仙台が3ゴールで3連勝!横浜FCは3点差追いつかれるも首位&無敗キープ、初連勝大宮は降格圏脱出【明治安田J2第13節】

2022.05.01 18:23 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J2リーグ第13節の7試合が1日に各地で行われた。

2位と5ポイント差で首位に位置する横浜FCは、アウェイで12位のザスパクサツ群馬と対戦。3試合ぶりの勝利を狙う試合は、24分に長谷川竜也の2試合連続ゴールで先制すると、31分に右CKからのクロスを渡邉千真がヘディングで合わせて追加点。さらに、42分にもイサカ・ゼインの加入後初ゴールで3点目を奪って試合を折り返した。

前半は優勢だった横浜FCだが、後半は群馬のハイプレスに苦しむ展開に。49分に平松宗のゴールで1点を返されると、57分にも平松にゴールを奪われ1点差に。その後も群馬に主導権を握られると、67分に奥村晃司のゴールで同点に追いつかれる。

完全に試合は群馬ペーストなり、シーズン初黒星かと思われたが、その後猛攻を凌ぎ切り、3-3で試合終了。依然、首位&無敗をキープしているものの、3試合連続の引き分けとなった。

また、第10節の首位決戦で敗れたものの、直近の5試合で4勝1敗と好調の3位ベガルタ仙台は、ホームで18位のブラウブリッツ秋田と対戦した。

東北クラブ同士の“東北ダービー“は、攻勢を強めた仙台が10分に富樫敬真のゴールで先制したものの、22分に負傷交代で青木翔太に代わって出場した武颯が27分にゴールを決め、同点に追いつかれる。

試合を1-1で折り返したが、好調を維持する仙台は72分に遠藤康のミドルシュートで勝ち越しに成功。78分に吉野恭平がダメ押しゴールを決め、3-1でタイムアップ。仙台が今季初の3連勝を飾り、首位横浜FCとの差を縮めた。

開幕8試合は負け無しとしていたものの、直近の4試合で1分け3敗と低調の5位東京ヴェルディは、アウェイで7位のファジアーノ岡山と対戦。前半は押し込まれる展開の多かった東京Vは、ゴールレスで試合を折り返した後半もペースをものにすることができずにいると、54分に田中雄大にゴールを許して岡山が先制する。

さらに、直後の58分にはミッチェル・デュークがゴールを決めて岡山がリードを2点に広げると、東京Vは79分にバスケス・バイロンのJリーグ初ゴールで1点を返したものの、2-1で岡山が勝利。今節も勝ち点を積み上げることができず、東京Vは5試合勝ち無し。一方で、岡山が4位まで順位を浮上させた。

開幕以降上位に名を連ねるも、直近5試合勝ち無しの4位FC町田ゼルビアは、ホームで16位の徳島ヴォルティスと対戦。前半は互いにチャンスを作るも決め切れずに試合を折り返すと、後半開始直後に町田がクロスバーを直撃する決定機を逃す。

すると、試合の流れは徳島に傾きはじめ、62分に坪井清志郎がゴール。さらに74分にも新井直人のシュートが町田DFに当たって決まり2点差。そのまま徳島が逃げ切り、0-2で勝利。町田はまたしても勝てなかった。

その他、開幕からの不調が続き降格圏に位置していた21位の大宮アルディージャは、ホーム未勝利の14位ツエーゲン金沢と対戦。大宮は41分にCKの流れから河田篤秀が豪快ボレーを叩き込むが、金沢は後半早々の49分に庄司朋乃也のミドルシュートがディフレクトして入り同点とする。

その後は一進一退の攻防が続く中、大宮は途中出場の中野誠也が同じく途中出場の小島幹敏のクロスをヘッド。これが決勝点となり、大宮が初の連勝で20位に順位を上げて、降格圏を脱した。

◆明治安田生命J2リーグ第13節
▽5/1
いわてグルージャ盛岡 1-2 ロアッソ熊本
ファジアーノ岡山 2-1 東京ヴェルディ
モンテディオ山形 2-0 V・ファーレン長崎
ザスパクサツ群馬 3-3 横浜FC
FC町田ゼルビア 0-2 徳島ヴォルティス
ツエーゲン金沢 1-2 大宮アルディージャ
ベガルタ仙台 3-1 ブラウブリッツ秋田

▽4/30
ジェフユナイテッド千葉 0-3 大分トリニータ
レノファ山口FC 2-1 栃木SC
水戸ホーリーホック 2-1 ヴァンフォーレ甲府
FC琉球 1-1 アルビレックス新潟

関連ニュース
thumb

Jリーグが『桃鉄』とコラボ! クラブオリジナル列車のゲットやオリジナルグッズも登場

Jリーグは7日、『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~(以下、桃鉄)』とのコラボレーションキャンペーンの開催を発表した。 30年以上にわたり幅広い年代に楽しまれている国民的ボードゲームの『桃鉄』。最新作は累計販売本数 350 万本を超えるヒットとなっている。 Jリーグは、家族で遊びながら全国のホームタウンを巡ることができる『桃鉄』とのコラボレーションによって、これまでにない J リーグの楽しみ方を届けるという。 コラボレーションの期間中は、ゲーム内に、JリーグJ1・J2・J3全 58 クラブのホームタウンが目的地として登場するほか、ゲーム内の各モードにも、サッカー要素が加わるとのこと。また、Jリーグの試合が開催されるスタジアムに掲出されるポスターに、 『桃鉄』の最新アップデートが反映されたNintendo Switch™をタッチすることで、クラブオリジナルデザインの列車がゲットできる「スタジアムに行こう!桃鉄で!」キャンペーンを、全国で実施する。 このコラボレーションは、近日配信開始予定の無料アップデートを実施することでお楽しみ頂けます。また、オリジナルグッズの発売やスタジアムでの『桃鉄』コラボイベントなどを予定しているクラブもあるとのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】Jクラブ仕様のオリジナル列車やオリジナグッズ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/momotetsu220707_tw1.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/momotetsu220707_tw2.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/momotetsu220707_tw3.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/momotetsu220707_tw4.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2022.07.07 18:15 Thu
twitterfacebook
thumb

「比べるものがないほどに美しい」鳥海山をデザインした秋田のスペシャルユニが発表!胸のロゴは「尖った大胆な」ロゴに

ブラウブリッツ秋田は7日、「2022シーズンスペシャルユニフォーム」を発表した。 「秀麗無比なる鳥海山よ」のコンセプトでデザインされたユニフォームは、日本百名山にも数えられる名峰の鳥海山をイメージ。秋田県民歌の冒頭で「比べるものがないほどに美しい」と讃えられる鳥海山を裾に配置し、フィールドプレイヤーは秋田の晴れ渡る青空を、ゴールキーパーは鳥海山に沈みゆく夕日をモチーフに、デザイン化している。 また、クラブのスペシャルスポンサーであるTDK株式会社の、就職活動中の学生を中心とした若年層応援キャンペーン「(T)尖った(D)大胆さ(K)くれよ」と、今季もコラボレーションしており、胸のロゴを「尖った大胆な」ロゴに変更すると共に、キャンペーンモチーフである「尖った大胆さ」を表現する三角形を組み合わせたグラフィックを取り入れている。 このユニフォームは、明治安田生命J2リーグ第30節の水戸ホーリーホック戦(8月7日)、第32節栃木SC戦(8月20日)、第33節大分トリニータ戦(8月28日)、第35節徳島ヴォルティス(9月10日)、第37節ザスパクサツ群馬戦(9月18日)の5試合で選手が着用する予定だ。 <span class="paragraph-title">【動画】名峰・鳥海山と秋田のスペシャルユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="rqEPrnazw5g";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.07.07 18:10 Thu
twitterfacebook
thumb

Jリーグの「声出し応援」検証試合に2試合が追加決定、合計18試合に

Jリーグは7日、「声出し応援エリア/声出し応援席」の実施試合に関して、2試合が追加決定したことを発表した。 政府の基本的対処方針に基づき6月上旬より運営検証を行っているJリーグ。7月30日から8月14日までの期間で開催する公式試合を対象にした【STEP3】では、スタジアムの収容率50%の人数を上限に、声出し応援エリアを拡大しても感染対策と両立した運営ができるかを確認する。 6日に行われたJ1の3試合で【STEP2】が終了。更なる緩和を行い【STEP3】が行われる。 これまで16試合が決定していた中、8月6日に行われる東京ヴェルディvsV・ファーレン長崎、8月7日に行われるロアッソ熊本vs栃木SCの2試合が追加された。 今後も、申請を受け付けており、決定次第順次公表されるとのことだ。 ◆【STEP3】として実証検証が行われる試合 7月30日(土) 明治安田生命J2リーグ第29節 モンテディオ山形 vs FC町田ゼルビア [NDソフトスタジアム山形] 栃木SC vs 徳島ヴォルティス [カンセキスタジアムとちぎ] 水戸ホーリーホック vs 大宮アルディージャ [ケーズデンキスタジアム水戸] 大分トリニータ vs 東京ヴェルディ [昭和電工ドーム大分] 8月3日(水) YBCルヴァンカッププライムステージ第1戦 セレッソ大阪 vs 川崎フロンターレ [ヨドコウ桜スタジアム] 8月6日(土) 明治安田生命J1リーグ第24節 アビスパ福岡 vs ガンバ大阪 [ベスト電器スタジアム] 明治安田生命J2リーグ第30節 レノファ山口FC vs モンテディオ山形 [維新みらいふスタジアム] 東京ヴェルディ vs V・ファーレン長崎 [味の素スタジアム] 8月7日(日) 明治安田生命J1リーグ第24節 FC東京 vs 清水エスパルス [味の素スタジアム] 明治安田生命J2リーグ第30節 ブラウブリッツ秋田 vs 水戸ホーリーホック [ソユースタジアム] ロアッソ熊本 vs 栃木SC [えがお健康スタジアム] 8月10日(水) YBCルヴァンカッププライムステージ準々決勝第2戦 アビスパ福岡 vs ヴィッセル神戸 [ベスト電器スタジアム] 8月13日(土) 明治安田生命J2リーグ第31節 水戸ホーリーホックvs.東京ヴェルディ [ケーズデンキスタジアム水戸] 明治安田生命J3リーグ第20節 ヴァンラーレ八戸 vs いわきFC [プライフーズスタジアム] 明治安田生命J1リーグ第25節 FC東京 vs セレッソ大阪 [味の素スタジアム] 8月14日(日) 明治安田生命J2リーグ第31節 栃木SC vs アルビレックス新潟 [カンセキスタジアムとちぎ] 徳島ヴォルティス vs 大分トリニータ [鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム] 明治安田生命J1リーグ第25節 鹿島アントラーズ vs アビスパ福岡 [県立カシマサッカースタジアム] 2022.07.07 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

大分が保田堅心&佐藤丈晟の来季トップ昇格を決定 今季ともに2種登録

大分トリニータは7日、同クラブU-18に所属するMF保田堅心(17)とMF佐藤丈晟(17)の来季トップチーム昇格決定を発表した。 両選手は今季から2種登録選手としてトップチーム入り。ここまでは保田が公式戦7試合、佐藤が4試合(1得点)に出場している。 シーズン中でのトップチーム昇格決定を受け、2選手はそれぞれ喜びの思いとともに決意を語っている。 ◆保田堅心 「小さい頃からの目標であるプロサッカー選手になることができ、大変嬉しく思います。これまで育ててくれた両親をはじめ、支えてくださったたくさんの方々へ感謝の気持ちでいっぱいです。しかし、ここがゴールではないのでここから大分トリニータを代表する選手になれるよう感謝の気持ちを忘れず謙虚に努力していきます。たくさんの人にサッカーを通じて感動と勇気を与えられるよう、大分トリニータのために全力で戦います。応援よろしくお願いします」 ◆佐藤丈晟 「トップチーム昇格できてとても嬉しいです。一人の力ではなく、家族や、小学校の頃から教えてくれたコーチ陣、周りの人々が支えてくれたから諦めずここまで来れたと思います。でも、自分に足りないプレーはたくさんあります。トップチーム昇格で満足せずもっと練習して、これからの試合に絡めるように頑張っていきます」 2022.07.07 14:40 Thu
twitterfacebook
thumb

東京V、下部組織育ちの国士舘大学MF綱島悠斗の来季加入内定を発表「J1の舞台に戻すことが自分の使命」

東京ヴェルディは7日、国士舘大学のMF綱島悠斗(21)の来季加入内定を発表した。 綱島は神奈川県出身で、東京Vの下部組織育ち。ジュニア、ジュニアユース、ユースと昇格し、国士舘大学へと進学していた。 今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部では11試合に出場し2ゴール1アシストを記録している。 綱島は自身が育ったクラブへの入団決定にコメントしている。 「東京ヴェルディのファン、サポーターの皆さま、こんにちは。国士舘大学の綱島悠斗です。この度、2023シーズンから東京ヴェルディに加入することになりました」 「10年間育ったクラブに戻ることができたこと、プロサッカー選手としてのキャリアを一番愛しているクラブでスタートできることを大変嬉しく思っております」 「育成年代から言われておりました、ヴェルディ再建に貢献し、ヴェルディをJ1の舞台に戻すことが自分の使命だと感じています」 「そして、家族をはじめ、これまで支えてくださった方々への感謝の気持ちをピッチで表現し、結果で恩返しできるように頑張ります」 「1日でも早く、試合に出場できるように精進してまいりますので、応援宜しくお願いいたします!!」 <span class="paragraph-title">【写真】10年間育った東京Vに戻った綱島悠斗</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【TOP】この度、国士舘大学の <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%B6%B1%E5%B3%B6%E6%82%A0%E6%96%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#綱島悠斗</a> 選手が、東京ヴェルディに来季から加入することが内定しましたので、お知らせします。<br><br>ユウト、おかえり19:00キックオフ@NACK (@TokyoVerdySTAFF) <a href="https://twitter.com/TokyoVerdySTAFF/status/1544878883270524931?ref_src=twsrc%5Etfw">July 7, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.07 12:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly