120周年を迎えるレアルのユニは“襟付き”に、シャツ全体にエンブレムがあしらわれた新デザインが発表!

2022.05.16 18:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーは16日、2022-23シーズンのホームユニフォームを発表した。

今シーズンのラ・リーガ優勝をすでに決め、チャンピオンズリーグ(CL)でも決勝進出を決めているマドリーだが、クラブ創設120周年を迎える来シーズンのユニフォームは、クラブの歴史を讃えるデザインになっている。

クラブの象徴とも言える白を基調に、サプライヤーであるアディダスのスリーストライプが紫色で肩に施されている。



ボタンのある襟付きが採用され、その内側にはクラブ120周年を祝うロゴが配置されているほか、ユニフォーム全体に無数のクラブエンブレムがエンボス加工であしらわれている。



1 2

関連ニュース
thumb

フランクフルト守護神、UEFAスーパーカップ敗戦も「ファンがどれほど誇らしげだったか見てもらえたはず」

フランクフルトのドイツ代表GKケビン・トラップがUEFAスーパーカップ敗北にも胸を張った。『UEFA.com』が伝えている。 トラップは10日にフィンランドで行われたUEFAスーパーカップのレアル・マドリー戦で守護神として先発した。試合はチャンピオンズリーグ(CL)王者を相手にいくつかのチャンスを作ったものの、37分にCKの流れから痛恨の失点。後半も劣勢が続くと、65分にさらなる失点を喫して万事休す。チームは最後まで得点を奪えず、クラブ史上初となるUEFAスーパーカップ優勝を逃した。 守護神としてフル出場を果たしたトラップは試合後に敗北を嘆きつつも、この舞台に立つまでのチームの歩みは素晴らしかったと強調。試合自体は勝てるチャンスがあったと語り、結果を悔やんでいる。 「エモーショナルな旅だったと思う。試合後のファンの反応を見れば、それがわかってもらえるだろう。試合には負けたけど、彼らがどれほど誇らしげだったか理解してもらえたはずだ」 「もちろん、この試合に勝ちたかったし、特に前半は1、2回得点するチャンスもあった。CL優勝チーム相手に負けてしまったが、試合全体を見てみれば今夜は堅実なパフォーマンスだったと思う」 「前半にチャンスを作れていれば、違うゲームになっていたかもしれない。(ブンデスリーガ開幕戦のあった先週)金曜日に比べて、多くのことが良くなっていた。コンビネーションも良かったね。良い試合ができただけに、結果は悪いものになってしまったと感じている」 2022.08.11 13:09 Thu
twitterfacebook
thumb

今季まず一冠目のマドリー、カルバハル「こうしたスタートを切れたのは喜ばしい」

レアル・マドリーのスペイン代表DFダニエル・カルバハルがUEFAスーパーカップ優勝を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 カルバハルは10日にフィンランドで行われたUEFAスーパーカップのフランクフルト戦で先発した。試合は立ち上がりこそ五分五分の状況となったが、いくつかのピンチを乗り切ると37分にCKからDFダビド・アラバが押し込み先制。その後もチャンスを作り続けたチームは65分にエースのFWカリム・ベンゼマが追加点を決めてリードを広げると、カルバハルら守備陣が最後まで失点を許さず、2-0で勝利した。 マドリーがUEFAスーパーカップ5回目の優勝で飾ったなか、試合後のカルバハルも喜びを隠さず。今週末にラ・リーガ開幕を控えるなかで、良いスタートが切れたと語った。 「スーパーカップはすでに4回優勝していたけど、今回も特別だね。僕たちは力強いパフォーマンスを見せることができたと思う。こうしたスタートを切れたのは喜ばしいことであり、これから起こるすべてに自信を持てるよ」 「チームはとても良い状態だ。練習に戻ってきてからも昨シーズンと同じく真剣に、一丸となって取り組んできた。今日のピッチでも、それを見ることができたね」 また、カルバハルは昨季に三冠を達成したチームがさらにタイトルを狙い続けると強調。こうしたチームでプレーできる幸せを噛みしめている。 「成功したシーズンを送った後、もう一度成功するのは難しいことだ。それでも、すべてを賭けて戦うよ。バルセロナ、アトレティコ、セビージャのいるリーガは困難なものであり、チャンピオンズリーグでは一戦一戦アプローチしていかなければならない。それでも、僕たちはまず1つ目のタイトルを獲得し、次の5つのタイトルを目指している」 「このシャツで、他のトロフィーを獲得することを願っているよ。このクラブに所属しているのは最高であり、キャプテンの一人であることを誇りに思っている」 2022.08.11 11:53 Thu
twitterfacebook
thumb

リーガ開幕前に弾みのアンチェロッティ「もっと良くなっていける」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督がUEFAスーパーカップ優勝に満足感を示した。スペイン『マルカ』が報じている。 今週末にラ・リーガの開幕が迫るレアル・マドリー。10日にヘルシンキで昨季のチャンピオンズリーグ王者としてヨーロッパリーグ覇者であるフランクフルトとのUEFAスーパーカップに臨んだ。 MF長谷部誠をベンチに置き、MF鎌田大地を先発起用したフランクフルトにチャンスも許したが、DFダビド・アラバとFWカリム・ベンゼマのゴールで2-0と勝利。通算5度目の優勝で飾っている。 今季のまず1冠目を手にし、国内リーグ戦の開幕に向けても弾みをつけたアンチェロッティ監督はチームの出来に手応えを語った。 「チームがハングリーで、モチベーションも高いというのはこの試合を見るまでもない。思ったよりも難しい試合だったが、アラバのゴールが決まってからは我々がうまくコントロールできた。守備陣の強固さも強調したいね。過去3回の決勝で失点しておらず、それは非常に重要なことだ」 イタリア人指揮官はまた、「ドレッシングルームの雰囲気は今までのなかでも一番良い」と続け、チームのさらなる成長を期待した。 「こういう状況は1年前に予見し難かった。大きなステップを踏んでいるが、もっと良くなっていけると思う」 そして、今季も主砲として期待がかかるベンゼマに対して「彼は世界で最も重要で、決定的な選手。彼のゴールやそのほかのプレーは我々にとって重要なものだ」と話している。 2022.08.11 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

初のUEFAスーパーカップ優勝逃したフランクフルト、グラスナー監督「マドリーが勝利に値した」

フランクフルトのオリバー・グラスナー監督がUEFAスーパーカップでの完敗を認めた。『UEFA.com』が伝えている。 昨季にヨーロッパリーグ(EL)を制したフランクフルトは、10日に行われたUEFAスーパーカップでチャンピオンズリーグ(CL)王者のレアル・マドリーと対戦した。立ち上がりは拮抗した展開となり、日本代表MF鎌田大地に決定機も訪れたが、決め切ることができず。37分にCKから失点を許したチームは後半に何度かチャンスを作ったものの、65分にさらなる失点。その後は試合をコントロールされ、0-2で敗れたチームはクラブ史上初となるUEFAスーパーカップ優勝を逃している。 試合後、グラスナー監督は大敗を喫した先週末のバイエルン戦より改善されていたとしつつ、それでもマドリーが勝利に値したとコメント。相手のレベルの高さを認めつつ、チームはまだ改善の余地があると語った。 「この前の試合と比較すれば、チームは改善されていたと思う。とはいえ、マドリーは世界中のどの相手に対しても、2、3回の素晴らしいチャンスを作ってくる。そして我々は、CKから先制点を許してしまった」 「チームは自分たちのチャンスをものにできなかったね。今日の試合ではマドリーがより良いチームであり、勝利に値するものだった」 「何度かいい形でポゼッションできていたとは思う。だが、最後の部分、ゴールにまでは届かなかった。それが、このレベルでまだ取り組まなければならないことだろう。とても歯がゆいね。我々は[4-4-2]に布陣を変更したが、連携がうまくいかなかった」 2022.08.11 10:33 Thu
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ&アラバ弾でフランクフルトを下したマドリーが5年ぶり5度目の制覇!《UEFAスーパーカップ》

UEFAスーパーカップのレアル・マドリーvsフランクフルトが10日にフィンランドのヘルシンキ・オリンピックスタジアムで行われ、2-0でマドリーが勝利した。フランクフルトのMF鎌田大地はフル出場、MF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 チャンピオンズリーグ王者のマドリーとヨーロッパリーグ王者のフランクフルトの一戦。 今週末にラ・リーガ開幕を迎えるマドリーは、ベンゼマやクロース、カゼミロ、アラバなど昨季の主力を先発で起用。新加入のリュディガーやチュアメニはベンチスタートとなった。 一方、先週末に行われたブンデスリーガ開幕戦でバイエルンに大敗を喫したフランクフルトは、その試合から先発を2人変更。ゲッツェとコスティッチに代えて鎌田とレンツが先発に名を連ねた。長谷部はベンチスタートとなっている。 一進一退の立ち上がりとなる中、ファーストシュートはフランクフルトに生まれる。14分、ボレのパスをバイタルエリア中央左で受けた鎌田がボックス内まで切り込みシュート。しかし、これはGKクルトワのセーブに防がれた。 対するマドリーは17分、右サイドを突破したバルベルデの折り返しを中央のベンゼマがフリック。最後はフリーのヴィニシウスがシュートを放ったが、これはゴールカバーに戻ったトゥタにライン手前でブロックされた。 膠着状態が続く中、マドリーは37分にセットプレーから先制する。クロースの右CKをボックス内でベンゼマが競り合うと、浮き球をゴールエリア右のカゼミロが頭で折り返し、最後はアラバがゴールに押し込んだ。 先制したマドリーは、41分にもクロースの右クロスからベンゼマに決定機が訪れたが、シュートはわずかにゴール左へ逸れ、1-0で前半を終えた。 迎えた後半、先にチャンスを作ったのはマドリー。55分、モドリッチのパスで左サイドを抜け出したF・メンディのクロスからボックス内のヴィニシウスがチャンスを迎えたが、シュートはGKトラップの好セーブに防がれた。 1点を追うフランクフルトは、58分にローデとリンドストロームを下げてゲッツェとコロ・ムアニを投入。64分、鎌田のパスを受けたクナウフがボックス右からカットインし右アウトサイドでシュートを放ったが、これはGKクルトワにキャッチされた。 マドリーは直後の65分、F・メンディのスルーパスで左サイドを抜け出したヴィニシウスがボックス左まで侵入し折り返しを供給。これを中央のベンゼマが右足ダイレクトでゴールに流し込んだ。 リードを広げたマドリーは、85分にクロースとカルバハルを下げてチュアメニ、リュディガーの新加入組を投入。その後も危なげない試合運びを見せたマドリーは、フランクフルトに決定機を作らせず、2-0のままタイムアップ。 ベンゼマ&アラバのゴールでフランクフルトに完勝したマドリーが、5年ぶり5度目のUEFAスーパーカップ制覇となった。 2022.08.11 06:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly