【J1注目プレビュー|第11節:浦和vs横浜FM】ポイントは決定力。ピッチ上で修正力をみせるのは?

2022.05.18 16:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第11節】
2022年5月18日(水)
19:30キックオフ
浦和レッズ(16位/12pt) vs 横浜F・マリノス(3位/24pt)
[埼玉スタジアム2002]

◆遠いゴール、こじ開けられるか【浦和レッズ】

前節はホームにサンフレッチェ広島を迎えたが0-0のゴールレスドロー。リーグ戦は中断前から3試合連続でゴールレスドローという苦しい状況に陥っている。

引き分けに至っては5試合連続。6戦無敗と聞こえは良いが、内容は決して楽観視できるものではないというのが実情だ。

ただ、試合内容自体は本当に悪いものではない。試合する時間帯もある中で、遠いのがゴール。前節もネットは揺れたがVARで取り消されるなど、あと1つ手が届かないという状況だ。

大きな後ろ支えとなるファン・サポーターに関しても、そろそろ業を煮やし始めてくる頃。なんとかホームで気持ちよく勝ち点3を積み上げたいところだ。

横浜FM、鹿島と上位に位置するチームとの連戦。今年の浦和がどの程度やれるのかがはかれる試合となりそうだ。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:西川周作
DF:馬渡和彰、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、明本考浩
MF:平野佑一、伊藤敦樹
MF:ダヴィド・モーベルグ、江坂任、松尾佑介
FW:アレックス・シャルク
監督:リカルド・ロドリゲス

◆決定力の差を見せつけろ【横浜F・マリノス】

前節は湘南ベルマーレとの“神奈川ダービー”で4-1と勝利。これでリーグ戦3連勝とした。

3位に位置しており、優勝を目指せるポジションにいるが、試合内容の改善はしっかりと図りたいところ。湘南戦は相手に多くのシュート打たれるなど、ビルドアップの詰まりがピンチを招いていた。

一定レベルのパフォーマンスでは満足してはいけないチームなだけに、どこかででも同じ攻撃を繰り出せることが理想。右サイド変調となりがちなところを誰が改善すべきか。キーマンは小池龍太になりそうだ。

今シーズンはサイドバックだけでなくボランチでもプレー。今節は左サイドバックに入ると予想されるが、右偏重の攻撃に改善が見られるかに注目。チーム全体で起こっている問題点を解決できる力はあるだけに、冷静に判断して曲面を打開したいところだ。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:高丘陽平
DF:松原健、實藤友紀、角田涼太朗、小池龍太
MF:喜田拓也、西村拓真、渡辺皓太
FW:宮市亮、アンデルソン・ロペス、仲川輝人
監督:ケヴィン・マスカット

関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第20節:湘南vsG大阪】勝てば共に中位へ、負ければ残留争いど真ん中

【明治安田生命J1リーグ第20節】 2022年7月6日(水) 19:00キックオフ 湘南ベルマーレ(15位/20pt) vs ガンバ大阪(13位/21pt) [レモンガススタジアム平塚] ◆勝ち点積み上げいざ中位へ【湘南ベルマーレ】 前節は名古屋グランパスをホームに迎えて0-0のゴールレスドロー。これで3戦無敗となり、降格圏を脱した。 着実に勝ち点を積み重ねたことで降格圏を脱出した中、今節はさらに浮上するチャンス。勝ち点差「1」で迎えるG大阪との試合だ。 この好調を維持していた理由は町野修斗が攻撃陣を牽引していたから。ただ、前節はチームとして決定機をモノにできないことが響いてゴールレスドローに終わった。 今節はそのチャンスをしっかり生かせるか。ただ、守護神のGK谷晃生が契約上の理由で出場できない。連戦が続く中で、チームとして結果を残し続けられるか。勝って中位に浮上したい。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:馬渡洋樹 DF:舘幸希、大岩一貴、杉岡大暉 MF:石原広教、米本拓司、畑大雅 MF:池田昌生、茨田陽生 FW:大橋祐紀、瀬川祐輔 監督:山口智 契約上出場不可:谷晃生 ◆上昇気配がある中で、勝ち切れるか【ガンバ大阪】 前節はホームでの連勝を目指して浦和レッズを迎えた中、最終盤のPKで追いつかれて1-1のドロー。悔しい引き分けとなった。 素晴らしいカウンターから齊藤未月のスーパーゴールで先制。チームとしてポジティブな要素が多かっただけに、最後にPKを与えたことは残念でならなかった。 ただ、そのパフォーマンスに自信を持ち、しっかりと前を向きたいところ。今節の相手には負けるわけにはいかない。 チームとして前向きになれている中で、ここでつまづきたくないことは事実。システムを変え、選手を入れ替えて結果が出ているだけに、このまま継続したいところだ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:東口順昭 DF:福岡将太、三浦弦太、クォン・ギョンウォン MF:小野瀬康介、ダワン、黒川圭介 MF:山見大登、石毛秀樹 FW:倉田秋、パトリック 監督:片野坂知宏 2022.07.06 17:01 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第20節:鹿島vsC大阪】状態は共に悪くない、“勝ち点3”が欲しい上位対決

【明治安田生命J1リーグ第20節】 2022年7月6日(水) 19:00キックオフ 鹿島アントラーズ(2位/37pt) vs セレッソ大阪(5位/30pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆首位を追いかけ負けられない戦い【鹿島アントラーズ】 前節はアウェイで柏レイソルと対戦し、1-2で勝利。強度の高い激戦となったが、最後はPKのゴールを守りきって勝利した。 互いにアグレッシブなパフォーマンスを見せ、あらゆるところでデュエルが起きた好ゲームだったが、勝利への執念が勝ったとも言える。 2位をキープして迎える今節は5位のC大阪戦。横浜FMとの直接対決が月末に控えるため、そこまではどうしても負けられないだろう。 前節も上田綺世が不在で今節からは本格的に残されたメンバーで戦う状況。連戦で選手の入れ替えもあるだろうが、強度を保って戦えるかがカギとなりそうだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:クォン・スンテ DF:常本佳吾、関川郁万、キム・ミンテ、安西幸輝 MF:三竿健斗 MF:仲間隼斗、樋口雄太、和泉竜司 FW:土居聖真、エヴェラウド 監督:レネ・ヴァイラー ◆上位相手の連勝を【セレッソ大阪】 前節はホームに川崎フロンターレを迎えて2-1で勝利。上位との3連戦で、白星発進となった。 今節の相手は鹿島。2位につけており、チームの状態も悪くない。簡単に勝てる相手とは言えない。 川崎F戦ではセットプレーから逆転勝ちを収めたが、相手のパスワークには圧倒される状況も。今節の鹿島も選手とボールが動くサッカーを見せており、同じ轍を踏む可能性もある。 ただ、川崎F相手に勝利できたことは自信にもなっているはず。あとは連戦んで選手が不足していることがどう影響するか。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、西尾隆矢、舩木翔 MF:毎熊晟矢、奥埜博亮、鈴木徳真、ジェアン・パトリッキ FW:アダム・タガート、山田寛人 監督:小菊昭雄 2022.07.06 16:46 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第20節:横浜FMvs広島】首位と4位、勝ち点さ「7」で迎える上位決戦

【明治安田生命J1リーグ第20節】 2022年7月6日(水) 19:00キックオフ 横浜F・マリノス(1位/40pt) vs サンフレッチェ広島(4位/33pt) [日産スタジアム] ◆いざ6連勝へ、前半戦のリベンジを【横浜F・マリノス】 前節は国立競技場での試合。清水エスパルス相手に3-5で大勝を収めた。この勝利で、J1通算500勝目を達成。チームとしてメモリアルな勝利となった。 これでリーグ戦も5連勝。首位を守っている状況ではあるが、混戦状況であることには変わらず、勝ち続けることが重要となる。 その中で迎える今節の相手は4位の広島。勝ち点差も「7」であり、この一戦での勝敗は、先の戦いを大きく左右すると言えるだろう。 広島相手には第7節で完敗。引かれた相手に対して崩しきれずに敗れたが、今節は相手がどう出てくるか。ただ、横浜FMのアグレッシブな戦いは力を増しているだけに、今節はしっかりと破って6連勝としたいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:松原健、岩田智輝、畠中槙之輔、永戸勝也 MF:渡辺皓太、マルコス・ジュニオール、藤田譲瑠チマ FW:水沼宏太、レオ・セアラ、仲川輝人 監督:ケヴィン・マスカット 出場停止:アンデルソン・ロペス ◆強度を出してやり切れるか【サンフレッチェ広島】 対する広島は前節のジュビロ磐田戦で3-0で勝利。無敗をガンバ大阪に止められたが、連敗を避けることに成功した。 横浜FMに対しては、上を目指すのであれば勝利が必要。この一戦が今季を占うというと言っても過言ではないだろう。 ホームでは完勝したが、同じサッカーをしていて勝てる相手ではない。それでも、ハイプレスでボールを奪って、ショートカウンターで仕留められるかどうかだ。 チームとして強度は高まっているだけに、まずはやりきっていくことが大事になるだろう。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:大迫敬介 DF:塩谷司、荒木隼人、佐々木翔 MF:藤井智也、野津田岳人、松本泰志、東俊希 MF:森島司、満田誠 FW:ナッシム・ベン・カリファ 監督:ミヒャエル・スキッベ 2022.07.06 16:33 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:鳥栖vs神戸】吉田孝行監督が3度目のリリーフ、やり続ける鳥栖相手に神戸は何を見せる?

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2022年7月2日(土) 19:30キックオフ サガン鳥栖(6位/27pt) vs ヴィッセル神戸(18位/11pt) [駅前不動産スタジアム] ◆アグレッシブさを前面に【サガン鳥栖】 後半戦初戦となった前節のFC東京戦は5-0と圧倒。良い守備から良い攻撃をまさに体現。前々節の悔しさを跳ね返した形となった。 川井健太監督が掲げるアグレッシブさを前面に出し、相手を制圧していくスタイルのサッカーはどのチーム相手にも行えている。その中で、しっかりと結果を残せており、チームとしても良いサイクルが生まれているところだ。 今節の相手は最下位の神戸。監督交代直後で、どのような変化があるのか、それともないのか。読めないところは多いが、鳥栖のスタイルは変わらない。 気をつけるべきは高い能力を持つ個々の局面での対応。しっかりと受け過ぎずに組織として対応できるかがポイントとなる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:朴一圭 DF:島川俊郎、田代雅也、ジエゴ MF:原田亘、福田晃斗、小泉慶、岩崎悠人 MF:堀米勇輝、本田風智 FW:宮代大聖 監督:川井健太 ◆3度目の正直なるか【ヴィッセル神戸】 最下位から抜け出せない神戸に激震が。ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が3カ月足らずで解任の憂き目に。吉田孝行監督が指揮を執ることとなった。 三浦淳寛監督でスタートした今季は、周囲の予想とは大きく異なり結果が出ずに低迷。暫定指揮を執っていたリュイス・プラナグマ監督も含めれば、吉田監督が4人目というのだから、いかにチームが混沌としているかが分かる。 そもそも、守備の立て直しという観点で招へいしたロティーナ監督はその役目を一定は果たしていたと言える。守備に重きを置くことで、神戸が理想としていた華やかな攻撃が見れなくなることもわかっていたはずだ。 もちろん結果が伴っていないということは大きな要因だが、チームとして何を求めていくのか。どこに向かっていくのかが本当に定まっているのかは不安要素。そして、これまで2度も火中の栗を拾ってきた吉田監督に3度目の登板をさせてしまった。 就任からわずか数日で何かを変えられるとは思えないが、クラブとして今の状況が良くないことを認識しなければ、浮上することは不可能だろう。その気概をこの一戦では見せてもらいたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:前川黛也 DF:山川哲史、菊池流帆、小林友希、酒井高徳 MF:山口蛍、橋本拳人 MF:武藤嘉紀、アンドレス・イニエスタ、汰木康也 FW:大迫勇也 監督:吉田孝行 2022.07.02 16:55 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:湘南vs名古屋】好調・町野修斗に牽引される湘南、名古屋との“シックスポインター”

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2022年7月2日(土) 19:00キックオフ 湘南ベルマーレ(16位/19pt) vs 名古屋グランパス(11位/21pt) [レモンガススタジアム平塚] ◆まずは降格圏脱出へ【湘南ベルマーレ】 前節は京都サンガF.C.とアウェイで対戦し、0-1で勝利。後半戦初戦を白星スタートを切るとともに、今季2度目の連勝を飾った。 直近5試合で4勝1敗と一気に勝ち点を稼いだ湘南。まだプレーオフ圏にいるが、ここから一気にジャンプアップするだけの準備は整った。 この4勝を呼び込んだのは町野修斗。4試合で6ゴールを奪う活躍を見せており、チームの起爆剤となっている。 決して巧いタイプの選手ではないが、訪れたチャンスをしっかりとモノにする力を持っており、かつてギラヴァンツ北九州時代に見せていた特徴を発揮し出している。 チャンスの数が多いとは言えない中で、決定率を上げることは大きなポイント。今節も町野の躍動に期待がかかる。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:舘幸希、大岩一貴、杉岡大暉 MF:石原広教、田中聡、畑大雅 MF:池田昌生、茨田陽生 FW:瀬川祐輔、町野修斗 監督:山口智 出場停止:米本拓司 ◆不安定さ拭えず、必勝の一戦【名古屋グランパス】 前節は上位の鹿島アントラーズをホームに迎えた中、1-1のドローに終わった。 なかなか調子が出ないチームは新たにストライカーを補強。まだ出場はできないが、得点力が明らかに課題のチームの起爆剤になるかは今後の注目だ。 そこまで良い流れを作りたいなか、今節は森下龍矢が出場停止。名古屋の特徴であるサイド攻撃の右翼を欠いてしまうこととなった。 縦に仕掛けられる選手がいないだけに、今節は左変調になる可能性もある状況。その中で、チームが混乱しなければ良い。 湘南のアグレッシブさを前に押し込まれれば一気にやられる可能性もあり、負ければ順位は抜かれる状況。負けてはいけない一戦だ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:武田洋平 DF:中谷進之介、藤井陽也、丸山祐市 MF:内田宅哉、レオ・シルバ、相馬勇紀 MF:稲垣祥、仙頭啓矢 FW:マテウス・カストロ、柿谷曜一朗 監督:長谷川健太 出場停止:森下龍矢 2022.07.02 16:34 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly