ウディネーゼがパブロ・マリの完全移籍を目指す CEOが明言

2022.04.25 14:17 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウディネーゼが、アーセナルからレンタル中のスペイン人DFパブロ・マリ(28)の完全移籍を目指しているようだ。

かつてはマンチェスター・シティに在籍し、2020年1月にフラメンゴからレンタルでアーセナルに加入したマリ。同年6月に買い取りオプションが行使され完全移籍に至ったが、2020-21シーズンは前年度から持ち越した足首のケガで合流が遅れると、その後もレギュラーに定着できずにいた。

今季はアーセナルで3試合の出場にとどまっていた中、今年1月にウディネーゼにレンタル移籍。ウディネーゼでは、ここまでレギュラーとしてセリエA11試合に出場しており、本人も「セリエAに留まりたい。2024年までアーセナルと契約を結んでいるけど、ウディネーゼでとても快適なんだ」と、完全移籍を望むコメントを残していた。

そして、同クラブのCEOを務めるピエルパオロ・マリーノ氏も『DAZN』のインタビューで、「夏の移籍市場でアーセナルからパブロ・マリを買い取りたい。難しい案件だが、やってみよう」と、28歳の獲得に向けて動いていることを明かした。

なお、パブロ・マリの獲得にアーセナルは計1400万ユーロ(約19億4000万円)を支払っているようだ。

関連ニュース
thumb

昨季12位のウディネーゼが6連勝で引き続き上位に! 今季就任の指揮官「フィジカルよりメンタル」

ウディネーゼのアンドレア・ソッティル監督がメンタリティの重要性を口にした。イタリア『スカイ』が伝えている。 ウディネーゼは3日、セリエA第8節でエラス・ヴェローナとアウェイで対戦し、1-2で勝利。今季は開幕節でミランに敗戦を喫して以降は黒星がなく、第3節でモンツァを下したのを皮切りに、この勝利でとうとう6連勝とした。 2016年に英雄アントニオ・ディ・ナターレが現役引退して以降は下位の常連となり、昨季も12位だったチームがここまで首位のナポリに1ポイント差の3位と躍進を遂げている。 今夏に就任したクラブOBのソッティル監督はヴェローナ戦後のインタビューで好調の秘訣について問われ、フィジカルのみならずメンタル面での向上が重要だったと明かしている。 「この状態をキープし続ける必要があり、(現在の好調は)チーム全員の功績だ。私は素晴らしいプロフェッショナルたちで構成されたチームで仕事をしている。コーチングスタッフたちのことをを強く信頼しているよ」 「選手たちもそうだ。彼らは並外れたプレッシングを披露する。体躯やスタミナ、機動力で可能な限り対戦相手を上回る必要があるが、我々の選手たちは1対1のクオリティも高い」 「だが、重要なのはフィジカルよりもメンタルだ。もはや秘密にするようなことではないね。コンディションだけではなく、精神面をいかに鍛えるかがプレーにも反映される」 2022.10.04 15:40 Tue
twitterfacebook
thumb

好調ウディネーゼが6連勝でナポリ&アタランタを追走!《セリエA》

セリエA第8節のヴェローナvsウディネーゼが3日に行われ、1-2でウディネーゼが勝利した。 リーグ戦5連勝中と絶好調のウディネーゼが、連敗中のヴェローナのホームに乗り込んだ一戦。 上位追走を狙うウディネーゼは立ち上がりから攻勢を仕掛けたが、23分に失点する。ラゾビッチの右クロスを中央で相手DFが頭でに当てると、浮き球をボックス左のドイグが左足ボレー。このシュートがゴール右隅に吸い込まれた。 先制を許したウディネーゼは29分、ボックス右でパスを受けたベカンの折り返しからR・ペレイラが決定機を迎えたが、シュートは相手GKの好セーブに阻まれた。 ハーフタイムにかけてはウディネーゼが攻勢に出ると45分には、左CKの二次攻撃からボックス左手前のジャカ・ビヨルがクロスを供給すると、相手GKが飛び出したパンチングしたこぼれ球をボックス右で反応したワラセがダイレクトで狙ったが、これはゴール左に外れた。 迎えた後半、1点を追うウディネーゼは67分までにベト、サマルジッチ、アルスランなど4選手を投入。すると70分、サマルジッチのループパスをボックス中央で デウロフェウが落とすと、最後はベトがうまく相手DFかわしゴール右にシュートを流し込んだ。 その後は膠着状態が続き、このままドロー決着濃厚と見られた中、最後の最後にドラマが生まれる。93分、バイタルエリア左で獲得したFKからサマルジッチがクロスを供給すると、ゴール右手前に走りこんだジャカ・ビヨルがヘディングシュートを叩き込んだ。 結局、これが決勝点となり、ウディネーゼが2-1で逆転勝利。6連勝を飾っり、首位ナポリ、2位アタランタを追走している。 2022.10.04 05:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「インテルにおけるチャビのよう」 ウディネーゼFWがバレッラを絶賛

チャンピオンズリーグ(CL)でバルセロナとの対戦が控えるインテルの選手を、ウディネーゼのスペイン代表FWジェラール・デウロフェウが評価している。 今シーズン、セリエA開幕からの7試合を4勝3敗で終え、スタートダッシュに失敗したインテル。18日に行われた第7節のウディネーゼ戦でも3失点を許す完敗を喫し、今週末に行われるローマ戦や10月4日に予定されるCLグループC第3節のバルセロナ戦に向けて状態が危ぶまれている。 それでも、ウディネーゼの選手として直接対峙したデウロフェウは、インテルの選手を高く評価している模様だ。バルセロナのカンテラ出身である同選手は、スペイン『ムンド・デポルティボ』のインタビューに応じた際にインテルの主要な選手への印象を語り、特に中盤でタクトを振るうMFニコロ・バレッラを称賛している。 「サミル・ハンダノビッチは経験豊富なとても良いGKだ。昨シーズン、彼が僕の蹴ったFKを信じられないセーブで防いだプレーは、いまだに覚えているよ」 「デンゼル・ダンフリースは、攻守に素晴らしい身体能力を備えている。フェデリコ・ディマルコは少し衝動的で、スペースを空けがちだ。インテルではやたら前に出ようとするから、弱点だと考えられていた」 「ミラン・シュクリニアルはセリエAで3本の指に入るディフェンダーさ。素晴らしい選手だよ。ステファン・デ・フライは経験豊富だがスピードはない。アレッサンドロ・バストーニはまだ若いが、成長の過程でシュクリニアルとプレーできるのはラッキーだね」 「ニコロ・バレッラは驚異的だよ。先日の試合後、シャツ交換を頼んだんだ。彼は僕らに対して素晴らしいフリーキックを決めたし、まさにインテルの象徴さ。インテルにおけるチャビと言っても良いだろうね。彼は勝利に飢えていて、インテルに栄光をもたらしたいと考えている」 「マルセロ・ブロゾビッチは羅針盤のような存在で、常にパスを出している。彼を無力化するため、僕は守備でハードワークする必要があった」 「ラウタロ・マルティネスはセリエA最高のストライカーの1人だ。すべてのボールに対して闘争心を持っている。そしてエディン・ジェコもとてもエレガントなフォワードだね」 「ロメル・ルカクはエバートンでチームメイトだったんだ。僕は彼に多くのアシストをしたよ。彼は野獣のような存在で、生まれながらのストライカーだから、対戦した際は本当に注意する必要がある」 2022.09.28 11:36 Wed
twitterfacebook
thumb

今季早くも3敗目のインテル…インザーギ監督「間違った方向に進んでしまった」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、リーグ戦での逆転負けを嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 インテルは18日に行われたセリエA第7節で、リーグ4連勝中のウディネーゼと対戦した。 13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)で勝利を収め、公式戦連勝の勢いを持ち込んだチームは開始早々にMFニコロ・バレッラがFKを直接決めて先制に成功。しかし、相手の反撃を受けて同点とされると、後半は主導権を奪われ85分に逆転を許す展開に。再び攻勢を仕掛けるもアディショナルタイムにさらなる失点を喫し、1-3で敗れた。 絶好調の相手に屈して今季セリエAで早くも3敗目を喫した試合後、インザーギ監督は現在のチームのパフォーマンスは不十分だと断言。インターナショナルマッチウィークの中断を利用して、改善を目指したいと語った。 「ウディネーゼは我々より冷酷であり、勝利に値したと思う。手痛い敗戦であり、私は監督としてまず責任を負う必要がある。これで7試合3敗となったが、我々はインテルでありもっと良くならなければならない」 「(前半30分でアレッサンドロ・バストーニとヘンリク・ムヒタリアンを下げた)交代について? 彼らはカードを貰っており、ウディネーゼはすべてのセカンドボールやデュエルを制していた。だから、2人の交代で状況を変えたかったんだ。我々はもっとうまくやれたはずであり、逆転負けの傷から回復する必要がある」 「失点後、我々は間違った方向に進んでしまった。ウディネーゼの方が、より強固なチームだったと思う。後半最初の15分間は良かったがその後が続かず、危険な相手だとわかっていながら何度もカウンターを許した」 「我々に“昨シーズンの余韻“はすでになく、ベストを尽くして仕事を続けている。今日のパフォーマンスに少し驚かされたのは、事実だ。デュエルで後手に回ったが、ウディネーゼのような本当に調子の良いチームに対して、こうしたアドバンテージを与えてはいけない」 「インターナショナルマッチウィークはここに残り、2人のGKや4人の選手と一緒に仕事をする。多くの若手が参加するだろうから、全員が戻ってくるのを待って一緒に仕事ができるようにしたい」 2022.09.19 11:07 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル早くも3敗目、絶好調ウディネーゼに逆転負けで5連勝を許す《セリエA》

インテルは18日、セリエA第7節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、1-3で逆転負けした。 インテル(勝ち点12)は前節、トリノにウノゼロ勝利として公式戦連敗をストップ。そして5日前に行われたチャンピオンズリーグでは10人となった格下ビクトリア・プルゼニに2-0で勝利。公式戦連勝とした中、ラウタロ・マルティネスとジェコの2トップで臨んだ。 4連勝中のウディネーゼ(勝ち点13)に対し、インテルは開始5分に先制する。ボックス手前左で得たFKをバレッラが直接蹴り込んだ。 前がかるウディネーゼに対して構えたインテルだったが、22分に同点とされる。R・ペレイラのFKがシュクリニアルのオウンゴールを誘った。 追いつかれたインテルは30分、流れの中で上がっていたバストーニのボレーシュートが枠を捉えるもGKシルベストリの好守に阻まれた。 直後、戦術的な交代でバストーニとムヒタリアンを下げ、ディマルコとガリアルディーニを投入したインテルは、互角の展開となった前半を1-1で終えた。 迎えた後半、インテルは52分に決定機。しかしCKの流れからダンフリースの放ったヘディングシュートはわずかに枠の上へ。さらに55分にはジェコがネットを揺らすもわずかにオフサイド。 勝ち越しのチャンスを逸したインテルはその後、守勢に回る。63分のピンチではGKハンダノビッチがロブリッチのシュートを好守で阻止。さらに73分のデウロフェウのシュートはポストに直撃した。 しかし85分、デウロフェウの右CKからビヨルにヘディングシュートを決められ、ついに逆転されてしまう。そして追加タイム3分、デウロフェウの右クロスからアルスランのヘディングシュートが決まり万事休す。 絶好調ウディネーゼに痛い逆転負けを喫した。 2022.09.18 21:47 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly