柏から期限付き移籍中の今治GK滝本晴彦が右ヒザ前十字じん帯損傷で手術…全治は6カ月以上

2022.05.26 10:42 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC今治は26日、GK滝本晴彦の負傷を発表した。

クラブの発表によると、滝本は4月6日のトレーニングで負傷。右ヒザ前十字じん帯損傷と診断され、近日中に手術を行う予定とのことだ。

なお、術後の全治は6カ月以上と見られている。

柏レイソルの下部組織育ちの瀧本は2016年にトップチーム昇格。今シーズンは期限付き移籍で今治に加入し、明治安田生命J3リーグで4試合に出場していた。

関連ニュース
thumb

今治のトップチームスタッフ1名が新型コロナ陽性…40.1℃の発熱

FC今治は10日、トップチームのスタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該スタッフは9日に40.1℃の発熱があり、10日にPCR検査を実施。陽性判定を受けた。 なお、チーム内に濃厚接触疑い者はいないとのことだ。 また、当該者は適切な指導及び対策の下、療養しているとのことだ。 2022.08.10 22:06 Wed
twitterfacebook
thumb

今治が7戦負けなし! YS横浜との延期試合を5発大勝で飾る【明治安田J3第17節】

明治安田生命J3リーグ第17節延期分のFC今治vsY.S.C.C.横浜が6日にありがとうサービス.夢スタジアムで行われた。 新型コロナウイルスの影響でこの日まで持ち越された試合は折り返し間近の44分、ボックス右からの折り返しを山田貴文が左足で合わせていき、直近6試合負けなしの今治が先にスコアを動かす。 ビハインドのYS横浜は54分に河辺駿太郎がボックス右からのパスを左足で押し込み、追いすがるが、今治は59分に上原拓郎がバイタルエリア中央から左足シュートを突き刺して勝ち越してみせる。 さらに64分に左サイドからの折り返しにボックス中央に差しかかったところで反応した山田が右足ダイレクトで叩き込み、突き放した今治は途中出場のインディオがダメ押し弾で勝負を決定づける。 そのなかでも反撃に転じたYS横浜は79分に左CKから西山雄介がネットを揺らして2点差に詰め寄るが、途中出場の高瀬太聖が後半アディショナルタイム1分にチーム5点目を決め、今治が5-2で制した。 8位の今治はこれで7試合負けなしとなり、勝ち点「32」に伸ばして上位陣の追走に成功。敗戦のYS横浜は最下位から抜け出すきっかけを掴めずの3連敗となっている。 ◆第17節 ▽8/6 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC今治 5</span>-2 Y.S.C.C.横浜 ▽7/15 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">カターレ富山 2</span>-1 ヴァンラーレ八戸 ▽7/16 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">いわきFC 4</span>-0 アスルクラロ沼津 ガイナーレ鳥取 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 AC長野パルセイロ</span> ▽7/17 テゲバジャーロ宮崎 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 藤枝MYFC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">松本山雅FC 1</span>-0 福島ユナイテッドFC カマタマーレ讃岐 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 愛媛FC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州 2</span>-1 FC岐阜 鹿児島ユナイテッドFC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 SC相模原</span> 2022.08.06 18:10 Sat
twitterfacebook
thumb

J2降格圏に沈む大宮に激震…出場機会激減の主将・三門雄大がJ3の今治に完全移籍「ボロボロになるまで走り続けたい」

FC今治は26日、大宮アルディージャのMF三門雄大(35)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「50」となる。 三門は、流通経済大付属柏高校から流通経済大学へと進学。2009年にアルビレックス新潟へと入団した。 豊富な運動量とプレッシングが特徴で、トップ下で起用されて前線からのハイプレスなどを武器としており、2014年には横浜F・マリノスへ完全移籍。2016年にアビスパ福岡へと移籍すると、2018年から大宮でプレーした。 大宮では2020年にキャプテンに就任。変わらぬプレースタイルで主軸としてチームを支え、4シーズン半でJ2通算144試合に出場し4得点を記録していた。 しかし、相馬直樹監督就任後は出場機会が激減。5月28日の第19節以降は出番がなかった。 21位と低迷する中でキャプテンながら完全移籍を決断した三門は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC今治 「皆さんはじめまして。 大宮アルディージャから加入することになりました三門雄大です」 「J2昇格を目標に戦っているチームの力になれるように頑張ります!!応援よろしくお願いします」 ◆大宮アルディージャ 「大宮アルディージャを支えてくださるすべての皆様、4年半温かいご声援、本当にありがとうございました。このようなタイミングでクラブを離れることになり本当に申し訳ありません。今シーズン戦っていくなかで、チームの助けになれない自分の力不足を感じていました」 「また、ピッチ内外で自分の必要性を感じられないことも多くあり、まだやれるという自分の気持ちと葛藤しながら日々を過ごしてきました」 「そのなかで原フットボール本部長、秋元強化部長、相馬監督ともお話をさせていただき、クラブの考えも伝えてくださいましたが、ピッチに立てていない今の現状や自分の年齢などを考え、決断しました」 「まだまだピッチに立ち大好きなサッカーがしたい。ボロボロになるまで走り続けたい。その気持ちに勝るものはありませんでした。自分勝手な決断というのは重々承知していますが、少しでも理解していただけたら幸いです」 「最後になりますが、改めてどんな時でも温かく支えてくださったファン・サポーターの皆さん、4年半本当にありがとうございました。大宮のために戦えたことは僕の誇りです。その誇りを胸にこれからも頑張り続けたいと思います」 2022.07.26 10:13 Tue
twitterfacebook
thumb

今治のDF市原亮太が中国Lの福山シティFCへ育成型期限付き移籍「二回り、三回りも良い選手になってきます!」

FC今治は25日、DF市原亮太(24)が中国サッカーリーグの福山シティFCへ育成型期限付き移籍することとなった。 期限付き移籍期間は、2022年7月27日から2023年1月31日までとなる。 市原は東京都出身で、横浜創英高校から東洋大学へと進学。2021年に今治へと入団した。 プロ1年目は明治安田生命J3リーグで8試合に出場したが、2年目の今シーズンは2試合の出場に終わっていた。 市原はクラブを通じてコメントしている。 「残りのシーズンを福山シティFCで戦う事になりました。昇格を目指すシーズンに試合に出れず悔しさしかありません」 「今治の為に、チームを勝たせられる、二回り、三回りも良い選手になってきます!お互いに良い年末を迎えられるよう頑張りましょう!!」 2022.07.25 16:15 Mon
twitterfacebook
thumb

コロナ影響で中止のFC今治vsYS横浜は8月6日に代替開催

Jリーグは21日、新型コロナウイルス感染症の影響により中止となっていた、明治安田生命J3リーグ第17節、FC今治vsY.S.C.C.横浜の代替開催日を発表した。 同試合は当初、今月17日に開催予定だったが、YS横浜のチーム内でトップチームの選手、スタッフの複数名が新型コロナウイルスの陽性判定を受けていた影響で、前日の16日に開催中止がアナウンスされていた。 なお、代替日程は8月6日となり、会場はありがとうサービス.夢スタジアムとなる。 ◆代替日程 2022明治安田生命J3リーグ 第17節 8月6日(土) 16:00 FC今治vsY.S.C.C.横浜 [ありがとうサービス.夢スタジアム] 2022.07.21 17:37 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly