【ECL決勝プレビュー】初代王者を懸けたローマとフェイエノールトによる名門対決!

2022.05.25 12:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝、ローマvsフェイエノールトが、日本時間25日28:00にアルバニアのティラナにあるアレーナ・コムバターレでキックオフされる。イタリアとオランダの名門による初代王者の座を懸けた運命のファイナルだ。

今シーズン、稀代の名将モウリーニョを新指揮官に招へいしたローマは、トラブゾンスポルとのプレーオフを連勝で制してグループステージに進出。そのグループステージではノルウェー王者ボデ/グリムトに1-6というクラブ史に残る屈辱的な大敗を喫したが、最終的に4勝1分け1敗で首位通過を決めた。

決勝トーナメントではラウンド16でフィテッセに競り勝つと、準々決勝では因縁の相手ボデ/グリムトと再戦。敵地での初戦を1-2で落としたが、ホームでの2ndレグをMFザニオーロのハットトリックの活躍によって4-0の圧勝。4戦目にしてノルウェー王者に初勝利を挙げて逆転での4強進出となった。

2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)、昨シーズンのヨーロッパリーグ(EL)に続き、3つのコンペティションでベスト4進出を果たしたチームは、準決勝の壁となっていたイングランド勢(リバプール、マンチェスター・ユナイテッド)であるレスター・シティと対戦。ロジャーズ監督との師弟対決となった2試合では敵地での初戦をMFペッレグリーニのゴールで1-1のドローに持ち込むと、ホームでの2ndレグではFWエイブラハムのゴールを最後まで守り抜き、ウノゼロでの完勝。タイムアップ直後にポルトガル人指揮官も感極まるエモーショナルな勝ち上がりで、1990–91シーズンにインテルに敗れて準優勝に終わったUEFAカップ(ELの前身)以来のファイナルに到達した。

1960–61シーズンのフェアーズカップ(ELの前身)以来、クラブ史上2度目のヨーロッパのタイトル獲得を目指すジャッロロッシは、今シーズンのセリエAを6位でフィニッシュ。最終節のトリノ戦での3-0の勝利によってリーグ6試合ぶりの白星を挙げると共に、来季EL出場権を確保して今回の大一番に弾みを付けている。

一方、前AZ指揮官のアルネ・スロット新監督の下で今季をスタートしたフェイエノールトは、2回戦からの参戦となった予備予選を危なげなく突破してグループステージ進出。グループステージではウニオン・ベルリンやスラビア・プラハという難敵と同居したものの、4勝2分けの無敗で首位通過を決めた。

決勝トーナメントではパルチザン、スラビア・プラハを相手に自慢の攻撃力で打ち勝つと、準決勝では優勝候補マルセイユと激突。下馬評では劣勢と思われたが、ホームでの1stレグを主砲デサースの2ゴールの活躍などによって3-2で先勝すると、敵地での2ndレグではチーム一丸となった堅守でゴールレスドローに持ち込み、小野伸二やファン・ペルシ、ファン・ホーイドンクを擁し、優勝を果たした2001-02シーズンのUEFAカップ以来のファイナル進出を果たした。

史上初となるCL、EL、ECLの3つのUEFAコンペティション制覇を目指すオランダ屈指の名門は、今季のエールディビジをアヤックスとPSVの2強に次ぐ3位でフィニッシュしており、ローマ同様に来季のEL出場権を確保。ホームでの最終節ではトゥベンテ相手に1-2の敗戦を喫したが、その直前は5勝1分けの6戦無敗と好調を維持。また、中4日のローマに対して、中9日と準備期間において大きなアドバンテージを得ており、良い状態でティラナの地へ乗り込む。

なお、両チームは2014-15シーズンのELラウンド32で唯一の直接対決を行っており、ローマが1勝1分けの戦績でラウンド16進出を決めている。

◆ローマ◆
【3-4-1-2】
▽予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:ルイ・パトリシオ
DF:マンチーニ、スモーリング、イバニェス
MF:カルスドルプ、セルジオ・オリベイラ、クリスタンテ、ザレフスキ
MF:ペッレグリーニ
FW:ザニオーロ、エイブラハム

負傷者:MFムヒタリアン
コロナ陽性者:なし
出場停止者:なし

出場停止者はいない。ハムストリングのケガで約1カ月の離脱が続くムヒタリアンが唯一の負傷者となっているが、少なくともメンバー入りは可能な模様だ。

システムは2トップ+トップ下か、1トップ+2シャドーか、前線の構成に違いはあるものの、[3-4-1-2(3-4-2-1)]の採用が濃厚だ。

スタメンに関しては前述のメンバーを予想したが、状態次第でムヒタリアンがセルジオ・オリベイラか、ザニオーロに代わってスタートからプレーする可能性もある。また、長期離脱明けから好パフォーマンスを継続するスピナッツォーラが新星ザレフスキに代わって左ウイングバックに入る形もありそうだ。なお、両チームを通じて唯一のアルバニア人プレーヤーであるクンブラだが、母国のピッチに立つ可能性があるとすれば、リード時の守備固めか。

◆フェイエノールト◆
【4-2-3-1】
▽予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:マルシアノ
DF:ヘールトライダ、トラウナー、セネシ、マラシア
MF:アウルスネス、コクチュ
MF:ネルソン、ティル、シニステラ
FW:デサース

負傷者:なし
コロナ陽性者:なし
出場停止者:なし

出場停止者、負傷者共になし。守護神バイロウの復帰に伴い、全主力が起用可能な状態だ。

システムに関しては中盤三角形の[4-3-3]とも形容できる[4-2-3-1]の採用が濃厚だ。

スタメンに関してはマルセイユとの準決勝2試合と同じメンバーを予想。バイロウはすでに練習試合で実戦復帰を果たしているが、2カ月半に渡って公式戦出場がない中での抜擢は考えにくい。その他ではキャプテンのMFトールンストラ、前線ではFWジャハンバクシュやFWブライアン・リンセン辺りに先発起用の可能性もある。

★注目選手
◆ローマ:MFロレンツォ・ペッレグリーニ
Getty Images

生え抜きカピターノが約60年ぶりの欧州タイトル獲得へチームをけん引できるか。今回のファイナルでは9ゴールで得点ランキング2位の主砲エイブラハムやザニオーロに注目が集まるところだが、DFマンチーニ、MFクリスタンテのイタリア代表コンビと共にリーダーグループを形成する25歳のカピターノがキープレーヤーだ。

ローマ生まれ、ローマ育ちの生粋のロマニスタは、一度サッスオーロに売却されたが、2年後にクラブが買い戻しオプションを行使し、永遠の都へ帰還。以降は着実に成長を遂げ、今シーズンからはフランチェスコ・トッティ、ダニエレ・デ・ロッシ、アレッサンドロ・フロレンツィという先達も巻いた腕章を引き継ぎ、名実ともにジャッロロッシの顔となった。

今シーズンは幾度か負傷離脱はあったものの、ここまで公式戦40試合14ゴール8アシストを記録。トップ下や2シャドーの一角、セントラルMFと複数のポジションをこなしながら、186cmの恵まれた体躯を生かしたダイナミックなプレー、高精度のキック、創造性を武器にチャンスメーカー、フィニッシャーとして抜群の存在感を発揮している。

今大会においてはプレーオフ初戦、グループステージ初戦でいずれもチーム初ゴールを記録し、準々決勝以降の4試合では2ゴール2アシストと、すべての試合で得点に関与する勝負強さも見逃せない。

今季のホーム最終戦となったヴェネツィア戦では前述のトッティ、デ・ロッシという偉大なるバンディエラが激励のためオリンピコを訪れており、ザレフスキと共に生え抜きとして大一番に臨む“ロッロ”は気合十分だ。

◆フェイエノールト:FWルイス・シニステラ
Getty Images

トロフィーを置き土産にステップアップを図る。今大会の得点ランキングトップ(10ゴール)に立つデサース、司令塔のMFティル、MFコクチュ、ディフェンスリーダーのDFセネシと、注目プレーヤーに事欠かないフェイエノールトだが、圧倒的な個の打開力で崩しの切り札としての役割を担う22歳のコロンビア代表FWがキープレーヤーだ。

母国の名門オンセ・カルダスから2018年にオランダ屈指の名門に加入した172cmのドリブラーは、加入2年目からトップチームの主力に定着すると、今シーズンはキャリアハイとなる公式戦47試合23ゴール14アシストという圧巻のスタッツを叩き出した。

左ウイングを主戦場に、足にボールが吸い付くような繊細なタッチ、相手の重心の逆を突くドリブルテクニックを武器に個で局面を打開すれば、カットインからの右足という得意のパターンでゴールを量産している。

引いた相手やクロス精度に課題を残すものの、好戦的なマンチーニやカルスドルプといったマッチアップが予想されるローマの守備陣に対して、そのプレースタイルがプラスに働く可能性が高い。

なお、コロンビア代表ではFWラファエル・ボレがフランクフルトで先日のEL制覇に大きな貢献をみせ、FWルイス・ディアスがリバプールでCL決勝のキーマンの一人と目されており、シニステラの活躍にも大きな注目が集まるところだ。

今夏の移籍市場ではレバークーゼンやアーセナル、ナポリ、ミラン、ベティスといった欧州4大リーグのビッグクラブからの関心が伝えられ、ステップアップが既定路線と見られるが、トロフィーを置き土産に自身の価値をさらに高めることはできるか。

関連ニュース
thumb

ザニオーロはやはり移籍?ローマが今夏の延長交渉を見送りへ

ローマはイタリア代表FWニコロ・ザニオーロ(22)との契約延長交渉を、当面の間行わないと決めたようだ。 左ヒザの大ケガから復帰を果たした今季は、公式戦42試合の出場で8得点9アシストという成績を残し主力として活躍したザニオーロ。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)では決勝のフェイエノールト戦で得点を決め、優勝に大きく貢献した。 一方で、イタリア『カルチョ・メルカート』によれば、2024年6月までとなっているローマとの契約延長交渉は難航中。ザニオーロは契約延長に対して消極的であり、大幅な昇給を望むなどクラブに対して不誠実な姿勢を示している模様。フロントはこれに怒りを露わにしており、少なくとも今夏の移籍市場がクローズする9月までは、交渉を行わないと決定したようだ。 ザニオーロ獲得にはユベントス、トッテナム、ミランといったクラブからの関心が伝えられており、中でもユベントスはすでに交渉が開始しているという報道も。ただし、ローマは低額のオファーを受け入れるつもりはなく、最低でも6000万ユーロ(約85億7700万円)を求める姿勢。今すぐに売り出すこともないようだが、どうなるだろうか。 2022.06.27 18:36 Mon
twitterfacebook
thumb

かつてローマで活躍した元伊代表MFトンマージ、ヴェローナ市長に選出

かつてローマで活躍した元イタリア代表MFのダミアーノ・トンマージ氏(48)が、故郷ヴェローナの市長に選出された。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 特定の政党に所属していないトンマージ氏は、中道左派連合の公認として今回の市長選に出馬。決選投票の結果、54.4%の得票率で、現職のフェデリコ・スボアリーナ氏(46.6%)を破り、初出馬で初当選となった。 現役時代にエラス・ヴェローナやローマ、レバンテ、QPRなど国内外のクラブで活躍したトンマージ氏。元日本代表MF中田英寿らと共にローマのスクデット獲得に貢献したクレバー且つ献身性に溢れるMFは、2002年の日韓ワールドカップに出場するなど、イタリア代表としても通算25キャップを刻んでいた。 また、1999年からイタリアサッカー選手協会(AIC)の役員を務めると、2011年5月に43年間務めたセルジオ・カンパーナ前会長の後任として会長職に就任。2020年に辞任するまで辣腕を振るっていた。 ローマ時代の晩年に自身の不調とクラブの財政難を理由に、月給1500ユーロ(約21万3000円)での再契約を自ら申し出た逸話を持つカルチョ屈指の人格者は、ボランティアや病院への慰問、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)などの活動にも参加しており、社会問題にも熱心だった同氏にとって政界進出はある意味当然の流れだった。 2022.06.27 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマがリヨンの人気株に接近か、30億円以下で獲得も?

ローマがリヨンからフランス代表MFフセム・アワール(23)の獲得に近づいているようだ。 ジョゼ・モウリーニョ体制1年目となった昨季は新設されたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)で初代王者に輝くも、セリエAでは6位に終わったローマ。浮き沈みの激しいシーズンとなり、安定性に課題を残した。 新シーズンは5年ぶりとなるチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内を目指すなかで、今夏の移籍市場での戦力アップは必須に。だが、ここまで獲得したのはマンチェスター・ユナイテッドを退団してフリーとなっていた元セルビア代表MFネマニャ・マティッチ(33)のみとなっている。 さらに主力だったアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(33)とジョルダン・ヴェレトゥ(29)の退団も濃厚。中盤の新戦力の到着が待たれる中で、クラブはアワールの獲得に動いているとイタリア『Il Romanista』が伝えている。 また、『Il Romanista』によれば、リヨンは来季限りで契約満了となるこのフランス代表MFの移籍金を2500万ユーロ(約36億円)に設定。しかし、ローマ側はこれを下回るの1680万ユーロ(約23億円)の支払いでこの取引を完了できると考えている模様だ。 本職のボランチに加え、トップ下の位置でもプレー可能なアワールはフランスの各年代別代表に名を連ねていた実力者。2019-20シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)でチームをベスト4に導く活躍を見せ、アーセナルやレアル・マドリーといったクラブへの移籍も取り沙汰されたが、ここまで実現には至っていない。 2022.06.27 13:26 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマ、出場機会減のヴェレトゥを元恩師率いるピオリのミランに推薦

ローマがフランス代表MFジョルダン・ヴェレトゥ(29)をミランに推薦しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 同メディアによればローマのゼネラルマネージャーを務めるチアゴ・ピント氏がミランの幹部と会席を持ち、ヴェレトゥの獲得に関心がないか確認を取ったとのことだ。 ヴェレトゥは2021-22シーズン、セリエAで36試合(うち先発は26試合)に出場して4ゴール8アシストを記録。十分なスタッツを残したが、シーズン後半はポルトガル代表MFセルジオ・オリベイラの加入もあってスタメンでプレーする機会は減っていた。 そこでフィオレンティーナ時代に師弟関係にあったステファノ・ピオリ監督率いるセリエA王者ミランにローマ側が獲得の可能性がないか確認を取った格好だ。 ただ、ミランは今夏、ポルトガル代表MFレナト・サンチェスの獲得に本腰を入れているようで、そのオペレーションが失敗した場合にのみヴェレトゥ獲得の可能性が生じるのでないかと締めくくった。 2022.06.24 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

2022-23シーズンのセリエA日程が発表! 王者ミランは2戦ドローのウディネーゼ戦で開幕

レガ・セリエAは24日、2022-23シーズンのセリエA日程を発表した。 2021-22シーズンの王者であるミランは、今季いずれもドローに終わったウディネーゼと対戦。そのミランから覇権奪還を目指すインテル、ナポリ、ユベントスの第2集団はセリエB王者のレッチェ、ヴェローナ、サッスオーロという曲者と対戦する。 また、セリエA初昇格のモンツァはトリノとのホームゲーム、同じく久々の1部での戦いとなるクレモネーゼはフィオレンティーナとのアウェイゲームでシーズンをスタートさせる。 気になる各デルビーではミランとインテルのデルビー・ディ・ミラノが9月初旬の5節(インテルホーム)、2023年2月初旬の21節(ミランホーム)に開催。ユベントスとインテルのデルビー・イタリアは11月初旬の13節(ユベントスホーム)、2023年3月中旬の27節(インテルホーム)に。 ローマとラツィオのデルビー・デッラ・カピターレは、11月初旬の13節(ローマホーム)、2023年3月中旬の27節(ラツィオホーム)に開催される。 なお、今シーズンはカタール・ワールドカップ開催に伴い、2022年11月中旬から2023年1月までの約1カ月半中断期間が設けられる。 ◆セリエA2022-23開幕節(8/13.14) フィオレンティーナ vs クレモネーゼ ユベントス vs サッスオーロ ラツィオ vs ボローニャ レッチェ vs インテル ミラン vs ウディネーゼ モンツァ vs トリノ サレルニターナ vs ローマ サンプドリア vs アタランタ スペツィア vs エンポリ ヴェローナ vs ナポリ ◆セリエA2022-23最終節(2023/6/4) アタランタ vs モンツァ クレモネーゼ vs サレルニターナ エンポリ vs ラツィオ レッチェ vs ボローニャ ミラン vs ヴェローナ ナポリ vs サンプドリア ローマ vs スペツィア サッスオーロ vs フィオレンティーナ トリノ vs インテル ウディネーゼ vs ユベントス 2022.06.24 21:02 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly