仙台が3ゴールで3連勝!横浜FCは3点差追いつかれるも首位&無敗キープ、初連勝大宮は降格圏脱出【明治安田J2第13節】

2022.05.01 18:23 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J2リーグ第13節の7試合が1日に各地で行われた。

2位と5ポイント差で首位に位置する横浜FCは、アウェイで12位のザスパクサツ群馬と対戦。3試合ぶりの勝利を狙う試合は、24分に長谷川竜也の2試合連続ゴールで先制すると、31分に右CKからのクロスを渡邉千真がヘディングで合わせて追加点。さらに、42分にもイサカ・ゼインの加入後初ゴールで3点目を奪って試合を折り返した。

前半は優勢だった横浜FCだが、後半は群馬のハイプレスに苦しむ展開に。49分に平松宗のゴールで1点を返されると、57分にも平松にゴールを奪われ1点差に。その後も群馬に主導権を握られると、67分に奥村晃司のゴールで同点に追いつかれる。

完全に試合は群馬ペーストなり、シーズン初黒星かと思われたが、その後猛攻を凌ぎ切り、3-3で試合終了。依然、首位&無敗をキープしているものの、3試合連続の引き分けとなった。

また、第10節の首位決戦で敗れたものの、直近の5試合で4勝1敗と好調の3位ベガルタ仙台は、ホームで18位のブラウブリッツ秋田と対戦した。

東北クラブ同士の“東北ダービー“は、攻勢を強めた仙台が10分に富樫敬真のゴールで先制したものの、22分に負傷交代で青木翔太に代わって出場した武颯が27分にゴールを決め、同点に追いつかれる。

試合を1-1で折り返したが、好調を維持する仙台は72分に遠藤康のミドルシュートで勝ち越しに成功。78分に吉野恭平がダメ押しゴールを決め、3-1でタイムアップ。仙台が今季初の3連勝を飾り、首位横浜FCとの差を縮めた。

開幕8試合は負け無しとしていたものの、直近の4試合で1分け3敗と低調の5位東京ヴェルディは、アウェイで7位のファジアーノ岡山と対戦。前半は押し込まれる展開の多かった東京Vは、ゴールレスで試合を折り返した後半もペースをものにすることができずにいると、54分に田中雄大にゴールを許して岡山が先制する。

さらに、直後の58分にはミッチェル・デュークがゴールを決めて岡山がリードを2点に広げると、東京Vは79分にバスケス・バイロンのJリーグ初ゴールで1点を返したものの、2-1で岡山が勝利。今節も勝ち点を積み上げることができず、東京Vは5試合勝ち無し。一方で、岡山が4位まで順位を浮上させた。

開幕以降上位に名を連ねるも、直近5試合勝ち無しの4位FC町田ゼルビアは、ホームで16位の徳島ヴォルティスと対戦。前半は互いにチャンスを作るも決め切れずに試合を折り返すと、後半開始直後に町田がクロスバーを直撃する決定機を逃す。

すると、試合の流れは徳島に傾きはじめ、62分に坪井清志郎がゴール。さらに74分にも新井直人のシュートが町田DFに当たって決まり2点差。そのまま徳島が逃げ切り、0-2で勝利。町田はまたしても勝てなかった。

その他、開幕からの不調が続き降格圏に位置していた21位の大宮アルディージャは、ホーム未勝利の14位ツエーゲン金沢と対戦。大宮は41分にCKの流れから河田篤秀が豪快ボレーを叩き込むが、金沢は後半早々の49分に庄司朋乃也のミドルシュートがディフレクトして入り同点とする。

その後は一進一退の攻防が続く中、大宮は途中出場の中野誠也が同じく途中出場の小島幹敏のクロスをヘッド。これが決勝点となり、大宮が初の連勝で20位に順位を上げて、降格圏を脱した。

◆明治安田生命J2リーグ第13節
▽5/1
いわてグルージャ盛岡 1-2 ロアッソ熊本
ファジアーノ岡山 2-1 東京ヴェルディ
モンテディオ山形 2-0 V・ファーレン長崎
ザスパクサツ群馬 3-3 横浜FC
FC町田ゼルビア 0-2 徳島ヴォルティス
ツエーゲン金沢 1-2 大宮アルディージャ
ベガルタ仙台 3-1 ブラウブリッツ秋田

▽4/30
ジェフユナイテッド千葉 0-3 大分トリニータ
レノファ山口FC 2-1 栃木SC
水戸ホーリーホック 2-1 ヴァンフォーレ甲府
FC琉球 1-1 アルビレックス新潟

関連ニュース
thumb

13日開催のJリーグ、水戸vs東京Vも台風の影響で中止…これで計7試合目

Jリーグは13日、同日に予定した明治安田生命J2リーグ第31節の水戸ホーリーホックvs東京ヴェルディの開催中止を発表した。 Jリーグでは本日開催の計6試合が台風8号の影響で中止。18時にキックオフを予定した水戸vs東京Vもそれに続く格好となった。 なお、代替日については決定次第、知らせるという。 2022.08.13 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

13日のJリーグ、J1の3試合含む計6試合が中止…台風8号の影響で

Jリーグは13日、同日に予定した明治安田生命J1、J2、J3リーグの計6試合中止を発表した。 中止が発表されたのはJ1リーグ第25節のFC東京vセレッソ大阪、川崎フロンターレvs京都サンガF.C. 、横浜F・マリノスvs湘南ベルマーレにJ2リーグ第31節の横浜FCvsザスパクサツ群馬と、J3リーグ第20節のSC相模原vs福島ユナイテッドFC、アスルクラロ沼津vs藤枝MYFCとなる。 中止理由はいずれも、まもなく日本列島に上陸とされる台風8号の影響によるもの。 なお、全ての試合について代替日は決定次第、発表されるという。 2022.08.13 13:50 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟が選手1名の新型コロナ陽性を報告 濃厚接触者なし

アルビレックス新潟は12日、トップチーム選手1名の新型コロナウイルス感染を報告した。 当該選手は12日のPCR検査で陽性診断。現在、適切な対策のもとで療養しており、10日から咳やたんの症状があったという。 なお、当該選手の行動履歴から、トップチーム選手・スタッフおよびチーム関係者に濃厚接触者はいないとのことだ。 2022.08.12 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

元日本代表MF加藤恒平、琉球入りでJリーグ復帰を果たす! 直近はタイでプレー

FC琉球は12日、元日本代表MF加藤恒平(33)の加入決定を発表した。背番号は「37」。契約報酬の一部は琉球が発行した暗号資産FCRコインにて支払われる。 加藤は2012年にFC町田ゼルビアでプロキャリアを始めて以降、これまでモンテネグロやポーランド、ブルガリア、ジブラルタル、ポルトガル、タイでプレー。2018年3月にサガン鳥栖入りしてJリーグ復帰を果たした時期もあったが、その後は再び海外に出て、2022年からタイのチェンライ・ユナイテッドFCに活躍の場を移した。 そのチェンライ・ユナイテッドではAFCチャンピオンズリーグ2022の4試合でプレーし、この夏から琉球でJリーグでのキャリアを再開させることに。2017年5月にヴァイッド・ハリルホジッチ体制下の日本代表に初選出され、話題も呼んだ加藤は琉球の公式サイトを通じて、意気込みを語っている。 「この度FC琉球に加入することになりました、加藤恒平です。チームの目標は明確で、それに対して少しでも力になれるように覚悟を決めて来ました。それが伝わるようなプレーが出来るようにしっかり準備をして、なるべく早くチームに溶け込めるように頑張ります。ファンの皆さんの前でプレー出来るのを楽しみにしています。よろしくお願いします!」 2022.08.12 14:35 Fri
twitterfacebook
thumb

町田、晴山岬がレンタル先の今治から復帰 「やれることをやるだけ」

FC町田ゼルビアは12日、期限付き移籍先のFC今治からFW晴山岬(21)の復帰を発表した。背番号「27」をつける。 帝京長岡高校出身の晴山はプロ3年目の今季、今治に期限付き移籍。移籍期間は2023年1月31日までだったが、明治安田生命J3リーグ3試合、天皇杯4試合に出場して、町田に戻ることが決まった。両クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆FC町田ゼルビア 「FC町田ゼルビアに復帰することになりました。試合に出て活躍し戻ってくる事はできませんでしたが、自分でも数えきれないくらいの色んな事を今治で学ばせてもらいました。それを少しでもチームの力に加えられるように常に成長していきます! どんな時も感謝の気持ちを忘れずにやれることをやるだけです! そして最大の目標のJ1昇格を成し遂げられるよう、共に戦いましょう! 引き続き応援よろしくお願いします!」 ◆FC今治 「この度、FC町田ゼルビアに戻ることになりました。チームのJ2昇格の場に立ち合うことや、それに貢献できなかった事に対して非常に悔しさが残ってます。こうしてシーズン途中でチームを離れることになってしまいましたが、このチームは本当に温かく、昇格への熱量が絶やることは少しもなかったと感じてます。そして僕は色々な方々に感謝をしなければならないです。チームを離れることになりますが、J 2昇格することを応援しています! 半年間たくさんの方々にお世話になりました。本当にありがとうございました!」 2022.08.12 12:10 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly