RBライプツィヒ、在籍5年のカンプルと2024年まで契約延長!

2022.05.17 22:17 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RBライプツィヒは17日、元スロベニア代表MFケビン・カンプル(31)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。

2017年にレバークーゼンから加入したカンプルは、在籍5シーズンでクラブ歴代9位となる公式戦170試合に出場。今シーズンはセントラルMFで公式戦39試合に出場し、質と量を兼ね備えた気の利くプレーで若手中心のチームを支えてきた。

21日にフライブルクとのDFBポカール決勝を控える中、クラブとの新契約にサインした31歳MFはクラブ公式サイトを通じて新たな意気込みを口にしている。

「RBライプツィヒは僕のクラブであり、ライプツィヒは僕の街であり、僕と家族にとって長い間、第二の故郷のようになったんだ。2017年からここで素晴らしい成功を収め、さらに歴史を刻み続けるこの場所に居られることを誇りに思う」

「今はベルリンで3度目のポカール決勝という大一番が控えているけど、今度はライプツィヒにトロフィーを持ち帰りたい。ファンのみんなにはその資格がある。決勝の前に新しい契約を発表できたことは、より素晴らしいことだし、これからも一緒にこの旅を続けていくことを示すものだよ」

関連ニュース
thumb

代表戦で負傷のライプツィヒFWポウルセン、8月半ばまで復帰できず

ライプツィヒのデンマーク代表FWユスフ・ポウルセンが、ケガにより8月半ばまで練習に復帰できない見込みとなった。ドイツ『ビルト』が伝えている。 ポウルセンは今月10日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23のクロアチア代表戦で負傷。83分の途中出場からわずか7分後にケガを負い、交代を余儀なくされていた。 後日、ライプツィヒは左足内転筋の負傷を発表。当初は全治は6週間と見られていたが、『ビルト』によれば、少なくとも8月中旬までは復帰できないとのこと。つまり、7月30日に予定されているバイエルンとのスーパーカップや、8月初週に控えるシュツットガルトとのブンデスリーガ開幕戦は欠場することが濃厚となった。 在籍9年目だった昨季のポウルセンは、公式戦35試合に出場し、7ゴール3アシストを記録していた。 2022.06.29 14:50 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズがグヴァルディオル獲得へ問い合わせ? だが、移籍成立には障害多し

トッテナムがRBライプツィヒのクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオル(20)の獲得に向け、公式な問い合わせを行ったようだ。 今夏の移籍市場で左利きのセンターバックを優先事項の一つとするトッテナム。ここまではインテルのイタリア代表DFアレッサンドロ・バストーニの獲得に動いたものの、クラブと選手双方が残留を希望しており、交渉はほぼ絶望的な状況だ。 さらに、ビジャレアルのスペイン代表DFパウ・トーレス、利き足は右足も左のセンターバックでもプレー可能なトリノのブラジル人DFグレイソン・ブレーメルと、その他のターゲットとの交渉も難航している。 そういった中、『フランス・フットボール』などで働く著名なジャーナリストであるナビル・ジェリット氏によると、トッテナムは以前から関心を示すグヴァルディオル獲得への動きを進めているという。 チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドも関心を示す逸材に対して、ライプツィヒサイドに公式な問い合わせを行ったようだ。 ただ、ライプツィヒは2026年まで契約を残す同選手の売却を望んでおらず、選手自身も今夏のタイミングでの移籍に積極的ではないという。さらに、バストーニやパウ・トーレス以上の高額と言われる移籍金がネックとなる。 バルカン半島出身らしい185cmの恵まれた体躯を生かした対人プレーの激しさ、テクニシャン揃いのディナモ・ザグレブで育った足元の技術を兼備する左利きのセンターバックは、ステップアップしたブンデスリーガでもシーズンを通して安定したパフォーマンスを披露。公式戦45試合2ゴール3アシストの数字を残していた。 2022.06.27 13:41 Mon
twitterfacebook
thumb

ケルン、ライプツィヒからU-21ドイツ代表MFを獲得!

ケルンは24日、RBライプツィヒからU-21ドイツ代表MFエリック・マルテル(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。 ライプツィヒのアカデミー育ちのマルテルは、センターバックもこなす188cmの守備的MF。2020年12月に行われたDFBポカールのアウグスブルク戦でトップチームデビューを果たしたが、以降は出番に恵まれず。2021年1月にオーストリア・ウィーンへ1年半のレンタルに出されると、ここまで公式戦55試合に出場し、4ゴール5アシストの数字を残していた。 ドイツの世代別常連でもあるホールディングMFには国内外からオファーが届いていたものの、母国のトップリーグでのプレー機会を求めたマルテルは、ケルンという堅実な移籍先を選択した。 2022.06.24 20:16 Fri
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、今季リーグ戦20G14Aのエンクンクと契約延長!

ライプツィヒは23日、フランス代表MFクリストファー・エンクンク(24)の契約を2026年6月30日まで延長したことを発表した。 パリ・サンジェルマンの下部組織出身のエンクンクは、2019年夏にライプツィヒに加入。その初年度からブンデスリーガで32試合5ゴール15アシストの成績を残すと、今季は33試合で20ゴール14アシストと大暴れ。ゴールとアシストを足した成績では、バイエルンのFWロベルト・レヴァンドフスキ(35ゴール4アシスト)に次いで2番目の数字を記録した。 この活躍に古巣のPSGやマンチェスター・ユナイテッドが関心を示していた中、2024年夏までだった契約を2年延長。伝えられるところによれば、2023年夏から有効となる6000万ユーロ(約85億4000万円)から6500万ユーロ(約92億5000万円)の契約解除条項も付随しているようだ。 エンクンクは契約延長に際し、自身は4ゴール3アシストで優勝に貢献したDFBポカールを引き合いにし、さらなる成功を掴み取りたいと意気込みを語った。 「ライプツィヒのユニフォームを着続けることができて嬉しいよ。DFBポカールの優勝も素晴らしかったけど、僕の物語はここで終わりじゃないことは明らかだった。もっと成功したいんだ!」 2022.06.23 18:36 Thu
twitterfacebook
thumb

今夏積極補強のリーズ、指揮官の教え子であるライプツィヒMFにも関心か

リーズ・ユナイテッドがRBライプツィヒのアメリカ代表MFタイラー・アダムス(23)獲得に関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 リーズは今年2月に就任したジェシー・マーシュ監督の下で、今夏積極的な補強に着手。すでに指揮官がかつて指揮したレッドブル・ザルツブルクからアメリカ代表MFブレンデン・アーロンソン(21)とデンマーク代表DFラスムス・クリステンセン(24)を獲得したほか、バイエルンからスペイン人MFマルク・ロカ(25)の補強にも成功している。 しかし、マーシュ監督は中盤の要であるイングランド代表MFカルヴァン・フィリップスにマンチェスター・シティ移籍の可能性があることから、さらなる補強を望み、ライプツィヒのアダムスに狙いを定めているようだ。 ニューヨーク・レッドブルズのアカデミー出身であるアダムスは2019年に加入したライプツィヒで徐々に出場機会を増やすと、今季は公式戦36試合に出場。チームのトップ4フィニッシュに貢献している。 アダムスは今冬もアーセナルが関心を示すなどビッグクラブが注目する存在だが、同胞でありライプツィヒ時代に同選手を指導した経歴を持つマーシュ監督は、獲得に自信を示しているようだ。 2022.06.21 16:39 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly