ECL初代王者を目指すローマ、モウリーニョ監督は「真の歴史を刻むため全力を尽くす」

2022.05.25 13:02 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)への意気込みを示した。クラブ公式サイトが伝えている。

準決勝でレスター・シティを下し、25日に行われるECL決勝でオランダのフェイエノールトと対戦するローマ。先週末に行われたセリエA最終節トリノ戦で勝利を飾り、来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権を得たチームは、良い雰囲気のなかで決勝の地アルバニアに到着している。

レスター戦後には歓喜の涙を流す一幕もあったモウリーニョ監督は試合前日の記者会見で今季から創設された大会で歴史に名を残したいとコメント。チームの状態は良く、準備はできていると気合いを示した。

「結局、今シーズンの旅は4日の間にあった2つのファイナルで締めくくられる。その最初の試合となったトリノ戦は、来シーズンのEL出場とセリエAでの成績アップという、我々が始動初日から目標としていたものを手に入れられた」

「私にとってトリノ戦は歴史に名を残すような決勝戦ではなかったが、1シーズンのハードワークを終えて目標達成はできた。とはいえ、ローマにとってEL出場権獲得はごく普通のことだと思う」

「しかし、この決勝戦は歴史がすべてだ。長い月日を経てここまでたどり着き、我々はすでに歴史に名を刻んだと思う。ただ、当然ながら決勝戦に進出したなら、真の歴史を刻むため全力を尽くさなければならない。それはつまり、勝つということだ」

「私とスタッフは、金曜日の夕方からトリゴリアで一緒に過ごしている。我々は決して家に帰らなかった。もちろん、選手たちにそれは求めたりしない。それに、彼らは皆よくやっている。集中して、適度な緊張感と興奮があるようだ。こういう試合は興奮して臨むべきものであり、チームは良い状態にある」

「明日は選手たちのための日だ。我々は彼らを助け、流れを読み、チームを助けるため努力する。明日は最後の試合であり、幸いなことに決勝戦となる。幸いなことにというのは、決勝戦はいつだってそこにいることを喜び、正しい姿勢でプレーする必要があるからだ」

また、モウリーニョ監督はアルバニア人の多くがローマを応援している理由について言及。アルバニアにとっても大きな大会になると語り、この地でプレーできる幸せを強調した。

「この街に親ローマ感情が存在しているのは、我々にアルバニア人選手(マラシュ・クンブラ)がいるからだろう。私にとってそれは、理にかなっていると思う」

「ローマが勝てば、アルバニア人が優勝トロフィーを掲げることになる。それには何かの意味があるだろう。かつて北マケドニアで行われた欧州スーパーカップに臨んだときは、国や都市がパーティーをしているようであり、そんな試合に関われたのは素晴らしいことだった。ここティラナでも同じだ。我々はここに到着してすぐ、この機会が彼らにとっていかに重要であるか理解できた。これは国としてふさわしい瞬間なのだ」

「スタジアムは本当に素晴らしい。ただ、すべてのファンとその喜びを受け入れるには、収容人数が十分でないのが残念ではある。それでも、ここでプレーできるのは幸せだ」

1 2

関連ニュース
thumb

イスコ、ローマからのオファーを拒否

ローマからの関心が報じられた元スペイン代表MFイスコ(30)だが、オファーを断ったようだ。スペイン『アス』が伝えている。 今夏で退団した元アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの後釜としてローマが関心を示したイスコ。先月イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えた時点では、ムヒタリアンが実際に退団した場合にのみ獲得に動くとされていたが、先日にインテル移籍が発表され、公式にオファーを提示した模様だ。 しかし、レアル・マドリーで5度のチャンピオンズリーグ制覇の実績を持つイスコは、イタリア首都クラブからのオファーを拒否したようだ。『アス』によれば、プレミアリーグからの関心も届いているという。 2022.07.05 19:55 Tue
twitterfacebook
thumb

イタリア代表FWベロッティはローマへ? ザニオーロ放出なら本格交渉スタートか

トリノとの契約が満了となったイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(28)に対し、ローマが関心を強めているようだ。 2015年夏からトリノに在籍していたベロッティは、2016-17シーズンにセリエAで26得点を挙げて一気にブレイク。以来、移籍市場が開くたびにビッグクラブ行きが噂されてきたが、幾度も残留を繰り返していた。 だが、とうとう先月30日付で契約満了で退団が決定。現役イタリア代表選手をフリーで獲得できるチャンスとあって、数多のクラブが関心を寄せているが、ここにきてローマ移籍の可能性が徐々に高まっているようだ。 イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、ローマのジョゼ・モウリーニョ監督は、イタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)のユベントス行きが決定した場合は、その後釜としてベロッティを迎え入れたい考え。イングランド代表FWタミー・エイブラハムとベロッティによる2トップを望んでいるとみられている。 あくまでザニオーロを放出した場合のみとのことだが、ザニオーロはすでにユベントスと個人間合意に至ったと報じられているため、交渉に本腰を入れる可能性は極めて高いと言える。 ローマの他には、ウェストハムやモナコ、ガラタサライ、フェネルバフチェからの関心が強いとされるベロッティだが、選手本人の優先順位はセリエA残留とのこと。イタリア国内でもその去就には大きな注目が集まっている。 2022.07.05 18:34 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマがトルコ代表DFチェリク獲得を発表! 20-21はリールでリーグ・アン制覇の右SB

セリエAのローマは5日、リールからトルコ代表DFメーメト・ゼキ・チェリク(25)の獲得を発表した。契約は2026年6月までで、背番号は「19」となる。 チェリクは2018年夏からリールに在籍し、公式戦通算143試合8得点14アシストを記録。2020-21シーズンはリーグ・アン優勝にも貢献した。また、トルコ代表としては昨夏のユーロ2020にも出場し、通算32試合2得点を記録している。 チェリクはローマ公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「ローマのように大きなクラブでプレーする機会をもらえて光栄だよ。僕には大きな野心があり、チームの成功に貢献したいと思っているよ」 「僕はとても集中していて、ローマのために戦う準備ができている。決して諦めず、ピッチ上で全力を注ぐ僕を見せるよ」 ローマは元セルビア代表MFネマニャ・マティッチらに続いて、チェリクが今夏3人目の新戦力となる。 なお、イタリア『スカイ』によると、移籍金は700万ユーロ(約9億9000万円)。年俸は200万ユーロ(約2億8000万円)のようだ。 2022.07.05 17:24 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマ加入のマティッチ、モウリーニョ監督への厚い信頼強調「彼の存在がローマを選んだ理由の一つ」

ローマに加入した元セルビア代表MFネマニャ・マティッチ(33)が、ジョゼ・モウリーニョ監督への信頼を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 昨シーズン限りでマンチェスター・ユナイテッドを退団したマティッチ。ラツィオやフルアムなど複数クラブの関心があるなか、恩師であるモウリーニョ監督率いるローマへの加入が決定した。 4日に開かれた入団会見では、ゼネラル・マネージャーのチアゴ・ピント氏が「彼がこの選択をしてくれて非常に嬉しい。我々のプロジェクト、進歩における素晴らしい兆候だ」と語るなど、高い期待がかけられている。 会見に出席したマティッチもローマでプレーする期待感を口にしつつ、チェルシー、ユナイテッドで共に仕事をしてきたモウリーニョ監督への信頼を強調。指揮官の戦術は熟知しており、すぐにフィットできるはずだと自信を示した。 「またジョゼと一緒に仕事ができてとても嬉しいね。彼は僕がローマを選んだ理由の一つだ。ジョゼの下でプレーした試合数で、僕より上はフランク・ランパードだけだから、彼の記録を破りたい」 「ジョゼとは以前から良い関係を築いていて、連絡も取り合っていた。ただ、(ローマへの誘いがあったのは)ほんの数カ月前だ。フットボールでは次の数カ月で何が起こるかわからず、僕らにはそれを知るだけの経験があった」 「数カ月前に話した際、彼は僕をチームに迎えたいと言ってきた。そして、それはもちろん僕の決断に影響を与えたよ。彼とローマは僕にとって完璧なつながりであり、彼の野心と僕の野心、そしてクラブの野心は同じ方向に進んでいた」 「同じ野心を持っていたから、交渉はとても早かったよ。(優勝した)ヨーロッパ・カンファレンスリーグ決勝の結果は、僕の去就に影響しなかったんだ。僕はすでにローマに来ることを決めていたからね。一度頭の中で決めたことを変えるのは不可能さ」 「ジョゼとの経験から、彼がチームにいる選手次第でシステムを変えることは理解している。僕自身は、中盤3枚でも2枚でもプレーしてきたから、適応はしやすいよ。もちろん、ベストを尽くしたい。僕の役割は監督がどんなプレーをしたいかにより、その指示に従う」 また、マティッチはローマのチームメイトについても言及。主将であるロレンツォ・ペッレグリーニを高く評価しており、共演を待ち望んでいる。 「もちろん、ローマの選手についてはほとんど知っている。試合も見ていたからね。そのなかでもペッレグリーニはベストの一人であり、もっとも重要な存在なのは確かだと思う。彼は素晴らしい選手であり、ピッチ上で僕たちは素晴らしい関係を築けるだろう。もちろん、明日から始まるトレーニングでそれを証明しなければならない。でも、僕は間違いなく選手として彼が好きだよ」 2022.07.05 13:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ベジェリンの今季はアーセナル?ベティス? 他クラブからの関心は低下か

アーセナルのスペイン代表DFエクトル・ベジェリン(27)は、依然として新シーズンの去就が不透明のようだ。 16歳からアーセナルの下部組織で育ち、長らくファーストチームの一員としてプレーしてきたベジェリン。しかし、近年は退団希望が頻繁に伝えられており、昨シーズンはレアル・ベティスへとレンタル移籍していた。 ベティスへの移籍には買い取りオプションが付帯していなかったため、ひとまずはロンドンへと帰還したベジェリン。だが、本人はベティス残留を望み、ベティス側も完全移籍を模索中と見られる中、現時点ではアーセナル残留が最も現実的なシナリオのようだ。 スペイン『アス』によると、アーセナルは2022-23シーズンへ向けたプレシーズン最初の親善試合でイプスウィッチ・タウンと対戦。ベジェリンはキャプテンマークを腕に巻いて前半45分間をプレーし、チームも5-1で勝利していた。 『アス』は、この事実をミケル・アルテタ監督によるメッセージであると指摘しており、ベジェリンの今夏売却を必ずしも前向きに捉えていない可能性が浮上しているという。 ベティスはベジェリン再獲得のための資金作りが困難と以前から報じられ、特に300万ユーロ(約4億2400万円)以上とみられる年俸は支払えない状況。それでも、定位置の被るスペイン人DFマルティン・モントーヤ(31)、DFユスフ・サバリ(29)を放出してでも、なんとかして連れ戻したい思惑があり、諦めることなく希望を持ち続けているようだ。 アトレティコ・マドリーやビジャレアル、ローマなどといった他クラブからの関心は徐々に薄れてきていることが伝えられており、ベジェリンの新シーズンの舞台がアーセナルとベティスのどちらかとなる可能性は非常に高いと考えられている。 2022.07.04 16:19 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly