ローマが降格ヴェネツィアにホーム最終戦で痛恨ドロー…シュート46本枠内16本も相手守護神の牙城2度は破れず《セリエA》

2022.05.15 05:55 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第37節、ローマvsヴェネツィアが14日にスタディオ・オリンピコで行われ、1-1のドローに終わった。

前節、フィオレンティーナに敵地で敗れてセリエA4試合未勝利で宿敵ラツィオに抜かれて6位に転落したローマ(勝ち点59)。今月25日にヨーロッパ・カンファレンスリーグ決勝を控える中、今季のホーム最終戦では最下位のヴェネツィア(勝ち点25)を迎え撃った。

数時間前に行われたサレルニターナ戦の結果、降格が決定した相手との一戦に向け、モウリーニョ監督は前節から先発4人を変更。出場停止のマンチーニ代えてクンブラ、カルスドルプとザレフスキの両ウイングバックをメイトランド=ナイルズ、復帰後初スタメンのスピナッツォーラに入れ替えた他、セルジオ・オリベイラに代えてカルレス・ペレスを[3-4-2-1]の2シャドーの一角で起用した。

超満員のオリンピコの後押しを生かして相手を圧倒したいローマだったが、キックオフからわずか40秒過ぎに右サイドのアラムが入れたクロスをゴール前にタイミング良く飛び出したオケレケにヘディングで合わせられ、電光石火の失点を喫する最悪な入りとなった。

トッティ、デ・ロッシの両レジェンドもスタンド観戦に訪れた中、このままでは終われないローマはすぐさま反撃を開始。19分にはボックス手前の好位置で得たFKをキッカーのペッレグリーニが直接狙うが、これは惜しくもクロスバーを叩く。さらに、オリンピコで復帰後初めてのプレーとなるスピナッツォーラが果敢な仕掛けからチャンスに絡んでいく。

その後、ヴェネツィアが負傷者に加え、ボールと関係ないところでペッレグリーニの股間に蹴りを見舞ったキジーヌがオンフィールドレビューの末に一発退場と続けてアクシデントに見舞われたことで、前半半ばから終盤にかけてはローマのワンサイドゲームとなる。その流れでメイトランド=ナイルズやカルレス・ペレスが際どいシュートを放っていったが、相手GKマーンパーの好守もあって前半の内にゴールをこじ開けることはできなかった。

迎えた後半、モウリーニョ監督は両ウイングバックにカルスドルプ、ザレフスキの主力2選手、センターバックのクンブラを削ってエル・シャーラウィを投入。この3枚替えでより攻撃的な[4-2-3-1]に並びを変更した。

引き続き相手を押し込んでいく中、52分にはボックス手前のクリスタンテが強烈なミドルシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーを直撃。さらに、内と外を織り交ぜた多彩な攻めでゴールの匂いを色濃くさせるホームチームは56分にも再びペッレグリーニの直接FKでゴールに迫るが、前半同様にクロスバーに阻まれる。

早い時間帯の同点ゴールとはならなかったジャッロロッシは60分、ヴェレトゥを下げてストライカーのショムロドフを投入。ペッレグリーニをボランチ、ショムロドフをエイブラハムの横に並べる[4-4-2]の布陣で早くも力業での局面打開を図る。

以降も相手守護神マーンパーの再三の好守、守備陣の粘り強い対応にあってゴールが遠いが、結果的に力業の交代策が功を奏す。76分、相手陣内中央でボールを持ったクリスタンテが鋭いグラウンダーの縦パスを入れると、これをペナルティアーク付近のショムロドフが絶妙なワンタッチで背後に流す。GKと一対一となったペッレグリーニのシュートはファインセーブに阻まれるが、こぼれ球にいち早く反応したウズベキスタン代表FWが冷静に右足のシュートをゴールネットへ突き刺した。

この同点ゴールでようやく重い空気を払しょくしたホームチームは、やや気落ちするアウェイチームに対して、畳みかける。焦れずに相手を広げながら地上戦、空中戦、セットプレーを織り交ぜた攻めを見せるが、ザレフスキの渾身のミドルシュートはこの日4度目のクロスバーに阻まれる。

さらに、4分が加えられた後半アディショナルタイムにはカウンターからゴール前でルーズボールに反応したエル・シャーラウィにビッグチャンスもこのシュートはGKマーンパーの驚異的なリカバリーに阻まれる。さらに、後半ラストプレーとなったセットプレーでは混戦から相手の腕付近にボールが当たり、VARでのレビューが入ったが、最終的にノーファウルの判定で試合はタイムアップ。

打ちも打ったり、シュート46本枠内16本と試合を通して猛攻を見せたローマだったが、GKマーンパーを中心に降格が決定したチームとは思えない執念を見せたヴェネツィア相手にホーム最終戦で痛恨ドロー。これでリーグ5戦未勝利のチームは、セリエAでのヨーロッパコンペティション出場権獲得が厳しくなり、ECL決勝へのプレッシャーがより高まる結果に。

関連ニュース
thumb

ローマ、出場機会減のヴェレトゥを元恩師率いるピオリのミランに推薦

ローマがフランス代表MFジョルダン・ヴェレトゥ(29)をミランに推薦しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 同メディアによればローマのゼネラルマネージャーを務めるチアゴ・ピント氏がミランの幹部と会席を持ち、ヴェレトゥの獲得に関心がないか確認を取ったとのことだ。 ヴェレトゥは2021-22シーズン、セリエAで36試合(うち先発は26試合)に出場して4ゴール8アシストを記録。十分なスタッツを残したが、シーズン後半はポルトガル代表MFセルジオ・オリベイラの加入もあってスタメンでプレーする機会は減っていた。 そこでフィオレンティーナ時代に師弟関係にあったステファノ・ピオリ監督率いるセリエA王者ミランにローマ側が獲得の可能性がないか確認を取った格好だ。 ただ、ミランは今夏、ポルトガル代表MFレナト・サンチェスの獲得に本腰を入れているようで、そのオペレーションが失敗した場合にのみヴェレトゥ獲得の可能性が生じるのでないかと締めくくった。 2022.06.24 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

2022-23シーズンのセリエA日程が発表! 王者ミランは2戦ドローのウディネーゼ戦で開幕

レガ・セリエAは24日、2022-23シーズンのセリエA日程を発表した。 2021-22シーズンの王者であるミランは、今季いずれもドローに終わったウディネーゼと対戦。そのミランから覇権奪還を目指すインテル、ナポリ、ユベントスの第2集団はセリエB王者のレッチェ、ヴェローナ、サッスオーロという曲者と対戦する。 また、セリエA初昇格のモンツァはトリノとのホームゲーム、同じく久々の1部での戦いとなるクレモネーゼはフィオレンティーナとのアウェイゲームでシーズンをスタートさせる。 気になる各デルビーではミランとインテルのデルビー・ディ・ミラノが9月初旬の5節(インテルホーム)、2023年2月初旬の21節(ミランホーム)に開催。ユベントスとインテルのデルビー・イタリアは11月初旬の13節(ユベントスホーム)、2023年3月中旬の27節(インテルホーム)に。 ローマとラツィオのデルビー・デッラ・カピターレは、11月初旬の13節(ローマホーム)、2023年3月中旬の27節(ラツィオホーム)に開催される。 なお、今シーズンはカタール・ワールドカップ開催に伴い、2022年11月中旬から2023年1月までの約1カ月半中断期間が設けられる。 ◆セリエA2022-23開幕節(8/13.14) フィオレンティーナ vs クレモネーゼ ユベントス vs サッスオーロ ラツィオ vs ボローニャ レッチェ vs インテル ミラン vs ウディネーゼ モンツァ vs トリノ サレルニターナ vs ローマ サンプドリア vs アタランタ スペツィア vs エンポリ ヴェローナ vs ナポリ ◆セリエA2022-23最終節(2023/6/4) アタランタ vs モンツァ クレモネーゼ vs サレルニターナ エンポリ vs ラツィオ レッチェ vs ボローニャ ミラン vs ヴェローナ ナポリ vs サンプドリア ローマ vs スペツィア サッスオーロ vs フィオレンティーナ トリノ vs インテル ウディネーゼ vs ユベントス 2022.06.24 21:02 Fri
twitterfacebook
thumb

ザニオーロ獲得へ向けたユベントスの具体的なオファー案が判明か

ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(22)に対するユベントスの具体的な獲得オファー案が判明したようだ。 今シーズンはヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)制覇に貢献するなど、自身2度目となる長期離脱からカムバックした1年で輝きを放ったザニオーロ。その一方で、2024年6月までとなっているローマとの契約延長交渉は進展を見せていない。 ザニオーロ側は現在の260万ユーロ(約3億7000万円)から大幅な昇給を望んでいるようだが、23日にミラノで行われたクラブと代理人による会談の場でも合意に近づくことはなかった様子。かねてより噂される移籍報道に拍車をかけることとなった。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、長らくザニオーロに関心を寄せてきたユベントスは、移籍金2500~2800万ユーロ(約35~40億円)+選手1名の譲渡という内容で獲得まで漕ぎ着けたい考えがあるとのこと。交渉に含まれる選手は、ブラジル代表MFアルトゥール(25)、アメリカ代表MFウェストン・マッケニー(23)のどちらかになるとのことだ。 対するローマは選手の譲渡を含めた交渉に一切の関心がないようで、ザニオーロ獲得を望むクラブに対しては、あくまで6000万ユーロ(約85億円)を要求するのみとのこと。これには2018年7月にインテルから当時18歳のザニオーロを獲得した際に、ローマによる再売却時に移籍金の15%をインテルが受け取るという契約を結んだことも影響しているようだ。 2022.06.24 18:43 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマがECL決勝で対戦のフェイエノールトからセネシを獲得? 先日5日にはアルゼンチン代表デビュー

ローマがフェイエノールトのアルゼンチン代表DFマルコス・セネシ(25)の獲得を目指しているようだ。イタリア『TuttoMercatoWeb』が報じている。 セネシは2019年9月に母国のサン・ロレンソからフェイエノールトへと加入した左利きのセンターバック。相手アタッカーに対する鋭いチェックやハードなタックルを持ち味とし、ボールを奪ってカウンターの起点となることもしばしば。質の高い左足フィードも局面を一気に変える力を持っている。 また、6月5日にはアルゼンチン代表デビューを果たすなど、今秋のカタール・ワールドカップ(W杯)メンバー入りも期待されている1人だ。 これまでオランダの地で3シーズンにわたって活躍するセネシに対しては、今年1月にはナポリから、今夏はインテルなどからの関心が寄せられてきた中、ローマはセネシ獲得へ向けてすでに具体的な動きを見せている。 一方のフェイエノールト側は、2000万ユーロ(約28億3000万円)を要求しているものの、ローマのゼネラルマネージャー(GM)を務めるチアゴ・ピント氏は、セネシの現行契約が2023年6月までとなっていることに着目し、要求額より安価で獲得まで漕ぎ着けられるチャンスもあると睨んでいるようだ。 なお、選手本人はセリエA行きを望んでリーグ・アンのクラブからのオファーを固辞したと伝えられており、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝戦で対戦し、涙を呑んだローマが新天地となる可能性は十分にあるようだ。 2022.06.24 17:39 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズMDパラティチがイタリア入り! 複数クラブと交渉か?

トッテナムのマネージングディレクターを務めるファビオ・パラティチ氏が、イタリアで幾つかの交渉を行っているようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』など複数メディアが報じている。 報道によると、共に要求が厳しいアントニオ・コンテ監督、ダニエル・レヴィ会長の下で調整役を担うパラティチ氏は、現在イタリアのミラノに入り、選手の獲得と共に売却に向けた幾つかの交渉を行っているという。 パラティチ氏は、同地で来シーズンも武者修行に出ることが濃厚なスペイン代表FWブライアン・ヒル(21)のレンタル先に名乗りを挙げるサンプドリアと交渉を行った模様。同選手に関しては今季のレンタル先だったバレンシアに加え、マルセイユも獲得を希望している模様だ。 さらに、元ユベントスSDは同じくローマとも同地で会談を行った模様。ローマの補強責任者であるチアゴ・ピント氏と直接顔を合わせた中、ウェールズ代表DFジョー・ロドン(24)のレンタル移籍に関して話し合いを行ったという。 アントニオ・コンテ監督の構想外と見られるロドンに関しては、プレミアリーグの中堅以下の複数クラブが関心を寄せる一方、トッテナムを率いた時代に同選手を評価していたジョゼ・モウリーニョ監督が獲得をリクエストしているようだ。 また、今回の会談ではロドンの売却交渉がメインとなったが、ローマでの去就が不透明で、以前からトッテナムが獲得に興味を示すイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(22)に関しても話し合われた可能性があるとのことだ。 2022.06.24 15:42 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly