ピッチにド派手登場のイブラ、ドレッシングルームでも熱弁で大盛り上げ 「イタリアはミランのもの!」

2022.05.24 13:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがらしく熱弁した。

22日の最終節をもって、今季の戦いが終わりを迎えたセリエA。2位のインテルと優勝を争う首位のミランはサッスオーロとのアウェイ戦だったが、前半の3発で早々に勝利を決定づけ、見事に11年ぶり19度目のスクデットを獲得した。

その試合後の表彰式にシャンパンと葉巻を手にしてのド派手な登場で注目をさらったイブラヒモビッチだが、クラブが公式ツイッター上で公開した動画によれば、ドレッシングルームでも激アツなスピーチでチームを盛り上げたようだ。

チームメイトやステファノ・ピオリ監督をはじめとするスタッフ陣も見守るなか、「落ち着いてくれ、みんな。別れの挨拶をするわけじゃないからな」とまず笑いと誘ってみせ、イタリア王者返り咲きに通ずる今季の歩みを熱く語った。

「俺やその他の何人かがここに来たとき、初日から俺らを信じてくれる奴なんてほとんどいなかった」

「だが、犠牲を払って、苦しみ、信じ、努力するのが大事だと察してから、俺らは1つのグループになった」

「一丸となれば、俺らがやってのけたようなことを成し遂げられる。俺らは今やイタリアのチャンピオンだ」

そして、チームメイトのみならず、その場にいたテクニカルディレクターのパオロ・マルディーニ氏ら幹部にも労いの言葉をかけつつ、話の終わりにボルテージが最高潮に達すると、目の前のテーブルを豪快にひっくり返して締めた。

「簡単じゃなかったが、今季の俺らは真のグループだった。言ったように、シーズン当初は誰も俺らを信じちゃいなかったが、俺らはこうした言葉で強くなっていった。お前らを誇りに思う」

「ここで俺のお願いを聞いてくれ。チャンピオンらしく祝ってくれ。ミラノがミランのものというわけじゃない。イタリアがミランのものなんだ!」

イブラヒモビッチ自身は今季もケガに悩まされたが、プレーだけでなく、チーム内で兄貴分としてもひと役。2019年12月の復帰時に約束したスクデット獲得を見事に有言実行した“神”はさらに崇められる存在へとなりそうだ。

1 2

関連ニュース
thumb

ミラン移籍有力のオリジ、本日27日にも現地入りへ!

ベルギー代表FWディボック・オリジ(27)に噂されるミラン移籍がまもなく形になりそうだ。 2015年夏にリールからリバプール入りし、公式戦171試合で41得点18アシストを記録したオリジだが、2021-22シーズン限りで契約満了に。2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)で準決勝と決勝で貴重なゴールを決めてみせるなど、サポーターの脳裏に鮮明に焼きつく活躍も光ったが、終始バックアッパーという立ち位置から抜け出せなかった。 そんなベルギー人フィニッシャーの次なる活躍先と目されるのが2021-22シーズンに念願のセリエA王者返り咲きを果たしたミランだ。左ヒザの手術で全治7~8カ月を要するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの状況もあって、よりストライカーの補強が求められるなか、早い段階からオリジを獲得しようとする動きが指摘されてきた。 すでに交渉成立も報じられ、移籍が濃厚視されるなか、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、オリジはミラン加入に先駆けて、本日27日夜にもミラノ入り。それからメディカルチェックとサインを済ませ、正式にミランへのフリー加入が決まる模様だ。 2022.06.27 15:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ミランがアチェルビに興味、すでに代理人に接触か

ミランが、ラツィオのイタリア代表DFフランチェスコ・アチェルビ(34)獲得に動いているようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 かつてミランに半年間だけ所属していたことのあるアチェルビは、ジェノアやキエーボ、サッスオーロを渡り歩き、2018年夏にラツィオに加入。192cmの長身を武器に移籍初年度からレギュラーに定着し、今季も公式戦36試合に出場。通算では173試合を数える。 しかし、昨年12月に自身のパフォーマンスを批判したウルトラスと対立。「クラブから去れ」とまで言われ、2025年まで契約を残す中、シーズン終了後に移籍願いを提出したと伝えられている。 一方、センターバックの補強に努める今夏のミランは、最大のターゲットとしていたリールのオランダ代表DFスヴェン・ボトマンの争奪戦はニューカッスルに敗れた模様。しかし、アチェルビはその代替策ではなく、あくまでバックアッパーとして興味を持っているようだ。 『スカイ』によれば、すでにアチェルビの代理人とは接触しているものの、クラブ間交渉には至っていないとのことだ。 2022.06.26 15:21 Sun
twitterfacebook
thumb

一人で95mを走り切ったテオ・エルナンデスのゴールが今季セリエAのベストゴールに!

セリエAは25日、2021-22シーズンのベストゴールを発表した。 ミランがインテルとの激しい優勝争いを制して11年ぶりのスクデットを手にした今季のセリエA。合計1089ゴールの中からベストゴールに選ばれたのは、王者の左サイドバックを務めたフランス代表DFテオ・エルナンデスのアタランタ戦でのものだ。 5月15日にサン・シーロで行われた一戦は、優勝争い真っ只中のミランが55分にFWラファエル・レオンのゴールで先制する展開に。テオ・エルナンデスのゴールはその20分後の75分に訪れた。 自陣のボックス手前でMFラデ・クルニッチが相手のドリブルをカットすると、こぼれ球を拾ったテオ・エルナンデスがドリブルを開始。ピッチ中央を縦断し、一人でゴール前まで運ぶと、そのまま左足のシュートを突き刺しゴールを射止めた。 たった一人でロングカウンターを成功させてしまった衝撃のゴール。実に95メートル以上の距離を走り切ったという。 また、この試合が佳境の第37節だったこともあり、優勝に向けて大きな価値のあるゴールとしての評価も得たようだ。<span class="paragraph-title">【映像】一人で95mを走り切った衝撃のロングカウンター</span> <span data-other-div="movie"></span><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Go della Stagione <a href="https://twitter.com/hashtag/SerieATIM?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SerieATIM</a> 2021/2022 va a...<br> <br> <a href="https://twitter.com/TheoHernandez?ref_src=twsrc%5Etfw">@TheoHernandez</a> <br><br>presented by <a href="https://twitter.com/cryptocom?ref_src=twsrc%5Etfw">@cryptocom</a>! <a href="https://twitter.com/hashtag/GOTS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#GOTS</a> <a href="https://t.co/dBpldkJSKD">pic.twitter.com/dBpldkJSKD</a></p>&mdash; Lega Serie A (@SerieA) <a href="https://twitter.com/SerieA/status/1540605718549520392?ref_src=twsrc%5Etfw">June 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.26 13:57 Sun
twitterfacebook
thumb

ボトマン逸のミラン、アセンシオへの注視を継続

ミランはレアル・マドリーのスペイン代表FWマルコ・アセンシオ(26)への注視を継続しているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 来季でレアル・マドリーとの契約が切れるアセンシオ。移籍金3000万ユーロ(約42億8000万円)、年俸600万ユーロ(約8億5000万円)と高額な費用がネックとのことだが、ミランのディレクターを務めるパオロ・マルディーニ氏は獲得を模索しているようだ。 リールのオランダ代表DFスヴェン・ボトマンの争奪戦でニューカッスルに敗れたセリエA王者ミランだが、アセンシオの獲得には成功するだろうか。 2022.06.25 23:30 Sat
twitterfacebook
thumb

モンツァを史上初のセリエAに導いたベルルスコーニ氏「ミランで得たどんな成功にも勝る感情」

元イタリア大統領のシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が、モンツァのセリエA昇格に満足感を示している。 かつてミランの会長を務めたベルルスコーニ氏は、2018年9月に当時セリエCに所属していたモンツァをわずか250万ユーロ(約3億5000万円)で買収。最高経営責任者(CEO)には腹心であるアドリアーノ・ガッリアーニ氏が就任し、話題を呼んだ。 2019-20シーズンは新型コロナウイルスの影響でセリエCが途中で打ち切られたが、2位に16ポイント差を付けて首位に立っていた中断時点での順位が反映され、2000-01シーズン以来の2部昇格となった。 さらに、2021-22シーズンにセリエBで4位で終えると、昇格プレーオフを勝ち上がり、1912年のクラブ創設から始めてのセリエA昇格を果たした。 ミランではセリエA3連覇や5つのビッグイヤー獲得など大成功を収めたベルルスコーニ氏だが、モンツァのセリエA昇格は、それよりも格別なものだったという。 「私はいまだ世界で最もフットボールで勝利を手にした大統領として健在だ。ミランのおかげでね。だが今の成功は、アドリアーノ・ガッリアーニが3年前にセリエCでこの冒険を私と一緒に歩んでくれたおかげだ」 「我々はモンツァのようなクラブに、セリエAの舞台を提供するという並外れたことを成し遂げた」 「個人的には私は主役になりたい。おそらく最初のシーズンでは無理だろうが、トップクラブと競争できるチームにしたい」 「ミランですべてを勝ち取ったことは知っているだろうが、モンツァの昇格の時に感じた感情は、今でも親しい絆で結ばれているロッソネリで得たどんな成功にも勝る、特別なものだった」 2022.06.25 21:57 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly