3戦2発、横浜FMのアンデルソン・ロペスがゴールを振り返る「日々練習している形」

2022.05.02 12:58 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎2022 AFC
横浜F・マリノスのFWアンデルソン・ロペスが、全北現代モータース(韓国)戦を振り返った。1日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・グループH第6節の全北現代vs横浜FMの一戦。グループステージの突破はすでに決まっている横浜FMだったが、首位通過を目指しての直接対決となった。

試合は立ち上がりの4分に相手のパスカットからアンデルソン・ロペスが決めて先制。しかし11分に浮き球のパスに抜け出したキム・ボギョンがダイレクトで決めて、1-1。その後は互いに牽制しながら引き分けに終わった。

この結果、横浜FMが首位通過、全北現代が2位通過を果たしている。

この試合で先制ゴールを決め、マン・オブ・ザ・マッチ(MOTM)に選ばれたアンデルソン・ロペスは「過密日程で外国籍枠に限りがある中、監督はベストな選手たちを選んだと思う。選手は毎試合出たい気持ちはあるけど、僕たちはチームとして凄く良い準備ができてベトナムに入った。全ての試合を振り返っても、良かったと感じている」とコメント。出た試合で結果を残せたことを喜んだ。

この試合でもゴールを決めたが「僕たちがプレスをかけてうまく点を取れた。このプレスというのは、日々練習している形。それがうまく点に結びついて凄く良かったし、チーム全体が凄く良い仕事をした」と、鍛錬の賜物であると振り返った。

横浜FMはラウンド16ではグループJを首位通過したヴィッセル神戸と対戦することが決定している。

1 2

関連ニュース
thumb

【PHOTOギャラリー】ACL2022・ラウンド16|ヴィッセル神戸 3-2 横浜F・マリノス/埼玉スタジアム2002

18日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022 ラウンド16のヴィッセル神戸vs横浜F・マリノスは3-2で神戸が勝利を収めた。 ヴィッセル神戸 3-2 横浜F・マリノス 【神戸】 飯野七聖(前7) 佐々木大樹(前31[PK]) 小田裕太郎(後35) 【横浜FM】 西村拓真(前9) アンデルソン・ロペス(後44) <span class="paragraph-subtitle">【PHOTO】前半戦</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_01.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_02.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_03.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_04.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_05.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_06.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_07.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_08.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_09.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_10.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_11.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_12.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_13.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_14.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_15.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_16.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_17.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_18.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_19.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_20.jpg" style="max-width:100%;"></div> <span class="paragraph-title">【PHOTO】後半戦</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_21.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_22.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_23.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_24.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_25.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_26.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_27.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_28.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_29.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_30.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_31.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_32.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_33.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_34.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_35.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_36.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_37.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_38.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_39.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220818vis_yfm_40.jpg" style="max-width:100%;"></div> 写真:超ワールドサッカー 2022.08.19 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

注目のJリーグ対決、神戸が横浜FMとの打ち合いを制し準々決勝へ! 《ACL2022》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022の東地区ラウンド16、ヴィッセル神戸vs横浜F・マリノスが18日に埼玉スタジアム2002で行われ、3-2で神戸が勝利し、準々決勝進出を決めた。 新型コロナウイルスの影響でグループステージから短期間での集中開催の方針が取られている今季のACL。このラウンド16から準決勝までは8月のうちに日本で開催されることになり、ラウンド16の舞台は埼玉に決まっている。また、従来のレギュレーションとは異なり、ラウンド16以降は全試合が一発勝負となる。 日本からは浦和レッズを含めた3チームが参戦する中、このラウンドで日本勢対決が実現。神戸は、上海海港が出場を辞退したことで、異例の3チームでの争いとなったグループステージを2勝2分け無敗で首位突破。一方の横浜FMは、4勝1分け1敗という好成績で全北現代モータースを振り切り首位通過した。 グループステージから3カ月半ぶりのACLとなるが、神戸はこの間、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を解任し、吉田孝行氏が監督に就任。一時公式戦4連勝と持ち直した時期もあったが、最近は公式戦4連敗と再び不振に。13日に行われたJリーグの北海道コンサドーレ札幌戦は0-2で勝利している。 対する横浜FMは、J1では2位と5ポイント差の首位という状況だが、公式戦ここ6試合はわずか1勝にとどまっており、そのうち直近3試合は連敗中。13日に予定されていた湘南ベルマーレ戦は台風8号の影響で延期されたため、8日ぶりの一戦となる。 ファーストシュートは横浜FM。5分、速攻から仲川がドリブルで縦に仕掛け、ボックス右手前から左足を一閃。だが、ストレート性のシュートはGK前川にセーブされた。 ボールを繋いで主導権を握りにかかる横浜FMだが、前線からプレスをかける神戸の守備網に捕まると7分、今季公式戦10試合目の出場となった實藤の縦パスが汰木に奪われカウンターの餌食に。汰木は敵陣左サイドからドリブルで中央へ持ち込み、ボックス右へスルーパス。最後は飯野がループシュートを流し込み、先制点を挙げた。 珍しいビルドアップミスで失点を喫した横浜FMだが、その直後の9分に持ち味の見事なパスワークから同点に追いつく。右サイドいっぱいに開いた小池龍太が實藤のパスをワンタッチで縦に繋ぎ、反応した仲川が深い位置からクロスを供給。これを西村がダイビングヘッドで合わせネットを揺らした。 その後はポゼッションにおける劣勢は許容しながらも、堅守速攻の得意な土俵に持ち込む神戸は15分、ボックス手前でボールを収めた大迫のバックパスを山口がダイレクトシュート。ゴールへ一直線に向かう強烈なシュートはクロスバーに直撃し、大きな見せ場となった。 前線からのプレスを続ける神戸。28分に敵陣でボールを奪った場面では、ショートカウンターから大迫がクロスを入れると、ダイレクトで叩いた佐々木のシュートが實藤の手に直撃。主審はVARでの確認の上、PKを指示。これを佐々木が決めて、再び神戸が勝ち越しに成功した。 後半に入ると、1点を追う横浜FMが猛攻を見せる。55分に小池龍太がドリブルからのミドルシュートでGK前川を強襲すれば、58分、59分と永戸やエウベルが決定機を迎えるも、いずれもGK前川の好セーブに遭う。続く61分にも仲川がゴールに迫るが、ボックス右からのシュートは枠を捉えられず。 対する神戸も大迫のシュートで応戦。60分にその大迫と佐々木を下げて武藤と小田を投入すると、66分に右から入ったクロスをボックス右の小田がスルーし、背後に走り込んだ大崎がシュートという連動した攻撃を見せる。 その後、横浜FMも仲川と實藤を下げて水沼と藤田を投入。76分には喜田をアンデルソン・ロペスに代えて前線の枚数を増やし、厚みのある攻撃を展開していく。直後にはCKからレオ・セアラがヘディングシュートを放つが、ここはGKの正面。 前がかりになる横浜FMに対して、前線からのプレスの姿勢を崩さない神戸は80分、飯野が敵陣右サイドの深い位置でボールを奪い、山口が大崎とのワンツーで右サイドからボックス右へ侵入。マイナスへ折り返すと、ニアの小田がワンタッチで合わせて3点目を奪った。 これで試合の大勢は決したかに思われたが、横浜FMは89分にアンデルソン・ロペスが得点を決めて波乱の起きそうな展開に。 しかし、3分のアディショナルタイムを逃げ切った神戸が3-2で試合を制し、準々決勝へ駒を進めた。準々決勝の組み合わせは20日の抽選会で決まる。 ヴィッセル神戸 3-2 横浜F・マリノス 【神戸】 飯野七聖(前7) 佐々木大樹(前31[PK]) 小田裕太郎(後35) 【横浜FM】 西村拓真(前9) アンデルソン・ロペス(後44) 2022.08.18 22:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「マリノスの未来を切り拓く」2シーズン前の悔しさ胸に横浜FM・喜田拓也が意気込む「歴史を変えられるタイミングはそう何度も来るものではない」

横浜F・マリノスのキャプテンを務めるMF喜田拓也が、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16のヴィッセル神戸戦を前に意気込みを語った。 現在は明治安田生命J1リーグで首位に立ち、リーグ制覇へと邁進している横浜FM。ACLでは全北現代モータース(韓国)、ホアンアイン・ザライ(ベトナム)、シドニーFC(オーストラリア)と同居したグループステージを4勝1分け1敗で終えて首位通過を果たした。 その横浜FMがラウンド16で対戦するのは神戸。ACLの舞台でJリーグチームと対戦することとなった。 喜田は神戸戦に向けて、「タフなグループステージを勝ち抜いて、明日から決勝トーナメントということで、ここから先はマリノスの歴史上は突破したことがない、見たことがない景色になるところではあるので、必ず自分たちの力でマリノスの未来を切り拓いていきたいですし、その力があるチームだと信じているので、自分たちがやってきたことを信じて、思い切ってぶつかっていくだけだと思います。マリノスファミリーの力を結集して、思い切ってぶつかっていきたいと思います」と、これまで通りのやり方で向かっていくと虚ちょうした。 横浜FMとしてはACLの最高位はラウンド16。この先に勝ち進んだことは今までない。 喜田は「クラブとして突破したことがないところまで来たので、切り拓くのは自分たち次第だと思います」と語り、「歴史を変えられるタイミングはそう何度も来るものではないので、チーム全員でやってきたことを信じて出し切りたいですし、何よりも今いる仲間と1試合でも多く戦いたいので、そのためには勝ち進まなければいけないです」と、しっかりと勝ちたいと意気込んだ。 また「あとは変に着飾る必要もないと思います。このチーム、この仲間を心の底から信じているので、自分たちが今までやってきたこと、仲間を信じて思い切ってぶつかるだけなので、結果や相手に囚われず、自分たちのことに集中して、堂々とピッチに立てればと思います」と、自分たちの良さをしっかりと出すことだけだとした。 その喜田は2020年のACLにも参加。カタールでの集中開催となった中、ラウンド16で水原三星ブルーウィングス(韓国)の前に敗れっていた。 当時も見たことのない景色を見ると口にしていた中で、悔しい思いをしたが、1年半が経過して再びチャンスが巡ってきた形となる。 「2020年のベスト16で敗退したあの日の光景だったり、景色というのは忘れたことはないです。強烈な悔しさを経て、本当に悔しい気持ちでチーム自体はいっぱいでしたが、それでも前を向いてみんなで手を取り合って進んできて、自分たちの手で切符を掴み取って、そして今年グループステージを勝ち抜いて、この場に立つということは、自分たちの手で掴み取ったと自信を持ってピッチに立つべきです」 「勝利という意味ではピッチに立つ、立たないは関係なくみんなの力が必要だということは、ACLに限らず、ずっと言ってきたことなので、それが自分たちの色で、大切にしてきたことです」 「ACLだからと変わることはないですし、ここから先は見たことがない景色ですけど、僕たち自身がやることは変わらないので、とにかくやることは、お互いを信じて堂々とピッチに立つ。やるべきことをやって結果を出すというのは、どの大会でも変わらないので、チームを信じて貫き通して、必ず結果を出したいと思います」 キャプテンとして再びチャレンジすることが叶った喜田。2シーズン前の悔しさを払拭し、未来を切り拓けるか。試合は18日の20時から埼玉スタジアム2002で行われる。 2022.08.17 19:05 Wed
twitterfacebook
thumb

「全員を使いたい」横浜FMのマスカット監督、ACLの外国人枠3名のチョイスは「バランスが取れる選択肢を持つ」

横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督が、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16のヴィッセル神戸戦を前に意気込みを語った。 現在は明治安田生命J1リーグで首位に立ち、リーグ制覇へと邁進している横浜FM。ACLでは全北現代モータース(韓国)、ホアンアイン・ザライ(ベトナム)、シドニーFC(オーストラリア)と同居したグループステージを4勝1分け1敗で終えて首位通過を果たした。 その横浜FMがラウンド16で対戦するのは神戸。ACLの舞台でJリーグチームと対戦することとなった。 マスカット監督にとっては横浜FMでは初の決勝トーナメントの指揮。メルボルン・ビクトリー時代にもラウンド16は1度しか経験がなく、その時は全北現代に敗れていた。 改めてラウンド16に向けては「数カ月前にすごく良いグループステージの経験を経て、ここに戻って来れたことを凄く嬉しく思う。決勝トーナメントがスタートする中で、今度からは勝ち抜きになる。自分たちは自信を持ってここにきているし、皆さんには、マリノスというクラブ、サッカーをピッチ上で表現するのを見せたい」とコメント。今シーズン見せているサッカーを表現していきたいとした。 11月にカタール・ワールドカップがあること、そしてACLの日程の関係もあり、今シーズンも過密日程を過ごしてきた横浜FM。ただ、先週末の湘南ベルマーレ戦は、台風8号の影響で中止となり、久々に試合間が空いたこととなる。 調整面については「準備はもちろん湘南戦に向けてやっていたが、中止になったことについて言うことはない。クラブとしてファン・サポーター、関わる皆さんが危険に晒されないこと、安全が第一だ」と中止された試合について言及し、「練習のスケジュールを少し変えながら、良い準備をすることに集中し、次の試合への準備が上手くできたと思う」と、調整は問題ないとした。 また、今夏獲得したFWヤン・マテウスはプレーしないままACLへ。「来てくれて本当に嬉しい。ヨーロッパはプレシーズン中と言うこともあり、彼が日本に来たことでコンディション面もそうだが、日本の暑さという部分で、大変な経験をしていると思う」と、チームに加わったことを喜んでいた。その中で、「異国の地で、文化も言葉も人も違うなか、よくやってくれている。1日も早くアダプトしてくれることを信じているし、来てくれたことに感謝している」と語り、環境に慣れていってもらいたいとした。 神戸には実力者が多く揃い、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタも前日練習に参加していた。「向こうにはイニエスタだけではないというところは自分もよくわかっている」と、警戒すべきはイニエスタだけではないとコメント。「彼1人がどうこうというチームではない。他にも良い選手が多く、個の力を持っている選手が多いチームだと思っている」と語り、「明日どうなるか、誰が出てくるかはわからないが、相手がどうこうと言うよりも、自分たちが何をしたいか。どういうサッカーをしていくかに集中していきたいと思うし、それを大事にしていて、そこにフォーカスしたい」と、自分たちに矢印を向けて戦っていくとした。 ACLでは外国人枠の関係で3選手しか起用ができない。現在ブラジル人が6名所属する中、3名はメンバー外になることが確定。試合ごとに選べるとはいえ、チームとしてのプランをリーグ戦とは変える必要がある。 「3人という外国人枠というのは初めてのことではないが、慣れているわけでもない」 「常に選手を選ぶというのは簡単な作業ではない。一番大事にしているのは、チームとしてバランスが取れる選択肢を持つこと。全員を使いたいと思いがあるが、可能ではないこともわかっている。全員を必要としていて、選手たちが良いスピリットを持って、常日頃、練習や試合をやってくれている」 「選ばれなかった選手、ピッチに立てなかった選手は良い気分ではないことは十分承知しているが、彼らも出ている選手のために日々努力し、次の試合では自分にチャンスが来ると思って練習に打ち込んでくれていると思う。そういうところで、全員を信じているし、全員が必要だと思う」 マスカット監督は誰をチョイスしてメンバーを組むのか。試合は18日の20時から埼玉スタジアム2002で行われる。 2022.08.17 18:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ACLラウンド16に臨む神戸、リーグでは苦戦もDF大崎玲央は自信「自分たちにもクオリティはある」

ヴィッセル神戸のDF大崎玲央が、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16に向けた記者会見で勝利への自信を示した。 今年の4月から5月にかけて行われたACLグループステージを首位通過し、ノックアウトステージ進出を果たした神戸。18日に埼玉スタジアム2002で行われるノックアウトステージ・ラウンド16では、同じ日本勢の横浜F・マリノスと対戦する。 大崎にとっては2020年に出場したACLでベスト4進出を果たして以来、これが2度目の国際舞台に。会見では「非常に楽しみですし、自分たちがどこまでやれるかの証明になると思います。まずは明日勝って、次に進んでいきたいですね」と意気込みを示した。 準決勝までは一発勝負となる今大会、大崎は普段のリーグ戦との違いについて認めつつ、「一発勝負ではありますが、だからといって消極的になるのではなく、積極的に仕掛けていかないと。自分たちはボール持っているときとそうでないときで、戦い方がはっきりしています。明日の試合では、できる限り自分たちが主導権を握りたいです」と語り、チームがこれまで取り組んできたアグレッシブな姿勢は維持したい考えを明かした。 現在明治安田生命J1リーグで首位に立つ横浜FMとは対照的に、神戸は16位に低迷。劣勢が予想されるが「これはACLなので、リーグ戦の順位は関係ありません」と強調しており、「もちろん、相手はクオリティがありボールの保持も上手いチームです。ただ、自分たちにもクオリティはあると思っています。守りに入り過ぎず、攻守に攻撃的な姿勢を見せたいですね」と、リーグ戦とは違った姿を見せられるはずだと述べた。 今年3月のリーグ戦で横浜FMに0-2のスコアで敗れた際は、三浦淳寛氏が指揮をとっていた神戸。あれから数度の監督交代を経て現在は吉田孝行監督がチームを率いているが、大崎は「チームとしてここまでやってきて、監督が変わればもちろんスタイルは変わります。ただ、それでも最終的にプレーするのは選手なので。明日の試合はこれまでやってきたものを示せるチャンスですから、勝って次に進みたいです」と述べ、あくまでプレーするのは選手であり、今季成長してきた姿を見せたいと気合いを示している。 2022.08.17 14:39 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly