯だけではなく、チャンピオンズリーグも含め、技術、戦術面だけでなくメンタル的な面も含めてです。そこを詰めていかなければいけないです」と細かく突き詰めることが大事だとした。

今季のチャンピオンズリーグ(CL)決勝の話を例に出した川島。「レアル・マドリーがチャンピオンズリーグを優勝しましたが、戦術的な面だけが優れていたかというとそうではない」とし、「自分たちが苦境に立たされた中で、どれだけ試合で盛り返せるか。勝つためには必要になるので、もっと成長していかなければいけないです」と、リバプールに押し込まれながらも耐え、隙をついて1点を奪って勝利たマドリーでさえも、細かい部分で勝敗を変えたとした。

その中では、パラグアイ戦、ブラジル戦、ガーナ戦と全てミスが絡んで1失点ずつを喫している。川島はミスについても言及。なくすことはできないものの、ミスした後の対応が全てを分けるとした。

「高いレベルの試合を観ていても、ミスがない試合はないと思います。ただ、ミスを起こった後にどう対応するかが非常に大きい。ミスが起きた時にどう切るかが大事です」

「1つ起きた後に2つ目を起こさないことが凄く大切だと思いますし、その意識は確実に持っていかないといけないです」

「1つのミスというのは、パスミスも判断ミスも起こると思いますが、それをチームとしてどうカーバしてどう対応していくかが大切かなと思います」

「昨日の試合の中でも自分たちがミスした後に、すぐにプレッシャーをかけて奪いにいくシーンもありましたし、切れるシーンもありました」

「実際に本大会になってイエローカードもあって、どうやってもらわないかということもあります」

また、守り方についても、試合中に起こる状況に合わせてしっかりと判断することが大事だと語った。

「完璧に守備をしてシュートを0本に抑えられる試合は、予選リーグ3試合、そこからトーナメントが続いていく中でシュート0本で終えられるかと言えば不可能です」

「回数を減らすことが一番で、それができた時にどう対応するのかです」

「引いた時に自分たちが対応できるか。カウンターになった時に、自分たちがスペースと人数が少ない中でどう守るかは守り方が全く違うので、出てきた試合の状況の中で、相手に崩されたのか、ミスが起きたのか、その後の対応の質を常に上げなければいけないです」

関連ニュース
thumb

アジアカップ2027はサウジアラビア開催に! AFC総会で承認

アジアカップ2027の開催地がサウジアラビアに決定した。アジアサッカー連盟(AFC)は1日、バーレーンのマナーマで行われた総会でサウジアラビア開催を承認した。 当初はイラン、ウズベキスタン、中国、カタールの4カ国が開催地に名乗りを上げていたが、後にその4カ国は立候補を取り下げた。 以降はサウジアラビアと共にインドが新たに立候補していたが、昨年12月にインドが立候補を取り下げたことで、サウジアラビアが唯一の開催地候補となっていた。 サウジアラビアでの初開催決定に際して、AFCのシャイフ・サルマーン・ビン・イブラーヒーム・アール=ハリーファ会長は、「サウジアラビアがAFCアジアカップ2027の開催地に選ばれたことに祝意を表したい。サウジアラビアで大会が開催されるのは今回が初めてであり、SAFFおよびサウジアラビア政府と緊密に協力し、2027年にファンとプレーヤーのために思い出に残るAFCアジアカップを開催できることを楽しみにしています」と、語っている。 なお、サウジアラビア代表は1984年、1988年、1996年の3大会で優勝経験がある。 2023.02.02 05:30 Thu
twitterfacebook
thumb

75周年を迎えるプーマがアパレルコレクション「CORE HERITAGE」を発表、伊東純也や藤田ニコル、本田望結、三浦孝太が着こなす

プーマ ジャパン株式会社は1日、アパレルコレクション「CORE HERITAGE(コア ヘリテージ)」を発表した。 プーマは今年でブランド設立75周年。「CORE HERITAGE」は、それにあわせて、1968年の登場以来、プーマを象徴するアパレルとして愛されているトラックスーツ“T7(ティーセブン)"からインスピレーションを受け、それらを現代風にアップデートしたものとなっている。 「CORE HERITAGE」は、プーマのヘリテージを象徴する“T7"の一本ラインをデザインに受け継ぎ、現代風にアレンジをしたコレクション。アイコニックな一本のラインが時に真っ直ぐ、時に自由に曲がりながら、軽やかに力強く動き出すように、毎日を楽しみ続ける人たちに向けて、あらゆるシーンで着こなせるスタイルを提案している。 デザインには、“T7"の象徴である 7cm の一本ラインやシルエットを落とし込み、さまざまなシーンやコーディネートにあわせられるような、汎用性のあるアイテムに仕上げている。 カラー展開は、75 周年を迎えるプーマのブランドカラーであるグリーン、そして、定番カラーのプーマブラックのほか、よりカジュアルに着こなすことができるダークナイト、シーズンレスに楽しめるグラノーラをラインアップしている。 また、プーマ独自の吸水速乾素材“dryCELL(ドライセル)"を搭載したニット素材をベースに、ヘリテージ感のあるプラージッパーを採用し、袖と裾はリブ切替でスタイリッシュなデザインに仕上げている。 「CORE HERITAGE」の発売にあわせ、モデル・タレント・プーマアンバサダーの藤田ニコルさん、プーマ契約選手の伊東純也、女優・フィギュアスケーターの本田望結さん、総合格闘家の三浦孝太さんの 4 名が着こなすビジュアルとスペシャルムービーも公開されている。 <span class="paragraph-title">【写真】伊東純也、藤田ニコル、本田望結、三浦孝太が「CORE HERITAGE」を着こなす</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/puma20230201_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/puma20230201_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/puma20230201_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/puma20230201_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/puma20230201_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/puma20230201_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/puma20230201_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/puma20230201_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/puma20230201_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2023.02.01 21:45 Wed
twitterfacebook
thumb

日本代表GK権田修一、欧州移籍失敗を明かす「自分自身の実力不足だった」…ファンはエール「J1へ力貸してください!」

清水エスパルスとの契約を更新した日本代表GK権田修一(33)が、今冬の欧州移籍が叶わなかったことを明かした。 権田はカタール・ワールドカップ(W杯)で日本代表の正守護神としてプレーし、チームをベスト16に導く活躍。「権田の18秒」としてビッグセーブ連発が話題にもなった。 その権田は1日、清水との契約更新を発表。すでに背番号は「57」になることが決定していたが、開幕を2週間後に控えた中での遅い発表となった。 日本代表での活躍とは裏腹に、チームは昨シーズンの明治安田生命J1リーグで17位となり、新シーズンはJ2で戦うことが決定。権田は自身のインスタグラムを更新し、ヨーロッパへの移籍を模索していたことを告白。移籍市場が閉鎖したため、目の前のことに集中するとした。 「いつも応援してくださっている皆さんに報告があります。2023年1月の移籍市場で自分をより厳しい環境におき成長する為に欧州への移籍を目指していましたが叶いませんでした」 「自分自身の実力不足だったこの現実を受け入れて目の前にある役割を全うし、同時に常に高みを目指して成長し続けたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」 ファンは「エスパルス史上最高のGKで誇り」、「焦らずに頑張って下さい!」、「J2優勝に向けて共に戦ってください!」、「まだまだこれから」、「J1へ力貸してください!」と新シーズンへのエールが送られている。 <span class="paragraph-title">【写真】権田修一が欧州移籍に失敗したことを報告</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CoGYtgGPPvV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CoGYtgGPPvV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CoGYtgGPPvV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Shuichi Gonda/権田修一(@shuichi33g)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.02.01 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「意外と不器用」「苦手なのか」久保建英の表情が話題、W杯公式が日本代表の折り紙チャレンジを公開「諦めないで!」

日本代表の選手たちが披露した折り紙の技術が話題となっている。 カタール・ワールドカップ(W杯)ではベスト16の成績を残した日本。新しい景色であるベスト8以上の成績を残すことはできなかったが、ドイツ代表、スペイン代表と世界の強豪相手に逆転勝利を収め、世界を驚かせた。 その日本代表、W杯で着用したユニフォームのコンセプトは「ORIGAMI」ということで、選手たちがW杯前に折り紙にチャレンジしていた。 カタールW杯の公式SNSがその様子をアップ。日本代表選手たちの折り紙の技術を公開したが、意外な事実も判明した。 動画で紹介されていたのは、谷口彰悟、南野拓実、相馬勇紀、久保建英の4名。それぞれがプロフィール写真撮影の合間にチャレンジしていた。 谷口は紙飛行機、南野はパックンチョと初期段階で作る簡単なものを披露。一方で、相馬は手裏剣とやや難易度の高いものを作り、よく覚えているなと感心されている。 そんな中ファンの注目は久保に。手裏剣を作ろうとしたのか、金と銀の折り紙を使っていたが、結果は何も作れずに終了。上手くいかなかった時の表情がなんとも言えない。 ファンは「意外と不器用」、「折り紙苦手なんだ」、「諦めないで!」、「これはこれで愛しい」と久保に注目が集まることに。また相馬の手裏剣には「すごい」、南野のパックンチョには「かわいいな」とコメントも集まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】日本代表選手の折り紙チャレンジ、久保の表情に注目</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CoE2_-ENlQG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CoE2_-ENlQG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CoE2_-ENlQG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">FIFA World Cup(@fifaworldcup)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.02.01 10:57 Wed
twitterfacebook
thumb

「すっかり看板選手に」「バリかっこえぇやん」三笘薫がリバプール戦で主役に? クラブが激推しでMDPの表紙に採用「今日の主役扱い」

ブライトン&ホーブ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が再び注目を集めている。 ブライトンは29日、FAカップ4回戦でリバプールをホームに迎えて戦う。 14日に対戦したプレミアリーグ第20節では、同じホームで3-0と快勝。三笘も先発出場し、アシスト未遂の活躍を見せていた。 圧倒的な存在感をここまで見せている三笘。2週間ぶりの再戦となった中、この試合のマッチデー・プログラムの表紙を飾ることとなった。 クラブのSNSがマッチデー・プログラムを投稿。その隣には三笘のスパイク、そして後ろには三笘のユニフォームと三笘づくしとなっている。 ファンは「今日の主役扱い」、「凄い勢いで駆け上がってる」、「バリかっこえぇやん」、「すっかり看板選手に」、「クラブとサポのスターになってる」、「最高です」とコメントが寄せられている。 リーグ戦では圧倒した相手だが、今夜は果たして。前節のレスター・シティ戦ではスーパーゴールを決めただけに、三笘が再び輝くのか注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【写真】ブライトンが三笘づくしの写真を公開!マッチデーの表紙に採用</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Today&#39;s cover star. <a href="https://t.co/Yk8a81D34E">pic.twitter.com/Yk8a81D34E</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1619677693649522690?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.29 22:22 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly