マドリーがセバージョスとアセンシオに二択を迫る…契約延長か今夏移籍か

2022.05.17 21:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーが、MFダニ・セバージョス(25)とFWマルコ・アセンシオ(26)に二択を迫っているようだ。

セバージョスは2017年夏にベティスから加入するも、準レギュラーの枠を越えられず、2019年夏から2シーズンはアーセナルにレンタル移籍した。

アーセナルでは2シーズンで公式戦77試合に出場。主力として活躍したが、今季はマドリーに戻ることを選択。しかし、東京五輪で足首のじん帯を断裂し、シーズン前半を棒に振ることに。マドリーでは今季で通算在籍丸3年となるが、出場試合数はアーセナルより少ない。

一方、アセンシオは2015年夏に加入。エスパニョールでの武者修行を除けば今季で6シーズン目となる。2019-20シーズンヒザの十字じん帯断裂で長期離脱を強いられたものの、平均して1シーズンあたり40試合以上に出場しており、今季も公式戦42試合で10ゴールの成績を残す。

スペイン『ABC』によれば、マドリーは2023年夏で契約満了を迎える両選手に契約延長を打診する模様だが、一方で適当なオファーが届けば売却もやぶさかではないとのこと。フリーでの流出を避けるため、今夏のタイミングで延長か移籍かの二択を迫ると伝えられている。

関連ニュース
thumb

昨季リーグ戦13位に沈んだガラタサライ、アザールに関心か…同胞のメルテンスが今夏加入

レアル・マドリーのベルギー代表FWエデン・アザール(31)に、トルコ行きの可能性が浮上しているようだ。 チェルシーで一時代を築き、2019年夏に1億1500万ユーロ(約150億円)超えの移籍金でマドリーの一員となったアザール。だが、過去3年間で通算6得点10アシストと、切れ味鋭いドリブルで相手DFを切り裂いたプレミアリーグ時代の面影は鳴りを潜めている。 そんなベルギー代表キャプテンに対し、ある予想外のクラブが関心を寄せているという。それはガラタサライ。同クラブは今夏、アーセナルからウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ、さらにアザールの同胞である元ナポリのベルギー代表FWドリエス・メルテンスを獲得するなど、大物を次々と獲得。そして、とうとうマドリーの背番号「7」までもリストアップしたようだ。 トルコ『Fotomac』によると、ガラタサライはレンタル獲得も視野に入れているとみられ、その場合は選手の年俸のうち、マドリー側に400万ユーロ(約5億5000万円)を負担してもらう形が望ましいとの考え。マドリー側も受け入れ可能な数字だという。 大物2選手の獲得に加えてアザールにも関心と、交渉の行方はともかく、大きな野心を抱いているのは明らか。昨季はクラブ史上最低となるリーグ戦13位に沈んだこともあり、今季以降の巻き返しに力を入れているようだ。アザールの説得には友人のメルテンスも加わるとみられている。 2022.08.17 18:31 Wed
twitterfacebook
thumb

ティーレマンスが来夏マドリーへ? 今夏のビッグクラブ行きは進展せず…

去就が注目されるレスター・シティのベルギー代表MFユーリ・ティーレマンス(25)だが、レアル・マドリー行きもあり得ると、スペイン『Fichajes』が主張している。 2019年1月にモナコから加入して以来、不動の主軸としてプレーするティーレマンス。レスターで通算160試合24得点24アシストを記録しており、今季もプレミアリーグ開幕2試合にスタメン出場している。 だが、レスターとの契約は2023年夏まで。今夏はアーセナルやマンチェスター・ユナイテッドへの移籍も取り沙汰されてきたが、『Fichajes』は、フリーとなる来夏にマドリー行きという可能性も捨て切れないと主張している。 マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督は現在のチーム陣容に満足していることから、今夏のさらなる補強は非現実的。しかし、来夏にティーレマンスほどの選手を移籍金なしで獲得できるチャンスとあれば、マドリーが放っておくはずがない、との考えだ。 実際に近年は大物のフリー獲得が顕著であり、昨夏にバイエルンからオーストリア代表DFダビド・アラバを、今夏はチェルシーからドイツ代表DFアントニオ・リュディガーの加入を実現させている。 一方、レスターの首脳陣らもティーレマンスの来夏放出を検討し始めたという。今夏の移籍交渉が進展していないことに加え、選手自身に契約を延長する意思がほとんどないことが理由だと考えられている。 2022.08.17 15:07 Wed
twitterfacebook
thumb

投入直後に決勝FK、開幕戦逆転勝利に貢献のアラバ「アンチェロッティが決めろと言った」

レアル・マドリーのオーストリア代表DFダビド・アラバが、アルメリア戦での決勝点を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 マドリーは14日、ラ・リーガ開幕節でアルメリアと対戦。6分に先制を許し、前回王者が昇格組に大きく苦戦を見せる展開のまま前半を終えた。 しかし、61分にスペイン代表MFルーカス・バスケスのゴールで同点に追いつくと、75分にはボックス手前右で獲得したFKの場面で、キッカーはその直前で投入されていたアラバ。見事な左足のシュートをゴール右に叩き込み、逆転に成功した。 試合は2-1のまま終了し、マドリーが苦しみながらも白星発進。アラバは試合後、ファーストタッチでの決勝ゴールを振り返り、カルロ・アンチェロッティ監督とのエピソードを明かした。 「チームの勝利に貢献できたことはとてもうれしいよ。FKを蹴る前から調子が良かったし、チームも自信を持たせてくれた」 「ピッチに入る前、アンチェロッティは僕にFKを蹴るように伝え、そして『ゴールを決めろ』と言った。それが決まった後には、『だから言っただろう?』と話しかけられたよ」 また、「アルメリアはとても良いプレーをしたね。自信に満ちていて、大胆だった。アウェーでこのファンの前でプレーするのは簡単ではないと思ったし、相手の先制点の後にも何度かチャンスがあったね」ともコメント。対戦相手へのリスペクトを示しつつ、自身のコンディションについては「とても調子が良いし、常にベストな状態でいられるように努力しているよ」と好調であることを語った。 <span class="paragraph-title">【動画】絶妙なコースにアラバがFKを直接叩き込む!レアルが開幕戦勝利</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">ALABA FREE KICK GOLAZO WITH HIS FIRST TOUCH OF THE MATCH <a href="https://t.co/Bto4ZoMMsb">pic.twitter.com/Bto4ZoMMsb</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1558931260881248256?ref_src=twsrc%5Etfw">August 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.15 15:25 Mon
twitterfacebook
thumb

連覇目指すレアル、アンチェロッティ監督は苦戦を認める「守備のミスで試合を複雑にしてしまった」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、シーズン開幕戦となったアルメリア戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 2022-23シーズンのラ・リーガが開幕。マドリーはアウェイで昇格組のアルメリアと対戦した。 リーグ王者として連覇を目指す戦い。しかし、立ち上がりにミスから失点し、いきなりつまづいてしまう。 力の差は歴然としていながらも、アルメリアの集中した戦いの前にゴールを奪えず。苦しい展開となった中、61分にルーカス・バスケスがゴールを奪い同点とすると、75分にはダビド・アラバがゴール。1-2で逆転勝利を収めた。 試合後、アンチェロッティ監督はミスから苦戦したことを認めた。 「ここで苦しむのは当たり前だ。しかも修正できるはずの守備のミスで試合を複雑にしてしまったのだから、なおさらだ。そこから我々は苦しくなった」 「彼らはよく守っていたし、我々はゴール前で多くのシュートを放った。1点を取ったときは楽になった」 また、この試合でマドリーでのリーグ戦デビューを果たしたアントニオ・リュディガーについて言及。「リュディガーは良い試合をした。若手はいつものようなプレーができなかったが、満足している」と満足感。前半のみでピッチを後にしたエドゥアルド・カマヴィンガについては「カマヴィンガを交代させたのは、彼がカードを持っており、リスクを冒すのは危険だと思ったからだ」と語り、退場の可能性を排除するためだったとした。 この試合ではFWエデン・アザールが途中出場。昨シーズンはケガでまともにプレーできていなかった中、開幕戦から出番を与えた。 「フィジカル的には問題ない。彼はよくトレーニングしているし、今シーズンは出場機会を得られるだろう」 2022.08.15 12:17 Mon
twitterfacebook
thumb

アラバが投入直後にFK弾、王者レアル・マドリーが昇格組アルメリアに逆転勝利で白星スタート《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは14日、ラ・リーガ開幕節でアルメリアとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。 昨季ラ・リーガ王者のレアル・マドリーは、4日前に行われたフランクフルトとのUEFAスーパーカップを制した中、新戦力のチュアメニとリュディガーを先発起用。3トップはベンゼマ、ヴィニシウス、バルベルデを起用した。 8季ぶりに1部昇格を果たしたアルメリアに対し、開始6分に失点する。ラマザニにディフェンスライン裏を取られてそのままシュートを決めきられた。 失点後、バルベルデとベンゼマに同点のチャンスが訪れるも決めきれずにいると、13分にはサディクのミドルシュートでゴールを脅かされたレアル・マドリーは、攻めあぐねる状況が続いた。 前半終盤、攻勢に出たレアル・マドリーは37分、ヴィニシウスがボックス左まで侵入してGK強襲のシュートを浴びせると、続く40分にはCKからリュディガーのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKフェルナンドの好守に阻まれる。 43分にはクロースのフィードからL・バスケスがボレーでネットを揺らしたがわずかにオフサイドに阻まれ、1点ビハインドで前半を終えた。 迎えた後半、カマヴィンガに代えてモドリッチを投入したレアル・マドリーはオープンな展開を強いられると、GKクルトワが度々ゴールを脅かされる場面を作られる。 そんな中55分にはベンゼマに決定機が訪れるもボックス左から放ったシュートはGKフェルナンドのセーブに阻止された。その後、チュアメニに代えてアザールを右ウイングに投入したレアル・マドリーはバルベルデを中盤へ。 すると61分、同点とする。ヴィニシウスがボックス左で突破を図ったプレーから、最後はルーズボールをL・バスケスが押し込んだ。 そして75分、直前に投入されたアラバが魅せる。ボックス手前右で得たFKを見事に決めきった。 これが決勝点となってレアル・マドリーが勝利。苦しみながらも白星スタートとしている。 2022.08.15 06:58 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly