7大会連続W杯出場の日本代表にジーコ氏「プロ化した意味があった」、森保一監督には「感性をうまく生かしている」

2022.05.08 17:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
8日、鹿島アントラーズのクラブアドバイザーであるジーコ氏がオンラインのメディア取材に応じた。

Jリーグの黎明期を鹿島の選手として支えたジーコ氏は、日本代表監督としても2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)に出場。2018年7月から就いていた鹿島のテクニカルディレクター(TD)を2021シーズン限りで勇退していた。

ブラジルへと帰国し、2月には右股関節の手術。そこからリハビリを行い歩けるまでに回復。そしてチームを見るため、5月6日にチームへと合流。そのジーコ氏は5月末まで滞在する予定だが、8日にメディアのオンライン取材に応じ、現在の日本代表についてコメントした。

ジーコ氏も2006年にドイツW杯に出場したが、森保一監督率いる日本代表もアジア最終予選を突破。7大会連続7度目のW杯出場を決めた。

ジーコ氏は「まず日本代表のW杯出場はおめでとうと言いたい。会長含め関係者、森保監督に率直におめでとうと言いたい」と、W杯出場を祝福。また「代表選手にもおめでとうと言いたい。ピッチ内の実力でW杯出場権を獲得したのは素晴らしいこと。プロ化してから継続してW杯に出場していることは、プロ化した意味があったということになると思う」と語り、Jリーグが発足して以降の予選となった1998年大会から連続してW杯に出場していることを称えた。

また、現役時代はライバルとしても戦った森保監督については「森保監督は選手の時から素晴らしい能力を持っていて、監督となってその経験を生かしながら、選手のチョイス、采配では感性をうまく生かしていると思う」と手腕を称賛。「日本代表の土台となる選手がヨーロッパで活躍している、プレーしているということから、実際に経験を積みながら日本代表に貢献できていることは非常に大事、重要だと思う」と、中心選手のほとんどがヨーロッパでプレーしていることは大きいと語った。

その理由としては「大きな国と対戦するときには生かされると感じている」とし、「ブラジル代表も大半の選手がヨーロッパで活躍していて、ブラジル代表の土台となっているように、日本代表もそうなっていけば強くなると思う」とコメント。選手個々が日々高いレベルでプレーしていることが、日本代表の底上げにも繋がると語った。

なお、日本は6月に国立競技場でブラジル代表と対戦する。ジーコ氏は観戦できないというが、「日本代表にとっては非常に良いテストだと思う」とコメント。「選手たちの強豪国とやった時の姿勢やメンタルを観ることができる」と、親善試合であってもブラジルのような強豪国と対戦することはプラスだとした。

W杯本大会ではドイツ代表、スペイン代表と優勝を経験している国と同居している日本。「日本のグループにはドイツ、スペインがいるので、どういう対応をすべきか、経験値を上げる大事なチャンスだと思う」とジーコ氏はコメント。また、ブラジルにとってもプラスだとし、「ブラジル代表は日本と同じ厳しいグループに入ると思っている。アジアを代表する日本に臨むことにあたって、どこが良くて悪いのか、ブラジルの選手の評価もできるのではないかと考えている」と、互いにW杯に向けて重要な強化試合になるとの見方を示した。

関連ニュース
thumb

【PHOTOギャラリー】天皇杯3回戦 鹿島アントラーズ 3-0 大宮アルディージャ/NACK5スタジアム大宮

22日に行われた第102回天皇杯3回戦の鹿島アントラーズvs大宮アルディージャは3-0で鹿島が勝利を収めた。 鹿島アントラーズ 3-0 大宮アルディージャ 【鹿島】 仲間隼斗(前16) 鈴木優磨(後7) 上田綺世(後45) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_01.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_02.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_03.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_04.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_05.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_06.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_07.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_08.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_09.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_10.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_11.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_12.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_13.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_14.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_15.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_16.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_17.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_18.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_19.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_20.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <span class="paragraph-title">【PHOTO】後半戦</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_21.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_22.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_23.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_24.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_25.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_26.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_27.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_28.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_29.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_30.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_31.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_32.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_33.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_34.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_35.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_36.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_37.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_38.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_39.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220622kas_omy_40.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©︎CWS Brains,LTD.<hr></div> 2022.06.23 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

大宮・相馬直樹監督が古巣対決も、鹿島が圧巻3発!鈴木優磨&上田綺世揃い踏みでベスト16《天皇杯》

22日、天皇杯3回戦の鹿島アントラーズvs大宮アルディージャがNACK5スタジアム大宮で行われ、3-0で鹿島が勝利した。 J1で上位につける鹿島とJ2で下位に沈む大宮の一戦。大宮の相馬直樹監督にとっては古巣対決となった。 鹿島、大宮ともに週末のリーグ戦を考慮し、控えメンバー中心で臨むことに。立ち上がりから大宮はボールを握ろうとするも、パスミスが目立ちボールを繋げずに簡単にロストする。 地力に勝る鹿島は相手のボールを奪い、しっかりと繋いでペースを握っていくと16分、広瀬陸斗のスルーパスに抜け出た仲間隼斗がボックス内右からシュート。これがゴール左に決まり、鹿島が先制する。 先制した鹿島は余裕が生まれたのか、簡単にボールを繋いでゲームをコントロール。鈴木優磨と仲間がサイドを変えながら起点となって相手陣内でのプレータイムを増やし、危なげなく試合を進めていく。 対する大宮はポジショニングに勝る鹿島に後手を踏み、自分たちのペースに持っていくことができない。 鹿島リードで後半に入るも、ビハインドの大宮は盛り返せず。前半同様にパスを繋ごうとトライするも、強度の高い鹿島のプレスの前にボールを前に運べない。 すると52分、鹿島はサイドを崩すと、右からのクロスが溢れたところをボックス内で鈴木優磨が詰めて鹿島がリードを2点に広げる。 2点ビハインドの大宮は60分に3枚替えを敢行。三門雄大、河田篤秀、栗本広輝を下げて、奥抜侃志、菊地俊介、矢島慎也を投入して流れを変えにいく。 サイドを起点に裏を狙う大宮だが、試合を通してパス精度が低く、鹿島に対処されることに。何度かボックス付近に迫るも、シュートまではいけない。 試合をコントロールする鹿島は、松村優太、フアン・アラーノ、上田綺世らを投入。攻撃の活性化を図る。 すると90分には途中出場の上田がエヴェラウドのパスを受けると、ボックス手前からミドルシュート。これが見事に決まり勝負あり。鹿島が3-0で勝利し、ベスト16に駒を進めた。 鹿島アントラーズ 3-0 大宮アルディージャ 【鹿島】 仲間隼斗(前16) 鈴木優磨(後7) 上田綺世(後45) 2022.06.22 21:36 Wed
twitterfacebook
thumb

「鬼畜すぎる」Jリーグがしかおに無茶ぶり!?鹿島社長も「やばい、公式からあおられている笑」

鹿島アントラーズのクラブマスコットである「しかお」にJリーグが無茶ぶりをしている。 18日、鹿島は明治安田生命J1リーグ第17節で京都サンガF.C.とホームで対戦。MFアルトゥール・カイキのゴールで1-0の勝利を掴んだ。 決勝点を挙げたアルトゥール・カイキは、後方1回転宙返りのアクロバティックなゴールパフォーマンスを披露。ゴールだけでなくその華麗さでもファンを沸かせていた。 京都戦では新型コロナウイルス感染拡大の影響でしばらくスタジアムから離れていた「しかお」も登場。ステージではFW鈴木優磨のゴールパフォーマンスを真似るなど来場したファンを楽しませていた。 そんな「しかお」にJリーグから思わぬパスが飛んできた。 リーグの公式ツイッターは、「鹿島アントラーズマスコット、しかおがステージイベントに登場 選手のゴールパフォーマンスを真似していました」としかおのステージを紹介。さらに、「次回はアルトゥールカイキ選手のパフォーマンスかな?」とアルトゥール・カイキが後方1回転宙返りをしている瞬間の写真を添えて投稿した。 予想外の要求にはファンも驚き。「がんばれしかお」、「鬼畜すぎるよw」、「J公式に無茶ぶりされててウケる」、「流石に無理」、「頭とれちゃうw」、「ドアラなら出来そう」と反応。さらに、鹿島の小泉文明社長も「やばい、Jリーグ公式からあおられている笑これはしかおに筋トレを命令するしかない!」とリアクションしている。 <span class="paragraph-title">【写真】しかおの運命は!?アルトゥール・カイキの後方1回転宙返りがこれ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">鹿島アントラーズマスコット、しかおがステージイベントに登場選手のゴールパフォーマンスを真似していました次回はアルトゥールカイキ選手のパフォーマンスかな?<a href="https://twitter.com/atlrs_official?ref_src=twsrc%5Etfw">@atlrs_official</a> <a href="https://t.co/THTcxlAO6m">pic.twitter.com/THTcxlAO6m</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1539085178571997184?ref_src=twsrc%5Etfw">June 21, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.22 05:35 Wed
twitterfacebook
thumb

「結果が良すぎる」Jリーグの声出し応援の検証結果に産総研も驚き「観客の皆さんの協力が大きかった」

Jリーグは21日、実行委員会を開催。メディアブリーフィングでは、「声出し応援」の2試合に関する報告が行われた。 2020年1月に新型コロナウイルス(COVID-19)が世界中に蔓延し始めると、Jリーグも中断期間を設けるなど対応。NPBとの協力により「新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施。実に2年以上にわたって現在も月に2回開催されている。 そんな中、観客の入場制限解除など徐々に緩和に向かっている中、スタジアムでの「声出し応援」再開に向けて実証検証が行われた。 実施されたのは、6月11日のYBCルヴァンカッププレーオフステージ第2戦の鹿島アントラーズvsアビスパ福岡、12日の明治安田生命J2リーグ第21節の東京ヴェルディvsいわてグルージャ盛岡の2試合。いずれも「声出しエリア」を設けて2年ぶりにスタジアムに声援とチャントが戻ってきた。 検証結果は鹿島vs福岡で声出しエリアのマスク着用率は99.7%、東京Vvs岩手では99.8%となっており、水分補給以外ではマスクは外されていなかったという。 また、今回は格子状(自分を中心に回りを囲む8席が空席)に座席を設けていたが、観客間の距離も97%と94.5%が守っており、守っていないケースのほとんどが子供が親の近くにいるというケースだったという。 その他、CO2濃度も一般席とほとんど変わらず、空気が停滞することはなかったとのこと。また、声出しの割合は88〜95分と、長い時間声出しがされていたという。 国立研究開発法人 産業技術総合研究所の保高徹生氏は今回の2試合での検証結果について「結果が良すぎて改善することはほとんどない」とコメント。想定していた以上の結果が残り、一定の手応えを感じたとのこと。「観客の皆さんの協力が大きかった」と、声出しエリアを含めて、意識の高さが良い結果をもたらせたとした。 ステップ2として7月にはより多くの試合で「声出し応援」が導入される中、座席は市松状に変更。より観客を動員しての実施となる中、保高氏は「リスクはあまり変わらないと予想できる」としていた。 今回の結果を受け、Jリーグの窪田慎二理事がコメント。なるべく早く元の姿に戻していく方針ながらも、一歩ずつ慎重に行っていくとした。 「我々としては2019年以前の100%入場でマスクなしで声の出せる環境を取り戻したいと考えていて、ステップバイステップでやっています。ステップ1は順調にスタートが切れたと思います」 「クラブ、サポーターの皆さんのご理解ご協力のおかげで良いスタートが切れました」 「このステップを始めるにあたり、スポーツ庁をはじめとする関係省庁のご理解もありました」 「コロナ禍にあっては外国人選手の入国など、関係省庁のご理解をいただいています。ステップをスピードアップして、ステップバイステップでやっていき、1日も早く2019年の状況に戻したいと思います」 ただ、「声出しあり」となった場合は、現在の政府方針ではスタジアムを満員にすることは不可能。この先は、観客動員とのジレンマも生まれてくることになりそうだが、まずは順調なスタートを切ったといって良いだろう。 2022.06.21 20:40 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿島の運営スタッフ2名がスタジアム付近の横断歩道ではねられ死亡…2試合で喪章着用

鹿島アントラーズは21日、試合運営スタッフの訃報を伝えた。 クラブの発表によると、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第17節の京都サンガF.C.戦の後、県立カシマサッカースタジアム前交差点を横断中の試合運営スタッフの女性2名が車にはねられる事故があり、命を落としたという。 クラブを支える運営スタッフの訃報について、「アントラーズファミリーの突然の悲報に接し、クラブ一同、謹んでお悔やみ申し上げます」と鹿島は声明を発表している。 また、2人の訃報を受け、鹿島は2試合で喪章を着用してプレーすることを発表している。 喪章を着けるのは、22日に予定されている天皇杯3回戦の大宮アルディージャ戦(NACK5スタジアム大宮)と7月6日の明治安田J1第20節のセレッソ大阪戦(県立カシマサッカースタジアム)の2試合とのことだ。 事故は18日の21時55分ごろにワンボックスカーに女性2人がはねられ病院に搬送。信号機のある片側2車線の道路だった。 2022.06.21 18:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly