ヨーロッパに戻りたい…ハメス、カタールでのプレー意欲失う?

2022.04.28 18:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタールのアル・ラーヤンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、ヨーロッパ復帰を求めているようだ。

昨年9月にエバートンからカタールへ活躍の場を移したハメス。当時のエバートンではラファエル・ベニテス監督の下で出場機会を失っており、コロンビア代表としてワールドカップを目指していた同選手は、出場機会を求めて、まさにワールドカップ開催地であるカタールへ移籍した。

アル・ラーヤンではここまで公式戦14試合で5ゴール7アシストと上々の成績を収めていた中、昨年11月に1年ぶりにコロンビア代表に復帰。ワールドカップに向けて移籍が良い方向に進んでいた。
ところが、コロンビア代表は南米予選で6位となり、大陸間プレーオフにも出られずワールドカップ出場を逸してしまった。

目標がなくなった今、カタールでプレーする必要性を無くしたのか、ハメスはすでにヨーロッパ復帰に向けて動いている模様。コロンビア『Win Sports』のパイプ・シエラ記者によると、アル・ラーヤンではこれ以上プレーせず、代理人のジョルジュ・メンデスに移籍の意向を伝えているようだ。

同記者によると、2024年夏まで契約を残すハメスは、サウジアラビアとトルコ方面での関心が高まっているようだ。


関連ニュース
thumb

ハメス・ロドリゲスがオリンピアコス加入! マルセロと久々の再共演に

オリンピアコスは15日、カタールのアル・ラーヤンを退団したコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(31)の加入を発表した。契約に関する詳細は明かされていない。 なお、オリンピアコスは今夏、レアル・マドリーを退団した元ブラジル代表DFマルセロを獲得しており、エル・ブランコの元同僚との久々の共演が実現している。 ポルト、モナコでブレイクを果たし、2014年ブラジル・ワールドカップでの活躍を引っ提げてマドリー入りしたハメス。ただ、世界最高峰のクラブでは思うような活躍を見せられず。バイエルンへの2年間のレンタルを経て、2020年夏にエバートンへ加入した。 その後、ワールドカップ出場を目指していた31歳は、出場機会を失っていたエバートンを離れて、開催地であるカタールのアル・ラーヤンへ完全移籍。 アル・ラーヤンでは公式戦14試合で5ゴール7アシストと上々の成績を収めると、同年11月に1年ぶりにコロンビア代表に復帰し、思惑通りの展開となっていた。ところが、コロンビア代表は南米予選で6位となり、大陸間プレーオフのチャンスもないまま同選手の夢は消滅。 目標がなくなったハメスは、3月5日の試合を最後に欠場が続いており、4月に一斉開催されたAFCチャンピオンズリーグも欠場。5月には今夏での欧州復帰願望を明らかにしていた。 2022.09.16 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ハメスがアル・ラーヤンとの契約解消…フリーで欧州復帰か

カタールのアル・ラーヤンは15日、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(31)との契約を双方合意の下で解消した。 ワールドカップ出場を目指していたハメス・ロドリゲスは、出場機会を失っていたエバートンを離れて、開催地であるカタールのアル・ラーヤンへ完全移籍。 アル・ラーヤンではここまで公式戦14試合で5ゴール7アシストと上々の成績を収めると、同年11月に1年ぶりにコロンビア代表に復帰し、思惑通りの展開となっていた。ところが、コロンビア代表は南米予選で6位となり、大陸間プレーオフのチャンスもないまま同選手の夢は消滅。 目標がなくなった31歳は、3月5日の試合を最後に欠場が続いており、4月に一斉開催されたAFCチャンピオンズリーグも欠場。5月には今夏での欧州復帰願望を明らかにしていた。 なおハメスには、今夏にレアル・マドリーを退団した元ブラジル代表DFマルセロを獲得したギリシャのオリンピアコスが獲得に迫っていると報じられている。 2022.09.15 22:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ハメスがオリンピアコスへ! あとは発表待つのみか

コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(31)のオリンピアコス行きは発表を待つのみのようだ。 昨年9月、長らく舞台にした欧州に別れを告げたハメス。カタールのアル・ラーヤンSCを新天地としてそれなりの活躍ぶりだったが、今年3月初旬以降は試合に絡めていない。 そうして5月に今夏の欧州復帰願望を明らかにしたコロンビア代表の10番だが、移籍先の噂こそあがれども何の音沙汰もなく、欧州主要リーグの移籍マーケットは閉幕した。 だが、今月15日まで今夏の移籍市場が開かれるギリシャ行きの報道がなされ始めており、移籍市場に精通するイタリア人のファブリツィオ・ロマーノ記者もそれを認めている。 そのロマーノ記者の続報によれば、ハメスはギリシャでのメディカルチェックを無事にパス。買取オプション付きのローン移籍にて、本日15日にも成立に至る見通しだという。 オリピアコスには今夏にレアル・マドリーからのフリートランスファーで加入した元ブラジル代表DFマルセロも在籍しており、実現すれば再会となる。 2022.09.15 11:10 Thu
twitterfacebook
thumb

マルセロ獲得のオリンピアコスがハメス・ロドリゲスに関心か

ギリシャのオリンピアコスが、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(31)の獲得に動いているようだ。 ワールドカップ出場を目指していたハメス・ロドリゲスは、出場機会を失っていたエバートンを離れて、開催地であるカタールのアル・ラーヤンに移籍した。新天地で上々の成績を収めていた中で、同年11月に1年ぶりにコロンビア代表に復帰し、思惑通りの展開となっていた。 ところが、コロンビア代表は南米予選で6位となり、大陸間プレーオフのチャンスもないまま同選手の夢は消滅。目標がなくなった31歳は、3月5日以降試合に出ておらず、今年5月には「エリートフットボールへの復帰」と称し、欧州復帰を望んでいることを明らかにしていた。 今夏にトルコやオランダからの関心が噂された中、フランス『フットメルカート』によれば、今夏にレアル・マドリー時代の同僚である元ブラジル代表DFマルセロを獲得したオリンピアコスが関心を示しているとのこと。 同紙によれば、オリンピアコスはアル・ラーヤンに対して、同選手の年俸50%である300万ドル(約4億3000万円)を支払う形でのレンタル移籍での獲得を望んでいるようだ。なお、ギリシャの移籍市場は現地時間15日に閉幕する。 2022.09.14 23:20 Wed
twitterfacebook
thumb

夢は欧州5大リーグでのプレー…ハメス・ロドリゲス、カタールに別れを告げローマ移籍で5大リーグ制覇なるか

カタールのアル・ラーヤンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(31)だが、ヨーロッパへの復帰に動いているという。 2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)で6ゴールを決めて得点王に輝くと、この活躍で一気にスターダムにのしあがり、大会後にレアル・マドリーへと完全移籍した。 それまでポルト、モナコとヨーロッパで経験を積み、高く評価されていたハメスだが、マドリーに加入してからは期待されていたほどの活躍はできず。バイエルンに2シーズンにわたってレンタル移籍するなど、公式戦125試合で37ゴール42アシストに終わっていた。 2020年9月にはエバートンへと完全移籍。そのエバートンでも26試合で6ゴール9アシストと、期待からは遠い結果に終わると、2021年9月にカタールへとわたっていた。 今年11月に開幕するカタールW杯に向けて、現地を知るという利点があると思われた中、コロンビア代表は南米予選で敗退しW杯出条件を得られず。ハメスがカタールで経験を積む意味がなくなってしまった。 アル・ラーヤンではこれまで公式戦15試合で5ゴール7アシストを記録。カタール・スターズリーグではまずまずの結果を残しているが、やはりヨーロッパに戻りたいという意向を示し、今夏の復帰を希望している。 代理人が移籍先を探す中、ブラジルのボタフォゴからのオファーは拒否。目的地はヨーロッパに定まっている中で、カタールではローマへの移籍が進むと見られている。 ハメスはヨーロッパの5大リーグでプレーしたいという願望がある中、すでにフランス(モナコ)、スペイン(レアル・マドリー)、 イングランド(エバートン)、ドイツ(バイエルン)ではプレー済み。残すはイタリアのみとなっており、ローマに移籍すればその夢が叶うこととなる。 スペイン『アス』によれば、それ以外にもウェストハム、ガラタサライ、PSV、インテル・マイアミなどが興味を持っているとされ、ボタフォゴもまだ諦めていない様子。再びヨーロッパにハメスが戻ることはあるだろうか。 2022.07.12 18:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly