「下手したら大けが」主審も即レッドカードの強烈カーフキックを食らった三笘薫に心配の声「洒落にならない」

2022.05.16 20:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズの日本代表MF三笘薫が相手の退場を誘発した。

15日、ジュピラー・プロ・リーグのチャンピオンズ・プレーオフ第5節が行われ、サン=ジロワーズはアウェイでアンデルレヒトと対戦。三笘は左ウイングバックとして2試合連続で先発出場を果たすと、開始早々にいきなりゴールを決める。

三笘が自ら持ち上がり、左サイドに展開すると、味方がクロスを供給。これはファーサイドに流れるが、ボックス内右で受けたラザール・アマニが折り返すと、三笘がゴール前で詰めて先制点を記録した。

フル出場した三笘だったが、87分には守備でも力を発揮。相手DFアミル・ムリージョのドリブル突破を三笘がカットする。しかし、そこから反撃に転じようとしたところで背後のムリージョから強烈な蹴りを食らってしまった。

主審は迷わずレッドカードを提示。三笘は痛みに悶絶したものの、幸い無事だった。しかし、このプレーには批判の声が上がり、「これ、ひどいな」、「下手したら大けがする」、「とんでもねぇファウル」、「洒落にならないぞ」といった意見のほか、「削られ過ぎて怪我が心配」など三笘を心配する声も寄せられている。

サン=ジロワーズへはレンタルで加入している三笘。今シーズンも残すところプレーオフ1最終節のアントワープ戦のみとなっており、無事にシーズンを終えてくれることを祈るばかりだ。

1 2

関連ニュース
thumb

ブライトン、今夏獲得の若手FWアディングラを系列ユニオンへレンタル

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは4日、コートジボワール人FWシモン・アディングラ(20)がロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズにレンタル移籍することを発表した。レンタル期間は2022-23シーズン終了までとなる。 ブライトンは、先月24日にデンマークのノアシェランからアディングラを4年契約で獲得したことを発表。だが、イギリスの労働許可証取得の問題、あるいはいきなりのプレミアリーグでのプレーは実力的に厳しいと判断したのか、系列クラブのユニオンへ武者修行に出す決断を下した。 ブライトンでテクニカルディレクターを務めるデイビッド・ウィアー氏は、「今回の契約は彼に、本当に良いレベルのレギュラーとして活躍する機会を与えてくれるだろう。新しい国やリーグに適応することに加え、ヨーロッパでのフットボールを経験することは、彼の人間的な成長、そしてプロフェッショナルとしての成長に繋がる」と、今回のレンタルの意図を説明した。 ガーナの名門育成組織ライト・トゥ・ドリーム・アカデミー出身のアディングラは、2020年にノアシェランのユースチームに加入。その翌年にトップチームデビューを飾ると、今シーズンの公式戦では33試合10ゴール4アシストの数字を残した。 左ウイングを主戦場に前線の複数ポジションでプレー可能な175cmのアタッカーは、ブラックアフリカン特有の身体能力の高さを生かしたダイナミックな仕掛けが最大の持ち味。快足を生かした背後への飛び出しに加え、トリッキーな足元の技術、遊び心のあるプレーで一対一の局面でも存在感を放つドリブラーだ。 戦術理解度やフィニッシュの精度、フィジカル的にも大きな伸びしろを残すが、近年多くの逸材アタッカーを輩出しているノアシェランが目を付けただけのクオリティーを持った逸材と言える。 ポジション的には日本代表MF三笘薫と被る可能性が高かったが、三笘が昨シーズンに歩んだ道を辿る形でベルギーへのレンタルが決定した。 <span class="paragraph-title">【画像】今夏加入も武者修行へ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Welcome to the club, Simon! <a href="https://t.co/6WE2hETMF3">pic.twitter.com/6WE2hETMF3</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1540453560902684676?ref_src=twsrc%5Etfw">June 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.07.04 17:38 Mon
twitterfacebook
thumb

日本代表MF三笘薫が大学時代からの交際相手との入籍を発表!「楽しく明るい家庭を築いていきたい」

日本代表MF三笘薫(25)が、自身のインスタグラムを通じて入籍を発表した。 3日、三笘はインスタグラムを更新。筑波大学時代より交際していた恋人と入籍をしたとのことだ。 「日頃より温かいご声援ありがとうございます。この度、大学時代からお付き合いしていた方と入籍いたしました」 「どんな時も寄り添い支えてくれた彼女とこれからも楽しく明るい家庭を築いていきたいと思います」 「これからも温かく見守っていただけると嬉しいです」 川崎フロンターレの下部組織出身の三笘はトップチームに昇格せずに筑波大学へと進学。大学時代にも注目を集めると、川崎Fでプロ入りを果たす。 2020年に正式入団すると、1年目から躍動。途中出場で結果を残すと時期にスタメンに定着。J1で30試合に出場し新人最多記録タイの13ゴールを記録。チームの優勝に貢献するだけでなく、ベストイレブンにも選出された。 2年目もJ1で20試合に出場し8ゴールを記録。東京オリンピックでも活躍すると、2021年8月にブライトン&ホーヴ・アルビオンに完全移籍。イギリスでの労働許可がおりないため、ベルギーのロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズへとレンタル移籍した。 初の海外挑戦となった中、ジュピラー・プロ・リーグではチームを牽引する活躍を見せ。リーグ戦27試合で7ゴールを記録。見事にレギュラーシーズンの優勝に貢献していた。 日本代表にも選ばれ、カタール・ワールドカップ(W杯)のアジア最終予選でも活躍。7試合で4ゴールを記録していた。 <span class="paragraph-title">【写真】三笘薫がお相手の女性と拳を合わせて指輪を披露</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfjGvhMPV3c/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfjGvhMPV3c/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfjGvhMPV3c/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">三笘薫(@kaoru.m.0520)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.03 21:11 Sun
twitterfacebook
thumb

「憧れの大先輩がやってきた!!」下部組織育ちの三笘が川崎F・U-15の練習に参加! 「こうやって次の世代に」

日本代表MF三笘薫が川崎フロンターレの後輩たちを指導した。クラブの公式ツイッターが伝えている。 川崎Fの下部組織で育った三笘は、高校卒業時でのトップ昇格を断り筑波大学へ進学。その後川崎Fの特別指定選手に承認されると、2020年に入団。1年目からJ1新人記録に並ぶ13得点を記録し、プロ1年目でベストイレブンを受賞した。 2020年夏にブライトン&ホーヴ・アルビオンへと完全移籍すると、今シーズンはブライトンからのレンタルという形でロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズでプレーした。 海外での1年目のシーズン、決して慣れているとはいえない左ウイングバックで奮闘し、公式戦28試合に出場して8ゴール4アシストを記録した三笘だが、シーズンオフの5月には川崎Fの練習に参加。クラブのファンを沸かせていた。 6月に行われた日本代表活動にも招集され、全4試合で2ゴールを奪っていた三笘だが、再び川崎を訪問。今度はU-15チームの練習に参加した。 日本を代表するドリブラーの指導に、子供たちは真剣な表情。三笘を中央に据えた記念写真では弾ける笑顔を見せていた。クラブも「世界で戦う #三笘薫 のプレーを間近で見た選手はもちろん、アカデミー時代に関わったスタッフも最高に嬉しそうでした」とその様子を伝えている。 これにはファンも「何て、良い先輩なんだ」、「最高じゃないか」、「素晴らしい時間だね」、「フロンターレの未来は明るい」、「こうやって次の世代に引き継がれていくのね」と感激の様子だ。 <span class="paragraph-title">【写真】「みんなにっこにっこ」三笘薫と川崎F・U-15の子供たち</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">\憧れの大先輩がやってきた!!/<br><br>本日U-15の練習にカオルが登場!!<br>選手たちを激励してくれました。<br><br>世界で戦う <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E7%AC%98%E8%96%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三笘薫</a> のプレーを間近で見た選手はもちろん、アカデミー時代に関わったスタッフも最高に嬉しそうでした。<br><br>カオル、本当にありがとう。<br>またいつでも帰ってきてください! <a href="https://twitter.com/hashtag/frontale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#frontale</a> <a href="https://t.co/9Iqhp3Px2s">pic.twitter.com/9Iqhp3Px2s</a></p>&mdash; 川崎フロンターレ (@frontale_staff) <a href="https://twitter.com/frontale_staff/status/1541775945945649152?ref_src=twsrc%5Etfw">June 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.29 18:05 Wed
twitterfacebook
thumb

三笘薫、さらなるレベルアップ期す 「怖い存在と認識させるプレーを」

日本代表MF三笘薫が9日、メディアのオンライン取材に応じた。 カタール・ワールドカップ(W杯)出場を決め、試しと競争のフェーズに入った日本。2日にパラグアイ代表戦、6日にブラジル代表戦を消化したチームは10日にガーナ代表と対戦する。 先発したパラグアイ戦に続いて、ブラジル戦も72分から出場した三笘はチームとしても世界との差を痛感したFIFAランキング1位国との対戦を経て、自らの課題を口にしている。 「スピードやフィジカルはもちろんだけど、判断の処理やポジショニングの修正だったり、ピッチ内でどれだけ格上相手に冷静に自分たちが優位になれるかという思考のところは改善できる部分が多かったと思う」 その課題を胸にカタールW杯出場国でもあるガーナとの試合を10日に迎えるわけだが、「ブラジルよりもスピードのある選手も多くいる」と分析。自らが活躍する道筋を続けた。 「そういう相手とやるのは良い機会。自分がスピードで勝てない相手にどういうふうに打開していくかがカギになる」 ただ、ベルギーでの欧州1年目で「身体能力がある選手でもウィークがあると感じた」と切り出し、「一つひとつの細かい動きでも相手にダメージを与えられる」と気づきも明かす。 そうした収穫をもって活躍が期待されるW杯だが、あと約5カ月後と目前。ここからのレベルアップは時間の勝負にもなってくるが、三笘は努力すべき点を明確に打ち出している。 「プレーの幅を広げるというひと言に尽きる。もっと相手に選択を与えて、怖い存在だと認識させるようなプレーをしないといけない」 「シュートのところだったり、ドリブルの形だったり、クロス、そういったところのバリエーションと質が求められると思っている」 ユニオン・サン=ジロワーズで公式戦8得点をマークした今季に慢心せず、本大会のメンバー入り、そして活躍にさらなるレベルアップの必要性を説く三笘。今後も大いに注目だ。 2022.06.09 17:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「まだまだレベルが低い」ブラジル相手に仕掛け通用せず、三笘薫が感じたもの「差が大きい」

日本代表のMF三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ/ベルギー)がブラジル代表との一戦を振り返った。 6日、日本はキリンチャレンジカップ2022でブラジルと対戦した。 大雨の降るなか、日本代表としては初となる新国立競技場での初陣。ほぼベストメンバーの相手に開始早々に決定機を作られるなどしたが、粘り強く戦った。 この日の日本はブロックを引いて守備を固めるだけでなく、アグレッシブにボールを奪いに行き、攻撃的にもプレー。その中でも、局面を打開してくるブラジルに手を焼き、簡単にボックス内に侵入される回数が増えていった。 前半をベンチで見ていた三笘は「ベンチから見ていて、うまさというか、ワンツーだったり崩し方が分かっていても技術が高く、組織というよりも相手がアイデアを持って崩しに来る」とコメント。個々の高い能力が合わさって崩されると語った。 0-0で迎えた73分に途中出場した三笘。その後に1点を取られた中、左サイドを何度か仕掛けていた。その点については「選択肢は自分ももう少しドリブル以外も持てれば良かったですが、相手が疲れていた中でフレッシュなのに対応されてしまい、強さは感じられました」とコメント。自身の方が状態が良くても止められたと反省した。 イメージとの差については「自分の得意な形で仕掛けようというのはできたと思いますけど、相手の強さも感じましたし、スピードのところではまだまだ全然足りないなと思いました」とコメント。エデル・ミリトン(レアル・マドリー)との対峙となったが、「映像を見ないとわからないですが、仕掛けるところとパスの判断をうまくしないといけないですし、時間がなかったので仕掛けることを意識していましたが、流れを変えることができませんでした」と反省。「スピードやフィジカルをあげていかなければいけないと思いました」とレベルアップが必要だとした。 対ミリトンについては「最後の方はスピード感もゆっくりでスペースもあったので切り込んでいくことしか考えていなかったです」と語り、「ボールを持ってやり切ることしか考えていなかったので、タメを作ったり崩したりをしようと思っていました」とコメント。「早いのはわかっていたので、ドリブルがどこまで通用するかはかりたいこともありました。2回仕掛けて止められたので、自分の力を測れたと思います」と、ヨーロッパのトップでプレーする選手との差を感じられたと振り返った。 その中で1本目は抜けかけたが、2本目は止められてしまった。相手の対応力については「僕自身の仕掛け方を1本目見て、立ち位置や体の向きも対応されたと思いますし、そこを見て対応されたので、僕もプレーを切り替えなければいけないといけないと思います」と、さらに相手を上回らなければいけないとした。 W杯本大会ではドイツ代表やスペイン代表と対戦。勝ち点1、勝ち点3を取るために必要なことについては「誰が出ても同じようなレベルを出してくるというのはあると思います。いろいろな選手がアイデアを持って崩してくるので、1人1人が崩す能力が高くて、全員が攻撃も守備もできて、ドリブルもパスもできます」とブラジルについてコメント。「1試合は勝ったり引き分けたりできるかもしれないですが、差はまだまだあって、そこは高めていかなければいけないと思います」と、個々の更なるレベルアップがなければ、しっかりとは戦えないと感じたようだ。 改めてブラジルとの差については「最後の20分出てみて、強度が高いとは感じなかったですし、雨もあって前半の方が強度難かったと思います。そこでも得点に絡めなかったので、まだまだレベルが低いというか、高いレベルでやらないと近づかないと思います」と、自身はまだまだレベルが低いとコメント。「強さを肌で感じられて良かったですが、差が大きいこともより感じられたので、レベルアップしないと本大会までに勝てないと思います」と、残り5カ月での更なる成長を誓った。 2022.06.06 22:55 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly