レーティング:ローマ 1-0 フェイエノールト《ECL》

2022.05.26 06:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝、ローマvsフェイエノールトが25日にアルバニアのティラナにあるアレーナ・コムバターレで行われ、1-0で勝利したローマが初代王者に輝いた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽ローマ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 ルイ・パトリシオ 7.5
後半に圧巻の連続スーパーセーブでチームを救う守護神の存在感。ポルトガル代表でのビッグマッチの経験を生かして安定したゴールキーピングを披露。的確なコーチングで最終ラインを落ち着かせた

DF
23 マンチーニ 7.0
立ち上がりこそ攻守両面で硬さも見受けられたが、シニステラなど相手の攻撃陣にうまく応対。先制点をアシストする決定的な仕事も果たした

6 スモーリング 7.5
圧巻の守備でデサースを完封。地対空の対人の強さに加え、カバーリングや読みを利かせた前向きな守備でピンチを未然に防いだ

3 イバニェス 7.0
ザレフスキと協力しながら自サイドで起点を作らせず。身体を張った守備に加え、マイボール時は局面を変える持ち出しやパスでアクセントを付けた

MF
2 カルスドルプ 6.0
唯一の古巣対戦。後半はかなり消耗を強いられたが、要所で身体を張った守備を見せてチームを救った

(→ビーニャ -)

77 ムヒタリアン 5.5
ハムストリングのケガから1カ月ぶりの戦列復帰。ぶっつけ本番での起用となったが、前半15分過ぎに無念の負傷交代…

(→セルジオ・オリベイラ 6.5)
ムヒタリアンの負傷を受け、スクランブル投入。クリステンテと共に中盤で献身的な守備をみせ、終盤はうまく時計を進める賢さも見せた

7 ペッレグリーニ 6.5
決定的な仕事はできなかったが、最後までチームを鼓舞するカピターノの存在感を発揮。攻守両面で多くの仕事をこなした

4 クリスタンテ 6.5
持ち味の展開力を発揮する場面は少なかったが、中盤のフィルター役を完遂。90分を通して球際で戦い続けた

59 ザレフスキ 6.0
自身初の大舞台でも全く物怖じしないプレーで前半は攻守に機能。後半はチームの劣勢と共に苦手の守備に追われる展開に

(→スピナッツォーラ 6.0)
後輩から役目を引き継いだ中、相手陣内深くで仕掛けて時間を作るなど逃げ切りに貢献

FW
22 ザニオーロ 7.0
チームを勝利に導く決勝点を記録。フィジカルを生かした突破やボールキープで守勢のチームに休む時間を与えた

(→ヴェレトゥ 6.0)
2点目は決めれなかったが、疲労困憊の中盤に活力をもたらした

9 エイブラハム 6.0
初代得点王獲得はならずも、前線で身体を張り続けて優勝に貢献

(→ショムロドフ -)

監督
モウリーニョ 6.5
最後はらしいウノゼロ勝利。勝負弱いチームに勝者のメンタリティをもたらし、個人として5つ目のヨーロッパのトロフィーを獲得

▽フェイエノールト採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 バイロウ 6.0
失点はノーチャンス。ぶっつけ本番での起用となった中、見事な2つのセーブを見せるなど、ポジションを譲ったマルシアノに報いる好パフォーマンス

DF
3 ヘールトライダ 5.5
右サイドバックと最終ラインでプレー。守備では概ね奮闘も失点場面ではボールウォッチャーとなり、攻撃の精度もいまひとつ

18 トラウナー 5.0
失点場面で痛恨の被りで失点に関与。早い時間帯にカードをもらったことで、以降もローマのカウンター対応で後手を踏んだ

(→マルクス・ペデルセン 5.5)
縦への推進力を見せたが、クロスや最後の精度を欠く

4 セネシ 6.0
安定した守備対応に加え、後半は積極的に高い位置を取って攻撃にも関与。アルゼンチン代表初招集の実力は見せた

5 マラシア 6.0
後半に見事なミドルシュートでゴールを脅かすなど、身体能力と攻撃性能を発揮。ビッグクラブ注目の才能の一端を見せた

(→ジャハンバクシュ -)

MF
14 レイス・ネルソン 5.5
後半はハーフスペースでボールを引き出してチャンスメークに絡んだが、決定的な仕事には至らず

(→ブライアン・リンセン 5.0)
試合終了間際のビッグチャンスは何とかボールに合わせたかった。前線に張っていたが、効果的なプレーは見せられず

17 アウルスネス 6.0
中盤の底でバランスを取りつつ、後半は前線にも顔を出してチャンスに絡んだ

26 ティル 5.5
後半立ち上がりに決定機に絡んだが、相手の屈強な守備陣に対して得意の空中戦やキープ力は発揮し切れず

(→トールンストラ 5.5)
キャプテンとして決定的な仕事が期待されたが、なかなかチャンスに絡めず

10 オルクン・コクチュ 6.0
決定的な仕事には至らなかったが、うまく間でボールを受けながら前線と中盤のリンクマンとして上々のプレーを見せた

(→ヴォレマルク -)

7 シニステラ 5.5
崩しの局面での存在感が期待された中、積極的にボールを受けて攻撃に絡んだが、相手の堅守を前に決定的な仕事はできなかった

FW
33 デサース 5.0
初代得点王に輝いたが、決勝の舞台ではスモーリングを筆頭に相手の守備陣に完璧に封じ込まれた

監督
スロット 5.5
格上相手に善戦したが、攻守両面で個のクオリティの差が勝敗を分ける形に

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
スモーリング(ローマ)
圧巻のスーパーセーブでチームを救った守護神の活躍も見事だったが、デサースを完封するなど再三の好守でゴールにカギを懸けたイングランド人DFをMOMに選出。スタンド観戦にも訪れ、過去に6番を背負っていた偉大なるレジェンドのアウダイールのような存在感だった。

ローマ 1-0 フェイエノールト
【ローマ】
ザニオーロ(前32)

関連ニュース
thumb

ザニオーロはやはり移籍?ローマが今夏の延長交渉を見送りへ

ローマはイタリア代表FWニコロ・ザニオーロ(22)との契約延長交渉を、当面の間行わないと決めたようだ。 左ヒザの大ケガから復帰を果たした今季は、公式戦42試合の出場で8得点9アシストという成績を残し主力として活躍したザニオーロ。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)では決勝のフェイエノールト戦で得点を決め、優勝に大きく貢献した。 一方で、イタリア『カルチョ・メルカート』によれば、2024年6月までとなっているローマとの契約延長交渉は難航中。ザニオーロは契約延長に対して消極的であり、大幅な昇給を望むなどクラブに対して不誠実な姿勢を示している模様。フロントはこれに怒りを露わにしており、少なくとも今夏の移籍市場がクローズする9月までは、交渉を行わないと決定したようだ。 ザニオーロ獲得にはユベントス、トッテナム、ミランといったクラブからの関心が伝えられており、中でもユベントスはすでに交渉が開始しているという報道も。ただし、ローマは低額のオファーを受け入れるつもりはなく、最低でも6000万ユーロ(約85億7700万円)を求める姿勢。今すぐに売り出すこともないようだが、どうなるだろうか。 2022.06.27 18:36 Mon
twitterfacebook
thumb

かつてローマで活躍した元伊代表MFトンマージ、ヴェローナ市長に選出

かつてローマで活躍した元イタリア代表MFのダミアーノ・トンマージ氏(48)が、故郷ヴェローナの市長に選出された。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 特定の政党に所属していないトンマージ氏は、中道左派連合の公認として今回の市長選に出馬。決選投票の結果、54.4%の得票率で、現職のフェデリコ・スボアリーナ氏(46.6%)を破り、初出馬で初当選となった。 現役時代にエラス・ヴェローナやローマ、レバンテ、QPRなど国内外のクラブで活躍したトンマージ氏。元日本代表MF中田英寿らと共にローマのスクデット獲得に貢献したクレバー且つ献身性に溢れるMFは、2002年の日韓ワールドカップに出場するなど、イタリア代表としても通算25キャップを刻んでいた。 また、1999年からイタリアサッカー選手協会(AIC)の役員を務めると、2011年5月に43年間務めたセルジオ・カンパーナ前会長の後任として会長職に就任。2020年に辞任するまで辣腕を振るっていた。 ローマ時代の晩年に自身の不調とクラブの財政難を理由に、月給1500ユーロ(約21万3000円)での再契約を自ら申し出た逸話を持つカルチョ屈指の人格者は、ボランティアや病院への慰問、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)などの活動にも参加しており、社会問題にも熱心だった同氏にとって政界進出はある意味当然の流れだった。 2022.06.27 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマがリヨンの人気株に接近か、30億円以下で獲得も?

ローマがリヨンからフランス代表MFフセム・アワール(23)の獲得に近づいているようだ。 ジョゼ・モウリーニョ体制1年目となった昨季は新設されたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)で初代王者に輝くも、セリエAでは6位に終わったローマ。浮き沈みの激しいシーズンとなり、安定性に課題を残した。 新シーズンは5年ぶりとなるチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内を目指すなかで、今夏の移籍市場での戦力アップは必須に。だが、ここまで獲得したのはマンチェスター・ユナイテッドを退団してフリーとなっていた元セルビア代表MFネマニャ・マティッチ(33)のみとなっている。 さらに主力だったアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(33)とジョルダン・ヴェレトゥ(29)の退団も濃厚。中盤の新戦力の到着が待たれる中で、クラブはアワールの獲得に動いているとイタリア『Il Romanista』が伝えている。 また、『Il Romanista』によれば、リヨンは来季限りで契約満了となるこのフランス代表MFの移籍金を2500万ユーロ(約36億円)に設定。しかし、ローマ側はこれを下回るの1680万ユーロ(約23億円)の支払いでこの取引を完了できると考えている模様だ。 本職のボランチに加え、トップ下の位置でもプレー可能なアワールはフランスの各年代別代表に名を連ねていた実力者。2019-20シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)でチームをベスト4に導く活躍を見せ、アーセナルやレアル・マドリーといったクラブへの移籍も取り沙汰されたが、ここまで実現には至っていない。 2022.06.27 13:26 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマ、出場機会減のヴェレトゥを元恩師率いるピオリのミランに推薦

ローマがフランス代表MFジョルダン・ヴェレトゥ(29)をミランに推薦しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 同メディアによればローマのゼネラルマネージャーを務めるチアゴ・ピント氏がミランの幹部と会席を持ち、ヴェレトゥの獲得に関心がないか確認を取ったとのことだ。 ヴェレトゥは2021-22シーズン、セリエAで36試合(うち先発は26試合)に出場して4ゴール8アシストを記録。十分なスタッツを残したが、シーズン後半はポルトガル代表MFセルジオ・オリベイラの加入もあってスタメンでプレーする機会は減っていた。 そこでフィオレンティーナ時代に師弟関係にあったステファノ・ピオリ監督率いるセリエA王者ミランにローマ側が獲得の可能性がないか確認を取った格好だ。 ただ、ミランは今夏、ポルトガル代表MFレナト・サンチェスの獲得に本腰を入れているようで、そのオペレーションが失敗した場合にのみヴェレトゥ獲得の可能性が生じるのでないかと締めくくった。 2022.06.24 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

2022-23シーズンのセリエA日程が発表! 王者ミランは2戦ドローのウディネーゼ戦で開幕

レガ・セリエAは24日、2022-23シーズンのセリエA日程を発表した。 2021-22シーズンの王者であるミランは、今季いずれもドローに終わったウディネーゼと対戦。そのミランから覇権奪還を目指すインテル、ナポリ、ユベントスの第2集団はセリエB王者のレッチェ、ヴェローナ、サッスオーロという曲者と対戦する。 また、セリエA初昇格のモンツァはトリノとのホームゲーム、同じく久々の1部での戦いとなるクレモネーゼはフィオレンティーナとのアウェイゲームでシーズンをスタートさせる。 気になる各デルビーではミランとインテルのデルビー・ディ・ミラノが9月初旬の5節(インテルホーム)、2023年2月初旬の21節(ミランホーム)に開催。ユベントスとインテルのデルビー・イタリアは11月初旬の13節(ユベントスホーム)、2023年3月中旬の27節(インテルホーム)に。 ローマとラツィオのデルビー・デッラ・カピターレは、11月初旬の13節(ローマホーム)、2023年3月中旬の27節(ラツィオホーム)に開催される。 なお、今シーズンはカタール・ワールドカップ開催に伴い、2022年11月中旬から2023年1月までの約1カ月半中断期間が設けられる。 ◆セリエA2022-23開幕節(8/13.14) フィオレンティーナ vs クレモネーゼ ユベントス vs サッスオーロ ラツィオ vs ボローニャ レッチェ vs インテル ミラン vs ウディネーゼ モンツァ vs トリノ サレルニターナ vs ローマ サンプドリア vs アタランタ スペツィア vs エンポリ ヴェローナ vs ナポリ ◆セリエA2022-23最終節(2023/6/4) アタランタ vs モンツァ クレモネーゼ vs サレルニターナ エンポリ vs ラツィオ レッチェ vs ボローニャ ミラン vs ヴェローナ ナポリ vs サンプドリア ローマ vs スペツィア サッスオーロ vs フィオレンティーナ トリノ vs インテル ウディネーゼ vs ユベントス 2022.06.24 21:02 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly