「みなさんに感謝」GS通過の浦和・リカルド監督、遠征帯同の全27名を起用した点には「モチベーションを保ちながら進める」

2022.04.30 23:55 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎2022 AFC
浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督が、山東泰山(中国)戦を振り返った。

大邱FCとのグループ首位の座を争っている浦和。グループ2位以上での突破が決まっている中、ここまで出番の少ない選手を起用した。

グループ首位突破を目指す浦和。控え組中心となった中でも、実力差のある浦和が試合を圧倒した。

13分に安居海渡が先制ゴールを奪うと、34分には知念哲矢、46分には松尾佑介と前半だけで3点のリードを得た。

後半途中には、GKの西川周作を下げて牲川歩見を起用するという交代を見せた中、押し込み続けた浦和は69分に松尾、85分に知念とゴールを重ねて勝利を収めた。

試合後、リカルド・ロドリゲス監督は記者会見でサポーターについて言及。「まずは日本からタイに来てくれた、多くのサポーターの方々に感謝している。毎試合ホームゲームのように応援してくれた。もちろん、日本やほかの国から応援してくれた方々にも感謝する」と、現地に応援に駆けつけてくれたサポーター、そして映像を通じて応援してくれたサポーターに感謝した。

また、最終的には2位通過となったものの、試合前の時点で突破が決まっていた浦和。グループステージを突破したことにいては「まずはこのグループステージを突破することができて、我々の目標を達成することができたので、ここまで応援してくれたみなさんに感謝を申し上げたい」と、グループステージを突破できたことも感謝した。

グループステージ6試合を振り返り「まず、大邱との試合に勝てなかったのは悔しさが残るところ」と、結果的に首位通過した大邱に敗れたことを悔しがり、「大邱との最初のゲーム では60~70分難しい時間帯が続いて、2試合目も良かった試合はあったが上回れなかった」と、1分け1敗で終わったことを反省した。

それでも「ただ、他の4試合ではしっかりとゴールを取ることもできたし、グループの中でももっともゴールを取ることができた。この大会自体が、チームとって成長につながったと思うし、特に引いたチームに対して、5枚、時には6枚で守ってくる相手に対してどう攻撃していくかという面で成長したと思う」と、相手の守備に苦しみながらも、グループステージ全体として良い攻撃が見せられたと語った。

また「これからの目標はJリーグで上位とのポイントを詰めること、そしていい試合をしていくこと」とコメント。日本に戻って再開するJリーグでは下位に低迷しているだけに、このACLでの戦いをキッカケに浮上したいと意気込んだ。

ラスト3試合はクリーンシートだったが、チームの変化については「そこまで大きく変わってはないと思う」とコメント。「(大邱との)2試合目に関しては良い入りができたし、ライオン・シティ・セーラーズ、山東泰山に対してもしっかりと相手を上回りながらプレーできたと思う。ちちろん細かいところの変化や出ている選手の特徴が違う部分はあるが、大きく変わったところはないのかなと思う」と、大きな変化はないものの、試合内容は向上したとした。

前述の通り、GK牲川歩見を途中起用したことや、木原励、工藤孝太と、遠征に帯同した全27名をピッチに立たせたリカルド監督。「試合前の会見でも言ったが、チームにアレックス(・シャルク)やダヴィド(・モーベルグ)など新加入選手が来た中で、チームとして成長していくべきこと、コンセプトの理解などができたと思う」と、チームとしての成熟度が上がったとコメント。「今日の試合では木原や牲川と初出場する選手たちがいたが、今回はそのチャンスを彼らが得たことで、チームとしてもまたモチベーションを保ちながら進めることができると思う」とし、今後に向けても良い影響があるだろうと語った。

関連ニュース
thumb

齊藤未月がスーパーな一撃のG大阪、土壇場のPK献上で浦和とドロー【明治安田J1第19節】

明治安田生命J1リーグ第19節の1試合が2日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、ガンバ大阪vs浦和レッズは1-1のドローに終わった。 4連勝と好調のサンフレッチェ広島を破り、4連敗の悪い流れを止めた12位のG大阪と今季初のリーグ戦連勝と上昇気配を漂わせる10位の浦和。わずか1ポイント差でひしめく両者のマッチアップとなった。 中2日でのゲームとあって、ボランチとして出ずっぱりだったダワンをベンチからスタートさせたG大阪だが、2-0で勝ち切った広島戦での成功体験も胸に立ち上がりから浦和陣内で試合を進める。 中5日の浦和としてはそのアドバンテージを生かしてペースを掴みたいところだったが、ベンチ外のキャスパー・ユンカーに代わって最前線を務める明本までなかなかボールを運べず、我慢が続く。 それでも、攻守両面で上回り続けるG大阪が坂本の持ち上がりから先制。33分、左サイドの石毛がゴール前のファーサイドに右足でクロス。齊藤が胸トラップからの右足フィニッシュでネットを揺らす。 華麗なカウンターから齊藤の加入後初ゴールでリードしたG大阪はさらに勢いづく。39分に見事な崩しから倉田がゴールネットを揺らした場面こそオフサイドだったが、終始ペースを握って折り返す。 1点ビハインドでの後半に向けて、平野、酒井、ダヴィド・モーベルグを一挙に送り出した浦和は反撃ムードに。疲れからか、トーンダウン気味のG大阪にも乗じて、攻め込む時間を明らかに増やす。 その状況をチャンスと見るや68分にも松尾を投入した浦和は最後の交代で関根を送り込み、前に圧をかけるが、ダワンや藤春、高尾、昌子、パトリックでカードを使い切ったG大阪も集中を切らさない。 だが、浦和が終盤も押し込むと、90分にボックス右で仕掛けた松尾が対面の三浦からファウルを誘い、浦和がPKを獲得。これをアレクサンダー・ショルツが落ち着いて決め、土壇場で追いついた。 結局、ともに死力尽くした一戦は痛み分け。G大阪は土壇場で勝ち点2を落として連勝を逃した一方で、連勝ストップの浦和は敵地で最低限の勝ち点1を持ち帰っている。 ガンバ大阪 1-1 浦和レッズ 【G大阪】 齊藤未月(前33) 【浦和】 アレクサンダー・ショルツ(後45+2) 2022.07.02 21:08 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:G大阪vs浦和】苦しむ両者、課題は得点力…団子状態の中で3ポイントを積み上げるのは?

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2022年7月2日(土) 19:00キックオフ ガンバ大阪(12位/20pt) vs 浦和レッズ(10位/21pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆連敗ストップ、真価が問われる一戦【ガンバ大阪】 4連敗と苦しい中でミッドウィークにはホームに4連勝中のサンフレッチェ広島を迎えた。試合は2-0で勝利。連敗を脱出した。 この試合では若手を起用した采配が的中。1-0で迎えた中で、ユース上がりの坂本一彩が初ゴールでリードを広げた。 ボールをつなぐサッカーを広島相手にもトライ。ビルドアップに難はまだまだあるが、少なからず成果は出ている。オープンな展開となった後半には、カウンターから何度もチャンスを迎えたが決めきれず。この点はやはり低迷する理由の1つだろう。試合を終わらせることができず、広島に押し込まれる時間が続いてしまった。 中2日で迎える今節。疲労度で言えば完全に不利な状況。ただ、ホームでの連勝を目指すには負けるわけにはいかない試合。片野坂知宏監督がどのようなメンバーを送り込むか。フレッシュさが失われれば、またしても黒星がついてしまうだろう。連勝を収め。団子状態の今の順位から抜け出せるだろうか。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:東口順昭 DF:福岡将太、三浦弦太、クォン・ギョンウォン、藤春廣輝 MF:小野瀬康介、齊藤未月、ダワン、黒川圭介 FW:山見大登、石毛秀樹 FW:パトリック 監督:片野坂知宏 ◆目指すは3連勝、まずは結果を【浦和レッズ】 長い長いトンネルから抜け出した浦和は、前節は最下位でもがくヴィッセル神戸と対戦し、0-1で勝利を収め、初の連勝を収めた。 苦しみながらも、引き分けに終わらずに勝ち点3を得たことは、今のチームにとっては大きな自信につながるはず。共に苦しむチーム同士の対決を制した。 今節の相手も苦しんでいるG大阪。浦和としては3連勝と勢いに乗りたいところ。ポゼッションサッカー、ビルドアップという点では遥かに完成度では上回っており、コンディション面でも優位に立つ状況。3連勝しなければいけない状況だ。 まずはハイプレスで相手のミスを誘い、あとはしっかりと仕留められるか。連勝を3に伸ばせれば、流れは変わるだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:酒井宏樹、アレクサンダー・ショルツ、岩波拓也、大畑歩夢 MF:岩尾憲、柴戸海 MF:ダヴィド・モーベルグ、江坂任、関根貴大 FW:明本考浩 監督:リカルド・ロドリゲス 2022.07.02 15:17 Sat
twitterfacebook
thumb

ルヴァン杯プライムステージの組み合わせが決定! 王者名古屋は浦和と対戦

29日、YBCルヴァンカップ・プライムステージの組み合わせ抽選会が行われた。 今月上旬に行われたプレーオフステージではセレッソ大阪、サンフレッチェ広島、名古屋グランパス、アビスパ福岡が勝ち上がり、ここにAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場した川崎フロンターレ、浦和レッズ、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸を加えた8チームでプライムステージを争う。 前回王者の名古屋は浦和と対戦。昨シーズンのカップ戦王者同士の対決となる。昨季ルヴァンカップのファイナリストであるC大阪は、J1王者・川崎Fと対戦する。 抽選会当日にミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の解任が発表された神戸は福岡と対決。J1で現在首位の横浜FMは、好調の広島と対戦することになった。 なお、1stレグは8月3日、2ndレグは8月10日に行われる。 ◆プライムステージ組み合わせ 浦和レッズ vs 名古屋グランパス 川崎フロンターレ vs セレッソ大阪 横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 アビスパ福岡 vs ヴィッセル神戸 2022.06.29 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「かなりの陽キャだ」浦和加入リンセン フェイエノールトとの“惜別動画”に注目「愛された選手なのが分かる!」

フェイエノールトがオランダ人FWブライアン・リンセンとの別れを惜しんだ。 27日、浦和レッズがリンセンの完全移籍に関してフェイエノールトとクラブ間合意に至ったことを発表。日本でのメディカルチェック等を経て、正式契約を結ぶ予定だ。 2020年7月にフィテッセからフリートランスファーでフェイエノールトに加入したリンセンは、公式戦通算91試合28ゴール16アシストを記録。今シーズンはエールディビジで34試合に出場し13ゴール8アシスト、ヨーロッパ・カンファレンスリーグで12試合3ゴールを挙げていた。 そしてフェイエノールトも27日、クラブの公式SNSでリンセンとの惜別動画を投稿。「ブライアン、忘れられない2年になった」とゴールシーンや練習中などピッチ内外の様子を繋げた動画をアップした。 「日本での冒険を楽しんでください!」、「君がいなくなって寂しい」といったフェイエノールトファンからも声も集まる中、いったいどんな選手なんだと気になった日本のファンも反応。「かなりの陽キャだ」、「チームメイトやサポーターに愛された選手なのが分かる!」、「浦和レッズでの活躍が楽しみ!」、「勝手にクールガイだと思ってたけど、めちゃくちゃお茶目じゃん笑」とそのキャラクターに注目が集まっている。 リカルド・ロドリゲス監督体制2年目を迎えている浦和。ここまでは得点力不足に悩まされているが、リンセンの加入で挽回できるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】リンセンのキャラクターが伝わってくる惜別動画</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">Het waren twee onvergetelijke jaren, Bryan!<a href="https://twitter.com/hashtag/BryanBedankt?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BryanBedankt</a> <a href="https://t.co/OHQcpid0s3">pic.twitter.com/OHQcpid0s3</a></p>&mdash; Feyenoord Rotterdam (@Feyenoord) <a href="https://twitter.com/Feyenoord/status/1541296517067296768?ref_src=twsrc%5Etfw">June 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.28 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

浦和がFWブライアン・リンセン獲得でクラブ間合意! 「浦和移籍で私のひとつの夢が叶った」

浦和レッズは27日、オランダ人FWブライアン・リンセン(31)の完全移籍に関してフェイエノールトとクラブ間合意に至ったことを発表した。 同選手は日本でのメディカルチェック等を経て、正式契約を結ぶ予定だ。 「前への推進力・スピードがあり、テクニックも兼ね備えた得点力高いストライカー。周囲の選手を活かすプレーもでき、守備面での貢献も期待できる」と、その特長が紹介された31歳FWは、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。 「私のキャリアの中での新しい章が始まることを、とても楽しみにしています」 「18歳からオランダのプロサッカーリーグでプレーしていて、最後の2年間はフェイエノールトでプレーしました。フェイエノールトでは素晴らしい時間を過ごすことができ、非常に誇りに思っています」 「私は海外でプレーする夢を今まで持ってきました。それは皆さんも知っていることだと思います」 「この浦和への移籍は私のひとつの夢が叶った瞬間でした。偉大なクラブであり、素晴らしいスタジアムがあり、多くのファン・サポーターが浦和レッズにはいます」 「これから始まる新しい生活、これから出会う人々のことを思うと今から待ちきれません。浦和レッズのユニフォームを着た最初の試合を心待ちにしていますし、それが素晴らしい時間になることを祈っています」 なお、オランダ『Rijnmond』が先日に報じたところによると、移籍金は130万ユーロ(約1億8500万円)程度となり、リンセンは2年半の契約にサインするという。 2020年7月にフィテッセからフリートランスファーで加入したリンセンは、フェイエノールトで公式戦通算91試合28ゴール16アシストを記録。今シーズンはエールディビジで34試合に出場し13ゴール8アシスト、ヨーロッパ・カンファレンスリーグで12試合3ゴールを挙げていた。また、エールディビジでは通算341試合で108ゴール47アシストを記録している。 2022.06.27 14:49 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly