ナポリがホーム最終戦で勝利、敗れたジェノアは降格《セリエA》

2022.05.16 00:03 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第37節、ナポリvsジェノアが15日に行われ、3-0でナポリが勝利した。

逆転スクデットの可能性が前節潰え、既に4位以上を確定させている3位ナポリ(勝ち点73)と、前節ユベントスを下したものの、敗戦すると降格となる19位ジェノア(勝ち点28)の一戦。

オープンな展開で立ち上がった中、13分にジェノアにビッグチャンス。ゴール正面からイェボアの放ったミドルシュートがバーに直撃した。

その後も攻め込んだジェノアが良い入りを見せた中、ナポリは28分、インシーニェが得意の左45度から際どいシュートを浴びせると、32分に先制した。右サイドからのディ・ロレンツォのクロスをオシムヘンがヘッドで叩き込んだ。

続く36分にインシーニェが華麗な個人技からGK強襲のシュートを放ったナポリがハーフタイムにかけては主導権を握った中、1点のリードで前半を終えた。

迎えた後半、54分にジェノアに同点の絶好機。アミリのスルーパスを受けたポルタノーバがGKと一対一に。しかし、シュートはオスピナにセーブされた。

すると63分、ナポリがPKを獲得する。ボックス内でエルナニにハンドがあった。このPKをインシーニェが決めたナポリは、81分に3点目。ロボツカが中央を持ち上がってペナルティアークからミドルシュート。これが決まって勝負を決定付けた。

その後、今季終了後に退団となるインシーニェがピッチを後にしたナポリは、3-0のまま勝利。3位以上を確定させている。

一方、敗れたジェノアの降格が決まっている。

関連ニュース
thumb

移籍視野が噂のC・ロナウド、2日連続で合流せず

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)はまだマンチェスター・ユナイテッドに合流していないようだ。 ユナイテッドは先月末からエリク・テン・ハグ新監督の下でプレシーズンを開始。先月6月のインターナショナルマッチウィークで代表活動に参加した選手は4日から合流したが、C・ロナウドは欠席した。 今夏の移籍願望が浮かび上がった矢先の不参加とあって、憶測に拍車をかける状況だが、イギリス『The Athletic』によると、翌日の5日に行われた練習にも家族の事情を理由に合流しなかったという。 現時点でクラブの練習施設でトレーニングに励むユナイテッドは8日にタイとオーストラリアを回るアジアツアーに出発する見通しだが、C・ロナウドの合流時期は見当がつかない状況の模様だ。 C・ロナウドの契約は1年延長オプションを除くと来季まで。クラブ側は今夏に売らない姿勢だが、選手側は適切なオファーがあれば移籍を望み、チェルシーやバイエルン、ナポリの興味が浮上している。 なお、移籍市場に精通する著名記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ユナイテッドの姿勢は変わらずだが、選手代理人のジョルジュ・メンデス氏は一刻も早く正式オファーをと奔走中とのことだ。 2022.07.06 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ミレンコビッチのインテル行きを阻止するのはナポリ? クリバリ売却なら後継者に据える考えか

インテル行きが噂されるフィオレンティーナのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(24)だが、その進捗状況をイタリア『カルチョ・メルカート』が詳しく解説している。 2017年夏に母国のパルチザンからフィオレンティーナへと加入したミレンコビッチ。かつてはマンチェスター・ユナイテッドからの関心も寄せられた195cmの大型センターバックだが、今夏はインテル行きが盛んに報じられている。 ミレンコビッチ獲得に本腰を入れるインテルは、財政難を抱えながらも首脳陣らが卓越した手腕を発揮し、今夏すでに即戦力4名を確保。ここからまた新たに選手を加えるためには、まず現有戦力を放出することが必須とされるが、ことミレンコビッチの確保については、セリエAの他クラブの事情も大きく関わっているようだ。 まず、ミレンコビッチ獲得を巡ってインテルのライバルになるのがナポリとのこと。ナポリはチームの支柱であるセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(30)の契約延長がまとまっておらず、オランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)のチェルシー行きが噂されるユベントスが、その後釜としてクリバリ獲得を狙っているとされる。ナポリがクリバリをユベントスへ売却するとなった場合は、その後継者として24歳のミレンコビッチがトップターゲットとなる模様だ。 一方、インテルはオランダ代表DFステファン・デ・フライ(30)やスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)を売却する可能性があり、後者に関してはパリ・サンジェルマン(PSG)からの7000万ユーロ(約99億円)にもおよぶメガオファーを想定。どちらか片方だけでも売却に漕ぎ着けられれば、安心してミレンコビッチ獲得に資金を回せるように思われるが、対するナポリもクリバリの移籍金としてユベントスに4000万ユーロ(約56億円)を要求。フィオレンティーナ首脳陣らによるミレンコビッチの評価額が1500万ユーロ(約21億円)であることから、両者とも売却益を利用すれば、ある程度の余裕を持ってセルビア代表CBにアタックできる公算があると考えられている。 インテルはミレンコビッチ本人と相思相愛の関係を築いているようだが、シュクリニアルらの売却に手間取れば、ナポリに形勢を逆転される可能性も捨てきれないことから、やはり既存の選手らをいち早く売却することを最重要事項と捉えているようだ。 2022.07.03 18:01 Sun
twitterfacebook
thumb

故マラドーナ氏の息子がディバラを後継者に指名?「ナポリに来てほしい」

ユベントスを退団したアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(28)に、とある人物から誘いがあったようだ。 先月30日にユベントス退団が発表されたディバラ。2015年からの在籍7年間で公式戦293試合115ゴール45アシストを記録し、5度のセリエA優勝など、12個のトロフィーを手にした。 新天地としてはインテルが有力視されており、スティーブン・チャン会長やジュゼッペ・マロッタCEOが交渉中であることを明かしている。しかしながらマロッタ氏は、現在交渉は座礁しているともコメントしており、去就はすぐには決まらない様相となっている。 そんな中、ラ・ホヤにアプローチをかけたのが、故ディエゴ・マラドーナ氏の息子であるディエゴ・マラドーナ・ジュニア氏だ。インスタグラムでディバラに対し「パウロ、ナポリに来てほしい。ここのみんなは君を王様のように愛すだろう」とコメントを送ったようだ。 偉大な父であるディエゴ・マラドーナ氏は現役時代にナポリにスクデットを2度もたらし、その際に着用していた背番号「10」は永久欠番に。 パルテノペイにレジェンドとして称えられているが、マラドーナ・ジュニア氏は同胞のディバラを後継者に期待しているようだ。 同じアルゼンチン人がナポリで活躍すれば夢のような話だが、現実問題としてナポリは高額な給与を用意できない状況だ。なお、ディバラからの回答はいまのところ来ていないようだ。 2022.07.03 17:09 Sun
twitterfacebook
thumb

契約満了のメルテンスにマルセイユが関心? ナポリ残留の可能性は徐々に低下

ナポリとの契約が満了を迎えたベルギー代表FWドリエス・メルテンス(35)に、マルセイユが関心を寄せているようだ。 2013年夏にPSVからナポリへ加入し、9年間で公式戦通算397試合148得点90アシストを記録したメルテンス。クラブの歴代最多得点者でもある稀代の点取り屋だが、2021-22シーズン限りとなっていた契約についてクラブ側から延長の提案は行われず。先月30日付でフリーの身となっていた。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、メルテンスが再契約という形でナポリに残留する可能性はわずかに残されているものの、現時点で一切の話し合いは行われていない模様。現地のファンからもメルテンス残留を切望する声は上がっているなか、ここにきてマルセイユが獲得に名乗りを上げたようだ。 ホルヘ・サンパオリ氏の電撃辞任に伴い、前ヴェローナ指揮官であるイゴール・トゥドール氏の監督就任が迫るマルセイユ。今夏はすでにナポリからレンタル加入していたポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(28)の完全移籍移行が決定しており、ミリク、トゥドール監督に続いて、メルテンスもセリエAから連れてきたい思惑がある様子だ。 一方、前所属のナポリ側はメルテンスの後継者としてインテルのアルゼンチン代表FWホアキン・コレア(27)に狙いを定めたと報じられるなど、メルテンス本人の希望するナポリ残留の可能性は徐々に低くなりつつあることから、今夏の新天地行きは確実なものと考えられ、マルセイユ以外にもローマやラツィオなどが獲得を模索しているとみられている。 2022.07.03 15:29 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリがインシーニェの後釜をジョージアから発掘! キレのあるドリブルが魅力の21歳

ナポリは1日、ジョージアのディナモ・バトゥミから同国代表FWクヴィチャ・クワラツヘリア(21)を獲得したことを発表した。 クヴィチャ・クワラツヘリアは、母国のクラブでキャリアをスタートさせ、これまでにロコモティフ・モスクワやルビン・カザンなどロシアのクラブでもプレー。 2019年夏に加入したルビン・カザンでは、公式戦73試合に出場し9ゴール18アシストを記録していたが、ロシアのウクライナ侵攻により情勢が危うくなると、今年4月にディナモ・バトゥミへ移籍していた。 およそ3年ぶりに復帰した母国ジョージアでは、今季はここまでリーグ戦11試合で8ゴール2アシストと活躍。右利きで左ウイングを得意とする選手で、キレのあるフェイントを織り交ぜたドリブルが持ち味だ。 ジョージア代表としても17試合8ゴールを記録する至宝は、昨季限りでナポリを退団したイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェの後釜として期待されている。 なお、移籍金は1000万ユーロ(約14億円)。契約は2027年6月までとなっている。 2022.07.02 14:25 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly