愛媛FW吉田眞紀人が腰椎終板障害で手術…全治3カ月

2022.05.26 21:36 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
愛媛FCは26日、FW吉田眞紀人の手術を発表した。

クラブの発表によると、吉田は腰椎終板障害と診断。11日に手術を行ったとのことだ。

なお、全治は手術日より3カ月とのことだ。
吉田は2018年から愛媛でプレー。昨シーズンは明治安田生命J2リーグで29試合に出場し5得点を記録していたが、チームは降格。今季はここまで出番がなかった。

関連ニュース
thumb

愛媛DF西岡大志が地元クラブの宮崎に完全移籍 「新たな歴史を創っていきましょう!」

テゲバジャーロ宮崎は6日、愛媛FCからDF西岡大志(28)の完全移籍加入を発表した。 福岡大学卒の西岡はFC琉球でのプロ入りを挟み、2020年から愛媛に移籍。初年度から主力を張ったが、今季はシーズン開幕前に右ヒザ半月板損傷で手術も受け、明治安田生命J3リーグで5試合の出場にとどまった。 来季から地元クラブの宮崎でプレーする西岡は宮崎を通じて「地元宮崎の地でプレーできることに、感謝しています」と喜び、意気込みを語った。 「J2に昇格させる為に強い覚悟を持って来ました。ファン、サポーターの皆さん! 共にテゲバジャーロ宮崎の新たな歴史を創っていきましょう! 皆さんの前でプレーできることを、てげ楽しみにしています」 一方、愛媛の公式サイトを通じては「この度、テゲバジャーロ宮崎に完全移籍することになりました」と別れの挨拶をしている。 「3年間、兄も含めると9年間、西岡兄弟を応援して下さりありがとうございました。愛媛FCでプレーし、皆さんと共に戦えたこと誇りに思います。強い思い、覚悟をもって愛媛FCに来ましたがこの3年間苦しいことの方が多くJ3に降格という経験をさせてしまったこと、ものすごく責任を感じています」 「それでも、背番号3番のユニフォームを着てスタジアムに足を運んでくれた方や、SNSを通してたくさん声をかけてくれた方のお陰で何度も自分自身を奮い立たせ、頑張ることができました。ありがとうございました」 「愛媛FCで培ったものを更に伸ばし、成長した姿をニンスタで見せられるように僕自身精進していきたいと思います。最後にファン、サポーター、ボランティアスタッフの皆様、スポンサー企業の皆様、愛媛FCに関わってくださった皆様、3年間という短い間でしたが本当にありがとうございました」 2022.12.06 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

愛媛がアカデミー育ちの水戸MF曽根田穣を獲得 「今からとてもワクワク」

愛媛FCは2日、水戸ホーリーホックからMF曽根田穣(28)の完全移籍加入を発表した。 曽根田は愛媛のアカデミー育ちだが、びわこ成蹊スポーツ大学に進学して、2017年にヴァンフォーレ甲府でプロに。その後、京都サンガF.C.から水戸に今季入団し、明治安田生命J2リーグ27試合出場で5ゴールを記録した。 そんな曽根田だが、水戸に1年で別れを告げ、地元で古巣の愛媛に移籍する運びに。愛媛の公式サイトを通じて喜びを語った。 「初めまして、水戸ホーリーホックから来季より加入することになりました。曽根田です。愛媛FCのアカデミーで育ち、当時から目標だった愛媛FCのトップチームでプレーできることに、今からとてもワクワクしています。愛媛FCがJ2に復帰すること、そのために力になれるように、精一杯頑張ります」 「そしてもっとたくさんの愛媛の子ども達が、将来愛媛FCでプレーしたいと言ってくれるように、僕の力は微力かもしれませんが、愛媛のために精進していきたいと思います。愛媛FCに関わる全ての皆様、来シーズンからよろしくお願いします」 一方、水戸の公式ウェブサイトでは「「1シーズンでしたが、水戸でプレーすることができて本当に幸せでした」と別れの挨拶をした。 「いい時も悪い時も、ファン・サポーターの方々の声援や、拍手が僕の力になりました。満足のいく結果を残すことができず、申し訳ないです」 「僕は、水戸ホーリーホックで出会えたすべての人に感謝しかありません。そして水戸ホーリーホックでプレーできたことは僕の人生の大きな財産になりました」 「来シーズン、水戸ホーリーホックがJ1に昇格する姿を見られることを祈っています。短い間でしたが、本当にありがとうございました」 2022.12.02 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

J3愛媛が東京VのDF山口竜弥を完全移籍で獲得「必ずJ2に昇格します」

愛媛FCは1日、東京ヴェルディからDF山口竜弥(22)を完全移籍で獲得することを発表した。 山口は東海大学付属相模高校から0218年にガンバ大阪に入団。2021年から東京Vでプレーしていた。 東京Vでは、1年目にJ2で15試合、天皇杯で1試合に出場。今シーズンはJ2で4試合、天皇杯で2試合の出場に終わっていた。 山口は両クラブを通じてコメントしている ◆愛媛FC 「東京ヴェルディから移籍してきました。山口竜弥です。覚悟と決意を持ってこのクラブに来ました。必ずJ2に昇格します。よろしくお願いします」 ◆東京ヴェルディ 「ヴェルディを退団することになりました。ヴェルディのファン・サポーターの皆様にはいかなる時でも温かい声をかけ続けて頂きました。そういった期待や声援にまったく応えることができず、悔しくて不甲斐ないです。本当に申し訳ありませんでした」 「それでも自分にとっては二年間とても大きな支えになってました。本当にありがとうございました」 「ヴェルディファミリーの一員としてJ1昇格を分かち合いたかったです。チームは変わりますが、東京ヴェルディの昇格を心から願い、信じています。今まで沢山のご声援本当にありがとうございました」 2022.12.01 10:10 Thu
twitterfacebook
thumb

鳥栖が板橋洋青と契約満了…修行先の愛媛も退団発表

サガン鳥栖は26日、GK板橋洋青(21)との契約満了を発表した。 板橋は鳥栖のアカデミー育ちで、2種登録も経験して、2020年に正式昇格。今季から愛媛FCに育成型期限付き移籍をしたが、出番なしに終わった。 愛媛からも契約満了が発表され、板橋は両クラブを通じて別れの挨拶をしている。 ◆サガン鳥栖 「この度、サガン鳥栖を離れることになりました。U-15・U-18から約8年間、サガン鳥栖のエンブレムをつけてプレーさせていただきました。アカデミー出身の選手としてチームのチカラになれなかったことがとても悔しいです」 「今シーズンでチームを離れますが、このサガン鳥栖は自分を成長させてくれた地元の大好きなクラブなので、どこにいてもずっと応援しています。 サポーターの皆さんありがとうございました!」 ◆愛媛FC 「まずはチャンスをくれた愛媛FCに、そして後押ししてくれたサポーターの皆さま、応援していただきありがとうございました! ここ愛媛FCでプレーできた事、チームメイトを心から誇りに思います! 1年間ありがとうございました!」 2022.11.26 12:35 Sat
twitterfacebook
thumb

愛媛、DF高木利弥の契約満了を発表「一緒に戦うことができて光栄でした」

愛媛FCは21日、DF高木利弥(29)の契約満了を発表した。 高木は神奈川大学から2014年に加入したモンテディオ山形でプロデビュー。4シーズンを過ごした後にジェフユナイテッド千葉、柏レイソル、松本山雅FCを経て、2021年7月に愛媛へ期限付き移籍で加入した。 今季から完全移籍に切り替わった高木は、明治安田生命J3リーグで26試合に出場。チームは7位フィニッシュで目標としていたJ2復帰を逃したが、シーズンを通して主軸としてプレーした。 1年半を過ごした愛媛から去ることが決まった高木は、クラブを通じてサポーターへの感謝を述べている。 「最終戦の次の日になりますが、今シーズンで愛媛FCを離れることになりました。昨年の夏から1年半という短い期間でしたが、濃い時間を過ごすことができましたし、ファン・サポーターの皆さんと一緒に戦うことができて光栄でした。スタジアムで自分のユニホームや親子Tシャツを掲げていただいた方々がいて、本当に感謝しています。また逢える日を楽しみにしています。ありがとうございました」 2022.11.21 17:43 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly