【ECL準決勝プレビュー】熱狂オリンピコでローマvsレスターの師弟対決第2ラウンド! 仏&蘭の名門対決は再び打ち合いへ

2022.05.05 18:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)準決勝2ndレグが5日に開催される。ファイナル進出を懸けた第2の展望を紹介していく。

◆ECL準決勝 2ndレグ
▽5/5(木)
《28:00》
ローマ vs(AGG:1-1) レスター・シティ
マルセイユ vs(AGG:2-3) フェイエノールト

◆オリンピコが大きなアドバンテージとなるか
Getty Images

◆両チーム予想スタメン◆
▽ローマ(3-4-1-2)
GK:ルイ・パトリシオ
DF:マンチーニ、スモーリング、イバニェス
MF:カルスドルプ、セルジオ・オリベイラ、クリスタンテ、ザレフスキ
MF:ペッレグリーニ
FW:ザニオーロ、エイブラハム

▽レスター・シティ(4-3-3)
GK:シュマイケル
DF:リカルド・ペレイラ、フォファナ、エバンス、ジャスティン
MF:マディソン、ティーレマンス、デューズバリー=ホール
FW:ルックマン、ヴァーディ、バーンズ

熱狂のスタディオ・オリンピコで行われるモウリーニョ監督とロジャーズ監督による師弟対決は、初戦に続き拮抗した展開が見込まれる。
先週にレスター・シティ・スタジアムで行われた1stレグは1-1のドローに終わった。ホームのレスターがボールを握り、アウェイのローマがカウンターで応戦するという構図となった中、立ち上がりの15分にMFザレフスキとMFペッレグリーニの生え抜きコンビの鮮やかな連携でアウェイチームが先手を奪った。

1点ビハインドで後半に臨んだレスターは、押し込みながらもゴールが遠い状況が続いたが、途中投入のMFバーンズが鋭いクロスでDFマンチーニのオウンゴールを誘発し、後半半ばの67分に追いついた。以降は互いに決定機を作り合ったが、決め手を欠きイーブンな状況で2ndレグを迎えることに。

初戦では耐える時間帯が多かったものの、ポルトガル人指揮官仕込みの粘り強い守備で最低限のドローで初戦を終えたローマ。セリエAにおいて熾烈なヨーロッパリーグ(EL)争いに身を置くチームは、一部主力を温存したボローニャ戦を0-0のドローで終えた。主力を投入した後半に勝負をかけたものの、相手の堅守をこじ開けられずに結果、内容共に消化不良の形で今回の一戦を迎えることになった。

初戦で負傷したMFムヒタリアンを除き、全主力が起用可能な状況だが、過密日程による勤続疲労は懸念材料だ。それでも、モウリーニョ率いるチームと良好な関係性を築く熱狂的なロマニスタが大挙して作り出す雰囲気はホームチームに勇気を、アウェイチームに圧力を与えるため、初戦とは異なるアグレッシブなジャッロロッシが見られるはずだ。

一方、パフォーマンス自体は悪くなかったものの、ホームで勝ち切れなかったレスター。先週末のリーグ戦では主力の温存に[3-5-2]のシステム変更で臨んだトッテナム戦に1-3で敗戦。リーグ4戦未勝利となった。DFフォファナやDFエバンス、MFバーンズ、FWルックマンらに完全休養を与え、コンディションを上げたいFWヴァーディらを短い時間帯プレーさせるなど、今回の一戦に照準を合わせたチームマネジメントを行ったが、ボールを持たされた際の攻撃の手詰まりなど、幾つかの課題を抱える形で敵地へ乗り込むことになった。

◆第2ラウンドも打ち合い必至か
Getty Images

◆両チーム予想スタメン◆
▽マルセイユ(4-3-3)
GK:マンダンダ
DF:ロニエ、サリバ、チャレタ=ツァル、ルアン・ペレス
MF:ジェルソン、カマラ、ゲンドゥージ
FW:ジェンギズ・ウンデル、ミリク、パイエ

▽フェイエノールト(4-2-3-1)
GK:マルシアノ
DF:ヘールトライダ、トラウナー、セネシ、マラシア
MF:アウルスネス、オルクン・コクチュ
MF:ネルソン、ティル、シニステラ
FW:デサース

フランス屈指の名門マルセイユと、オランダ屈指の名門フェイエノールトのファイナル進出を懸けた第2ラウンドは初戦に続き打ち合い必至となりそうだ。

先週にフェイエノールトのホームで行われた1stレグは、3-2でホームチームが先勝した。戦前はマルセイユ優位と思われたが、立ち上がりからアグレッシブな入りを見せたフェイエノールトは18分に鮮やかな中央での崩しからFWデサースのゴールで先手を奪うと、直後には相手のハイラインを破り、FWシニステラのゴールで加点。

一方、いきなり2点のビハインドを背負ったマルセイユもFWディエングの強烈なミドルシュートで1点を返すと、前半終了間際には波状攻撃からMFジェルソンのゴールで前半の内にスコアをタイに戻した。

後半は2点差を追いついたアウェイチームの流れかに思われたが、キックオフ直後にDFチャレタ=ツァルの不用意なバックパスを奪ったデサースが難なく勝ち越しゴールを奪うと、以降は両チームの守備陣の奮闘もあってスコアは動かなかった。

ビッグマッチでは許されないミスが響き、1点のビハインドを背負ってホームでのリターンレグを戦うことになったマルセイユは、直近のリーグ戦でもホームでリヨンに0-3のスコアで大敗。大幅にメンバーを入れ替えたわけではないだけに、今回の大一番に向けてチーム状態が不安視されるところだ。それでも、大黒柱のMFパイエを中心にFWミリクやFWバカンブなど経験豊富なタレントが揃っているだけに、ベロドロームの熱狂的なサポートを期待しつつ、メンタル面を立て直して臨みたい。

一方、フェイエノールトは週末のリーグ戦で下位に低迷する フォルトゥナ・シッタートを相手にDFヘールトライダの2ゴールなどで3-1のスコアで快勝。敵地での一戦では初戦で出た守備面の課題を修正しつつ、1stレグでも相手に脅威を与えたシニステラ、FWネルソンの両翼による個人技で違いを生み、1stレグでの2ゴールで得点ランキングトップ(10ゴール)に躍り出たデサースの決定力を生かし、攻撃的な戦いを見せたい。


関連ニュース
thumb

セルタがローマFWカルレス・ペレスを買取OP付レンタル移籍で獲得…かつてバルサでプレー

セルタは9日、ローマのスペイン人FWカルレス・ペレス(24)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 1年間のレンタル移籍で買い取りオプションもついているという。 バルセロナの下部組織出身のカルレス・ペレスは、2019年7月にファーストチームに昇格。2020年1月にローマへとレンタル移籍し、2020年9月に完全移籍していた。 バルセロナでは公式戦13試合で2ゴール3アシストを記録。ローマでは公式戦75試合で8ゴール7アシストを記録していた。 2021-22シーズンもセリエAで19試合に出場し1ゴール1アシストを記録。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)でも6試合に出場し2ゴールを決め、チームの優勝に貢献していた。 また、世代別のスペイン代表を経験しており、かつては大きく期待された選手。バルセロナの選手として2019年の夏には来日しており、ヴィッセル神戸相手に2ゴールを決める活躍を見せていた。 2022.08.10 09:27 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ加入のワイナルドゥム、決め手はサラーの助言

パリ・サンジェルマンからローマに買い取りオプション付きのレンタルで移籍したオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが加入の決め手について語った。 その中でリバプール時代のチームメートであり、2015年から2017年にかけてローマに在籍したエジプト代表FWモハメド・サラーの助言が大きかったことを明かした。 「もちろん、ローマが僕と契約しようと努力してくれたことが一番だよ。あとはモー(サラー)とケビン(ストロートマン)からクラブとローマの街の雰囲気を聞いた。彼らからは良い話しかなかった。ハキミも同様のことを言っていたね。だから移籍するにあたって躊躇はなかった」 2022.08.09 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマのカルレス・ペレスがセルタへレンタル移籍、2年半ぶりの母国復帰

セルタは8日、スペイン人MFカルレス・ペレス(24)のレンタル移籍に関してローマと基本合意に達したことを報告した。メディカルチェックが済み次第、1年間の契約にサインすることになる。 バルセロナのカンテラーノとして知られるカルレス・ペレス。2018-19シーズンのラ・リーガ最終節でトップチームデビューを果たし、翌シーズンから本格的にトップチームに昇格したものの、なかなか出場機会に恵まれず、2020年1月にローマへレンタル移籍した。 ローマでは途中出場がメインとなったが、半シーズンでセリエA14試合に出場。半年後に買い取り義務により1100万ユーロで完全移籍した。だが、翌シーズン以降もサブから地位を向上できず、ここ2シーズンで公式戦58試合に出場も、その多くがベンチスタートだった。 今夏は放出候補に挙げられ、以前からセルタ行きが報じられていたカルレス・ペレス。この度、レンタルでの移籍が決まり、2年半ぶりに母国に戻ることになった。 なお、ローマでは同日、スペイン代表MFゴンサロ・ビジャール(24)がサンプドリアにレンタル移籍したことも発表されている。 2022.08.09 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「史上最悪のCK?」名手ディバラが一瞬でチャンスを潰してしまう“衝撃ミス”「めちゃくちゃダフってる」

「弘法にも筆の誤り」のことわざがあるように、名手でも時にミスを犯すようだ。 今回注目を集めているのは、ローマに加入したアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラのプレーだ。 昨シーズン限りで7年を過ごしたユベントスを契約満了により退団となったディバラはローマへ3年契約で加入。7日に行われたシャフタール・ドネツクとの親善試合にも先発し、本拠地スタディオ・オリンピコでのデビュー戦となった。 しかし、気合入り過ぎたのか開始早々の4分に獲得した左CKの場面では思わぬミスを犯してしまう。 キッカーを務めたディバラは、いつものように左足でボールを供給しようとしたが、ボール手前の地面を蹴ってしまう。ダフった格好となり、意図しない形で捉えたボテボテのキックはそのままゴールラインを割ってしまった。 予想外のミスキックには、ファンも「前線まで上がったDFの気持ちを考えると…」、「史上最悪のCK?」、「プレシーズンで良かった」、「ディバラも緊張してた?」「めちゃくちゃダフってる」と様々な声を寄せられている。 ただ、ディバラはその後は気を取り直して81分までプレー。5-0の大勝に貢献している。 <span class="paragraph-title">【動画】CKのチャンスが一瞬でゴールキックに…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Simply stunning from Dybala. It is a different game for them. <a href="https://t.co/YL6SPbRf2m">pic.twitter.com/YL6SPbRf2m</a></p>&mdash; Max Rushden (@maxrushden) <a href="https://twitter.com/maxrushden/status/1556574471988953089?ref_src=twsrc%5Etfw">August 8, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.09 13:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ボーンマス、フェイエノールトのCBセネシ争奪戦を制す! 4年契約を締結

ボーンマスは8日、フェイエノールトに所属するアルゼンチン代表DFマルコス・セネシ(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2026年6月30日までで、背番号は25を着用する。 セネシは2019年9月に母国のサン・ロレンソからフェイエノールトへと加入した左利きのセンターバック。 相手アタッカーに対する鋭いチェックやハードなタックルに加え、質の高い左足フィードを持ち味とし、ボールを奪ってカウンターの起点となることもしばしば。3年間在籍したフェイエノールトでは、公式戦116試合に出場し9ゴール7アシストを記録していた。 今年6月にアルゼンチン代表デビューを飾ったセネシには、ローマやセビージャ、フィオレンティーナらが関心を示していたが、ボーンマスが争奪戦を制した。 2022.08.09 07:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly