チリがFIFAにエクアドルの調査を要求、コロンビア出身と疑われた選手は偽物だと訴え

2022.05.06 13:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チリサッカー連盟(FFC)は5日、エクアドル代表のDFバイロン・カスティージョ(23)とエクアドルサッカー連盟(FEF)に対する声明を発表した。

エクアドル代表は、カタール・ワールドカップ(W杯)の南米予選で4位フィニッシュ。見事に出場権を獲得していた。

カスティージョは主軸選手として8試合に出場。チームのW杯出場に大きく貢献していたが、その素性が大きな話題となっていた。

FFCの声明によると、カスティージョは虚偽の出生証明書、虚偽の年齢を使っているとのこと。国籍を偽っているという異議申し立てをし、エクアドルのW杯出場権剥奪を求めている。

この件は、国際サッカー連盟(FIFA)の弁護士であるホセ・ダビド・ヒメネス氏が言及。問題ないことを主張していたが、FFCは正式に声明を発表し、FIFAに調査に乗り出すように訴えた。

「我々は、収集された全ての情報と文書に基づき、事実はあまりにも深刻であり、FIFAによって完全に調査されなければいけないと理解しています」

「選手は、1995年7月25日にコロンビアのトゥマコ市で生まれたこと、1998年11月10日にエクアドルのヘネラル・ビジャミル・プラヤス市で生まれたわけではないという、数えきれない証拠があります」

「エクアドルで実施された調査は、同国の最高機関である国立市民登録局による法的な報告も含め、同選手が提示した出生証明書に矛盾があることを宣言し、この文書は内部文書庫には存在しないこと、また不正の可能性があることを結論づけています」

「さらに、エクアドルサッカー連盟による、同連盟への選手登録の不正を明らかにすることを目的とした調査委員会では、同選手はコロンビア人であると結論づけました」

「これは全て、FEFが十分に理解していたことは明らかだった。サッカー界は、これだけの証拠に目を瞑ることはできない」

「特に世界大会となれば、選手登録の重大かつ意図的な不正は許されない。ピッチの中でも外でも、フェアプレーでなければいけない」

チリはカスティージョが出場した8試合を全て没収試合とし、対戦相手に勝ち点3が与えられるべきだと主張している。

南米予選はエクアドルが4位、続いてペルー、コロンビア、チリとなっていたが、この8試合の全てで勝ち点3を与えた場合、チリが4位になることとなる。

果たしてチリの訴えは通るのか。解決したかに思われた事件が、再燃している。

関連ニュース
thumb

開幕まで2カ月…FIFAはエクアドルの国籍偽装問題の無罪を主張、チリ&ペルーはスポーツ仲裁裁判所へ控訴へ

16日、国際サッカー連盟(FIFA)は、異議申し立てが出された選手の国籍偽装問題について声明を発表した。 問題となっているのは、エクアドル代表DFバイロン・カスティージョ(レオン/メキシコ)。書類上はエクアドル出身で、これまでにエクアドル代表でも10試合の出場を数えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)に向けた南米予選でも8試合に出場し、エクアドルは無事に出場権を獲得していた。 しかし、カスティージョに対してエクアドルサッカー協会(FEF)による国籍偽装の疑いが浮上。チリサッカー協会(FFCH)、ペルーサッカー協会(FPF)は多くの証拠をもとにFIFAに申し立てを行い、カスティージョが出場した試合の無効化やエクアドル代表のカタールW杯出場資格の剥奪を訴えていた。 FIFAは調査に乗り出し、結果としてバイロン・カスティージョは白と判断。エクアドル代表とともにお咎めなしとなった。 しかし、この件に関してFFCHとFPFが上訴。FIFA上訴委員会は決定を下した。 「改めて当事者の提出物を分析し、ヒアリングが行われた後、上訴委員会はFEFに対して開始された手続きを終了するという懲戒委員会の決定を確認した」 「他の検討事項の中で、提出された書類に基づき、カスティージョは永久的にエクアドル国籍を有するとみなされると判断された」 「上訴委員会で可決された決定の結果は、本日関係者に通知された。本決定は、スポーツ仲裁裁判所(CAS)への控訴の対象となる」 これに対し、FFCは声明を発表。CASへの控訴を行うとした。 「選手がコロンビアで生まれたことを合理的な疑いなく証明する膨大な数の文書がある」 「それに加え、エクアドルサッカー協会が行った公式調査中に与えられた彼の告白を誰もが聞いた.」 「サッカーとフェアプレーにとって悲しい日だ。メッセージは明らかだ。不正行為は許される」 カスティージョ本人は、イギリス『デイリー・メール』のインタビューで、自分の書類が偽物であり、1998年にエクアドルのヘネラル・ビジャミル・プラヤで生まれたのではなく、1995年にコロンビアで生まれたことを認めていた。 実際にエクアドル国籍は持っているようだが、その手続きに問題があるとされている状況。本人も認めている中で、CASがどう裁定を下すのか。W杯の開幕までは残り2カ月だ。 2022.09.17 23:10 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセイユがFWサンチェスを確保! 加入合意で、メディカルチェック後に契約

マルセイユは9日、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(33)の加入で合意に達したことを発表した。メディカルチェックに合格すれば正式契約を結ぶという。 サンチェスは2006年7月にウディネーゼへと完全移籍するも、すぐに母国のコロコロへレンタル移籍。翌年はリーベル・プレートでプレーした。 その後、ウディネーゼに戻りヨーロッパでのキャリアをスタート。バルセロナ、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、そしてインテルとビッグクラブを渡り歩いた。 セリエAでは173試合で36ゴール35アシスト、プレミアリーグでは154試合で63ゴール33アシスト、ラ・リーガでは88試合で38ゴール29アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)でも64試合で13ゴール16アシストを記録するなど、ゴールだけでくアシストも印象的だった。 ここ数年はインテルでプレーしていたサンチェスだが、昨シーズン限りで退団。マルセイユ移籍が近づいていた中でガラタサライが獲得に動き出したが、無事にマルセイユ行きが決まった。 2022.08.10 11:35 Wed
twitterfacebook
thumb

チリがFIFAに上訴、エクアドルのカタールW杯資格剥奪を求める

チリサッカー協会(FFC)は、エクアドルサッカー協会(FEF)が出場資格のない選手をカタール・ワールドカップ南米予選に出場させていた疑惑に関して、FIFAに上訴する構えのようだ。『ロイター通信』が報じている。 問題となっている選手は、当時エクアドルのバルセロナSCに所属していたDFバイロン・カスティージョ(現レオン/メキシコ)。書類上はエクアドル出身で、これまでにエクアドル代表でも10試合の出場を数える選手だ。 だが、南米予選で8試合に出場した同選手に国籍偽装の疑いが浮上。FFCは多くの証拠をもとにFIFAに申し立てを行い、同選手が出場した試合の無効化やカタールW杯出場資格の剥奪を訴えた。 これを受け、FIFAは調査に乗り出したが、結果としてバイロン・カスティージョは白。エクアドル代表はお咎めなしとなった。 しかし、南米予選7位でW杯出場を逃したチリとしては、エクアドルの出場権が剥奪され、エクアドル戦の結果が変更されれば、逆転でW杯に出場できるチャンスが得られるため、ここはなんとしてでも訴えを通したいところ。FFCは以下の声明を発表し、FIFAに上訴する構えを明らかにした。 「我々は我々の調査の結果に絶対の確信を持っています。当該選手が改ざんされたエクアドルの国籍を使用していることは明らかです」 「ここで問題となっているのは、2022年のワールドカップへの出場権だけでなく、フェアプレーの原則全体なのだ」 2022.07.30 18:20 Sat
twitterfacebook
thumb

神戸も獲得に動いたサンチェスは未だインテルとの契約解除に同意せず…欧州トップレベルでのプレーを希望

インテル退団が確実視されてきたチリ代表FWアレクシス・サンチェス(33)だが、その去就は未だ不透明のようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えている。 サンチェスは2019-20シーズンからインテルの一員としてプレー。FW陣のバックアッパーという扱いではあるものの、クラブ通算108試合出場で20得点23アシストを記録するなど、貴重な戦力としてタイトル獲得に貢献してきた。 しかし、今夏は財政難にあえぐインテルから契約解除の申し出を受けている状況。契約はあと1年残っているものの、首脳陣らは33歳のベテランFWを退団させ、チーム全体のサラリーを減らしたいようだ。 だが、現在までにサンチェスは400万ユーロ(約5億6000万円)という契約解除金を受け取れる中でもオファーに同意しておらず、プレシーズンが始まった現在もインテルで全体トレーニングに参加しているとのことだ。 サンチェスに対してはガラタサライが交渉にあたっていたほか、チリ『En Cancha』の情報として、サウジアラビアのアル・ナスルからも正式オファーが届いているとのこと。潤沢な資金をバックに世界的スターの獲得を目指すと考えられている。一時はヴィッセル神戸もオファーしたが、断ったという情報も流れた。 一方、今年12月に34歳となるサンチェスは、まだまだ自身が欧州トップレベルでプレーが可能と感じており、競争力が高いとは言えないトルコや中東などからのオファーには首を縦に振らないだろうとみられている。 どうやら、希望するクラブからのオファーがないことが、インテルとの契約解除に同意しない最大の理由のようだ。 2022.07.22 17:08 Fri
twitterfacebook
thumb

イングランド2部のチリ代表FWベン・ブレレトンにセビージャが再挑戦か

セビージャが再びブラックバーンのチリ代表FWベン・ブレレトン(23)を獲得しようと試みているようだ。 ベン・ブレレトンは2018年夏からブラックバーンでプレーするイングランド生まれのストライカーで、身長185cmの体躯に優れたフィジカルとシュート技術も高く、生粋の点取り屋だ。 2021-22シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部相当)で37試合に出場し、22得点3アシストを記録。これまでプレミアリーグの経験こそないものの、キャリアハイの活躍により、国内外から沸々と人気度を高めている。 イギリス『サン』によると、現時点でエバートンやリーズ・ユナイテッド、ボーンマスといったプレミア勢のほか、セビージャ、レアル・ベティス、バレンシアらのラ・リーガ勢も関心。さらに、フランクフルトやリヨンも動向を注視しているとみられ、争奪戦に発展している模様だ。 中でも、セビージャは獲得に熱心で、今年1月にもブラックバーンにオファー。その当時はブラックバーンが2000万ポンド(約32億8000万円)を求めるのに対して、その金額の半分程度しか提示せず、うまくいかなかったようだが、今夏も再挑戦するという。 なお、ベン・ブレレトンとブラックバーンの契約は2021-22シーズン限りだったものの、クラブ側が今年5月に1年の延長オプションを行使したことで2023年6月までに。しかし、今夏が売り時となることから、要件を満たすオファーが届けば移籍を許可するものとみられる。 <span class="paragraph-title">【動画】日本人選手も出場のセルティックとのTMで直接FKを沈めたベン・ブレレトン</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Tt96HvGu5Og?start=149" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2022.07.17 17:29 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly