千葉、MF髙橋壱晟は左鎖骨骨折、MF熊谷アンドリューは頭部の負傷も大事に至らず

2022.05.17 18:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ジェフユナイテッド千葉は17日、MF髙橋壱晟、MF熊谷アンドリューの負傷状況を報告した。

両選手ともに15日に行われた明治安田生命J2リーグ第16節のブラウブリッツ秋田戦で負傷したとのことだ。

高橋はルーズボールを競り合った際に相手選手のスパイクが顔付近に入りそのまま交代。秋田が謝罪の声明を出すまでに発展する危険なプレーだった。

クラブの発表によると、高橋は左鎖骨骨折と診断。全治は2〜3カ月になるという。

また、熊谷は頭部を負傷。大きな問題はないと報告されたが、復帰に向けては慎重に対応するとのことだ。

高橋は今シーズンの明治安田生命J2リーグで3試合に出場し1得点、熊谷は13試合に出場していた。

関連ニュース
thumb

東京V、千葉戦で違反行為のサポーター2名に入場禁止処分 「決して許されるものではありません」

東京ヴェルディは27日、前日にアウェイで行われたジェフユナイテッド千葉戦における同クラブサポーターによる違反行為が認められたと報告した。 東京Vの発表によると、26日に行われた2022明治安田生命J2リーグ、第23節の千葉戦において、アウェイサポーター席(東京Vを応援するエリア)で、観戦者によるJリーグ試合運営管理規程違反にあたる行為が確認されたという。 クラブは今回の違反行為を受け、当事者2名に対して下記の処分を科したことを報告した。 ■違反行為と処分内容 対象者1 違反行為:フィールドへのペットボトルの投げ込み行為。 処分内容:東京ヴェルディが出場する2022明治安田生命J2リーグ第24節、第25節、第26節、第27節への入場禁止。 対象者2 違反行為:ペットボトルの中身をスタンドからフィールドへ撒く行為。 処分内容:東京ヴェルディが出場する2022明治安田生命J2リーグ第24節への入場禁止。 また、東京Vは当日、試合観戦した人々、運営主管である千葉に対する謝罪と共に、違反行為に対して「決して許されるものではありません」と断固たる反対姿勢を示した。 「クラブとしては今回の違反行為を重く受け止め、当事者に対して下記の処分としましたのでお知らせいたします。当日、ご観戦をされたみなさま、運営主管であるジェフユナイテッド千葉様をはじめ多くの方々にご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます」 「審判、ルール、選手、観客、全ての関係者に対する尊重がある中で、全力を尽くして愉しむことがスポーツの本質です。試合実施時におけるJリーグ安全理念に反する行為は、決して許されるものではありません」 「試合運営管理規程は、選手や観戦するみなさまの安全のために設けられております。ファン・サポーターのみなさまにおかれましては、改めて遵守いただきますよう、ご理解とご協力をお願いいたします」 なお、城福浩新体制で川崎フロンターレを天皇杯で撃破するなど、公式戦2連勝中だった東京Vだが、この千葉戦ではセットプレーの3失点によって1-3のスコアで今季初黒星を喫していた。 同試合では主審による幾つかの微妙な判定、千葉GK新井章太の試合終盤の退場の場面などで、声出しが禁止されている中、アウェイサポーター席からブーイングや罵声があり、運営スタッフが声出し禁止を注意喚起するプラカードも掲げられていた。 2022.06.27 15:37 Mon
twitterfacebook
thumb

新潟との天王山を制した横浜FCが首位返り咲き! 新監督初陣の琉球は町田に敗戦【明治安田J2第23節】

26日、明治安田生命J2リーグ第23節の7試合が各地で行われた。 ニッパツ三ツ沢球技場では、今節最注目の横浜FCと新潟による天王山が行われた。立ち上がりからホームチームは渡邉、アウェイチームは舞行龍ジェームズがシュートを放つ白熱の展開に。徐々に新潟が敵陣でボールを回す時間が増えつつあった中、試合を動かしたのは横浜FCだった。 19分、左サイドの長谷川が右足でクロスを上げると、GKの目の前で小川が頭で合わせてネットを揺らした。 先制を許した新潟は高い支配率で試合を進めるも、なかなかゴール前でチャンスを作ることができず。38分に本間がカットインから放ったシュートはGKにキャッチされ、アディショナルタイムの松田のシュートはブロックされた。 試合を折り返すと、新潟はボックス右から鈴木がGK強襲のシュートを放つ。さらにこぼれ球を拾って二次攻撃を展開し、最後はボックス右から高木が狙うも、惜しくも枠を捉えることはできなかった。 さらに新潟は58分に決定機。左サイドからグラウンダーで入った斜めのパスをボックス松田がワンタッチで落とし、本間がダイレクトでコントロールショット。ゴール右上を捉えた完璧なコースだったが、GKブローダーセンにビッグセーブを見せつけられた。 守護神のファインプレーでリードを保った横浜FCは70分に突き放す。敵陣中央でヒールを使った巧みなコントロールを見せた長谷川からボックス右に走る渡邉へスルーパス。最後は冷静に流し込み、2点差に広げた。 その後、3点目にも迫った横浜FCが、守備でもクリーンシートのパフォーマンスで新潟に完勝。首位に返り咲いた。 フクダ電子アリーナでは千葉vs東京Vが行われた。前節に城福監督の初陣で白星を挙げた東京Vは、ミッドウィークに行われた天皇杯で川崎フロンターレ相手にジャイアントキリングを起こすなど公式戦2連勝を勢いづいていたが、この日は開始6分にFKから先制を許す苦しい展開に。 その後も失点が止まらず、37分には馬場がPKを与えて2失点目。後半立ち上がりの47分にもCKからネットを揺らされ、3-0とされる。 敗戦濃厚となるなか、後半アディショナルタイムに千葉GK新井がバスケス・バイロンとの接触の際に故意に頭を蹴られたとして逆上。相手を押し倒してしまい、一発退場となった。 千葉はすでに交代カードを使い切っていたため、GKはチャン・ミンギュが務めることに。すると、その直後のCKでンドカ・ボニフェイスにヘディングシュートを決められ失点。それでも千葉が3-1の快勝を収めている。 その他、ナチョ・フェルナンデス新監督の初陣となった琉球はホームで町田と対戦するも、0-1で敗戦。白星を飾ることはできなかった。 ◆第23節 ▽6月26日(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 3</span>-1 東京ヴェルディ 栃木SC 1-1 いわてグルージャ盛岡 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">横浜FC 2</span>-0 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 FC琉球 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 FC町田ゼルビア</span> 大宮アルディージャ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ツエーゲン金沢</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">レノファ山口FC 2</span>-1 ヴァンフォーレ甲府 ▽6月25日(土) ベガルタ仙台 1-1 モンテディオ山形 水戸ホーリーホック 1-1 ファジアーノ岡山 V・ファーレン長崎 0-0 ブラウブリッツ秋田 ロアッソ熊本 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 大分トリニータ</span> 2022.06.26 21:15 Sun
twitterfacebook
thumb

千葉が高卒2年目のブワニカ啓太とプロA契約 「また一から頑張っていきたい」

ジェフユナイテッド千葉は15日、FWブワニカ啓太(19)とのプロA契約締結を発表した。 5日に行われた明治安田生命J2リーグ第20節のベガルタ仙台戦で条件をクリア。契約の変更に至ったブワニカ啓太はクラブを通じて決意を新たにした。 「プロA契約を締結することができました。これからも自分の価値を高めていけるように一生懸命練習をして結果を出します。人間として、サッカー選手として素晴らしい人生を過ごせるようにまた一から頑張っていきたいと思います」 ブワニカ啓太は 修徳高等学校在学中の2020年に特別指定選手として千葉入りし、翌年に正式入団。今季もここまで明治安田生命J2リーグ8試合出場で3得点をマークしている。 2022.06.15 18:35 Wed
twitterfacebook
thumb

千葉主将の鈴木大輔が右大腿二頭筋肉離れで全治4~5週間…佐々木翔悟も負傷離脱

ジェフユナイテッド千葉は12日、DF鈴木大輔とDF佐々木翔悟の負傷を報告した。 両選手はともに試合中に負傷。鈴木は5日に行われた明治安田生命J2リーグ第20節のベガルタ仙台戦で右大腿二頭筋肉離れのケガを負って全治4~5週間と診断され、1日に行われた天皇杯2回戦のツエーゲン金沢戦で負傷した佐々木も同じく右大腿二頭筋肉離れで全治6〜8週間を要する見込みだ。 昨年に千葉入りした主将の鈴木はここまでJ2リーグ20試合に出場して2ゴール。鹿島アントラーズから加入1年目の佐々木は11試合でプレーしている。 2022.06.12 14:50 Sun
twitterfacebook
thumb

仙台、横浜FCはともに足踏み…岩手がJ2昇格後待望のホーム初勝利!【明治安田J2第20節】

5日、明治安田生命J2リーグ第20節の9試合が各地で行われた。 前日にアルビレックス新潟が引き分けたことで、暫定ながらも首位を明け渡したベガルタ仙台は、10位・ジェフユナイテッド千葉とのアウェイゲームに臨んだ。 序盤からテンポの良い攻撃を仕掛け、10分にはセットプレーのこぼれ球をボックス手前左から遠藤康が左足で狙うなど、立ち上がりから好機を作る。 劣勢だった千葉は鈴木大輔が24分に負傷交代というアクシデントに見舞われ、前節に続いて離脱者を出す苦しい展開に。ただ、尹晶煥監督はここで守備的な選手でなく、FWブワニカ啓太を投入して[3-4-2-1]から[4-4-2]へとシフトすると、これが奏功。チアゴ・デ・レオンソやチャン・ミンギュがフィニッシュを迎え、前半のうちに主導権を奪い返すと、折り返した後半の立ち上がりに立て続けにゴールを陥れる。 48分、左サイドから1本のパスで逆サイドまで展開すると、ボックス右角付近から西久保駿介が柔らかいクロス。ファーポストでレオンソと若狭大志が競り合うと、こぼれたボールをゴール前のブワニカが頭で押し込んだ。 2分後には中盤で攻守が入れ替わり続ける状況から、レオンソにボールがわたってキープすると、センターサークル内から右足アウトサイドで斜めのスルーパスを供給。好判断のトランジションを見せた見木友哉が抜け出し、ボックス左で迎えたGKとの一対一を冷静に沈めた。 反撃を試みる仙台はFKの波状攻撃からフォギーニョが至近距離からヘディングを見舞うが、GK新井章太に阻まれ、富樫敬真のボレーもネットを揺らせずに試合終了。6試合ぶりの黒星を喫した仙台が2位となり、3連勝を飾った千葉が7位にジャンプアップを果たしている。 上位2チームが足踏みをしたことで首位浮上のチャンスが転がり込んだ3位・横浜FCは、ホームに14位・東京ヴェルディを迎えた。 コンタクトプレー後に中村拓海と杉本竜士がエキサイトするなど、序盤から火花を散らす両チーム。17分にはボックス左から杉本が左足のシュートを放ち、4分後には端戸仁のポストプレーから井出遥也が右足を振り抜くなど、まずは東京Vが攻勢を掛ける。 対する横浜FCは29分、左サイドの浅い位置で長谷川竜也が斜めの浮き球を送り、サウロ・ミネイロがボレー。ジャストミートはしなかったが、GKの前で岩武克弥がヘディングを見せるも、ポストの左へそれた。 ゴールレスで迎えた後半に先手を取ったのはアウェイチームだった。杉本の裏抜けから左CKを得ると、梶川諒太のキックをGKスベンド・ブローダーセンの前で平智広が合わせて東京Vが先制点を奪う。 だが、横浜FCも直後のキックオフからすぐさま試合を振り出しに。一度下げてのガブリエウのロングフィードからボックス手前右でサウロ・ミネイロが競り合うと、こぼれ球にいち早く反応したイサカ・ゼインが右足で強烈な一撃を突き刺して同点とした。 その後は互いにチャンスを作るも新たなゴールは生まれず、1-1でタイムアップ。横浜FCは連勝がストップし、首位奪還とはならなかった。 また、最下位に沈むいわてグルージャ盛岡はホームでヴァンフォーレ甲府と対戦。24分にカウンターから石井圭太が先制点を挙げると、甲府の反撃もGK松山健太を中心にしのぎ切り、J2昇格後、待望のホーム初勝利を達成。4試合ぶりの白星で最下位を抜け出している。 ◆第20節 ▽6月5日(日) ブラウブリッツ秋田 2-2 ロアッソ熊本 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形 4</span>-0 FC琉球 大宮アルディージャ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 水戸ホーリーホック</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 2</span>-0 ベガルタ仙台 横浜FC 1-1 東京ヴェルディ <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">レノファ山口FC 2</span>-1 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大分トリニータ 3</span>-1 FC町田ゼルビア <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">いわてグルージャ盛岡 1</span>-0 ヴァンフォーレ甲府 栃木SC 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 V・ファーレン長崎</span> ▽6月4日(土) 徳島ヴォルティス 1-1 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 5</span>-1 ツエーゲン金沢 2022.06.05 20:14 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly